【2021】ベルテントおすすめ9選!キャンパーが憧れる人気テントの魅力に迫る!

【2021】ベルテントおすすめ9選!キャンパーが憧れる人気テントの魅力に迫る!

ベルテントはゴージャスなグランピングに人気があり、注目を浴びています。大型サイズのベルテントは、アウトドアライフを演出するおすすめメインアイテムの1つです。多くのキャンパーが憧れる人気のおすすめベルテント9選や楽しみ方などを紹介します。

記事の目次

  1. 1.グランピングにはベルテントがおすすめ?
  2. 2.ベルテントのメリットは?
  3. 3.ベルテントのデメリットは?
  4. 4.ベルテントの選び方は?
  5. 5.グランピングにおすすめのベルテント9選
  6. 6.グランピングにおすすめのベルテント1
  7. 7.グランピングにおすすめのベルテント2
  8. 8.グランピングにおすすめのベルテント3
  9. 9.グランピングにおすすめのベルテント4
  10. 10.グランピングにおすすめのベルテント5
  11. 11.グランピングにおすすめのベルテント6
  12. 12.グランピングにおすすめのベルテント7
  13. 13.グランピングにおすすめのベルテント8
  14. 14.グランピングにおすすめのベルテント9
  15. 15.ベルテントの設営方法やグランピングでのおすすめの楽しみ方は?
  16. 16.ベルテントを手に入れてグランピングデビューしよう

グランピングにはベルテントがおすすめ?

最近キャンパーで注目されているグランピングとは、グラマラスとキャンピングと合わせた言葉で、魅力的でゴージャスなキャンプを指します。広々としたベルテント内に、お気に入りのキャンプギアを色々持ち込んで、アウトドアを楽しむスタイルです。そのグランピングでよく使用されるテントが、ベルテントになります。

グランピングは、アウトドアにおいておしゃれでゴージャスで快適なキャンプが、多くのキャンパーから注目と人気を集めています。
 

グランピングに人気のベルテントって?

ベルテントとは、ワンポールテントの壁の部分が垂直に立ち上がっている八角錐のベル状の形のテントです。モンゴルの移動式住居「ゲル」やネイティブアメリカンのティピー型テントがイメージしやすいと思います。

ワンポールテントと比較すると、ベルテントはワンポールテントのサイド部分のデッドスペースがなく、機能的で居住性に優れています。友人同士や家族でのグループキャンプにおすすめのデザイン性にも居住性にも優れた魅力的なテントです。
 

ベルテントのメリットは?

出典: https://pixabay.com/ja/%E8%A6%AA%E6%8C%87-%E3%81%8A%E6%B0%97%E3%81%AB%E5%85%A5%E3%82%8A-%E6%89%8B-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB-%E6%89%8B%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%82%89%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB-%E7%AD%89%E3%81%97%E3%81%84-422147/

ベルテントのメリットは、グランピングに適した開放感のある居住性と設営しやすい点です。内部の広さや高さは、他のタイプのテントと比較しても、広々として家具やベッドも置ける開放的な空間が魅力です。

ベルテントは、シートを広げてからワンポールを支柱にして立ち上げる、シンプルな設営方法で、他のテントと比較して、簡単にできます。また、ベンチレーション機能も多数設置され、通気性にも優れたメリットがあります。
 

ベルテントは夏も冬も快適に過ごせる?

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97-%E4%BC%91%E6%97%A5-%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC-%E9%A2%A8%E6%99%AF-%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E-%E5%B1%B1%E3%81%AE%E9%A2%A8%E6%99%AF-%E5%A4%AA%E9%99%BD-%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88-2445212/

コットン製のベルテントは、四季を通じて快適に過ごせて、耐久性の高いのが特徴です。開放感のあるテント内部には、多くのベンチレーションがあり、中にはサイド部分がロールアップできて風通しに優れたモデルもあります。

冬には、ベンチレーション部分に煙突用の穴を通せば、テント内で薪ストーブも設置できます。他のテントと比較しても、優れた居住性が特徴に挙げられます。テントの出入り口もワイドで、大人数のグランピングにもおすすめです。
 

ベルテントのデメリットは?

