アロマで虫除け!手作りできる効果のある虫除けアイテムの作り方を大公開!

アロマで虫除け!手作りできる効果のある虫除けアイテムの作り方を大公開!

エッセンシャルオイル(精油)を使って、アロマの虫除けを手作りする方法をまとめました。虫が嫌いな香りを使った虫除けスプレーからクリーム、キャンドル、置き型など、さまざまなタイプのレシピをご紹介しています。アロマの虫除けで、心も体も快適に過ごしてくださいね。

記事の目次

  1. 1.アロマの虫除けが大人気
  2. 2.アロマの虫除けが人気な理由
  3. 3.アロマの虫除けは手作り可能
  4. 4.アロマオイルとエッセンシャルオイル(精油)
  5. 5.アロマ別虫除けの効果
  6. 6.アロマの虫除けを手作りする際に必要なもの
  7. 7.アロマの虫除けスプレーのレシピ
  8. 8.アロマの虫除けクリームのレシピ
  9. 9.アロマの虫除けキャンドルのレシピ
  10. 10.アロマの虫除けの置き型タイプのレシピ
  11. 11.アロマの虫除けブレンドレシピ
  12. 12.アロマの匂いの強さは調整可能
  13. 13.アロマの虫除けの注意点
  14. 14.アロマの虫除けの使い方アイデア集
  15. 15.アロマの虫除けで心も体も快適に

アロマの虫除けが大人気

今、ナチュラル志向な人を中心に、エッセンシャルオイル(精油)で作られた虫除けが人気になっています。ドラッグストアの虫除けコーナーに行っても、「アロマ」という文字をよく見ますし、アロマショップ等で虫除けスプレーが販売されていることもあります。

アロマの虫除けが人気な理由

虫除けの成分が気になる人に人気

虫除けは、いろいろなメーカーが製造・販売しています。ただ、殺虫剤を製造・販売しているメーカーと虫除けを製造・販売しているメーカーが共通していることも多いですよね。そのため、虫除けには強い成分や肌に悪い成分が入っているのでは?と、不安に感じている人もいるようです。一方、エッセンシャルオイル(精油)を使用した虫除けなら、天然成分がメインになるので、安心して使いやすいですよね。

虫除けなのに香りに癒されるから人気

一般的な虫除けも、いろいろな香りづけがされていますが、人工的で苦手という人もいます。ところが、エッセンシャルオイル(精油)を使用した虫除けなら、天然成分の香りなので、違和感がないうえ、心の癒しにもなります。そのため、普段からエッセンシャルオイルやアロマオイル、アロマキャンドルなどのアイテムを使用している人たちには、特に人気です。

アロマの虫除けは手作り可能

エッセンシャルオイル(精油)を使用した虫除けは、アロマショップ等で販売されていますが、手作りも可能です。その上、作り方も簡単で、1度作り方をマスターすれば、虫除けスプレーやクリーム、置き型タイプなど、いろいろな虫除けアイテムが作れるようになりますよ。

その上、アロマの虫除けは作り方も簡単です。材料選びさえ気を付ければ、しっかり効果のあるアロマの虫除けが作れるので、アロマについて知識がない方も、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

アロマオイルとエッセンシャルオイル(精油)

虫除けの手作りに使うのはエッセンシャルオイル(精油)

アロマの虫除けというと、アロマオイルを使用する虫除けを想像される方も多いかもしれませんが、虫除けを作る際は、エッセンシャルオイル(精油)を使用しましょう。

エッセンシャルオイル(精油)とは

エッセンシャルオイルとは、精油とも呼ばれ、100%植物由来の芳香物質のみを使用して作られています。肌に合う、合わないはあるものの100%天然素材なため、ナチュラルで体にも優しい物質と言えます。

アロマオイルとは

アロマオイルとは、天然の芳香物質と化学芳香物質を混ぜ合わせて作られた物や、100%化学芳香物質の芳香オイルのことを指します。アロマオイルのほかに、「アロマエッセンス」「ポプリオイル」「フレグランスオイル」などという名前で販売されており、エッセンシャルオイル(精油)よりも安価で入手しやすい傾向にあります。

