検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

自転車旅の楽しみ方!日帰りから日本一周まで初心者が失敗しないコツを解説!

旅のロマンは格別に楽しめます。中でも自転車で行う旅はおすすめです。自転車旅とは、自力で進む楽しさ満載のひと時を実感できる特別な旅の行程となります。今回は自転車旅をする、初心者必見の内容でのご紹介です。自転車を使った、さまざまな旅の計画にお役立てください。
2020年8月27日
Hobby Life

自転車での旅とは?

人生最大の旅を味わう!

日本各地には数多くの観光名所があります。中でも、名所の多い地区を旅することは格別なひと時です。見たことのない名所を実際に目にすることで、素敵な思い出ともなるでしょう。また、自転車での旅の醍醐味は「自力」ということも挙げられます。自分の身体1つでさまざまな所へ出掛けることは、日常生活では味わい難い人生最大の経験ともなるでしょう。


色んな自然を満喫できる旅

車やバイクでの旅も快適で楽しめるのですが、やはり自力で進む自転車旅は、また違った魅力を感じます。愛用の小さな車両のみで進んでいく道のりは、まさしく「人生そのもの」とも言い換えることができるでしょう。山もあれば谷もあり、川もあれば海もあります。それらをすべて自力で乗り越えていこという自転車旅は、人生の中でも数少ない貴重な体験ともなるでしょう。

さまざまな経験値を得られる!

若い頃に旅をすることは、大人になっても活きてきます。とくに一人で行う自転車旅はおすすめです。大勢で行う旅では味わえない、より一層貴重なことを実感できることでしょう。小さなトラブルや大きなトラブルをはじめ、小さな喜びや大きな喜びを実感できるのが自転車を使った一人旅です。素敵な計画を立てて、人生最大の旅を企画してみるとよいでしょう。

自転車旅の魅力は自在性


軽快さダントツの旅となる!

年齢や性別を問わず、自転車旅は誰でもできます。壮大な計画を立てなくとも、日帰りでの自転車旅も満喫できるので自在に楽しめるでしょう。軽快な自転車を使う旅ですので、途中で寄り道したり、食事したり、プレイスポットを発見したり、もしくはひたすら走ったりと道中のスタイルは満載です。大きな車両ではないため、駐輪しやしく、しかも駐輪代金が掛かることはほとんどありませんので低予算で楽しめます。

日帰りから日本一周まで旅の行程はさまざま

日帰りや2、3日ほどで実行する自転車旅は初心者へおすすめです。一人旅の場合、いきなり日本一周を計画するケースもありますが、時間的猶予が第一の問題点となってきます。費用にも影響しますので、初心者の一人旅は、まず手短なコースを使い、旅行気分で行う自転車旅がおすすめです。また、昨今は各地で異常なほどの災害が発生しているので、やはり初心者での壮大な日本一周自転車旅まで、段階を経ておくこともよいでしょう。


自転車旅で初心者が失敗しない方法:荷物の用意

事前準備をは旅によって異なる

自転車での旅に事前準備は必須です。とくに荷物の用意が重要といえます。電車や飛行機などの旅行とは違い、多くの荷物は持って行けません。そのため、最低限必要な荷物をまとめておくとよいでしょう。最低限では衣類と寝袋さえあれば、あとは道中で間に合わせることもできます。どういった自転車旅を実践するかによっても、その荷物内容は大きく異なってくるでしょう。

宿泊先によって旅の情緒は違う!

費用に余裕がある自転車旅をする場合、キャンプ場などでの宿泊ではなく、旅館やホテルで宿泊する旅行気分の自転車旅もあることでしょう。この場合は、とくに荷物の内容は少なく済みます。宿泊先を事前にすべて決めて出掛けることで、計画通りの楽しい旅行となるでしょう。一人で出掛ける際、連日宿泊する宿泊先が決まっているということは、安心以外のなにものでもありません。やはり、費用に余裕がある方は、宿泊先を予約しておくことがおすすめです。

自転車旅で初心者が失敗しない方法:修理技術

ロードバイクのメンテナンスは重要!

