【2018】コットンテントおすすめ11選!コットン素材の魅力や特徴も解説!のイメージ

【2018】コットンテントおすすめ11選!コットン素材の魅力や特徴も解説!

今キャンプ場で注目されているコットンテント。おすすめは、ワンポール型テントをイメージしますね。コットン素材の魅力や特徴を徹底解説していきます。ワンランク上のキャンプを目指すために、コットンテントのおすすめを解説を交えて紹介していきます。

2018年10月18日更新

sakuraryosukec34
sakuraryosukec34
キャンプなどのアウトドアのギア関連が得意分野になります。商品の特徴や使い方を紹介します。参考にしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. コットンテントとは
  2. コットンテントのメリット
  3. コットンテントのデメリット
  4. コットンテントのおすすめブランド
  5. コットンテントの選び方
  6. コットンテントおすすめ11選①
  7. コットンテントおすすめ11選②
  8. コットンテントおすすめ11選③
  9. コットンテントおすすめ11選④
  10. コットンテントおすすめ11選⑤
  11. コットンテントおすすめ11選⑥
  12. コットンテントおすすめ11選⑦
  13. コットンテントおすすめ11選⑧
  14. コットンテントおすすめ11選⑨
  15. コットンテントおすすめ11選⑩
  16. コットンテントおすすめ11選⑪
  17. まとめ

コットンテントとは

awesome_barbecueさんの投稿
35574299 189164751766384 4590261188251615232 n

コットンテントとは、コットン(綿)生地で作られたテントのことです。天然生地ならではの優しい風合いで、通気性が良く夏涼しい、冬暖かい特徴があります。

コットン素材の魅力

karision.jpさんの投稿
35576129 191284071545177 6088342529806172160 n

コットンは、着心地のいい衣料品やタオルなど、心地良く、優しい感じのイメージがあります。コットンは肌触りが良く、肌に優しく保湿性に優れている天然生地です。私たちの身近なところにコットン製品はあふれています。

コットン素材の特徴

yucachin0107さんの投稿
35574709 205435146775594 1629934105942556672 n

コットンの特徴は、肌触りの良さにつきます。また、通気性が良いところで、汗をかいた後でも涼しい感じがしてサラサラとした気持ち良さが感じられます。化学薬品を使っていないオーガニックコットンは、環境にも人にも優しく、いろんな意味で安心感があります。

コットンテントのメリット

yama___123さんの投稿
35575356 1716833141770165 4246313567168495616 n

メリットは、ポリエステルやナイロン生地と比較すると厚みがあることです。その厚みには、空気の層がありますので優れた断熱効果と保温効果があります。そのため、夏は涼しい、冬は暖かい空気を逃がさないと言うことです。また、コットン生地は水分を吸収する性質を持っているので、結露が発生しにくいところもメリットの一つです。

薪ストーブと一緒に

ajiiko0さんの投稿
35537989 248182812612638 7244301405219979264 n

さらに、熱や暑さにも強いワンポールのティピーであれば薪ストーブと一緒に組み合わせて使うこともあります。耐久性の高さも大きなメリットになります。メンテナンスをしっかりしていれば、約15年以上は使うことができます。

コットンテントのデメリット

デメリット①

zejiacun2さんの投稿
35574678 211734632793580 1339935938431680512 n

デメリットは3つあります。一つ目のデメリットは、重さです。コットンは全ての水分を吸収する性質を持っているので、雨がしみ込んでかなりの重さになります。これが、最大のデメリットになるのです。女性には、かなりの重さなので持ち運ぶことは難しい状況になります。

デメリット②

balticamberjanさんの投稿
35001327 252596855319518 6719177645386366976 n

二つ目のデメリットは、あとのメンテナンスが難しいということです。湿ったままのコットンテントを収納して一日放っておくと、必ず100%カビが生えてしまいます。収納する前には、必ず完全に乾燥させてから収納することを心がけてください。その乾燥作業がかなり大変でデメリットになります。完全に乾かそうとすると約2~3日はかかります。また、使用した後も同じで、乾かすことが原則です。帰宅後の天気が悪い場合は室内での乾燥となります。こうなるとなかなか乾きません。

デメリット③

yuuharu0803さんの投稿
34310910 190739921583847 7362364416894959616 n

三つ目のデメリットは、価格です。一般的な化繊ものに比較して、約10倍近くするものもあり、かなり高額でデメリットになります。

コットンテントのおすすめブランド

おすすめブランド①:ノルディスク(NORDISK)

saorichaanさんの投稿
36948365 817018735353595 1820799270006030336 n

デンマークで設立されたアウトドアブランドの「ノルディスク」。創業100年を超える老舗で、世界的にも信頼の高いブランドです。有名なワンポールのおしゃれでかわいいティピーは、設営が簡単です。

