【初心者必見】おすすめのランドナー17選!長距離の自転車旅にはこれ!のイメージ

【初心者必見】おすすめのランドナー17選!長距離の自転車旅にはこれ!

旅する自転車ランドナー。長距離旅行を楽しむ為の自転車で、ここ最近注目を集めています。ここではランドナーの特徴やおすすめランドナーをたっぷりとご紹介します。またキャンプツーリングに必要なおすすめオプションもあわせてご紹介します。

2020年03月04日更新

山口 徳成
山口 徳成
キャンプや登山、自転車にフィッシングなどのアウトドアギア・ファッション関連が得意分野。実践経験と最新情報の調査によって商品の比較やリアルな口コミまで、商品の魅力を読者にわかりやすく届けられるようにライティングを行なっています。少しでもアウトドアライフの役に立つ情報を発信できれば嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ランドナーとは
  2. ランドナーが旅に向いている理由
  3. ランドナーとスポルティーフ
  4. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:1
  5. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:2
  6. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:3
  7. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:4
  8. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:5
  9. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:6
  10. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:7
  11. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:8
  12. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:9
  13. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:10
  14. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:11
  15. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:12
  16. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:13
  17. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:14
  18. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:15
  19. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:16
  20. 初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:17
  21. おすすめランドナーオプションパーツ:1
  22. おすすめランドナーオプションパーツ:2
  23. おすすめランドナーオプションパーツ:3
  24. おすすめランドナーオプションパーツ:4
  25. おすすめランドナーオプションパーツ:5
  26. 最後に

ランドナーとは

出典: http://www.giant.co.jp

GIANT(ジャイアント)GREAT JOURNEY(グレートジャーニー)

旅をする自転車と言われるランドナー。ランドナーとはもともとフランスで生まれた、長距離を走るためのレース用、ツーリング自転車が元になっています。ランドナーとは小旅行のフランス語、ランドネに由来しています。ロードタイプに似た姿カタチをしていますが、荷物をたくさん詰めるように前後に荷台(キャリア)がついており、さらにロードバイクにはない泥除け(フェンダー)が付いています。日本に普及したのは第二次世界大戦後。当時はまだマイカーを持っているのは富裕層のみで、気軽に旅を楽しむためのランドナーは、当時の若者にとって憧れの自転車になりました。
 

ランドナーが旅に向いている理由

出典: http://www.monsieurpignonmadameguidon.com

GITANE ハイカー650B

日本一周も可能なランドナー。なぜランドナーが長距離に向いている、旅に向いていると言われているのでしょうか。ここではランドナーの特徴や魅力をご紹介していきます。
 

ドロップハンドル

出典: http://araya-rinkai.jp

ランドナーはドロップハンドルになっています。これは長時間同じ姿勢で乗り続けると、疲労が溜まりやすいので、走行中に姿勢を変えてもこぎ続けることができるからです。ハンドルの下の方を持つことに疲れたら、ハンドルの上の部分に持ち変えることで体の負担を軽減します。この理由はロードバイクと全く同じですね。
 

沢山の荷物を運ぶキャリア

出典: http://araya-rinkai.jp

ランドナーには沢山の荷物を載せることができる、キャリアが前後についています。キャリアがつくことで車体重量が重たくなりますが、その分たくさんの旅に必要な荷物を載せることができます。テントや寝袋などを持っていけば、一泊2日のキャンプ程度は全く問題ありません。

ライダーを守るフェンダー

出典: https://www.amazon.co.jp

フェンダーもロードバイクには付いていないパーツです。これは未整備の道を自転車で走る場合、泥や砂などをはね上げても、ライダーを守ってくれる装備になります。旅をする場合どのような道路を走るか分からないので、ランドナーの必需品といえます。
 

太いタイヤを履いているのは?