目的地を決めた自転車旅は最上の楽しみとなります。ロードバイクで実践することが多いですので、メンテナンスをしておくことが重要です。旅のコースによって、数百㎞以上の走行をする旅もあることでしょう。ロードバイクは各所に消耗品を使っているので、目的地へ着くまでに何度となく故障やトラブルが発生することもあります。そのため、出発前には念入りなロードバイクのケアをしておきましょう。

日本一周するならメンテナンス技術が必須!

とくに一人で出掛けるロードバイクでの旅の場合、道中でロードバイクが壊れてしまったら近隣に自転車店がないことがほとんどです。そのため、一人でも修理できる技を身につけておくことが望ましいでしょう。そして、日本一周のロードバイク旅であれば、なおさら修理の技が重要です。タイヤのパンクやギア故障など、思いもよらないトラブルが起こるのも自転車旅といえます。

自転車旅で初心者が失敗しない方法:自転車店

目的地までのコース上にあるショップの把握

目的地が決まっていて、コースも綿密に決まっている場合、そのコース上にある自転車店を確認しておくとよでしょう。旅の初心者やロードバイク初心者は、故障した際の修理ができないケースも多いです。周囲に何もない田舎ですと、右往左往して焦ってしまうこともあります。そのため日帰りでも日本一周でも、旅のコース内にあるロードバイクを扱うショップを、あらかじめ把握しておくことが安心できる自転車の旅となるでしょう。

空気圧チェックは目的地まで常に必要!

ロードバイクで行う一人旅ですと、重要なことは空気圧です。ロードバイクは、タイヤへ定期的な空気注入をしなければ快活な走行ができません。日帰りであろうと、日本一周であろうと、目的地に着くまで爽快な旅行や旅を実践するなら、数十㎞ごとや数日ごとにてタイヤへ空気を入れておくことがおすすめです。コースの路面によって急激に空気圧が低下することもありますし、ロードバイクが古いと空気が抜けやすくなっていることもありますのでケアをしていきましょう。

自転車旅で初心者が失敗しない方法:カスタム

荷物の積載量を増やせるカスタムはおすすめ!

ロードバイクをカスタムすることで、より快適な自転車の旅を遂行することもできます。手軽なカスタムですとフロントに「カゴ」を付けたり、「リアキャリア」を装備するカスタムがおすすめです。外観の魅力は劣ってしまいますが、旅の道中で必要なことは快活性です。いつでも手軽に着脱できる装備でもあるので、自転車の旅をするなら、そうした便利なアイテムをカスタム装備してから出掛けると、荷物の積載度がバツグンに上がって利便を感じるでしょう。

安い費用で快活度最上のカスタム!

自転車は荷物の積載量が少ないですので、カバンを背負うスタイルもありますが、これはロングコースでは邪魔な存在となります。とくに、日本一周の旅ともなると荷物の量はかさみますので、それならば自転車をカスタムしてしまう方法がスムーズとなるでしょう。多額の費用が掛かるカスタムではありませんので、壮大な自転車の旅を計画している学生などは、事前にカスタム費用を貯金して、快活性の高い自転車の旅を満喫するスタイルがおすすめです。

自転車旅で初心者が失敗しない方法:工具

ロングコースではネジの緩みが発生する!

ロードバイクで日帰りや日本一周の自転車旅を計画するならば、メンテナンス技術の有無に関わらず「工具」を携帯するとよいでしょう。最低限度で構いませんので、費用の安いセットでも工具があると便利です。たとえば、ネジの緩みは長距離コースですと起こりやすくなります。肝心な箇所のネジが緩んでしまうと、危険な走行ともなりかねませんので注意が必要となるでしょう。

宿泊先でメンテナンスをすれば毎日快適!

日帰り旅行であれば、1日で100㎞前後のコース設定が多いでしょう。この程度では大きなトラブルの発生は少ないですが、日本一周の旅となると違ってきます。毎晩の宿泊先で軽いメンテナンスをすることが、目的地まで安全に走り切るためにおすすめの方法です。携帯している工具で各所の点検や増し締めをはじめ、注油をすることで、日本一周のロードバイク旅が一層と快適な気分で実践できるでしょう。

自転車旅で初心者が失敗しない方法:費用

日本一周のロングコースでは費用が問題!