ただ、化学薬品を使用しているので、肌に触れることを想定して作られていないものがほとんどです。そのため、手作り虫除けに使用するのは避けておいた方が無難です。

アロマ別虫除けの効果

レモンユーカリは蚊に効果が

レモンユーカリは、庭木としても人気のある植物です。さわやかなレモンに似た香りで人気ですが、蚊などの昆虫が嫌いな香りの代表格でもあります。さっぱりとしているので、虫除けを多く使用する夏場にはぴったりなエッセンシャルオイル(精油)ですよね。蚊に対する虫除け効果以外にも、体臭予防やデオドラント効果、抗炎症作用などもあり人気ですよ。

レモングラスはノミも嫌いな成分がたっぷり

アロマの中でも有名なレモングラスには、蚊をはじめとした昆虫類が嫌いなシトラールという成分が、精油の成分の7割以上を占めています。また、ノミが嫌いな香りでもあるため、ナチュラル志向の強い愛犬家のノミ対策にもよく利用されていますよ。濃いシトラスの香りは、玄関等に使用する、置き型の虫除けにもぴったりですよ。

シトロネラは虫除け製品でもおなじみ

蚊をはじめ、虫が嫌いな香りとして有名なシトロネラは、市販の虫除け製品でもおなじみのアロマです。シトラス系の香りには若干甘い香りも混ざっていて、癒し効果も抜群ですよ。

ハッカも虫除け効果があるエッセンシャルオイル

ドロップの味で有名なハッカも、実はエッセンシャルオイル(精油)で、蚊が嫌いな香りと言われています。他のエッセンシャルオイル(精油)は柑橘系の香りですが、ハッカはさわやかなミント系なので、シャキッとしたいときにもおすすめですよ。

ゼラニウムは植えているだけでも蚊がいなくなる

ガーデニングでもおなじみのゼラニウムの中には、ハーブゼラニウムという品種があり、植えているだけでも蚊が嫌いな香りを出していると言われています。そんなゼラニウムですから、エッセンシャルオイル(精油)になって凝縮されると、蚊などへの虫除け効果がぐっと高まります。ゼラニウムはストレス解消の効果もあるので、カーテンなどにスプレーしておくのもおすすめですよ。

アロマの虫除けを手作りする際に必要なもの

キャリアオイルか無水エタノール

キャリアオイルは、エッセンシャルオイル(精油)を運ぶ=キャリーするオイルのことで、エッセンシャルオイル(精油)の肌なじみをよくする効果があります。また、エッセンシャルオイル(精油)を薄める際にも使用します。アロマの手作り虫除けには、ホホバオイルやグレープシードオイルがおすすめですよ。

キャリアオイルを使うことで、虫除けの酸化安定性と高めたり、肌なじみはかなりよくなりますが、さっぱりとした使い心地が好みの方は、キャリアオイルの代わりに、無水エタノールを使用しても構いません。ただ、アルコールに弱い場合、肌がかぶれる可能性もあるので、十分注意してくださいね。

水道水

エッセンシャルオイル(精油)でスキンケアアイテムを作る場合を除いて、基本的に水分は水道水で大丈夫です。もちろん、精製水でも構いませんが、頻繁に使わない場合は、水道水を使った方がコストを抑えることができますよ。

ミツロウ

ミツロウは、クリームタイプの虫除けを作るときに必要です。ミツロウ自体に保湿成分や柔軟成分が含まれているので、スキンケア効果と虫除けの両立ができますよ。

ロウソク

ロウソクは、虫除けキャンドルを手作りするときに使います。白いロウソクはもちろん、カラーのロウソクを使ったり、クレヨンや顔料で色をつけてもかわいいですよ。

アロマの虫除けスプレーのレシピ

用意するもの

エッセンシャルオイル(精油)・・・10滴
キャリアオイルもしくは無水エタノール・・・5ml
水道水・・・45ml
スプレーボトル(あれば遮光瓶)・・・50ml用

作り方1.ベースを作る

スプレーボトルに、キャリアオイル、もしくは無水エタノールとエッセンシャルオイル(精油)を入れ、よく振り混ぜます。

作り方2.水道水を加える

スプレーボトルに、水道水をゆっくりと注げば完成です。

虫除けスプレーの使い方

アロマの手作り虫除けスプレーは、使用する度にしっかりと振ってから、肌にスプレーしましょう。スプレーの種類によっては、広範囲に広がりにくいものもあるので、スプレーボトルを選ぶ際は、使用したい部位に合わせて選ぶようにしましょう。