出典: http://alohaloco.com

ランドナーのほとんどがロードバイクよりも太いタイヤを履いています。ロードバイクが700Cと言われるタイヤを履いているのに対し、ランドナーのほとんどは26インチ(ママチャリと同じサイズ)を履いています。そのため旅先でタイヤトラブルに見舞われても、タイヤを入手することが簡単です。また日本だけでなく26インチのタイヤは世界中どこでも売っています。そのため旅をするならランドナーが良いと言われています。
 

振動吸収に優れたクロモリフレーム

ランドナーのほとんどがクロモリと呼ばれるフレームで作られています。なぜクロモリフレームが選ばれるかと言うと、振動吸収性能に優れているからです。長距離の旅になると整備された道路ばかりを走るとは限りません。また長時間乗っていることによる疲労も蓄積していきます。そのため振動吸収に優れているクロモリフレームが、ライダーの疲労を軽減することができるからです。
 

分解しやすい構造

出典: http://cycle.panasonic.jp

ランドナーは自転車を電車に乗せて旅をする、輪行にも向いています。折りたたみ自転車ほどではありませんが、輪行袋に入れやすいよう、前後のタイヤが外しやすいのはもちろん、フェンダーやフロントフォークも分解しやすくなっています。
 

ランドナーとスポルティーフ

jota_boxfoodsさんの投稿
38618233 529144854173011 8623115503579168768 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

ランドナーとスポルティーフはほとんど同じ自転車のジャンルです。どちらも長距離の旅に向いており、見た目からはほとんど違いが分かりにくくなっています。中でも違いを述べるとしたら、タイヤの大きさになります。ランドナーは太いタイヤを履いているのに対し、スポルティーフはロードバイクと同じサイズのタイヤ、ホイールを履いています。またスポルティーフは、フランス語でスポーツを意味していますが、日本独自の自転車のカテゴリーになります。
 

ブルペとは

ewdbrltさんの投稿
34756296 275492646330465 1337788136956100608 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

ブルベとは長距離の自転車レース。タイムや順位などにはこだわらず、指定されたルートを制限時間内に完走することが目的のサイクリングイベントでもあります。通常は200km〜1000kmを指定された時間内の完走を目指します。途中食事ポイントや、仮眠ポイント、トラブルへの対処など、全て自己責任でおこないます。ランドナーやスポルティーフが活躍するレースとして、日本でも北海道などで、イベントが開催されています。ランドナーを購入したらいちどは参加してみたいイベントです。

一般社団法人オダックス・ジャパン

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:1

ARAYA(アラヤ)EXS(EXCELLA Sportif)

ランドナー、スポルティーフ初心者におすすめするのが、大阪の老舗自転車メーカーアラヤのエクセラスポルティフです。キャンプツーリングはもちろん、日本一周などの長距離旅行も可能にする、高性能なツーリングバイクです。クラシカルな見た目もおしゃれで、車体重量も軽量。ブルックスのレザーサドルも標準装備。オプションのリアキャリアをつければ、さらにたくさんの荷物を載せることができます。
 

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:2

ARAYA(アラヤ) DIAGONALE(ディナゴナール)

同じく自転車メーカーのアラヤから、長距離ツーリングにぴったりなランドナーのディアゴナールは、お求めやすい価格の初心者おすすめツーリングバイクです。初めてのブルベ完走も夢ではない自転車で、キャンプツーリングにはもちろん、日本一周などの長距離旅行も可能にします。700Cホイールには、ロードバイクよりもやや太めのタイヤを装着し、シマノ製のロードバイク用コンポを搭載。お求めやすい価格で人気のランドナー、スポルティーフです。
 

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:3

ARAYA(アラヤ)SWALLOW Randonneur(スワローランドナー)

キャンプツーリングにおすすめのアラヤのランドナー、スワローランドナーです。アラヤがまだツバメ自転車と言うメーカー名だった頃の、コンセプトを受け継いだまさにメイドインジャパンのツーリングバイク。手に入りやすい650Bのホイールに26インチのタイヤを履き、日本一周などの長距離旅行も可能にします。シマノ製のロードバイク用コンポを搭載し、走りも快適な初心者おすすめランドナーです。
 

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:4

ARAYA(アラヤ)TUR(ツーリスト)

その名の通りツーリングにおすすめのアラヤのランドナー、ツーリスト。やや太めのタイヤを履き、快適な走行性能を実現してくれます。上位グレードのランドナーの仕様も盛り込み、価格を抑えた初心者におすすめのツーリングバイク。オプションのリアキャリアを取り付ければ、さらにたくさんの荷物の運搬が可能で、キャンプや日本一周など長距離旅行も可能に。コストパフォーマンスの良い自転車です。
 

