ヒラタクワガタのメスの特徴は?気になる他との見分け方や違いを解説!のイメージ

ヒラタクワガタのメスの特徴は?気になる他との見分け方や違いを解説!

ヒラタクワガタのメスの特徴と他のクワガタとの見分け方や違いを初めてのかた向けにわかりやすくまとめてみました。また、ヒラタクワガタのメスの採集方法から買い方、飼育方法まで解説していますので、これから採集や飼育を考えておられるかたの参考になればと思います。

2019年02月18日更新

sirokuma
sirokuma
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ヒラタクワガタのメスについて
  2. ヒラタクワガタのメスの見分け方や違いをご紹介!
  3. ①見分け方と違い コクワガタのメス
  4. ②見分け方と違い オオクワガタのメス
  5. ③見分け方と違い ノコギリクワガタのメス
  6. ④見分け方と違い ミヤマクワガタのメス
  7. ⑤見分け方と違い アカアシクワガタのメス
  8. ⑥見分け方と違い スジクワガタのメス
  9. ⑦見分け方と違い ヒメオオクワガタのメス
  10. ⑧見分け方と違い アマミノコギリクワガタのメス
  11. ヒラタクワガタのメス採集方法について
  12. ヒラタクワガタの買い方について
  13. ヒラタクワガタのメスの値段っていくら?
  14. ヒラタクワガタのメスの飼育方法について
  15. 最後に

ヒラタクワガタのメスについて

どんな特徴がある?

bokuyou8さんの投稿
37855059 395232607667542 993720849494179840 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヒラタクワガタは、西日本におおく生息し東日本ではほとんど見られないクワガタです。基本暖かい時期にみられることがおおく、5月から10月ころが採集におすすめです。

nakagawaryoyaさんの投稿
37967509 270506453761385 5685189665015988224 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

湿度の高い環境をこのむ性質があり、川などの水があるところの周辺や近くの林で樹液をエサにして暮らしています。

ヒラタクワガタのメスの特徴

gohantosakanaさんの投稿
37537591 1082964318533939 5108432267911364608 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヒラタクワガタのメスの特徴といえば、小さなアゴに小さな一対の歯がみられます。背中にはやや光沢がありうすく細い縦スジの線がはいっているのがわかります。性格はオスほどの凶暴性はみられません。

ヒラタクワガタのオスの性格は凶暴!

ヒラタクワガタのオスの特徴は、平たいからだと体色は黒色であり、大きなアゴの中間あたりに一対の内歯がみられます。オスの性格は気性が荒く縄張り争いやメスを奪うために戦ったり、ときにはメスを殺してしまうほどです。

r.kenpi92さんの投稿
37399309 823785824676728 4021165295543517184 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ですので飼育のとき一緒のケースにいれるのはペアリングのときだけです。それも一時的にですので、あまり長い時間置かないように気を付けましょう。

ヒラタクワガタの寿命

aki22syoさんの投稿
27580836 400043793787288 7503052392867299328 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヒラタクワガタの幼虫は冬を越して翌年の秋までには羽化をしてさらに翌年の活動に備えて休眠状態に入ります。冬を越すことが多いため、寿命も2から3年といわれています。

ヒラタクワガタのメスの見分け方や違いをご紹介!

他のクワガタとの違い

tetsuhito0912さんの投稿
37965841 696729387338544 3904038938926383104 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

クワガタには背中の輝き具合やサイズ、性格や寿命などさまざまな違いと特徴がみられます。これからクワガタの種類や見分け方などをご紹介していきます。

①見分け方と違い コクワガタのメス

hagelhirayamaさんの投稿
38938323 409114912946491 7115272135152500736 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

コクワガタとヒラタクワガタは形がそっくりなクワガタです。しかし、ヒラタクワガタとの違いをいえば背中のはねには点刻状の細いスジがはいっており、ヒラタにくらべて前脚がまっすぐにのびています。

biwaminchuさんの投稿
37936371 507816959657692 5337738634814554112 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

背中にツヤがなくザラザラしているのもコクワガタの特徴といえるでしょう。性格も平和主義で飼育しやすいクワガタです。ちなみにサイズは21から33ミリメートルと言われており、寿命は2、3年になります。

②見分け方と違い オオクワガタのメス

chalcosoma_hikariさんの投稿
38081801 686654191673567 8172696996142907392 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

