ボーイスカウトとは?気になる活動内容や子供が学べる3つの魅力を解説!のイメージ

ボーイスカウトとは?気になる活動内容や子供が学べる3つの魅力を解説!

地域で活動しているボーイスカウトですが、普段彼らがどのようなことをしているのかを知る人はあまり居ないかと思います。実は、子供をボーイスカウトに参加させるとさまざまなことが学べるのです。今回はそのボーイスカウトについて書いていきます。

2020年06月07日更新

木下雄太
木下雄太
フリーライタの木下雄太と申します。 よろしくお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ボーイスカウトの歴史
  2. ボーイスカウトの重要性
  3. ボーイスカウトの活動内容とは?
  4. ボーイスカウトと衣類その1:Tシャツ
  5. ボーイスカウトと衣類その2:ボーリングシャツ
  6. ボーイスカウトと衣類その3:ワークシャツ
  7. ボーイスカウトと自衛隊
  8. ボーイスカウトと米軍
  9. ボーイスカウトとハンター
  10. ボーイスカウトで学べる事その1:小学校編
  11. ボーイスカウトで学べる事その2:中学校編
  12. ボーイスカウトで学べる事その3:高校編
  13. ボーイスカウトで学べるレクリエーション
  14. ボーイスカウトとキャンプ
  15. ボーイスカウトのまとめ

ボーイスカウトの歴史

ボーイスカウトと聞くと、なんとなくキャンプなどのアウトドアを楽しんだり清掃などのボランティア活動をしているような内容を想像します。ボーイスカウトは、実はイギリスでで生まれたものなのです。歴史もかなり古く100年以上あるため、評判の良い口コミは世界中にあります。男子だけでなく女の子も活動に参加でき、女性の社会参加が叫ばれる昨今、参加する女の子は多いようです。

イギリスの軍人が創立者

出典: http://nobeoka.genki365.net

ボーイスカウトを創立したのは、ベーデン=パウエル男爵です。彼は陸軍の少将を勤めたこともある生粋の軍人で、この ボーイスカウトも教育の一環として作られたものなのです。キャンプやハイキング、あるいはウッドクラフトを通じて人間性を豊かにし、リーダーシップの持った人物を育て上げるというのがボーイスカウトの理念です。親からの評判も良く口コミも広がったため、瞬く間にイギリス中に広がり、最終的には世界で実践されるようになります。テントの組み立て方などはもちろん、ボランティア活動などを幼い年齢のころから触れていくというこの活動のすばらしさは、多くの人に感銘を与えたのでした。

ボーイスカウトの重要性

キャンプやボランティア活動のような内容だけが、ボーイスカウトの利点ではありません。ボーイスカウトの評判や口コミを見ると、人間性の向上やコミュニティの場としての活用など社会性に深く関わる部分に関してポジティブな意見を述べる人が多いです。一緒にテントを建て寝食を共にし、まだ10歳にも満たない年齢のころから深い絆で結ばれた友人たちとさまざまな活動に取り組むことで、学校とはまた違ったコミュニティで過ごす機会を、ボーイスカウトは与えてくれるのです。

イジメへの対抗手段として

出典: https://books.rakuten.co.jp

ボーイスカウト活動を通じてリーダーシップが身についていくことで、イジメに対抗するだけの精神力が得られます。また、学校とは異なる環境でコミュニティを形成するというのは、イジメにより社会から隔絶されるような状態を防ぐことにも繋がります。こういった点が、男の子だけでなく女の子も活動へ参加するようになった理由だといえるでしょう。イジメが発生するのは、大体小学2~3年生あたりが多いです。ボーイスカウトは小学校低学年でも参加できる上費用もスポーツや学習塾などと比べるとかなり安い場合が多いです。

ボーイスカウトの活動内容とは?