おすすめブランド②:テンティピ(Tentipi)

shimoncampさんの投稿
29414750 346554649166488 509305232073687040 n

「テンティピ」は、スウェーデンのティピー型テントブランドです。北極圏に近いので、夏は30℃、冬は-45℃の環境でテストを繰り返し行ってきました。そのテントの信頼性は高く評価されています。ワンポールのティピーを追求して、シンプルな構造と選び抜かれた生地で完成したテントは、設営がとても簡単で防水性が高く、風雨、暑さや寒さにも強く、居住性も良く快適に過ごすことができます。ティピーは、専用の薪ストーブと組み合わすことで、真冬のキャンプも暖かく楽しく過ごせます。

おすすめブランド③:キャンバスキャンプ(canvascamp)

80_sanさんの投稿
31301161 209595802973476 645755140476764160 n

ベルギーで生まれた「キャンバスキャンプ」はアウトドアブランドです。100%コットンの優しい風合いと色味は自然素材にこだわったテントを作り続けています。この素材は、化学繊維よりも耐久性に優れいて、長く愛用できます。使えば使い込むほどに深い味わいが出てきます。

おすすめブランド④:ディーオーディー(DOD)

naturum_outdoor_fishingさんの投稿
36632310 1740530392662274 7032076277871804416 n

若い世代を中心として価格が安くて機能性が高いギアで人気の「ディーオーディー」です。生地の機能性や魅力を活かしたテントを数多く展開しています。価格を安く抑えていても、基本スペックの評価は高いです。高い利便性を活用して、初心者の人にもおすすめです。

おすすめブランド⑤:オガワ(ogawa)

dogfight0530さんの投稿
36559689 280833102474272 8767703743647973376 n

100年以上の歴史がある日本のテントブランド「小川テント」です。日本の気候に合ったものづくりと、丁寧に作れる技術はこれまでの実績で多くのキャンパーに信頼を得ています。コットンテントは、最近見直されていて、評価されている人気モデルの「ビルツ」や「ツインピルツフォーク」などにコットン生地を採用した商品を展開しています。

おすすめブランド⑥:コディアックキャンバス(KODIAK CANVAS)

mrkh51さんの投稿
33063961 366132667124399 6570667112333836288 n

「コディアックキャンバス」は、アメリカで設立したテントブランドです。防水性にこだわった自社開発のコットン生地を採用しています。通気性も良く、快適な居住空間で過ごしやすいです。ロゴマークのクマの足跡は少しワイルドな印象です。大きなロッジ型のデザインは人気です。

おすすめブランド⑦:ローベンス(ROBENS)

eisuke1703さんの投稿
36608578 207263963460654 1331159005258579968 n

デンマークで設立したテントブランド「ローベンス」です。そのブランドの魅力は、雨と風に対する強さになります。最大風速約200kmのマシンを使ってテストを繰り返し行うことで、条件をクリアしたもの、検査に合格したものだけを商品としています。

コットンテントの選び方

g.h_camp_life_4649さんの投稿
34353206 199064354068236 915172507605008384 n

今、注目されていますが、決して安いものではありません。よく理解して、慎重に選びたいところです。化繊ものから人気のコットンテントにという人のために、その選び方をまとめてみました。

耐水圧、防水性で選ぶ

ajiiko0さんの投稿
18513452 1410906302290528 68448455709687808 n

耐水圧とは、JIS規格を基準としてに算出した数値のことです。「どのぐらいの水圧に耐えられるのか」ということを数値化してあらわしています。基本的に、化繊ものでは1,500㎜などの高い耐水圧の商品がありますが、コットンの基準となると、約350㎜と言う数値が標準になります。一般的に約500㎜で少雨、約1,000㎜で通常の雨、約1,500㎜で豪雨と言われています。

約350㎜の耐水圧

awesome_barbecueさんの投稿
36917222 213140429404126 8684184745912827904 n

コットンの場合、水を吸収する性質なので約350㎜の耐水圧があれば十分です。防水性もありますので、しみ込んで膨張しますが中を濡らすことはありません。それでも雨が染みることが心配な人には、ワンポール形のテントを選ぶことをおすすめします。ワンポールテントは、屋根の傾斜があるため、水滴が下方向へすぐに流れやすいです。