アロマの虫除けクリームのレシピ

用意するもの

キャリアオイル・・・30ml
エッセンシャルオイル(精油)・・・8滴
ミツロウ・・・6g
クリームを入れる容器(瓶)
耐熱容器
ガラス棒や割りばし

作り方1.ベースを作る

ビーカーなどの耐熱容器に、キャリアオイルを入れ、湯せんにかけ、ミツロウを加えます。ミツロウは60~70度で柔らかくなるので、そのまま5分程度ガラス棒や割りばしで混ぜ続けます。

作り方2.エッセンシャルオイルを加える

ミツロウが完全に溶けたら湯せんから下ろします。その後、ベースをクリーム用の容器に移し、さらに混ぜながら冷ましていきます。冷えていくと、ベースが少しずつ白くなるので、白くなってきたことが確認できたら、エッセンシャルオイル(精油)を加えて、さらによく混ぜます。

作り方3.しっかり冷ます

ベースとエッセンシャルオイル(精油)がしっかり混ざったら、固まるまで放置します。固まったら、100円ショップ等で販売されている、クリーム用の小分け容器に移し替えてもいいですね。

虫除けクリームの使い方

虫除けクリームを適量手に取り、肌になじませます。冬場など、気温が低いときは、1度手のひらにとって温めてから伸ばすと、肌なじみがよくなりますよ。

アロマの虫除けキャンドルのレシピ

用意するもの

エッセンシャルオイル(精油)・・・3滴
ロウソク・・・15㎝程度のもの2本
ガラス瓶
割りばし

作り方1.ロウソクを糸とロウに分ける

ロウソクを糸とロウに分けます。バキバキ折ってもいいですが、折れにくい場合は、カッターなどで切れ目を入れると、簡単に分けることができますよ。糸と分離させたロウはガラス瓶に入れておきましょう。

作り方2.湯せんにかける

鍋にお湯を沸かし、ガラス瓶ごとロウを湯せんにかけます。7分程度、70~80度くらいの温度を保っていると、きれいに溶けてきますよ。余熱でも溶けるので、7分経ったら、いったん火を止めて余熱でロウを溶かしましょう。

作り方3.芯とエッセンシャルオイルを入れ固める

完全にロウが溶けたら、ロウソクの糸の先端を割りばしに挟んでロウの中央に垂らします。糸の周辺3か所にエッセンシャルオイル(精油)を垂らし、完全に固まるまで放置すれば、完成です。

虫除けキャンドルの使い方

適当な場所に置き、キャンドルに火をつけるだけで、虫除けができます。ただ、瓶が熱くなるので、お子様やペットには、十分注意してくださいね。

アロマの虫除けの置き型タイプのレシピ

用意するもの

エッセンシャルオイル(精油)・・・10滴
重曹・・・適量
瓶などお好みの容器

作り方1.瓶に重曹を入れる

置き型の虫除けに使用したい容器に、重曹を入れます。量はお好みで構いませんが、容器の高さの7~8分目あたりまで入れると、置き型でも効果が出やすいです。

作り方2.エッセンシャルオイルを垂らす

重曹にエッセンシャルオイル(精油)を垂らせば、置き型虫除けの完成です。

置き型虫除けの使い方

置き型の虫除けは、窓辺など虫の侵入経路に置いておくと、効果があります。置き型虫除けの香りがなくなったら、中身を新しいものに交換しましょう。この置き型の虫除けは、蚊以外にも、台所のゴキブリ対策として有効です。ゴキブリ対策に置き型の虫除けを使用する場合は、ゴキブリが嫌いなレモンとペパーミントのエッセンシャルオイル(精油)をブレンドして使用するのがおすすめですよ。

アロマの虫除けブレンドレシピ

エッセンシャルオイルのブレンドレシピを楽しもう

アロマの虫除けは、手作りの場合、お好みのエッセンシャルオイル(精油)をブレンドして、好きな香りに仕上げることもできます。特に、部屋で使用する場合は香りにもこだわりたいところですよね。ここでは、いくつかのエッセンシャルオイル(精油)のブレンドレシピをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

レシピ1.レモングラス×ラベンダー

虫が嫌いなレモングラスと、ラグジュアリーなラベンダーを組み合わせたレシピは、相反する香りのようにも見えますが、意外にも相性がよいと評判です。ラベンダーは自律神経の乱れを整える効果のほかにも、殺菌作用や抗炎症効果も期待できますよ。

レシピ2.シトロネラ×ティーツリー

柑橘系のシトロネラに、清涼感のあるティーツリーを合わせるレシピは、すっきりとした優しい香りが楽しめます。ティーツリーには、リフレッシュ効果や抗感染症効果、免疫力アップ効果が期待できます。