ボーイスカウトは先述のように、キャンプでの活動が多いです。といっても、テントを建ててバーベキューを楽しむだけではありません。例えば木材を使ったウッドクラフトや、あるいは縄を用いたさまざまな結び方や利用法などを学ぶことが出来ます。こういったスキルを身につけることが出来るという口コミが多く、評判も良いです。そしてさまざまなスキルを身につけることでリーダーシップを得られるのでしょう。活動日誌)にその日の活動内容を書き記すという事務的な作業もあります。意外にも細かい作業が多いので、女の子にも向いているのです。ちなみに、やはりキャンプすることが多いのでその費用のために、大体月に2000円前後の積立金の回収があります。

ボランティア活動も重要

出典: https://www.irasutoya.com

ボーイスカウトではキャンプなどのアウトドア活動以外にも、地域でのボランティア活動も行われます。地域に密着したボランティアが多いので地域住民との交流の場になりやすく、その内容もさまざまです。例えば河川などでのゴミ拾いや老人ホームでのふれあいなどが良く行われています。また、主催が神社やお寺、教会であることもあるのでそういったかたがたの行うボランティア活動を手伝うということも多々あります。

ボーイスカウトと衣類その1:Tシャツ

出典: https://item.rakuten.co.jp

ボーイスカウトは、同じ服を着てキャンプなどの活動内容をこなしていきます。この衣類が実は、ヴィンテージの市場では評判が良く、高値で取引されている場合もあります。女の子用よりも男の子用が圧倒的に多く、特にTシャツは定番です。アメリカンヴィンテージの場合、そのときの活動内容が記載されていたり参加費用や年齢などがプリントされているものが多いです。

普通のTシャツとは違う?

ボーイスカウトが使用していたTシャツは、アウトドア使用なだけあって非常に丈夫に作られています。デザインはワッペンが貼られていたりするものが多いですが、普段使いでも問題ないプリントのものも多いです。どのくらいの金額で取引されているのかというと、基本的にメイドインUSAが多いので古着であってもそこそこ高く、費用としては5000円ほどは用意しておいたほうが良いでしょう。

ボーイスカウトと衣類その2:ボーリングシャツ

出典: https://item.rakuten.co.jp

キャンプとは関係ないですが、ボーイスカウトの人たちが使っていたボーリングシャツというのは結構多いです。なぜかというと、ボーイスカウトは60年代にアメリカで大流行したのですが、そのときの流行が反ベトナム戦争を主張するためのミリタリー要素と合致し、デザインがミリタリー風のワッペンがありつつ花のチェーンステッチが施されているなどかなり独特だったのです。ヴィンテージ好き殻の評判は良く口コミも多いのですが、物自体は少ないというのが現状です。そしてやはり、女の子の物は少ないです。ちなみに、実際にボーリングシャツを着てボーリングをボーイスカウトの活動として行っていたようです。

滅多に見つからない、けどリメイクは多い

数多くのヴィンテージショップを巡っても、ボーイスカウト系のボーリングシャツを見つけるというのは非常に困難です。そもそも数が少なく、レーヨンという素材上長期保存が難しいからです。そもそも「大人になっても着続ける」という人は少ないですからね。そのため、もし見つかったとしても1万円以上の費用は確実に必要です。しかし、リメイクで販売されているケースも多く、その場合ですと大体6000円程度の費用で済みます。

ボーイスカウトと衣類その3:ワークシャツ

ボーイスカウト仕様のワークシャツはキャンプでも使いやすいポケットつきのものが多く、アウトドアでも使用しやすいと評判です。しかし数がかなり少なく、古着屋の口コミサイトを見張っていても中々見つかりません。かなり丈夫な素材で、中にはテントと同じ強度を誇るものもあります。メンズばかりですがデザインがポップなものも多く、女の子も問題なく着れます。

中にはハンドメイドのものも

ボーイスカウトの活動の一環として、こういったシャツの製作を行うという内容のものもかつてはあったようです。リーダー格が自身でプリントした者はデザインも抜群ですが、3万円ほどの費用が無いと手が出せません。幼い年齢の子がプリントを描いたものなら比較的安価ですが、すさまじいデザインのものが多いようです。