設営の簡易さで選ぶ

nordisk_rootさんの投稿
33443275 447682682340212 4215564362993106944 n

設営する時に、時間がかかると疲労を感じてます。どれくらいの時間で設営可能か、事前に準備しておきましょう。比較的、簡単に設営できるワンポールテントがおすすめです。

重量、収納性で選ぶ

soranote_igさんの投稿
34349940 885417201642746 6275507545184403456 n

コットンテントはかなり重量がありますので、収納時のサイズも大きくなる傾向にあります。自分の車に乗せられるのかを確認してから購入しましょう。重量が気になる人は、なるべく軽いものを選ぶことをおすすめします。

素材で選ぶ

ka0ringo1228さんの投稿
33559778 207399546537314 8905167560685649920 n

コットンテントは、100%コットンのものと、ポリエステルと綿の混紡素材のものがあります。最近は、ポリコットン製のものが出回っています。結露しないことや断熱性はそのままに、化繊ものの耐水性、防水性の良さを持っていて、お手入れが楽になっています。夏に涼しい、冬に暖かい特徴を持っています。
 

ポリコットンとは

old_coleman_museum_japanさんの投稿
32810845 134198487450970 5778576053760950272 n

ポリコットンとは、ポリエステルとコットンが混ざった生地のことです。両方の良いところを取り込んでいるのがポリコットンです。ポリコットンは、ポリエステルの良い部分である丈夫、シワになりにくい、乾きやすい部分と、コットンの良い部分である風合い・通気性・吸湿性の両方を兼ね備えた生地です。

コットンテントおすすめ11選①

NORDISK(ノルディスク) コットンテント アスガルド 12.6 [6人用]

【国内正規品】アスガルド 12.6 オーガニックコットンモデル Asgard 12.6 Organic Cotton[242030](コットン100 グランピング ノルディスク テント アスガルド 6人用 キャンプ用品 テント)[アウトドア用品]
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ノルディスクは、ポリコットン製を採用したことで最強のテントになりました。今までのコットン100%生地のテントよりも防水性が高く、雨に強く、濡れた後の縮み具合も少ないです。ベルテント式は、中央のワンポールが特徴で自立して立っています。設営も超簡単にできて、周りのペグで中央のポールを固定して立てれば完了です。

女性一人でも

34standardさんの投稿
25026153 141089303268711 4521211381285912576 n

幕の重さも約16㎏で、女性一人でもなんとか持ち運びできそうです。居住空間がかなり広いところも、ポイントが高いです。天井が高く感じられるところも高評価です。サイドのメッシュの通気口が、夏に涼しい、冬に暖かい、換気もこれでバッチリです。テントの側面はタープのようにして、雨の降りこみも防ぐことができます。

コットンテントおすすめ11選②

(ノルディスク) NORDISK アルヘイム 12.6m2 ティピーテント 142013

ノルディスク NORDISK アルヘイム 12.6m2 ティピーテント 142013【定員6人 テント ワンポール モノポール ティピー 大型 アウトドア フェス キャンプ グランピング ALFHEIM スー SIOUX |TP15】
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

アルヘイムは、イベント・キャンプ等で集まるのに最適なティピーです。中央のポールを立てて張るだけの簡単なものなので、大人数で集まるテントながら一人で設営できます。

快適な室内空間

chippi720さんの投稿
18381884 1983069551737874 5626101905844338688 n

別売りのキャビンとフロアシートを組み合わせることで快適な室内空間を作り出します。天井が開閉できて、夏に涼しいベンチレーションを装備して利用できます。中で煮炊きもできてしまうすぐれものです。

コットンテントおすすめ11選③

(テンティピ) Tentipi テント ジルコン 7 CP ベージュ(Light Tan) tntp-0003

(テンティピ) Tentipi テント ジルコン 7 CP ベージュ(Light Tan) tntp-0003
Amazonで詳細を見る

北欧のティピー型の大型テントです。ワンポールのシンプルな構造のため、組み立ては数分で完成します。形状は8角錘のため風にあおられません。ボディの素材はポリコットンを用いているためキャンバス地のような風合いです。この素材は一般的なポリエステル素材に比べ夏などの季節に呼吸するため結露は最小になり、インナーテントは必要ないくらいです。

全天候に対応

hiiragi.campさんの投稿
14448382 534971896707704 3477809773200539648 n

全天候に対応しているので、内部で焚き火を楽しむことができる最適モデルです。 2ヶ所のジッパーで出入口、全ベンチレーションには虫よけネットを完備しています。 ベース部分には非常に強度の高いポリアミドを使用しているためしっかりペグダウンすることができ、地面の汚れにも安心です。