ロードバイクで日本一周の旅ができる方は限られています。なぜなら、多くの時間と費用を費やすため、誰もが実践できる自転車旅とはいえません。一般的には学生が夏休みなどを使い、ロングコースである日本一周の旅へ出掛けるケースが多いでしょう。夏休みともなれば1ヶ月以上の長期休暇ですので、超ロングコースである日本一周の旅の計画が立てやすくなります。時間はあっても、気になるのが費用問題ですので、順次ご紹介していきましょう。

走るだけなら費用は抑えられる!

走るコースや目的をはじめ、目的地によっても必要となる費用は異なるでしょう。道中でどういったことをするかによっても掛かる費用はまったく違います。たとえば、ただひたすらロングコースを走り込む日本一周の旅であれば、基本的に食費と宿泊費といった費用のみがメインです。そのため、自転車旅としては「一番費用が掛からない旅」と言い換えることができます。

旅のコースによって費用に差がある!

道中でさまざまな観光地へ立ち寄ったり、名所観光をしたりする、旅行をかねた自転車での旅ですと当然ながら余計に費用は掛かります。そのため、観光地での食事や名所の拝観料などの費用が掛かることも検討しておきましょう。また、観光地で宿泊するとなると、さらに費用が掛かるので事前に余裕のある貯金をしておく必要がでてきます。やはり、日帰りと日本一周では、掛かる費用に雲泥の差があるといえるでしょう。

自転車旅で初心者が失敗しない方法:衣類

気持ちいい服装で目的地まで行こう!

冬場の自転車旅であればまだマシですが、夏場の日本一周の旅となると目的地にたどり着くまでの連日、毎日のように衣類が汗まみれとなります。不快感を感じてしまうこともあるので、衣類の洗濯をすることも重要なことです。民宿などで宿泊する場合、部屋や風呂場で洗濯することができますが、施設が完備されていないキャンプ場ですと洗濯できないこともあります。

日本一周の一人旅であれば道中での洗濯も面白い!

日帰り旅行程度のコースであれば、衣類を気にすることもないでしょう。ですが、日本一周の旅では数種類の衣類が必須です。最低でも3日分の用意はしておきたいところです。コース道中では各所の蛇口で水洗い洗濯もできるので、晴れた日にはまとめて汚れた衣類のケアをしておくことも快適な旅を助長します。

自転車旅で初心者が失敗しない方法:水分補給

一人旅は体のケアがもっとも重要!

真夏の自転車旅での日本一周で、必須となるのが「水分補給」です。日帰りの自転車旅行でも時間帯によって必須となるので、体のケアのためにも準備しておきましょう。ロードバイクに装備できるカスタムアイテムもあるので、常に補充できる状態にしておくことが肝要です。昨今の夏は気温が40℃ほどになるので、熱射病や日射病となってしまう危険性もあります。

大塚製薬 ポカリスエット 500ml 24本

安全な一人旅にする!

水だけではなく、塩分の入ったスポーツドリンクが最善となるでしょう。たとえ日帰りコースであっても、真夏の日中の気温や湿度は体へよい影響を与えません。こまめな休憩をとりながら、塩分の入ったドリンクで体のケアをすることは欠かせないことです。仮に道中で具合が悪くなってしまっても、周囲に人がいない場所ですと非常に危険です。過信をせず、一人でも危険回避できる事前準備を検討しておきましょう。

自転車旅で初心者が失敗しない方法:体力づくり

自転車旅は体が資本!

目的地へゴールする想定を立てた自転車旅は、ワクワク感が高まります。ですが場合によっては、数千㎞ともなる超ロングコースです。やはり、もっとも重要な事前準備は「体力づくり」といえます。日頃、体力に自信があっても、初めての長い自転車旅となると「目的地まで完走できない」といったことも起こるでしょう。そのため自転車旅を計画したならば、その数ヶ月前より筋力アップと体力アップは欠かせません。

気軽なイベントとして楽しむスタイルもある!

旅行感覚で行う自転車旅もあるでしょう。この場合、無理をすることなく旅行気分のサイクリングといった工程で連日楽しめます。そのため、無理なトレーニングはあまり意味を成しません。旅行好きな方が行う「気楽な自転車旅行」といった風情で、日帰りから数泊ほどの楽しい時間を十分満喫できるので、日本一周までではなくとも、気軽にできる自転車を使ったイベント的な旅行もおすすめです。

自転車旅で初心者が失敗しない方法:保険加入

保険に入っていればトラブルも恐くない!