出典: https://pixabay.com/ja/%E8%89%AF%E3%81%84-%E6%82%AA%E3%81%84-%E5%8F%8D%E5%AF%BE-%E9%81%B8%E6%8A%9E-%E6%84%8F%E6%80%9D%E6%B1%BA%E5%AE%9A-%E8%82%AF%E5%AE%9A%E7%9A%84%E3%81%A7%E3%81%99-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89-%E8%A8%98%E5%8F%B7-1123013/

ベルテントのデメリットは、他のテントと比較して、設営面積が必要なことです。区画サイトで設営する場合は、あらかじめ設営できるサイズかどうかの確認が必要になります。また、グランピングに適したサイズと素材のため、他のテントと比較すると重量感があります。

ベルテントは設営が大変?

しかしワンポールで設営できるベルテントは、設営は難しいものではありません。安全にキャンプを楽しむためにも構造上、ペグダウンする本数が多くなります。しかしデメリットは、メリットでもある快適性や居住性に優れている側面でもあります。

ベルテントは結露しやすい?

出典: https://pixabay.com/ja/%E6%B3%A3%E3%81%8F-%E6%82%AA%E3%81%84%E5%A4%A9%E6%B0%97-%E9%9B%A8-%E7%82%B9%E6%BB%B4-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC-%E6%82%B2%E3%81%97%E3%81%84-2010585/

ベルテントの構造は、シングルウォールですが、結露対策が施されています。テント上部やサイド部分に、ベンチレーション機能が搭載されて、通気性に優れた仕様になっており、雨の日のキャンプでもテント内で快適に過ごせるのもグランピングに人気の理由です。

ベルテントの素材は、ポリコットンやキャンバス生地のコットン製です。どちらも防水性が高くいものですが、使用後はしっかり乾燥させてから収納することで、次回のグランピングが快適に過ごせます。
 

ベルテントの選び方は?

出典: https://pixabay.com/ja/%E8%B3%AA%E5%95%8F-%E8%AA%B0-%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB-%E4%BD%95-%E3%81%A9%E3%81%93-%E6%99%82-%E3%81%AA%E3%81%9C-%E4%BA%8B%E6%95%85-%E4%BA%8B%E6%95%85%E5%A0%B1%E5%91%8A-2415069/

ベルテントの選び方は、区画サイトで使うのであれば、区画サイトに収まるサイズのベルテントを選びましょう。フリーサイトであれば、ベルテントを使用する人数やキャンプギアの量などを考慮して選んでください。

ベルテントは、ゴージャスなグランピングで注目され、4シーズン使える、リビングやベッドルームの役割にもなります。快適に過ごすためには、あなたのアウトドアスタイルを明確にすることが大切です。
 

収容人数で選ぶ

あなたが何人でグランピングをするか、あらかじめ想定してください。キャンプをする人数からベルテントを選ぶときは、記載されている収容人数より余裕を持って少なめの人数が快適なグランピングが楽しめます。例えば。5人用の記載であれば、3-4人くらいの人数で使用すると、ゆったりと快適に過ごせます。

サイズでベルテントを選ぶ

フリーサイトであれば、サイズを気にせずベルテントを選べますが、区画が制限されている場合は、設営サイズを想定して選んでください。

また、アウトドアギアはテントだけはありません。あなたのグランピングスタイルによってキャンプギアの量も異なります。また、タープも連結するとさらに広々とした空間が広がります。

ソファやテーブルなどのギアのレイアウトも考慮した上で、ベルテントのサイズを選ぶことをおすすめします。
 

グランピングにおすすめのベルテント9選

出典: https://pixabay.com/ja/%E7%95%AA%E5%8F%B7-9-%E6%A1%81-%E8%83%8C%E6%99%AF-%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E4%BD%9C%E3%82%8A-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88-2052057/

ベルテントは、グループや家族のキャンプを魅力的に快適に演出する重要なグランピングアイテムです。グランピングにおすすめのベルテントを8選紹介します。薪ストーブをインストールするなど、あなたのキャンプに合ったグランピングテント選びの参考にしてください。