ボーイスカウトと自衛隊

ボーイスカウトの活動内容の中には、実は自衛隊と共同で行うというものも稀にあります。例えば、自衛隊による地域でのイベントです。カレーを振舞ったり吹奏楽を演奏したりといったものをニュースで見たことがあるという人も、いらっしゃるかと思います。そういったイベントを、地域のボーイスカウトがお手伝いするのです。作業的に忙しいものもあるので、だいたい高校生以上の年齢のボーイスカウトが行います。

技術が共通している

ボーイスカウトで得る技術と、自衛隊員が必要とする技術は共通しているものが多いです。例えばキャンプにおけるテント張りなどのサバイバル技術や、リーダーシップを発揮して集団を纏め上げるという技術です。そのためボーイスカウト上がりの自衛官というのは珍しくなく、評判も良いです。自衛隊を目指すのであればボーイスカウトに入るのは必須という口コミも珍しくありません。

ボーイスカウトと米軍

もちろん、米軍においてもボーイスカウトとは強い結びつきがあります。もともとは軍事的な意識の高い組織であるため、軍人にはぴったりなのです。さらに言えば、アメリカ人といえばキャンプ好きで知られます。そのためボーイスカウトを経験させるという親はかなり多く、評判の高い組織を口コミサイトなどで捜すという親は少なくありません。

ボーイスカウトの文化と米軍

ボーイスカウトの文化はイギリスのものですが、いまやアメリカのほうが活発的といえます。テント張りが出来ればモテる、なんてジョークもありますが60年代の反ベトナム戦争や環境保護のムーブメントと上手く結びついていったという時代背景があります。もともとリーダーシップ意識が高いアメリカでは受け入れられやすい地盤もあったのでしょう。アメリカのコメディドラマを見ると、夏休みには大体女の子であってもボーイスカウト活動に参加する様子を描く内容の話があります。画像はかつてアメリカのボーイスカウト達が着ていたシャツで、アーミーシャツとそっくりです。ちなみに、アメリカでもボーイスカウトの参加費用はそんなに高くなく日本と同じくらいです。

ボーイスカウトとハンター

キャンプにおけるテント張りのような技術がもっとも生かされる職業が狩人、つまりハンターです。ハンターを夢見る少年は、ほとんどは身内からサバイバル技術を教えてもらうことが多いようですが、家族がそういったことが苦手である場合はボーイスカウトに参加します。狩りの技術は直接的には学びませんが、ボーイスカウト経験者の狩人というのは珍しくなく、OBから経験談などを訊くことが出来るのです。最近では女性ハンターも居り、女の子がそれを目的にして入るということもあるのだとか。

兼業ハンター

ボーイスカウトを経験すると、類稀なるリーダーシップを発揮するという可能性があります。そのリーダーシップを持って社会に出ると大きな成功を治めたという話も珍しくないです。そういう人たちの中には、かつてのボーイスカウトでのサバイバル活動をさらに発展させた狩人を普段の仕事と兼業しているという人も居ます。完全に趣味の延長ですね。内容にもよりますが、実際に猟銃や罠を用いた狩猟は結構費用が掛かります。それゆえか年齢層は高めのようです。

ボーイスカウトで学べる事その1:小学校編

幼少のころから学校外活動の評判を気にする親御さんは、地域のボーイスカウト組織の口コミも確認します。さすがにテント張りのようなものは無いようですが、子供たち同士でやらせるというところも少なくありません。リーダーは小学校高学年から勤めるようになり、女の子も多いです。

集団活動を学ぶ

小学校低学年におけるボーイスカウト活動では、ボーイスカウトを通じて集団での行動などを自然と学習していきます。小学校低学年くらいの年齢は大変活発な子が女の子含め多いですが、それゆえにトラブルになってしまうということもあります。そうならないために、ボーイスカウトを行う事によって「集団の中でどうやって生活していくか」を学ぶわけです。当然サバイバル技術など実技を学ぶ機会もあります。

ボーイスカウトで学べる事その2:中学校編

中学生になるとボーイスカウトではテント張り以上に本格的なサバイバル技術を学ぶことになります。さらに小学生を統括するリーダーになる年齢でもあるため、責任を伴うことも増えてきます。こうすることで、精神力を鍛えるというわけです。

中学の時点で辞める子も多い

中学校終盤になると、受験という人生を左右するイベントがあります。そのため、受験一本に集中するためにボーイスカウトをやめるという子も少なくないのです。特に今までリーダーを務めていたような子だと、親や周りの人に迷惑をかけないためにとやめてしまうのです。ですがその後、また入りなおすという選択肢も当然あります。

ボーイスカウトで学べる事その3:高校編

高校生になると、ボーイスカウトをやっているという人は一気に減ります。なんとなくマジメというイメージがついて、評判は良いものの近寄りがたい存在になってしまうのではないかとイメージする人も多いようです。しかし、実際には友人とのキャンプでのテント張りなどリーダーシップを見せる機会が一気に増えます。つまり、今まで学んだことがスキルとして発揮できるようになっているのです。「もうボーイなんて年齢じゃないし」と思うかもしれませんが、続けてみると将来的にも役立ちます。

進学や就職活動に役立つ?

高校生になると、就職や進学という選択肢が現れます。実はこのとき、ボーイスカウトでの活動歴というのはかなり役立つのです。ボーイスカウトではボランティアや地域イベントの主催などを行う機会が多々ありますし、ボーイスカウトに参加しているということはそういったさまざまなものに参加し学んでいることを意味します。ですので、ボーイスカウトは自己主張の材料としても役立ち、面接などで大きな力になってくれます。

ボーイスカウトで学べるレクリエーション

出典: https://item.rakuten.co.jp

ボーイスカウトといえば、数々のレクリエーションです。ボーイスカウトが考案するレクリエーションは用意する費用が少なくて済むものも多く、年齢層も選ばないという口コミもあります。さまざまなシーンで利用できるレクリエーションは、ボーイスカウトに参加する利点の一つといえます。

ボーイスカウトで定番のレクリエーション

出典: https://www.irasutoya.com

誰でも知る「ハンカチ落とし」や「椅子取りゲーム」は、かつてボーイスカウトの定番レクリエーションでした。費用はまったく要りませんし、年齢層も選ばないこの遊びは全国に広まり、いまや知らない人は居ない遊びです。ボーイスカウトでは、今後も定番になりそうなレクリエーションは数多くありますのでぜひチェックしてみてください。

ボーイスカウトとキャンプ

ボーイスカウト経験者の評判が一気に上がるイベントが、キャンプです。ボーイスカウトのおかげでキャンプで活躍できたという口コミは昔からあります。すばやくテント張りが出来るとかっこいいですし、リーダーシップを演出できます。画像の様な満月の夜でのキャンプにテキパキ行動できる人というのは、かなり頼られます。女の子でもそういったことが出来ると、かっこいい女性というイメージが付随し頼りにされるかもしれません。

バーベキュー技術

ボーイスカウトはバーベキューの技術もすごいです。特に本拠地をアメリカにおいているようなところであれば、日本のバーベキューが「ままごと」に見えてしまうほどのド迫力なバーベキューが行われているのです。そういうバーベキューをするのには費用がかなり掛かりますが、すばやく火力調整をしたりするだけでも一目置かれる存在になります。

ボーイスカウトのまとめ

出典: https://www.irasutoya.com

ボーイスカウトは世界中に存在します。そのためそれらの口コミを見るだけでもかなり楽しいです。しかしやはり参加してこそだとも思います。友人たちとテントを張り寝食を共にするという内容のイベントは、年齢問わず心が躍るものだと私は思います。もしお子さんがいらっしゃるのでしたら、ぜひ参加を検討してみてください

キャンプが気になる方はコチラもチェック!

Thumb多機能すぎる「野燗炉」の魅力を解説!日本古来の文化でキャンプを楽しもう! | 暮らし~の[クラシーノ]
野燗炉という昔からある道具を知っていますか?一時期は廃れ忘れ去られてきた野燗炉ですが、近年、...
Thumb秋/冬キャンプにおすすめな寝袋9選!シーズンに合わせた選び方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
秋や冬のキャンプは気温が低くなるので寝袋も中綿がたくさん入った厚い冬用の寝袋が必要です。今回...
関連するまとめ

おすすめの記事