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:5

ARAYA(アラヤ)FED(フェデラル)

街乗りから、長距離ツーリングなども楽しめるオールラウンダーな自転車をお探しなら、アラヤのフェデラルがおすすめです。もちろんオプションのキャリアやキャンピーなどを装着すれば、日本一周などの長距離旅行も可能。ホリゾンタルが美しいクロモリフレームに、カンチブレーキなどクラシカルな佇まいがおしゃれなランドナーです。100,000円以下のお求めやすい価格も魅力的な1台です。
 

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:6

MIYATA(ミヤタ)Eigerアイガー

こちらも日本の老舗自転車メーカー、ミヤタのランドナーのアイガーは、街乗りも長距離ツーリングも楽しめる1台です。もちろんキャリアなどを装着すれば、日本一周などの長距離旅行も可能にします。使い勝手の良い26インチタイヤ。大型フレームポンプの標準装備し、旅行の際も安心です。本格的なランドナーバーにカンチブレーキなど、基本部分はしっかりと押さえたコストパフォーマンスの良い1台です。
 

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:7

丸石サイクル エンペラー ツーリングプレイヤー

丸石サイクル|エンペラー ツーリングプレイヤー
楽天で詳細を見る

明治時代から続く日本の老舗自転車メーカー丸石サイクル。エンペラーのツーリングプレイヤーは、まさに初心者におすすめのランドナーです。メンテナンスしやすい26インチタイヤ、アーレンキーで簡単に分解できるヘッドパーツは、輪行にもおすすめ。キャリアを装着すれば、キャンプツーリングはもちろん日本一周などの長距離旅行も可能に。100,000円以下のコストパフォーマンスの良い1台です。
 

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:8

丸石サイクル  エンペラー ツーリングマスター

丸石サイクル|エンペラー ツーリングマスター
楽天で詳細を見る

丸石サイクルが販売するエンペラーシリーズの、最上位モデルであるツーリングマスター。明治から続く老舗自転車メーカーの技術を詰め込んだランドナーになります。昔ながらの650 × 38Aパナレーサーを履き、分割できるフェンダー、アーレンキーで分解可能なヘッドパーツ等、輪行にもおすすめ。キャリアを取り付ければ、キャンプツーリングはもちろん、日本一周などの長距離ツーリングも可能です。
 

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:9

RALEIGH(ラレー)Club Special(クラブ スペシャル)

もともとはイギリスの自転車メーカーのラレーは、日本では大阪の老舗自転車メーカーアラヤがデザイン制作販売しています。もちろんラレーのコンセプトはしっかりと受け継ぎ、品質や機能性にも優れた自転車になっています。初心者におすすめのクラブスペシャルは、初心者の方でも乗りやすい1台。美しいホリゾンタルデザインのクロモリフレームに、シマノ製のロードバイク用コンポを搭載。キャリアを取り付ければ、キャンプツーリングはもちろん、日本一周などの長距離ツーリングも可能なラレーのランドナー、エントリーモデルです。
 

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:10

RALEIGH(ラレー)Carlton(カールトン)

イギリスのレース用自転車メーカーのカールトンは、60’sにラレー傘下に入り、以降ララレーロードレーサーの人気ブランドになりました。そのカールトンの名前を冠するラレーらしいクラシカルなデザインが美しいランドナーです。ブルックスのサドルに、レザーバーテープを標準装備。ラレーのランドナーの中でも上位モデルになります。フレームに施されたラレーのロゴも美しい一台。車体重量も10kg以下と軽量です。街乗りから長距離ツーリング、日本一周などマルチにこなすラレーのツーリング自転車です。
 

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:11

Panasonic(パナソニック)FJC4

出典: http://cycle.panasonic.jp

パナソニックは家電製品でも有名ですが、実は自転車メーカーとしても老舗になります。パナソニックのランドナーFJC4は、セミオーダータイプの自転車に乗ります。フレームサイズやフェンダー等の各パーツ、カラーリングなどを選び注文します。手ごろな価格でクロモリフレームのランドナーを販売することで、初心者にはもちろんベテランの方にも高い人気を誇ります。もちろんタイヤは26インチ。日本一周はもちろん、大陸横断をも可能にする長距離旅行にぴったりな1台です。

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:12

Jamis(ジェイミス)AURORA(オーロラ)

JAMIS | AURORA オーロラ
楽天で詳細を見る

アメリカの自転車メーカージェイミスは、ビーチクルーザーやマウンテンバイクで有名な自転車メーカーですが、おしゃれなツーリングバイクも作っています。ジェイミスのツーリングバイク、オーロラは初心者の方でも乗りやすく、日本一周などの長距離旅行はもちろん、大陸横断をも可能にする耐久性を持ったツーリングバイクです。フラップ付きの泥除けや、荷物を固定するのに便利なゴムバンドなど旅する自転車にふさわしいアイテムが標準装備。買ったその日からキャンプツーリングが楽しめる1台です。

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:13

SOMA(ソーマ)Wolverine Gravel(ウルヴァリングラベル)

出典: http://www.monsieurpignonmadameguidon.com

アメリカのサンフランシスコ発祥の自転車メーカー、ソーマのグラベルロードです。ランドナーやスポルティーフと同じような自転車ですが、決定的な違いはディスクブレーキ。ロードバイクにマウンテンバイクのエッセンスを追加したような自転車です。もちろん日本一周などの長距離旅行、ツーリングキャンプ可能なキャリアも付いています。初心者用と言うよりは、自転車通な方のチョイスですが、初心者の方でも乗りやすいロードバイクです。
 

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:14

Noble Cycles(ノーブルサイクルズ) 650b hiker(ハイカー)

出典: http://www.endanseuse.com

ベルギーの職人たちが手作りで仕上げている自転車メーカー「ノーブルサイクルズ」。クラシカルで洗練されたデザインが人気。本場ヨーロッパの香りがするランドナー。日本ではあまり見かけませんが、他の人とは違うランドナーに乗りたい方におすすめ。キャンプ用品を積んで日本一周などの長距離旅行なども、楽しめる丈夫なクロモリフレーム。ヤフオクなどでたまに見つけるので、気長に探してみましょう。
 

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:15

GITANE(ジタン) VERSOツアー

出典: http://www.gitane.com

フランスでは80年以上の歴史を持つ、老舗自転車メーカーのジタン。特徴的な八の字を描いたハンドルを持ち、長距離走行での疲労を軽減してくれます。フレームは丈夫なアルミニウム製。日本一周はもちろん、大陸横断も可能にするツーリングバイクです。キャンプなどに必要な荷物を、たっぷりと積み込むことができるキャリア付。老舗自転車メーカーですが、日本ではあまり見かけないので、自転車通におすすめです。
 

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:16

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)GMT V

出典: https://item.rakuten.co.jp

アメリカの自転車メーカー、ルイガノが製作販売するツーリングバイクのGMT。グリニッジ標準時を意味する名前のツーリングバイクは、新しい時代のツーリングバイクの基準にしてほしいと言う願いから名付けられました。キャンプツーリングなどはもちろん、日本一周から大陸横断までを可能にするスペックを持っています。この自転車もハンドルが特徴的な八の字形。前後のキャリアも標準装備で、届いたその日からキャンプツーリングが楽しめます。
 

初心者におすすめランドナー&スポルティーフ:17

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)CT

出典: https://item.rakuten.co.jp

クラシカルな王道ランドナーのルイガノCT。アメリカの自転車メーカーですが、ヨーロッパの伝統を受け継いだおしゃれな自転車に仕上がっています。美しいホリゾンタル形状のクロモリフレームに、フロントキャリア、泥よけやカンチブレーキなど定番のパーツを標準装備。街乗りからキャンプツーリングまで使い勝手の良い自転車に仕上がっています。またお求めやすい価格なので、ツーリングバイク初心者の方にもおすすめです。
 

おすすめランドナーオプションパーツ:1

NITTO 日東 キャリア Campee 27 Front キャンピー 27 フロント

NITTO |キャリア Campee 27 Front

●最大荷重 : 16kg ●27" 用 ●ランプホルダー取付孔 : M5 ●カンチブレーキ台座用ブラケット付属 ●取付ネジ付属 ●L300 x W240 x H500mm ●天板 : L206 x W96mm ●1.055kg

楽天で詳細を見る

キャリアの人気メーカーといえば日東。日東のキャンピーは、アラヤやラレーなどのクラシカルなランドナーにぴったりなキャリアです。標準装備している自転車もありますが、日本一周などの長距離旅行をする際は必需品となります。丈夫で大家中にも優れ、サビにくいのでおすすめです。
 

おすすめランドナーオプションパーツ:2

NITTO 日東 キャリア Campee 27 Rear キャンピー 27 リア(CAR10400)(4582350850109)

NITTO |Campee 27

●最大荷重 : 16kg ●27" 対応 ●カンチブレーキ台座用ブラケット付属 ●シートステー用ブラケット付属 ●取付ネジ付属 ●L320 x W260 x H455mm ●天板 : L245 x W96mm ●1.215kg

楽天で詳細を見る

先述したキャンピーのリアバージョン。同じく信頼のキャリアメーカー日東製です。こちらもアラヤやラレーなどのクラシカルなランドナーにぴったりです。
 

おすすめランドナーオプションパーツ:3

OSTRICH パニアバッグ特大 リアバッグ/ オーストリッチ 自転車 パーツ

OSTRICH|パニアバッグ特大 リアバッグ

■37.0Lx2 ■1800g ■幅:320mm 高さ:450mm 奥行:140mm(片側のサイズ)

楽天で詳細を見る

ランドナーで長距離ツーリングをするなら揃えておきたいパニアバッグ。自転車用キャリアバックの人気メーカーオーストリッチのリアバッグです。長距離旅行やキャンプツーリングの際荷物をたっぷり入れることができます。2つ合わせて74L大容量。日本一周から大陸横断も可能です。
 

おすすめランドナーオプションパーツ:4

OSTRICH F-702 フロントバッグ レインカバー付 / オーストリッチ 自転車 パーツ

OSTRICH|F-702 フロントバッグ レインカバー付

■14.5L ■900g ■幅:270mm 高さ:240mm 奥行:200mm

楽天で詳細を見る

ランドナーでのちょっとしたツーリングの際にも、あると便利なフロントバッグ。とは言え容量が多い方が旅する自転車にはふさわしいとは思いませんか?オーストリッチのフロントバッグは、大容量の14.5L。ちょっとしたリュックサック程度の容量があります。ロングツーリングの際も重宝するレインカバー付きです。
 

おすすめランドナーオプションパーツ:5

BROOKS(ブルックス) BRICK LANE ROLL-UP PANNIERS (ブリックラインロールアップパニア)[サイド・パニアバッグ][自転車バッグ]

ブルックス|BRICK LANE ROLL-UP PANNIERS

●340×360×100mm ●12L(片側) ●950g

楽天で詳細を見る

ラレーやアラヤなどのクラシカルなランドナーにぴったりのパニアバッグ。ブルックスのサドルにはやはりブルックスのバッグを合わせたいですね。お値段は高いですが、耐水レザー、キャンバス生地を使用し使わない時はくるくると丸めてコンパクトに折りたためます。
 

最後に

kinkan_2535さんの投稿
40588836 528136487627509 3995514668631737299 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram

いかがでしたでしょうか。ここではランドナー初心者の方でも乗りやすいおすすめのモデルをご紹介しました。ランドナーはゆっくりと旅を楽しむための自転車です。たまには長期休暇をとって、都会の喧騒を離れて、大自然の中をお気に入りの自転車で旅をしてみてはいかがでしょうか。
 

ランドナーが気になる方はコチラもチェック

Thumb【2018】ランドナーおすすめ14選!自転車旅用の人気モデルを厳選紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
旅する自転車ランドナー。テントや寝袋などを詰め込み、サイクリングとアウトドアの両方が楽しめる...
Thumbスポルティーフおすすめ6選!ランドナーとの違いや特徴・魅力も解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はおすすめ「スポルティーフ」とロードバイクとランドナー、スポルティーフの違いについてご紹...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