オオクワガタは日本最大級のクワガタで、オスは太い大アゴに一対のおおきな内歯をもち、黒い体色と大きなアゴから希少な個体とされています。メスの背中はより真っ黒で、スジがはいっているのが特徴です。

azusa5448さんの投稿
36583834 295969477812311 8842121692797992960 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヒラタクワガタと見分けかたとして、前脚がまっすぐであるところとツヤはヒラタクワガタにくらべて少し劣ります。性格は子供にも捕まってしまうほど穏やかであり、寿命も4から5年ととても長生きします。サイズも40から50ミリメートルがほとんどといわれています。

③見分け方と違い ノコギリクワガタのメス

jodie.jodie.instaさんの投稿
38424212 719973441679769 4126279934303797248 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ノコギリクワガタは、日本を代表するクワガタです。大型のオスは大きな大アゴをもち、いくつかの内歯を有しています。性格はメスよりオスのほうが気性が荒いことが分かっています。

miyazaki_noriyuki1972さんの投稿
38745493 281670369310006 8062161769352658944 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

一方のメスのほうは、黒から赤褐色の個体がほとんどで、ヒラタクワガタよりは背中にツヤがみられません。そして全体的に丸みをおびており、横から観察すると背中の羽が盛り上がっているのがわかります。サイズは23から40ミリメートル、寿命は数か月から半年といわれています。

④見分け方と違い ミヤマクワガタのメス

ミヤマクワガタは標高が高く、涼しい場所に生息しています。オスの性格は攻撃的なことで知られています。メスは背中が赤身がかっており、アゴも他のメスとくらべてみると太いことがわかります。

redhaird4さんの投稿
13649385 540507086157680 2019298298 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヒラタクワガタとの違いはというと、ミヤマクワガタをうら返して太ももに注目すると太もも付近がオレンジ色をしており、お腹には産毛が目立ちます。サイズはというと25から48ミリメートル、寿命もヒラタクワガタとくらべて3から4か月と非常に短いです。

⑤見分け方と違い アカアシクワガタのメス

masaki.h.0808さんの投稿
36555938 1652658504862061 2840069196316934144 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

アカアシクワガタは標高の高い場所を好みます。メスは左右一対の小さな突起がみられます。メスもオスも性格は温厚で飼育しやすいです。

shimofuji_kabutomushiさんの投稿
35398246 224089851412291 7977756986152321024 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヒラタクワガタは、背中に薄ぼんやりとした縦スジがあるのに対してアカアシクワガタにはそのスジが見当たりません。足の太ももが赤いのも特徴となります。サイズは23から36ミリメートルほどで、寿命は1、2年といわれています。

⑥見分け方と違い スジクワガタのメス

hsk519さんの投稿
47273612 363663414194549 8120620132436315626 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スジクワガタはサイズが小さく、オスでも40ミリメートルに満たないほど小さいと言われています。全国に分布し標高が高い場所を好みますが、生息する場所が局地的で発見しにくいクワガタとしても知られており、性格はおとなしいです。

ken.baba.1441さんの投稿
37651532 845657048972475 6884411904916193280 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヒラタクワガタとの見分け方ですが、背中にはっきりとした点刻状のスジにあります。ヒラタクワガタの背中は滑らかな印象を与えるのに対して、スジクワガタはちょっと粗めです。サイズは小さいものがほとんどなので14から24ミリメートル、寿命も2年程度といわれています。

⑦見分け方と違い ヒメオオクワガタのメス

kuntare4869さんの投稿
34534595 204039663560191 9027010585962741760 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

高山のブナ林に生息していることが多いクワガタです。体色は黒く、ツヤも弱いのでヒラタクワガタに似ていますが、見分けかたとしては足の長さにあります。サイズはオスは58ミリメートルまで大きくなりますが、メス42メートルまでで寿命は1、2年程度といわれています。

⑧見分け方と違い アマミノコギリクワガタのメス

araryu07さんの投稿
13703211 1327059450657578 2031077655 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

奄美大島のクワガタで、メスは黒色で全体的にツヤがありません。ヒラタクワガタとの見分け方は点刻と太い縦スジがみられますので、区別がつきやすいでしょう。サイズは28から40ミリメートルくらいで、寿命は3から5か月と非常に短いです。

ヒラタクワガタのメス採集方法について

採集にあたって気を付けることは?

hiro.bun.77さんの投稿
20214510 248630325643861 632147760665067520 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ここからは、ヒラタクワガタを獲りにいくにあたって必要な時期や餌、道具にはなにが必要かをご紹介していきます。

glassbroke.noriさんの投稿
38709783 1928574753871408 2529179225546555392 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

採集にあたって注意していただきたいことは、ヒラタクワガタのオスは荒い性格をしており、メスをも殺してしまうほどの強力な大アゴをもっていますので、ケガをしないように十分な対策をして出かけてください。