グランピングにおすすめのベルテント1

D&R 100%コットン ベルテントハウス

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

サイズ:直径3m×3m 重量:19.5kg

イギリスのアウトドアブランドのD&Rベルテントは、国内外のグランピングに人気があります。一般的な区画サイトにインできるサイズで、比較的一人でも設営しやすいサイズでもあります。

また、フリーサイトで連泊するのにもおすすめのグランピングテントです。サイド部分と入り口にはネットもついて居住性だけでなく、通気性も優れています。3m、4m、5mのサイズがあり、4m以上のサイド部分には薪ストーブ用の煙突穴もついて、冬も快適に過ごせます。
 

口コミは?

D&Rブランドのベルテントは、高価格帯のタイプ他のベルテントと比較して、リーズナブルな価格と耐久性の高いコットン製でできています。薪ストーブもインストールでき、長期キャンプやグランピングキャンプに最適とキャンパーから高評価の口コミがあります。

床面のシートは厚目でしっかり出来ており、本体から切り離して地面を使い方にはこの切り離しが出来るのも得点が高いかと思います。ポールもしっかりした物です。

グランピングにおすすめのベルテント2

D.O.D タケノコテント T8-495

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

サイズ:450×450×h280/収納時直径35cm×82cm 素材:屋根部分:ポリコットン/壁部分:150Dポリエステル(UVカット加工済み)/フロア:300Dポリエステル/メインポール:スチール/サイドポール:アルミニウム 重量:21.4kg 収容人数:8人

ユニークで実用的なアウトドアギアを発信し続ける国産ブランド、 DODのタケノコテントは、メッシュの窓が多数設置され、通気性に優れています。暑い季節には、すべての窓を全開にして涼しく快適に過ごせます。寒い季節には、テント底部にスカート生地があるため、テント内への風を防ぐことができます。

薪ストーブを入れば、テント内が暖かく快適なグランピングキャンプができます。また、サイド部分にポールがついているため、区画サイトでの設営も可能です。
 

口コミは?

屋根の部分には、結露に強いポリコットンを、ウォール部分にはポリエステル生地を使用しています。耐久性、結露にも強く、サイドポールを設営時に使用するため、テント内を無駄なく広々と使えると高評価です。

テントの周囲の屋根の位置が高くなりますので、隅々まで広く使えますし、なにより側面の面積が広くなります。結果、窓が非常に大きく取れます。

グランピングにおすすめのベルテント3

Nordisk [ ノルディスク ] アスガルド Asgard 7.1 Basic

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天81,266円

サイズ:360×265×h 200cm/収納時直径35×97cm 素材:ポリコットン 重量:15.5kg 収容人数:3人

シロクママークが印象的な北欧の伝統アウトドアブランド、ノルディスクの3人用ベルテントです。ベルテントのサイズの中では比較的にコンパクトな設営サイズのため、区画サイトでもグランピングキャンプができます。素材に乾きやすいポリコットンを使用し、扱いやすいベルテントです。

口コミは?

ベルテントの設営は、設営の簡単なワンポールタイプのため、設営は難しいものではありません。他のテントと比較して、ペグダウン数が多いのは、安全に快適に過ごすためにも必要な作業です。また、素材のポリコットン生地は、防水性にも優れています。

思ったより設営も楽で中も広く快適に過ごせた。明け方かなり強い雨に降られたけどまったく雨の侵入はなかった!

グランピングにおすすめのベルテント4

D&R インディアナテント

D&R インディアナテント

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

サイズ:約400×400×h250cm/収納サイズ76x24x24cm 素材:本体生地: 300D オックスフォード PUコーティング UVカット加工 紫外線カットUPF50+ ボトム生地:300D オックスフォード PUコーティング, 耐水圧5000+mm ポール:スチ—ル 重量:約11kg 収容人数:5-8人

グランピングに必須とも言われるベルテントの人気ブランド、ダンシェルのファミリーサイズのキャンプにおすすめのベルテントです。ベンチレーションが多数設置され、結露対策や通気性に優れた機能が搭載されています。

防水性にも優れたスペックは、天候を気にすることなくアウトドアキャンプを楽しむことができます。友人同士や家族でのキャンプにおすすめのベルテントです。

口コミは?

ベルテントはグランドシートを広げてから、中央部のポールを立ててサイドをペグダウンして設営します。ワンポールで設営できるベルテントの設営は決して難しいものではありません。

初めてベルテントを購入する場合は試し張りをおすすめします。アウトドアに溶け込むアースカラーのコスパに優れたベルテントです。
 

ためし張りもしてみましたが、40代おばさん一人でも15分くらいで上手に設営できました。

グランピングにおすすめのベルテント5

NEUTRAL OUTDOOR ワンポールテント NT-TE02 GE

NEUTRAL OUTDOOR ワンポールテント NT-TE02 GE

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天48,400円

サイズ:300xh200cm/収納サイズ:24x24x83cm 素材:本体生地: ポリエステル185Tリップストップ PUコーティング耐水圧3000mm UVカット加工/ボトム生地:ポリエチレン195g 防水シート/ポール:アルミニウム(メインポール29mm/前室ポール22mm) 重量:約7kg 収容人数:3-5人 付属品:ポール各種・ペグ20本・止水キャップ・キャリーバッグ

NEUTRAL OUTDOORブランドのグランピングキャンプにおすすめのベルテントです。ベルテントの種類の中でも比較的に重量が軽く、設営しやすいタイプになります。

2-3人の少人数やソロキャンプにもおすすめします。耐風性や耐水圧も高く、乾きも早いポリコットン製は、扱いやすいおすすめのグランピングテントです。
 

口コミは?

グランピングに人気のベルテントは、防水性の高い生地が使われており、3000mmの高耐水圧は、雨の日でも快適なグランピングキャンプが楽しめます。設営も一人で簡単にできるため、初心者にもおすすめのグランピングベルテントです。

雨の日用のテントとして購入しました。設営・撤収は非常に簡単で、1人でやって15分程度です。

グランピングにおすすめのベルテント6

NEUTRAL OUTDOOR ワンポールテント NT-TE03 GE

NEUTRAL OUTDOOR ワンポールテント NT-TE03 GE

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天59,300円

サイズ:400×h250cm/収納時直径28×92cm 素材:ポリエステル185Tリップストップ、PUコーティング耐水圧3000mm、UVカット加工/ボトム生地:ポリエチレン195g 防水シート 重量:11kg 収容人数:5-8人 付属品:ポール各種・ペグ26本・止水キャップ・キャリーバッグ

上記で紹介したアウトドアブランド、NEUTRAL OUTDOORのベルテントの1サイズ大きいタイプになります。家族や友人同士でゆったりと過ごせる空間のおすすめのサイズです。

グランドシートを半分めくって、半土間のように使うのもおすすめの楽しみ方です。素材にポリエステル生地を使用し、雨に濡れても乾きやすい仕様になっています。
 

口コミは?

比較的新しいブランドですが、購入しやすい価格帯のコスパに優れたブランドです。コットン素材の重量感をポリエステル生地にすることで、重量が軽く、メンテナンスも楽というユーザーの声もあります。

ソロキャンプで春夏秋冬12回位使用しましたが、いいテントだと思います。1人でも設営がとても簡単で慣れれば15分ぐらいで建てられますね。大雨も3回有りましたが、まったく問題ないです。

グランピングにおすすめのベルテント7

CanvasCamp テント SIBLEY 500 ULTIMATE PRO (PROTECH)

CanvasCamp テント SIBLEY 500 ULTIMATE PRO (PROTECH)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

サイズ:直径5m×h300cm/収納時118x38x35cm 素材:コットン 重量:40.6kg 収容人数:8人 付属品:ガイロープ・ペグ・センターポール・Aフレームエントランスポール・キャリーバッグ

人気のアウトドアブランド、キャンバスキャンプのシブレーシリーズ500のベルテントを紹介します。ベルテントはワンポールタイプのため、設営も簡単です。広々としたグランピングを楽しむには、2-4人くらいの人数で使用することをおすすめします。

ベルテントの生地には耐候性の高いコットンキャンバス生地が使われています。キャンバス生地は、防水性にも優れ、水分を含むとコットン繊維が膨張して湿度や結露対策にもなり、テント内を快適に保ちます。
 

口コミは?

キャンバスキャンプブランドのスタンダードモデルと比較して、ハイグレードな耐久性の高い生地が使われています。サイド部分は全てメッシュ加工で、通気性に優れた虫除けにもなります。夏は涼しく、冬は薪ストーブがインストールできるグランピングキャンパーからも人気の高いベルテントです。

自分でリメイクして好みのサイズに薪ストーブをインストールして、キャンプを楽しむ上級キャンパーもいます。デザイン性や快適性も抜群と評判も上々です。
 

グランピングにおすすめのベルテント8

Bell Tent ベルテント特大 ハイクオリティ 100%コットン仕様

Bell Tent ベルテント特大 ハイクオリティ 100%コットン仕様

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

サイズ:直径4m/収納サイズ100×29×29cm 素材:コットンキャンバス 重量:約26kg 付属品:ロープ・フック・防水キャップ・キャリーバッグ

ベルテントのウォール部分とグランドシートはジッパーで取り外しができ、通気性にも優れ、夏は涼しく過ごすことできます。サイド部分には薪ストーブ用の穴もついて、冬は暖かく快適なグランピングが楽しめます。オールシーズン快適に過ごせるおすすめのベルテントです。

また、雨キャンプでも湿気を通しにくい生地と雨が入りにくいAラインの入り口になっています。入り口部分にタープと連結するのも、おすすめのグランピングの楽しみ方です。

口コミは?

ベルテントの広々とした空間は、他のテントに比較して高さがあり、圧迫感を感じさせません。ベッドを持ち込んだり、コットを複数置いたりしても余裕のある広さで、グランピングにおすすめと評価されています。

ジップが締めづらいという声もありますが、両手を添えて閉めるか、ジップスライダーを使うとスムーズに締まります。
 

本日、試し張りしました。 とても作りが良くこの価格でコットンテントなんて素晴らしいです。 流石に収納袋に入れるとマジで重いです。まぁ〜コットンだから仕方ないですけど。

グランピングにおすすめのベルテント9

ROBENS Klondike

ローベンス テント クロンダイク

楽天

サイズ:400×270cm/収納時直径27×80cm 素材:ハイドロテックス ポリコットン (65%コットン/35%ポリエステル)/ポール:アルミ センターポール(52-30.8mm) / Aフレーム(22mm)/グラウンドシート:ジッパー脱着式・210Tオックスフォード100%ポリエステル・耐水圧5000mm 重量:16.1kg 収容人数:6人 付属品:Vペグ×15本・Jペグ×21本・キャリーバッグ

デンマークのテントブランド、ローベンスのハイスペックなベルテントです。グランピングを楽しむには、ベルテントの耐候性が欠かせません。ローベンスのクロンダイクは、スタイリッシュな外観と耐候性に優れています。

グランドシートと壁面部分がジップ式になって、取り外せば通気性にも優れています。多数のベンチレーションに加えて、テント上部には薪ストーブがインストールできる煙突ポートも装備されています。
 

口コミは?

ローベンスブランドが独自に開発したポリコットン素材は、耐水性が高く雨の日キャンプでも、快適に過ごせると、キャンパーからの高評価を得ています。テント上部には内側から開閉できるベンチレーションと、薪ストーブの使用を想定した作りとなっています。

付属品もしっかりした作りで、シンプルで細部に渡って使いやすい配慮が施されている剛健なスペックが、キャンパーからの口コミがあります。
 

ベルテントの設営方法やグランピングでのおすすめの楽しみ方は?

アウトドアグランピングの家となるのがベルテントです。さまざまなキャンプギアやソファなどアウトドアで思い思いにくつろげるアイテムを持ち寄って楽しむスタイルが、キャンパーから多くの人気を集めています。

友人同士や家族などで楽しめる、居住性に特化されたベルテントの設営は、難しいものではありません。ベルテントの設営のコツや楽しみ方、オプションなどを紹介します。
 

ベルテントの設営方法は?