コットンテントおすすめ11選④

(ローベンス)ROBENS クロンダイク テント アウトドア キャンプ ティピー ROB130144 rbns-003

【ROBENS/ローベンス】 クロンダイク テント アウトドア キャンプ ティピー ROB130144
詳細はこちら

スタイリングなルックスと快適性を両立した6人用ティピーです。 フロントのドア部とテント下部にあるメッシュ窓は、通気性が抜群です。最大風速約130kmに耐えられる丈夫なテント構造になっています。

中型のティピー

moca_millionさんの投稿
31117257 218386788755426 4720384944835133440 n

中型のティピーは、居住性にも優れていて、大型のドアは出入りがしやすく、より広いスペース感を感じます。夏は涼しい、冬は暖かい通年使用できるティピーです。付属のグラウンドシートは、ジッパーで簡単に取り外しができます。天井には、煙突も標準装備で薪ストーブを使用することができます。

コットンテントおすすめ11選⑤

ogawa(オガワ) テント ピルツ15T/C [8人用] 2790

ogawa(オガワ) テント ピルツ15T/C [8人用] 2790
Amazonで詳細を見る

ピルツ15T/Cは、自然の風合いも楽しめる通気性、吸湿性に優れた新しいモノポールテントです。高くて広い開放的な快適空間を実現した8角錐形状です。ファミリーやグループで楽しめます。ベンチレーターは5ヵ所に付いていて、頂上部と下部両側面、そして出入口のメッシュパネルで室内換気を自在に調整可能です。

煙突ホール

tks.campさんの投稿
31236155 174189506590203 2549903241613672448 n

夏に涼しい、冬に暖かい、天井にはストーブ用の煙突ホールも装備されています。プライバシーを確保することや防水性が高く日差しや小雨などの侵入を防ぎます。脚元は8ヵ所を固定して、ワンポールを立てるだけで簡単設営できます。

コットンテントおすすめ11選⑥

(キャンバスキャンプ) CanvasCamp テント SIBLEY 400 ULTIMATE PRO (PROTECH) ccamp-001

(キャンバスキャンプ) CanvasCamp テント SIBLEY 400 ULTIMATE PRO (PROTECH)
詳細はこちら

クイーンサイズのベッドが2台入れることができるサイズです。PROTECHシリーズは他のモデルには無い機能が備わっています。エントランスドアが二重になっていて、コットン生地とメッシュ生地がグラウンドシートへ接続されています。サイドウォールの内側に夏涼しいメッシュウォールが追加されて、サイドウォールを巻き上げた時も虫の侵入を防ぎます。

美しく上品な外観

buzzrock69さんの投稿
17881496 321262974955954 1972983782508068864 n

美しく上品な外観でありながら、組み立てが簡単で収納もコンパクトです。 外観は、ワンポールを中心に、ナチュラルなコットンキャンバス生地が、どこか懐かしい独特の雰囲気を出しています。テントの内側は、とても幻想的でロマンティックです。 最高に豪華なキャンプをお楽しみください。

コットンテントおすすめ11選⑦

D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア) 燃えにくいポリコットン生地 パップ風テント パップフーテント T2-540-BK

D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア) 燃えにくいポリコットン生地 パップ風テント パップフーテント T2-540-BK
Amazonで詳細を見る

パップテントとは、昔軍隊で支給されていたテントで、2人の兵士がお互いのパップテントを組み合わせることでシェルターとして使用できるのが特徴です。 パップフーテントはパップテントのような、1枚のテントでパップテントよりも広くタープスペースを作ることで、ソロキャンプで使いやすさを追求したものになっています。

コンパクトでタープ一体型

bakutakecampさんの投稿
36147835 1029925680506582 3886691699161825280 n

パップテントのコットン生地とは違って、ポリコットンを使用することで、夏涼しい、冬暖かい、防水性や軽量性を高めたものになっています。 パップフーテントは、コンパクトでタープ一体型で、焚き火ができる、新しいソロキャンプのスタイルになりそうです。

コットンテントおすすめ11選⑧

D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア) タケノコテント ベージュ/オレンジ T8-495

D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア) タケノコテント ベージュ/オレンジ T8-495
Amazonで詳細を見る

キャンプの主流は、テント プラス タープ 又は2ルームテントで、基本的にリビングと寝室が分かれていて、リビングでは靴を履いているというスタイルです。 しかし、多くの日本人はリビングでは靴を脱いでいて、ほとんどの一人暮らしはリビングも寝室も同じ部屋と言うパターンです。食事を食べるのも夜中で寝るのも同じ部屋で行う大きなワンルームみたいなテントを提案したのです。