採集時期について

ikemoto_nouenさんの投稿
36863043 1322603104540452 6716835518115479552 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヒラタクワガタは、暖かいところに生息するクワガタです。ですので東日本よりは西日本に多く見られ、東日本でも比較的暖かいところに生息していることが多いので、時期も5月から10月がもっとも多くヒラタクワガタがみられる時期となります。

sora_cocchanさんの投稿
38958321 447689765730907 3570887126163652608 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

もっとも多くみられる時間帯は日が昇る時間と日が沈んでからの22時頃までと言われています。ヒラタクワガタは夜遅くなってくると動き出すため、暗い時間を狙っていくのがいいでしょう。

採集場所について

kamiko.otoさんの投稿
38225671 279350725980780 4396894712544362496 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヒラタクワガタは樹液や樹木のなかが腐るなどしてできた洞窟状のウロなどに集まる習性がありますので、近くに樹液が出ているクヌギやナラなどの広葉樹があるかないか、樹皮がはがれてウロがないか確認してみてください。

仕掛けとなる餌について

ar.iwatehachimantaiさんの投稿
38147296 253472201955833 4407840191885082624 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヒラタクワガタは樹液がすきですが、主に仕掛けとして使われるものにはバナナや寒天ゼリー、昆虫ゼリー、ヨーグルト、焼酎、ハチミツ、リンゴなどがあります。これらは飼育などでも使われることが多いものですので、飼育を考えているかたなら観察も含めて仕掛けてみるのもいいでしょう。

採集する道具とその方法について

tuduraya.mitsukoさんの投稿
36995470 981498995344308 1598924154302627840 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

絶対必要な道具として、懐中電灯があります。ヒラタクワガタは樹液を求めて暗い時間に集まりやすいため懐中電灯は欠かすことはできません。ウロのなかを照らしたり、樹木の根元を照らしたりしてヒラタクワガタを探します。

chie_and_tetsuさんの投稿
19623627 1440777962655385 8942411919348727808 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

樹洞など見えないところからクワガタを掻き出す掻き出し棒や、持っているのであればクワガタスコープが必要となります。ヒラタクワガタはウロなど見えないところに隠れているため、それを掻き出すために掻き出し棒が役に立つのです。クワガタスコープはLEDを採用し先端の映像を目の前のレンズから見ることができ、様々な種類が販売されています。

yopikokimuraさんの投稿
37880595 1530578983712979 2736849578732027904 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

虫取り網は、もっていると役に立つ道具です。ヒラタクワガタは必ずしも根元近くにいるとは限りません。高いところにウロがあったり、樹液がついていたりすることもありますので、木に登ったりせずにそこに集まるヒラタクワガタを捕まえる際に使います。そのとき脚立もあると便利でしょう。

hotel_tradさんの投稿
38858182 527332364389642 1557501702993608704 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヒラタクワガタは、樹木だけではなく光にも集まる習性があります。外灯や雑木林近くの自動販売機などにも寄ってきやすいですので、そこを探してみるのも見つけるポイントとなります。

ヒラタクワガタの買い方について

どこで販売されている?

ヒラタクワガタの買い方や販売先がわからないというかたも多いと思います。自然で捕まえて飼育する人もおおいとおもいますが、近くのホームセンターやネットショップでもたくさん販売されている昆虫ですので、探してみて下さい。

通販やオークションサイトを利用した買い方

一番手軽な方法としては通販などを利用した買い方です。種類も豊富で、サイズや飼育環境なども詳細に書かれて販売されています。国産と外国産によって値段も違いますのでお店に問い合わせたり、死着した場合の補償サービスをつけているところもありますので利用してみるのもいいでしょう。

ホームセンターやペットショップを利用した買い方

petstore_intomayaさんの投稿
18645553 658940187632576 2248119799806689280 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ホームセンターなどにいっての買い方もあります。実際自分の目で確かめることができ、どういう買い方があるかを確認できたり飼育用品なども手に取って確認したりできますので、直接見たいかたにはおすすめです。

専門店を利用した買い方

kokuhoudenさんの投稿
14099797 638678839615364 1191609705 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

同じく直接確かめることができる買い方に専門店があります。全国には有名専門店がたくさんありますので、自分が住んでる地域の近くに専門店がないか調べてみて下さい。専門店では、飼育用品が販売されているだけではなく、クワガタの生態や飼育方法などについても詳しく教えてくれます。

ヒラタクワガタのメスの値段っていくら?

