吸音シートとは?使い方と部屋に簡単に貼れるおすすめ商品8選をご紹介!のイメージ

吸音シートとは?使い方と部屋に簡単に貼れるおすすめ商品8選をご紹介!

自分で手軽に行える騒音対策として有名な吸音シートですが、吸音シートは具体的にどんな貼り方をすれば効果的なのか?までは案外わからないもの、吸音シートの効果的な使い方や、簡単に貼れて効果を実感できる、おすすめの吸音シート達も紹介していきます。

2019年10月29日更新

咲良09
咲良09
読みやすい記事になるよう勉強中です
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 吸音シートが活躍する場面
  2. 吸音シートをもっと効果的に使う方法
  3. おすすめの吸音シートを一気に紹介
  4. おすすめ吸音シート①・断熱材にも使える
  5. おすすめ吸音シート②・おしゃれなデザイン
  6. おすすめ吸音シート③・軽量且つ高機能
  7. おすすめ吸音シート④・定番のエーモン製
  8. おすすめ吸音シート⑤・おしゃれな48枚セット
  9. おすすめ吸音シート⑥・シンプルなレンガ風
  10. おすすめ吸音シート⑦・ピンで取り付け可能
  11. おすすめ吸音シート⑧・ジェルタイプの吸音シート
  12. 吸音シートを貼る際の注意点
  13. 吸音シートでしっかり防音

吸音シートが活躍する場面

「音を吸収する」から吸音シート

吸音シートはその名の通り、防音性の高い素材で作られた、壁や床等に貼ることで音を吸収するシートの事。吸音シートは具体的にどんな場面で活躍するのか?部屋や日常生活の中に吸音シートを取り入れることで、その効果を期待することが出来る場面を紹介していきます。

使い方①・演奏用の部屋作りに

stog160さんの投稿
39506373 234662007221563 505762322141151232 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

音楽を演奏する方や歌の練習をしたいという方には欠かせない騒音対策。しかし防音室が部屋にない…そんなときは吸音シートを壁に貼る等の騒音対策を行うのが有用です。吸音シートの中にはこうした「音楽向け」に作られたものもあり、遮音シートなどの他防音材と合わせる、部屋全体にくまなく貼ることで、さらに徹底した防音が行えます。部屋全体に貼るのが厳しい場合は自作してみたり、音が特に気になる箇所、窓やドアに重点的に貼るようにしましょう。

使い方②・騒音対策に

takahiropappyさんの投稿
32121741 1785452564811277 3694166843771060224 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

吸音シートは自分は出す音でなく周囲の出す音にも効果的、隣近所の騒音が気まってしまう方や、近所の工事の音がうるさいという方は吸音シートを部屋に貼り、騒音対策を行うようにしましょう。騒音のすべてを防ぎきるのは難しいですが、対策をしないとの差は歴然です。何より、こうした騒音は自分ではどうしようもない場合が多いため、しっかり防音を行っているか、行っていないかでストレスの度合いは大きく左右されます。

吸音シートをもっと効果的に使う方法

そのままでも効果的な吸音シートは、使い方を工夫することでさらに高い効果を引き出すことが出来ます。ここではその中でも特に簡単で、吸音シートを購入したばかりという状態でも組み合わせられる、おすすめの使い方を2つ紹介していきます。他にも効果を引き出すテクはいくつかありますが、まずはこの2つのいずれか、あるいは両方を実践してみましょう。

使い方①・遮音シートと組み合わせ、防音室作りに

吸音シートを壁に貼るだけでも、音の聞こえ方の違いを実感できますが遮音シート等の音への性質が異なる種類の防音材と合わせるともっとおすすめ。遮音シートは音を吸収してしまう吸音シートに対し、音を遮るという違いがあり、音に対する性質の違いを利用することで、内側の音と外側の音、種類が異なる2つの音に対し効果を発揮することが出来ます。遮音シートの他にも防音材には様々な種類があるため、吸音シートや遮音シートに限らず、あらゆる種類の音に気を配ってみましょう。

使い方②・自作吸音シートと合わせ、費用を削減

吸音シートは自分で購入するほかにも、自作し壁に貼るという手段もあり、その手法も卵パックや段ボールを壁に貼るだけと大変簡単。費用を削減しつつ防音したいという場合は、卵パックや段ボールを集め、自作してしまうのもアリでしょう。自作吸音シートは費用削減になる他にも、吸音シートが足りなくなった時の為の「保険」としても有用。自作と言うと頼りなく感じますが、それでもあるとないのでは効果が大分変わってくるため、音が気になる場合は自作吸音シートを取り入れたり、市販のシートと自作の吸音シートを合わせるのもよいでしょう。

おすすめの吸音シートを一気に紹介

soundgood_emonさんの投稿
38097511 1866423913452438 4854411692819349504 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

吸音シートを初めて購入するという方にもおすすめな、貼りやすく使い方も簡単な吸音シートを一気に8個紹介していきます。中には防音材として機能するのみでなく、壁をおしゃれに彩ることが出来る吸音シートもあるため、部屋が殺風景になるのが気になるという方にもおすすめ。ほかにも吸音シートは様々な種類が存在するため、じっくり吟味されるとよいでしょう。

おすすめ吸音シート①・断熱材にも使える

東京防音 吸音・防音材ホワイトキューオン ホワイト (ESW-415)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ある程度の密度があり、断熱材としても使用することが出来る吸音シートです。厚みがあるため壁に立てかけることが出来、軽い騒音対策程度であればテープやピン等を必要としません。ウールのようなちくちく感がないため手で触れたときの感触も良好、ただし分厚い分カッターでは少々切りにくいため、カットし使用する際は切れ味のいい刃で切るようにしましょう。

おすすめ吸音シート②・おしゃれなデザイン

硬質吸音フェルトボード Felmenon(フェルメノン)45度カットタイプ 全6色30×30cm[6枚組]吸音パネル 吸音シート 吸音マット 保護材 保護シート 断熱 壁紙 防音 壁 DIY
楽天で詳細を見る

吸音シートとしての機能のみでなく、壁に貼ることでアクセントを添えることが出来る、カラフルでおしゃれな吸音シートです。勿論おしゃれのみでなく、吸音シートとしての機能も完備しており、45度カットタイプのため取り付けも簡単。フェルト素材なので、壁に貼ることで寒さ対策にも繋がります。壁の一部に数枚貼るだけでも効果的で、インテリアとしても活躍します。

おすすめ吸音シート③・軽量且つ高機能

【送料無料】シンサレート ウルトラ 吸音・断熱シート (幅:152cm) 10cm単位で販売<Thinsulate Ultra> シンサレート デッドニング 吸音材 防音 遮音 切売り 50cm以上から シンサレート 車 自動車 デッドニングシート
楽天で詳細を見る

「シンサレート ウルトラ」という、防音材の定番ウレタンやフェルトとはまた異なる新素材で作られた、軽量且つ高機能な吸音シートです。壁に貼る他、自動車の内装にも使用できるためクルマの音対策にも効果的。また、10センチ単位でのカット販売となるため「その都度、必要な分だけ」購入できます。壁に貼る分の吸音シートが足りなくなった、多く買い過ぎた、という心配がありません。

おすすめ吸音シート④・定番のエーモン製

エーモン工業 音楽計画 2375 制振吸音シート(インナーパネル用)
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

「音楽をよりクリアに楽しむこと」に重点を置いた、スピーカー向けの吸音シートです。ノイズを除去し、適度な音量調節をしてくれるためクリアな音が楽しめます。この商品は「インナーパネル」用の為、壁に貼ろうとするとサイズが足りなくなる場合があります、お気に入りのスピーカーに貼ってみたり、クルマの内装に使用するようにしましょう。

おすすめ吸音シート⑤・おしゃれな48枚セット

スーパーダッシュ 新しい48ピース 250 x 250 x 50 mm ピラミッド 吸音材 防音 吸音材質ポリウレタン SD1034 (黒とグレー)
Amazonで詳細を見る

黒とグレーで統一された市松模様がおしゃれな、大容量の吸音シートセットです。値段が張る分48枚セットとかなりのお得商品となっており、黒とグレーの他にもパールホワイトや赤、青、ライトブルーや黄色など、壁やインテリアに合わせ色を選ぶことが出来る為、明るい部屋にも暗い部屋にもおすすめ。オプションで一緒に取り付けやすいテープも追加されるため、すぐに取り付けることが出来ます。

おすすめ吸音シート⑥・シンプルなレンガ風

Sunhoo 3D壁紙 レンガ調 DIY壁紙シール ステッカー タイル ウォールステッカー フォームブリック 防音 シート 60cm*60cm ホワイト (60*60cm(10枚入れ))
Amazonで詳細を見る

どんな壁やインテリアにも合わせられる、レンガ模様のシンプルな吸音シートです。クッションタイプの為、小さなお子様やペットが触っても大丈夫な材質でできており、軽くふわふわしているため断熱効果も期待できます。シールタイプなので貼るのも簡単、吸音シートとして使う他にも、カットし壁のキズ隠しや汚れ隠しの他、インテリアとしても使用できます。平らでない壁面には使用できない為、可能な限り平らな壁を選び、気になる箇所にくまなく貼るようにしましょう。

おすすめ吸音シート⑦・ピンで取り付け可能

吸音 防音 パネル フェルメノン Felmenon 吸音パネル45C(8060) 80×60cm FB-8060C-WH FB-8060C-GY FB-8060C-BE FB-8060C-DGY FB-8060C-LBL FB-8060C-LAP
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

テープを必要とせず、ピンで取り付けることが出来る吸音シートです。壁を傷つけにくいためアパート暮らしでの騒音対策にも効果的、フェルト製の為、通気性も保湿性もよく、梅雨時でも安心して使用できます。カッターなどの刃物で簡単にカットでき、虫ピンだけで取り付けられるため、シンプルに吸音を行いたい方におすすめです。

おすすめ吸音シート⑧・ジェルタイプの吸音シート

クラムワークス NP4012GEL 静音ジェルパッド 【防振ゴムを超える防音性能】 40×40×12mm
Amazonで詳細を見る

ジェル状の材質で振動を吸収する、ちょっと変わり種の吸音シートです。吸着性があるため横滑り防止にも繋がり、パソコンやブルーレイ等の電子機器の防音に最適。エアコンや室外機などを上に乗せると破裂する場合があるため、使用する場合は軽量なものにし、小さなお子様が居る家庭では口に入れないよう気を付けましょう。振動に合わせ不定形の材質が、音をしっかり吸い取ってくれます。

吸音シートを貼る際の注意点

初めて吸音シートを貼る方でも効果を実感しやすい、おすすめの吸音シートをあらかた紹介したところで吸音シートを貼るときに気を付けたい3つのポイントを紹介します。どれも使用しているとつい見落としがちなポイントなので、購入した後でもいいのでしっかり把握しておくようにしましょう。

注意点①・吸音シートは貼るだけで防音は出来ない

よく勘違いされてしまいますが「吸音シート」はただ壁に貼るだけでは防音効果を発揮してくれません、吸音材はあくまで、その部屋の音の反響を調整するためのものなので音を完全に遮断してくれるわけではない為、貼るだけで防音!と言うわけには行かないのです。壁に貼るだけで徹底防音を行おうとすると、遮音シートなどの他の防音材と合わせたり、貼る種類を工夫する必要があります。吸音シートを貼っているから安心とは思わず、適材適所の種類を取り入れましょう。

注意点②・大きすぎる音は防げない

shuawanoさんの投稿
31016755 258633201347418 4238854411566186496 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

吸音シートも遮音シートも、壁に貼る貼らないで効果は大違いですが、あくまで自分で簡単に出来る「保険」でしかありません。いくら強力な吸音シートを壁に貼っても、音が大きすぎる場合は聞こえてしまいます。完璧な防音を行うのであれば、それこそ密閉空間か防音室で行うほかありません。吸音シートや遮音シートは部屋を簡易的な「防音室」にするグッズであって、本物の防音室のように完全な防音は出来ない、と覚えておきましょう。

注意点③・しっかり固定しないと剥がれる

吸音シートや遮音シートは防音性を重視し、壁に貼りにくい材質でできていることが多いため、しっかりピン等で固定しないと壁から剥がれてしまう場合があります。特に、両面テープは剥がれやすいという報告があるため壁に固定する場合は両面テープは避け、ピンで固定したり、多少壁紙が荒れてもいいのであればボンド等でがっちり固定しましょう。3つのポイントの中でも「吸音シートは剥がれやすい」というのは案外意識されない個所なので、特に注意が必要です。

吸音シートでしっかり防音

honoonoshizukuさんの投稿
27574837 185262808900597 1647724122475593728 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

吸音シートは「壁に貼るだけで部屋を防音室にできる」という、音が気になる方には欠かせないグッズ。しかし、あくまで「音を吸収する」だけなので、完全な防音とはいかず、徹底した防音を行うのであれば少々コツが要ります。それでもあるとないでは大違いなので、音が気になる方はおすすめ商品を参考に購入を検討されてみてください。経費を削減したいという方は、まずは壁に卵パックや段ボールを貼ることから始めてみるのもよいでしょう。

他防音情報が気になる方はこちらもチェック

吸音シートと併せて使いたい、防音材の種類の1つ「遮音シート」の効果や壁への貼り方。ほか吸音シートと同じく、壁に貼ることで効果を発揮する「防音シート」や「防音フィルム」の効果や貼り方、さらにこの記事以外でも「吸音シート」に関する記事も紹介していきます。いずれの記事も、種類ごとの壁の貼り方などの詳しい解説や、剥がれないテク等が紹介されているため、ぜひ参考にされてください。

Thumb遮音シートの効果とは?部屋の壁への貼り方と防音の効果性を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
こちらではアウトドアを中心に旅行、DIY、スポーツなど皆様の暮らしがより豊かになるようにサポ...
Thumb防音シートやフィルムの効果は?貼るだけでOK?おすすめの商品を紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
生活する上で多くの人が悩む騒音問題。壁のうすいマンションやアパート住まいの人は特に気になるこ...
Thumb吸音シートの効果と使い方は?遮音シートとの違いや部屋の壁への貼り方を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
意識しないようにしても、どうしても気になってしまう騒音。騒音対策に欠かせない吸音シートですが...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