裸足型ワンルーム

tmk.13.janvierさんの投稿
32070120 245850442828064 1131894495776866304 n

夏涼しい、冬に暖かい、防水性が高いポリコットン生地とポリエステル生地の使い分けや、サイドポール構造による体感面積の広さなど、リビングとして快適に過ごせるワンルームにするため、数々の工夫を凝らしています。日本人が一番リラックスできる、「裸足型ワンルーム」というキャンプスタイルを提案しています。

コットンテントおすすめ11選⑨

DOD(ディーオーディー) ビッグワンポールテント 8人用

DOD(ディーオーディー) ビッグワンポールテント 8人用 ナチュラルシリーズ T8-200T
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ナチュラルカラーで洗練された8人用ワンポールテントです。本体外側にペグを打ち込み、1本のポールを立てるだけのシンプルなものになっています。最大8人が就寝できる床面積からは予想がつかないほど必要なパーツが少ないため、収納時はコンパクトになっています。スタイリッシュな外観は、夏のキャンプ場やフェス会場などでも、他のテントとは一線を画すファッション性をアピールします。

前室スペース

simplexstyle_0508さんの投稿
34816416 201194650514575 7643320256613580800 n

大人数のキャンプでもスムーズに出入りしやすいように出入口を前後2ヶ所に配置しています。 前後の入り口に前室スペースも設置しています。従来のワンポールテントでは場所が取れずに諦めていた、置くことができなかった靴をインナーテントとフライシートの間の前室に置くことが可能になりました。防水性が高いフライシートの生地は荒天時に備えた耐水圧約2,000mmで、インナーテントのフロア部分は濡れた地面に対応するため、耐水圧約3,000mmの生地を採用しています。

コットンテントおすすめ11選⑩

North Eagle(ノースイーグル) テント コットンドーム300 [4~6人用] NE199

North Eagle(ノースイーグル) テント コットンドーム300 [4~6人用] NE199
Amazonで詳細を見る

コットンを使用しているのはインナーとフロアシートだけです。フライ部分にはポリコットンを使用しているので、ポールもジュラルミンの採用していることでかなり軽量になっています。耐水圧も防水性も問題ないレベルです。しかも安価です。

イメージとは

mbfdr876さんの投稿
21911215 1966976823557822 7845509149197598720 n

イメージとは若干外観が異なるかもしれませんが、「コットンは耐水圧などが心配」「価格も高いのはちょっと…」と悩んでいる人に、ポリコットンを採用することでその悩みを解消しています。

コットンテントおすすめ11選⑪

North Eagle(ノースイーグル) テント ワンポールテント 300 [3~4人用] NE156

North Eagle(ノースイーグル) テント ワンポールテント 300 [3~4人用] NE156
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ノースイーグル代表的なテントのひとつ、設営のしやすさが魅力のワンポールテントです。居住性が高く耐久性も備わっているコストパフォーマンスに優れたテントです。吊り下げ式インナーなので、タープタイプとテントタイプのどちらも使用できます。

UVカット素材

yuhi0708さんの投稿
11881919 523839664439981 120103336 n

防水性の高いフライシートには、夏にはUVカット素材を採用していますので、紫外線を約90%カットしてくれます。大型で涼しいベンチレーションが付いています。ワンポールタイプなので軽量で組み立てが簡単です。出入口は、前後2か所付いていて便利です。

まとめ

cocoon_daichanさんの投稿
32247498 184966782334496 2386242950158876672 n

コットンテントのメリット&デメリットを説明して、選び方のポイントを紹介してきました。コットンテントのブランドや種類についても触れてきました。お気に入りのテントは、見つかったでしょうか。種類が一杯あるので余計に迷わせてしまったかも知れません。コットンテントを選ぶということは、ワンランク上のキャンプを楽しむと言うことになります。自分のスタイルに合ったコットンテントを見つけてください。

テントが気になる方はこちらもチェック!

Thumb【2018】ファミリーキャンプ向けテントおすすめ10選!テント選びならコレ! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプに行く時の必ず用意しないといけないのがテントです。テントがないと夜寝泊まりできず、く...
Thumb【2018】ベルテントおすすめ9選!キャンパーが憧れる人気テントの魅力に迫る! | 暮らし~の[クラシーノ]
ベルテントはゴージャスなグランピングに人気があり、注目を浴びています。大型サイズのベルテント...
Thumbツーリングに最適なおすすめテントランキング12!テント選びはこれで決まり! | 暮らし~の[クラシーノ]
ツーリング時におすすめ人気テントをランキング形式でご紹介します!お一人でのソロツーリング向け...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