ベルテントは広さや高さがあるため、グランピングに人気のテントです。ワンポールタイプのシンプルな設営方法です。タープも一緒に設営する場合は、タープを先に設営すると雨が降っても濡れずに設営ができます。

グランドシートを広げる

まず、グランドシートを広げます。グランドシートなしで、土間のように使うことも可能です。グランドシートを使うことで、地面からの湿気や凹凸などを気にせずテント内で快適に過ごすことができます。

次に、テントシートを広げていきます。この時に、グランドシートを内側に折り込むことでテント内への水の侵入を防ぎます。一人でも設営できますが、二人で設営すると設営がより早く簡単にできます。
 

ペグダウンする

ボトム部分にペグ打ちをします。テンションをしっかりかけることで、ベルテントの立ち上がりが綺麗にできます。全方向のペグダウンができたら、中央部にポールを立てます。入り口にポールが必要な場合は、この時にポールを立ててください。

止水キャップがある場合もこの時に忘れずに取り付けてください。サイド部分の立ち上がりのペグダウンをして、テンションの調節をしてグランピングテントの完成です。
 

ベルテントに必要なオプションは?

ベルテントを購入するときは、オプションの購入も必要です。スペアとしてハンマーやペグ、グランドシートの購入も一緒に購入することをおすすめします。その他にも、あなたがグランピングで楽しみたいアイテムの購入もあるでしょう。

冬には薪ストーブのインストールするのもおすすめのグランピングです。また、ベッドやソファなどをテント内に入れることもできます。その際には、テント内に収まるサイズか事前にチェックすることをおすすめします。
 

D&R ベルテントグランドシート

D&R ベルテントグランドシート サークル ブラックマット

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

サイズ:約300×300×0.3cm 素材:表面/ポリエステル、裏面/ポリエステルPVCコーティング

D&Rのベルテントの購入を考えている方は、一緒にグランドシートの購入をおすすめします。グランドシートは、地面からの湿気や凹凸などからテントの底部を保護します。薄手ではありますが、お気に入りのラグマットを敷いたり、コットやベッド、ソファーなどをベルテントにインしたりする時にも便利です。

ベルテントにタープを連結できる?

ベルテントはワイドなワンルームのグランピングにおすすめのテントです。さらに。タープと連結してタープ部分をリビングとしても使うのもおすすめのグランピングキャンプの楽しみ方です。

風向きを考慮して、タープを先に設営してからベルテントを設営すると、急な雨でもずぶ濡れにならずにベルテントを設営できます。

NORDISK(ノルディスク) タープ カリ12

NORDISK(ノルディスク) タープ カリ12

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

サイズ:300x400cm/収納サイズ94x30cm 重量:約8kg 付属品:スチールVペグ×10本・5mmガイライン・スチールポール×2・キャリーバッグ

老舗ノルディスクブランドのベルテントと合わせてタープも一緒に購入するのも、おすすめのグランピングの楽しみ方です。スタイリッシュでオシャレなグランピングが、さらに快適になります。雨の日のキャンプも快適なスペースがさらに広がり、アウトドアをさらに満喫できます。

口コミは?

人気アウトドアブランドのノルディスクのベルテントと同じ素材で作られたタープです。ベルテントを寝室に、タープスペースをリビング兼ダイニングとして使ったり、車と連結して使ったりして、グランピングの楽しみがさらに広がります。

4〜5人で使うには、大きすぎず小さすぎずちょうどいいとです。 ポールが長いので短くなったらいいと思いました。

ベルテントを手に入れてグランピングデビューしよう

ベルテントは、八角形の円錐状の居住性に優れたワンポールテントです。ワイドなサイズながら設営が簡単で、グランピングにもおすすめのデザイン性にもスペック面でも優れています。

冬は薪ストーブをインストールしたり、夏は、メッシュつきのベンチレーションを全開にして涼しく過ごしたりすることもできます。お気に入りのベルテントをゲットして、グランピングを満喫してください。
 

kurip
ライター

kurip

キャンプや登山のアウトドアアギアなどを中心に、初心者の方にもわかりやすい記事を心がけています。読者の皆さんの知りたいことを提供し、お役に立てるライティングを目指しています。

Article Ranking