ロードバイクなどでの自転車旅では、多かれ少なかれトラブルが付き物です。先のように、自転車店を把握しておいたり、修理技術を習得したりすれば問題ありませんが故障やトラブルは急に起こることが大半となります。その場合、田舎道ですと周囲には何もない可能性が高いため、事前に自転車用の保険へ加入しておくとよいでしょう。

レッカーがあるので安心の自転車旅となる

旅の道中で故障やトラブルと遭遇した場合、「レッカー」を呼んで対策することができます。こちらは、自転車専用の保険サービスですので、とくに日本一周などのロングコースへ出掛ける際には加入しておくとよいでしょう。レッカーは365日いつでも対応しているので、早朝や深夜でも問題ありません。費用は掛かりますが安心の旅ともなるので、初心者が行う長い旅の場合は加入必至ともいえます。

自転車旅で初心者が失敗しない方法:体のケア

ケガの対策をして目的地まで行こう!

炎天下の中で自転車旅を遂行する場合、多かれ少なかれケガが付き物です。そのため、簡単な救急セットがあるとよいでしょう。小さなケガであればそのまま旅を継続できるので、目的地まで予定通りの走行が完了します。また、転倒に備えてプロテクターなどの装備をすることもおすすめです。肘や膝に装備しておくことで、万全な防具としての役割を担ってくれることでしょう。

日除けグッズで身を守ろう!

タイトリスト Titleist ゴルフ サンバイザー メンズ ツアーバイザー HJ8VTR

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

スポーツサングラス UV 400 紫外線 99% カット

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

長時間自転車を漕いでいると、さまざまなことから疲れを感じます。たとえば、直射日光を浴び続けていると危険を生じるケースもあるでしょう。そのため、サンバイザーなどの日除けグッズがあると便利です。併せてサングラスを装備していれば、初心者でも安心してロングコースを走り切ることができます。やはり、季節ごとの対策をしておくことは、体ひとつで行う自転車旅には必須といえるでしょう。

自転車旅に無理は禁物!

楽しむ気持ちが一番大切!

さまざまな事柄が重要といえるのが自転車旅です。目的地まで走り切ることで最高のの旅となり、さらに最上の思い出ともなります。ですが、山あり谷ありのロングコースですと無理は禁物です。無理をしてしまい、大きなトラブルを発生させてしまうケースも存在しています。道中で体や自転車に異変を感じたり、生じたりした場合は即座に走行を中断しましょう。どんな状況であれ、あくまでも楽しみながら行うのが自転車旅の醍醐味といえます。

まずは手軽なコースからはじめよう!

自分にできる範囲での旅の計画が望ましいです。長期間の休暇があるからといって、無謀な計画を立てて行う自転車旅では苦しいことが多く、楽しめることが少なくなってしまうでしょう。ただ、いつかは日本一周の旅を自転車で実行したい場合、まずは日帰り程度のコースなどで自分の体力や気力を図ることも旅の計画の1つといえます。手軽なコースで実践してみて、徐々に慣れてから壮大な日本一周の旅を計画しても遅くはありません。

体形に合った最適な自転車に乗車しよう!

移動の要となる自転車ですので、やはり自分の体形や乗り心地に合った自転車を選びましょう。乗り心地が悪い場合、日帰りであれば多少我慢できますが、日本一周の旅となればストレスを感じてしまいます。これから自転車の旅をはじめる場合、やはり試乗したり、自転車店でプロのアドバイスを聞いたりしてから最適な1台を入手しましょう。シートやハンドルをはじめ、各所の機構のカスタマイズもできるので、慎重な自転車選びも重要といえます。

自転車旅を実践しよう!

今回は自転車を使った日帰りから日本一周の旅を計画する方へ向けた、さまざまな内容をご紹介してきました。最低限留意する点を述べてきましたが、参考になったでしょうか。「自転車旅」とひとくちにいえども、その種類やコースは無数にあります。いずれにしても、道中では苦しかったり、楽しかったりと満喫できることは間違いなしの旅です。自転車と一体となり、さまざまな目的を果たすべく自分流の自転車の旅を計画してみませんか。

自転車が気になる方はこちらもチェック!