外国産は高い!?

yaminekokouyouさんの投稿
19228668 141706426383444 5117471026585796608 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヒラタクワガタは、サイズ、地域、国によって大きく値段が違います。購入を考えている場合には販売先に問い合わせをしたり、いくらで販売されているのかを直接お店に行って自分の希望に合った値段を見つけて下さい。

punpunpurin123さんの投稿
38492495 301775373713124 1774033694697193472 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

日本のヒラタクワガタの場合は、メスもオスも数千円程度の値段のものが多いです。たとえば三重県産の本土ヒラタクワガタだとオス62、メス35ミリメートルで値段3000円前後、対馬いづはら産ではオス56、30ミリメートルで値段1500円前後と言われています。

kaoriczkaさんの投稿
36973702 912341032283445 5564571096260280320 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

それに対して海外の場合では値段が高くなってきます。スマトラオオヒラタクワガタといわれるクワガタは、オス95、メス45ミリメートルで値段15000円、超大型と言われるパラワンオオヒラタクワガタも成虫ペアで値段15000円と言われています。

ヒラタクワガタのメスの飼育方法について

shujii511318さんの投稿
37839732 2102684279775646 2016707838071537664 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

慎重な管理を

ヒラタクワガタの飼育にはいくつか気を付けなければいけない事があります。ただ単にケースにいれて適当に餌を与えて育てていれば大丈夫と思われがちですが、ちゃんとした飼育をしていかないと寿命より早めにしんでしまうことがあるのです。ここでは、成虫の飼育に絞って説明していきたいとおもいます。

飼育に必要な道具

kaguyatakechiyoさんの投稿
36161465 1750259945057690 604313297390403584 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

飼育するために必要な道具には飼育ケース、成虫マット、昆虫ゼリー、広葉樹の樹皮、クヌギやコナラなどの落ち葉などがあります。値段も安いのから高いのまでさまざまです。

candonakanoshimaさんの投稿
37172951 1436749946426421 7276562433588592640 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

飼育ケースは観察用や産卵用などが販売されており、値段は数百円から数千円ほどです。サイズもLからSSまでそれぞれの目的に合ったものを選ぶとよいでしょう。成虫マットは飼育やメスの産卵のさいに使用でき、値段もやすいものがおおいです。成虫マットは幼虫のエサとしても使えます。

lifein_natoriyaさんの投稿
36161536 291630704908344 4976878029520240640 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

昆虫ゼリーには、高たんぱく、黒糖、乳酸ゼリーがありますので、食事のバランス考えて与えてあげてください。広葉樹の樹皮やクヌギ、コナラの落ち葉は通販サイトでも販売されていますので、そちらを利用してみるのもいいでしょう。

ヒラタクワガタのオスとメスは別々に!

andrewgb0329さんの投稿
37761056 248934989066127 8744969429483257856 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

飼育下では、オスとメスは一緒にいれないほうがいいでしょう。オスはメスに比べて縄張り意識が強い性格で、同じケースにいれてしまうことによってメスを大きなアゴで殺してしまうことがあるからです。

masumimosaさんの投稿
20582591 1635915826421588 8016511811798958080 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

繁殖などで一時的に同じケースにいれることはありますが、それ以外には別々のケースにいれることをおすすめします。

ヒラタクワガタの飼育には温度が大事!

y.ueporiさんの投稿
38527785 294801561295909 8917489937821990912 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヒラタクワガタはもともと涼しい環境をこのむ特徴があり、温度にも注意が必要です。屋内の飼育では30度をこえてしまうとヒラタクワガタは弱ってしまうため、真夏などはエアコンを使って23度から25度前後を保つことがベストと言われています。

yg___738さんの投稿
38448274 449649945538780 1801086061607124992 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

真冬もエアコンはもちろん保温性の高い段ボールなどにいれたりするのも効果的です。また、発泡スチロールやヒーターを使って室温を温めるのもいいでしょう。暑くなりすぎないように調整をおこないながら管理することが必要となります。

ヒラタクワガタにはゼリーがオススメ!

hiroshi.58さんの投稿
38081715 248825842608110 1358544829134405632 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ヒラタクワガタはリンゴ、バナナ、スイカなどの果実を好んで食べますが、賞味期限から考えると市販の専用ゼリーがいいでしょう。各メーカーより栄養バランスも考えて作られており、クワガタの健康を考えた買い方をおすすめします。

最後に

takemori.kさんの投稿
36148959 262332627875335 1761053874031951872 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

クワガタと一口にいっても、その特徴や寿命、種類、サイズ、販売先、買い方、飼育など実にさまざまであることがご理解いただけたと思います。飼育するのは成虫だけとは限らず、幼虫の段階から育てたいという人もいるとおもいますので、育て方の方法やそれに必要な道具はネットの情報や専門店などを活用してみてください。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