アロマの匂いの強さは調整可能

アロマは、虫が嫌いな香りを放つので、匂いが強ければ強いほど、虫除け効果があります。しかし、場合によっては匂いがきついと感じることもあるかもしれません。そんな時は、エッセンシャルオイル(精油)の量を減らしたり、キャリアオイルや水道水の量を増やして、匂いを薄めましょう。匂いを調節できるというのは、虫除けを手作りする際の大きなメリットですね。

アロマの虫除けの注意点

香りがなくなったら効果もなくなっている

エッセンシャルオイル(精油)は、天然成分なので、化学的に作られたものより、香りが飛びやすいです。そのため、長期間屋外で活動する場合は、香りが残っているか注意しましょう。香りがなくなった時点で虫除け効果はなくなっているので、子供に利用するときなどは、こまめにチェックしてあげてくださいね。

子供が使うときは濃度を調整する

エッセンシャルオイル(精油)は、天然素材100%とは言え、肌の弱い人や子供にとっては、刺激になってしまうこともあります。そのため、子供が使うときは、水の量を増やして、濃度を下げたものを利用しましょう。だいたい、水の量を通常の3~5割ほど増やせば、かなり刺激が減りますよ。ただ、薄めすぎると、虫の嫌いな香りも減って効果がなくなってきますので、様子を見ながら調整していきましょう。

手作り虫除けは冷暗所で保管

手作りした虫除けスプレーやクリームは、防腐剤や保存料が入っていないため、使用しないときは、冷蔵庫の中など冷暗所で保管しましょう。

使用期限は2週間が目安

手作りした虫除けは、徐々に酸化してしまうなど、少しずつ目に見えない変化が起きています。虫除けを手作りしたら、作った日を明記し、2週間程度で使い切るようにしましょう。

アロマの虫除けの使い方アイデア集

網戸やカーテンにスプレーする

アロマの虫除けスプレーは、体だけではなく、網戸やカーテンにスプレーするという使い方もできます。ただ、カーテンの場合はシミになる場合もあるので、目立たないところでチェックしてから、使用してくださいね。

アウトドアの照明に利用する

アウトドア用の照明に、虫除けキャンドルを使用するのもおすすめです。キャンドルランタンに入れるなどして、アロマの虫除けキャンドルを使用すれば、照明と虫除け、アロマの3つの役割を果たしてくれますよ。屋外の照明には虫が寄り付くので、虫が苦手なキャンパーにはもってこいのアイテムですよね。

アロマの虫除けで心も体も快適に

アロマの虫除けは、虫から守ってくれるだけでなく、心も癒す効果もあり、本当に素晴らしいアイテムですよね。その上、作り方も簡単なので、数種類作っておけば、気分に合わせて使い分けることもできます。ぜひ、アロマの虫除けを手作りして、心も体も快適な毎日を送ってくださいね。

アロマが気になる方はこちらもチェック

虫除けで余ったエッセンシャルオイル(精油)を使用して、いろいろなアロマアイテムを作ってみませんか。ここでは、サシェとアロマキャンドルのつくり方についての記事をご紹介しています。いずれもとても簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

サシェ(匂い袋)の簡単な作り方!花やアロマオイルでお部屋に香りを! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
サシェ(匂い袋)の簡単な作り方!花やアロマオイルでお部屋に香りを! | 暮らし~の[クラシーノ]
サシェの作り方が分かれば、お部屋のどこにでも好きな香りを置いておけます。匂い袋の本来の中身はお花やハーブになりますが、さまざまな効果を期待できるアロマオイルがおすすめです。サシェの簡単な作り方の解説や、インテリアにマッチするかわいい形を紹介していきます。
意外と簡単!アロマキャンドルの作り方!おすすめのアイディアも紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
意外と簡単!アロマキャンドルの作り方!おすすめのアイディアも紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
アロマキャンドルを作るのは難しいと思っている方必見です。アロマの香りを楽しめるキャンドルの作り方は意外と簡単です。基本的なキャンドルの作り方をお教えします。作り方をマスターして、オリジナルアロマキャンドルを作ってみましょう。
吉岡てんぱ
ライター

吉岡てんぱ

ガーデニング、アウトドアが得意で、プライベートでも初心者の悩みや相談を受けています。知って得するウンチクを交えながら、子供でもわかるように、かみ砕いて説明するのが得意です(*☌ᴗ☌)。*゚


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking