キャンプで便利なキャリーカートおすすめ10選!荷物運びはコレで楽チン!のイメージ

キャンプで便利なキャリーカートおすすめ10選!荷物運びはコレで楽チン!

キャリーカートとは荷物の持ち運びが便利になる道具。キャンプの荷物運びにもおすすめです。これからキャンプ用にキャリーカートを買おうとしている人に人気のキャリーカートのおすすめ10選をご紹介します。キャンプの荷物運びが便利になるキャリーカートを活用しましょう。

2018年10月29日更新

佐藤3
佐藤3
ガーデニング、DIYを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. キャンプで使うキャリーカートのおすすめは?
  2. キャリーカートとは
  3. キャンプでのキャリーカート・使い方も
  4. キャンプに向くカート向かないカート
  5. キャンプにおすすめ人気のキャリーカート①
  6. キャンプにおすすめ人気のキャリーカート②
  7. キャンプにおすすめ人気のキャリーカート③
  8. キャンプにおすすめ人気のキャリーカート④
  9. キャンプにおすすめ人気のキャリーカート⑤
  10. キャンプにおすすめ人気のキャリーカート⑥
  11. キャンプにおすすめ人気のキャリーカート⑦
  12. キャンプにおすすめ人気のキャリーカート⑧
  13. キャンプにおすすめ人気のキャリーカート⑨
  14. キャンプにおすすめ人気のキャリーカート⑩
  15. 紹介カートの比較一覧表
  16. キャンプにはカートがおすすめ!

キャンプで使うキャリーカートのおすすめは?

hhhrrr717さんの投稿
33735187 397108240697251 942286052029104128 n

キャンプで使いやすいおすすめカートと使い方

キャリーカートとはいわゆる台車と呼ばれるもの。でも、最近の台車はとっても使いやすくなっているってご存知でしたか?折りたたみができるところなど、できるだけ荷物の容量を少なくしたいアウトドアでも使いやすく荷物が運びやすくする工夫もたっぷり。今日はそんなキャンプでのカート(台車)の使い方、おすすめカートをご紹介します。

キャリーカートとは

まずは一般的なキャリーカートについてご説明します。キャリーカートってどんなもの?という人はこちらを参考にしてください。

yai_mk.hさんの投稿
32853373 203589927030114 2140799472001613824 n

台車とタイヤが大切

キャリーカートとは荷物を運ぶ(キャリー)する台車(カート)です。大切なのは、その荷物を乗せる台車部分の広さと、運ぶための転がるタイヤ部分です。台車部分の大きさで詰める荷物の量が決まってきますし、タイヤが硬いものは丈夫ですが地面の石や凹凸のショックを持つ人に直接伝えてしまいます。できれば衝撃が少ないやわらかめの大きなタイヤのものがおすすめです。

citylights_jinさんの投稿
33883968 177316779646032 3795041666910388224 n

コンパクトに折りたたみできるものがおすすめ

しかし、いくらキャリーカートとして使い勝手がよいものでも、使わない時に邪魔になって置き場所に困ったのではあまり便利なアイテムとは言えませんね。毎日使うのであればそのまま玄関にでも置きっぱなしというのもアリですが、キャンプにしか使わない時は折りたたみが出来て収納に困らないタイプがおすすめです。

キャンプでのキャリーカート・使い方も

テントやテーブル、薪や水など。キャンプ用品には重い物もたくさんあります。そんな重いキャンプ用品を運ぶのに便利なのが、キャリーカートやキャリーワゴンの存在です。軽いキャンプ用品でもたくさん数が集まればそれを運ぶ用のキャリーカートもあると便利ですね。

grn_outdoorさんの投稿
32497495 237392870343437 573606222549221376 n

キャンプでも活躍

キャンプで使うキャリーカート、キャリーワゴンは重い物を運ぶ用のものと細々として小物をたくさん運べるものの2タイプどちらが自分には必要か考えると選び方もおのずと見つかってきます。自分の使い方にあったキャンプ用のキャリーカート、キャリーワゴンを見つけていきましょう。

bow.rona1さんの投稿
32178331 1895521940479737 5720862843037810688 n

キャンプでのカートの使い方

車で荷物を運ぶ場合でも駐車場が別にあるキャンプサイトもありますね。車からテントまで荷物を運ぶのに大勢でひとつずつ運ぶのは大変時間もかかります。そんなときに便利なのが大型のキャリーワゴンの存在です。耐荷重も約50kg~80kgまで積めるものもあり、大物の荷物を運ぶという使い方がおすすめです。小さなカートなら買った薪を運ぶ、里山で燃料用の小枝を集めるなどといった使い方ができます。

キャンプに向くカート向かないカート

キャリーカートにも色々な種類があります。どれが良いのか比較してみている人は自分なりのこだわりもあるでしょう。カラーや材質、重さ、耐荷重なども重要です。しかし、それだけでなくキャンプなどアウトドアに向くカートと向かないカートがありますので、選ぶ際には比較しながら探しましょう。

jumpeitagaさんの投稿
31781567 2129091210669735 3017615254478651392 n

タイヤの幅・素材

アウトドアなど地面の凹凸があったり、石がゴロゴロしているような場所で使うならタイヤの幅はできるだけ太いものがおすすめです。地面へのグリップ力が強いので、カートを運ぶのに楽です。素材はゴム製であればベストです。最近あまりゴム製のタイヤというものを見かけませんがあれば静音対策に比較検討商品のひとつに入れておいてください。

spendfunさんの投稿
31514295 207172086753695 2835346682206486528 n

車輪間隔ができるだけ広いもの

キャンプ場はほとんど整地されていて平らなところが多いですが、キャンプサイト以外の里山などに入る事を考えると悪路を転がすことになってしまいます。そのとき、前輪と後輪の車輪の間隔ができるだけ広い方がカートの安定性は増します。当然カート自体の大きさはアップして、カートというよりも「ワゴン」といった方が良いでしょう。ただ、ワゴンまで大きくなってしまうと里山でのフットワークは悪くなる場合もあります。そのカートをどういった目的でどこで使うのかメインとなる使いみちを考えてカートの大きさを選びましょう。

キャンプにおすすめ人気のキャリーカート①

それでは、ここからはおすすめのキャンプでも使えるキャリーカートを10個ご紹介していきます。簡単に耐荷重やカートの重さなどもわかる範囲で比較していきます。

ROYI コンパクトキャリーカート

キャリーカート|折りたたみ式 軽量 クロストート4WD
Amazonで詳細を見る

ポピュラーな形のキャリーカートとして人気があるタイプです。他のタイプと比較すると耐荷重量50kgと軽めの女性なら乗せて運べるくらいたくさんの荷物持ち運びできるところが特徴。

リュックにも入る折りたたみ式

出典: https://www.amazon.co.jp

しっかりとした台車がついているのにたたむととってもコンパクト。リュックやキャリーケースに入れて背負えばキャリー自体の持ち運びもとっても楽ちん。車がない人でも不要な時は背負ってしまえばいいので邪魔になりません。

キャンプにおすすめ人気のキャリーカート②

コールマン アウトドアワゴン

コールマン|アウトドアワゴン
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

サイズが100cm×50mmもあってたっぷり荷物の持ち運びができて便利なのが、コールマンのアウトドアワゴン。こちらはカートというよりもワゴンタイプとなっていますので他と比較して重さがある反面、台車部分が大きくてたくさんの荷物が運べる、安定性があるという利点があります。赤い色もアウトドアにピッタリのキャンプ用品ですね。大きめのタイヤで地面が多少凸凹していても動かしやすいのもGood!ファミリーなど人数が多いキャンプの荷物運びに活躍しそうなワゴンです。

出典: https://www.amazon.co.jp

折りたたみ&1台2役の使い方ができる

コールマンのアウトドアワゴンの人気の秘密はそれだけでなく、折りたたむと写真のようにとってもコンパクトになること。コールマンのロゴ入りのカバーもかっこいいですね。オプションのアウトドアワゴンテーブルでワゴンをテーブルのようにする使い方も可能です。荷物運びだけでなく収納テーブルとしても使える1台2役のキャンプ用品です。

キャンプにおすすめ人気のキャリーカート③

Finether キャリーカート

Finether |キャリーカート
Amazonで詳細を見る

軽量化のためにプラスチックなどの材質が多く見られるキャリーカート。こちらのカートはそんなカートと比較して台車部分はアルミを使用しているため荷物の耐荷重が80kgと圧倒的な積載重をほこります。たくさん荷物を運びたいという人におすすめ。

折りたたみでスリムに使える

出典: https://www.amazon.co.jp

荷台を写真のように起こして折りたたみするのですが、注目して欲しいのは台車のタイヤ部分。荷台を上げることで内側に自然に折りたたみされる仕組み。これで薄くなるので幅もスッキリ。キャンプ用品とキャンプ用品の隙間に入れて運ぶことができます。

キャンプにおすすめ人気のキャリーカート④

Energy折りたたみ式 キャリーカート

Energy|折りたたみ式 キャリーカート
Amazonで詳細を見る

Energyのキャリーの重さは2kg。米の小さな袋程度の重さしかないのに耐荷重は50kgと他と比較してコスパが良いのが特徴です。大人が乗ってもびくともしないのがこのキャリーカートの魅力。耐荷重50kg程度のキャリーカートはけっこうありますが、その中でも軽量級といえる本体の重さは、女性でも楽に扱うことができます。

使わない時も場所を取らない設計

出典: https://www.amazon.co.jp

折りたたみの時は、タイヤに厚みがあるけれど、使用頻度が高いキャリーカートはしょっちゅう折りたたんで、広げての動作が多いのでこの方が使いやすいかも。キャンプ用品を運ぶ他にゴミ出しなどにも使えますので色んな場面で活用してみてはいかがでしょうか。ご覧のように台車の上に大人が乗っても大丈夫。

キャンプにおすすめ人気のキャリーカート⑤

K'Z 折りたたみ 軽量 キャリーカート

春永堂 K'Z |折りたたみ 軽量 キャリーカート
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

余計なものをできるだけ排除した軽くてコンパクトなキャリーカートです。しかも価格が2,000円を切る安さ(2018年6月現在)。使用中の荷台の幅は270mm。付属の荷物紐を掛けるとよほど大きな荷物でない限りはちょうどよい幅に荷物紐がかかるようになっています。荷物耐荷重50kg。

最軽量・コンパクトが人気

出典: https://www.amazon.co.jp

K'Z折りたたみ軽量キャリーカートの重さは何と1.3kg。しかも、余分なパーツがついていないので折りたたむと写真のようなスッキリとした形に収まるようになっています。タイヤが少し小さいのと荷台がプラスチックなのであまり無茶な使い方はできませんが、少し使うだけのできるだけ小さくて軽いキャリーカートを探している人にはおすすめです。

キャンプにおすすめ人気のキャリーカート⑥

キャプテンスタッグ/イージーステップ 3輪

キャプテンスタッグ| イージーステップ
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

キャプテンスタッグはキャンプ用品でも定評があるメーカー。ちょっと変わった三輪のキャリーカートを出しています。このハンドスピナーのような形をしたタイヤのおかげで、段差もキャリーカートを転がすだけで段差を持ち上げることなくカードの移動が可能というもの。ただし、レビューの中にはうまく段差が越えられないという声もあり、段差の高さや周りの状況によっては飾りのような働きしかない可能性も。使い方次第では役に立つキャリーカートとなりそうです。

折りたたみには三輪カートは邪魔か?

出典: https://www.amazon.co.jp

キャプテンスタッグのキャリーカートを折りたたむと写真のように三輪が明らかに邪魔になっています。これが横に倒れるようにでもなっているともう少し持ち運びや収納が楽になるのですが・・・。段差をうまく乗り越えるという機能が働く状況でないとこの三輪が飾りになってしまうので買う時は実物を動かしてみて自分のニーズに合うか確かめてから買った方が良いでしょう。段差を乗り越えられるカートが欲しい。他にないような変わったキャリカートを探していたという人にはおすすめのカートです。

キャンプにおすすめ人気のキャリーカート⑦

島製作所 キャリーボックス M-1

SHIMA|島製作所 キャリーBOX M-1
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

耐荷重は20kgと少なめですが、ワイヤーのかご状になっているキャリーカートはキャンプ用品を入れて運ぶだけでなく、買い物などにもメッシュで便利。何よりも日本製の品ということで人気があります。レビューにはタイヤの動きがスムーズという人と、前輪が小さいので動かしにくいという両極端の意見が。グリスを塗るとスムーズに動くという報告もあります。

カラーは黒とシルバーの2色

出典: https://www.amazon.co.jp

ペットボトルなど背丈のあるものをそのままかごに入れて運ぶことができるのでキャンプでも活躍しそうなキャリーボックス。ワイヤー使用で汚れたら丸洗いできるのもアウトドア向きといえますね。色もシルバーとブラックの2色があるのでお好きなものを選べるのが◎。後部タイヤは取り外しも可能です。

キャンプにおすすめ人気のキャリーカート⑧

CAMPING BUDDY キャリーワゴン

CAMPING BUDDY| 折りたたみ式 キャリーワゴン qzt-001
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

このCAMPING BUDDYキャリーワゴンの特徴はタイヤの太さ。アウトドアなど地面のコンディションが良くない場所でも安定してたくさんの荷物を入れて運ぶことができるようになっています。その分重量は約10kgと少し重めになっていますが、転がして使うのでそれほど気にならないでしょう。

頑丈でキャンプ用品もたくさん入る

出典: https://www.amazon.co.jp

アウトドアで重い荷物をたくさん運びたいと思うなら、やはりタイヤは重要です。このタイヤが細くタイヤとタイヤの距離が近いと路面の影響を受けやすく運びにくく感じます。その点、ワゴンタイプのボディとがっしりしたタイヤは、アウトドアにびったりです。折りたたみ収納することも可能です。

キャンプにおすすめ人気のキャリーカート⑨

Angel one キャリーカート

Angel one |キャリーカート ショッピングカート
Amazonで詳細を見る

容量33Lもたっぷりはいるキャリーカート。もちろん、キャンプ用品をの持ち運びに使えます。赤と黒のカラーリングのコンテナはおしゃれでかわいい。台車は少し小さめですが動作音が静かで使いやすいのが特徴です。

出典: https://www.amazon.co.jp

この折りたたみキャリーはパタンパタンと折りたたんで他のキャリーと比較してより平らになるので、荷物の間の薄い隙間にも収納可能です。キャンプで焚き火に使う薪などを集めにいくのに転がしていくと便利そうですね。

キャンプにおすすめ人気のキャリーカート⑩

ARARAGI コンパクトキャリーカート

アララギ| 超 コンパクト 折り畳み キャリーカート 改良型
Amazonで詳細を見る

耐荷重は30kgとなっていますが、タイヤ2輪のカートなので荷物の置き方によっては安定性がなく、自立しないこともあるでしょう。キャリーカートの前方に重心を置けば自立するのですが、運ぶには後方に重心があった方が運びやすい。使う人の加減で便利に使えそうなカートです。魅力は軽くてコンパクトなことです。

女性が片手でラクラク!折りたたみでコンパクトに

出典: https://www.amazon.co.jp

折りたたみ写真を見てもわかるように、片手で持てるキャリーカートは今回ご紹介した中で最軽量の1100g。その分ポール部分を最高まで伸ばした時の丈夫さが心配な作りではありますが、それほど持ち手を伸ばさないのであれば軽量でコンパクト。いざという時の予備のためのキャリーカートとして常備しておくのにおすすめです。

紹介カートの比較一覧表

最後になりますが、おすすめで紹介した10個のカートの性能、価格を一覧表にして比較してみました。選ぶ際の参考にしてください。

waqoutdoorさんの投稿
30605466 392394661236775 2559829473675444224 n

カートの性能・価格比較表

カート名 大きさ 特徴 価格
ROYI
キャリーカート
335×
250×
960mm
固定ロープ、収納袋付き
幅広タイヤで悪路も安定
¥ 3,560
COLEMAN
アウトドアワゴン
1060×
530×
1000mm
フック付きラバーバンド付き
オプションのテーブルでアウトドアテーブルとしても使用可能
¥ 12,744
Finether
キャリーカートXG-131
400×
385×
1000mm
固定ロープ付き
アルミ製の低い位置に取り付けられた荷台が使いやすい
¥ 3,980
Energy
キャリーカート
335×
250×
960mm
荷物を固定するゴムロープを外して足で固定、片手でキャリーを広げられる簡単設計。 ¥ 2,480
K'Z
キャリーカート
950×
270×
390mm
フックロープ付き。
幅広270mmのコンパクトキャリーカート
¥ 1,850
CAPTAIN STAG
イージーステップ
M-7438
380×
635×
225mm
段差を転がして乗り越えられる特殊タイヤ。 ¥ 5,400
島製作所
キャリーボックス
M-1
460×
370×
840mm
安定性のある大径タイヤ(後輪145mm)
ワイヤーのかごつきでペットボトルを立てて持ち運べる。
¥ 3,749
CAMPINGBUDDY
キャリーカート
1230×
510×
1210mm
耐荷重80kg
子供を乗せて運ぶことも可能。
幅広タイヤで悪路もラクラク。
¥ 7,980
Angel one
キャリーカート
380x
360x
80mm
コンテナ付きのキャリーカート。
コンテナも折りたたみ可能。
¥ 2,680
ARARAGI
超コンパクトキャリーカート
改良型
310×
220×
50mm
おすすめ中最軽量1.1kg。
女性が片手で持てるキャリーカート。
ピンクやブルーなどのポップなカラーもあり。
¥ 2,980
価格はメーカー価格(2018年6月現在)です。

キャンプにはカートがおすすめ!

pacific8_officialさんの投稿
30830891 125372934988618 8899087330103525376 n

10個の色々なキャンプ用品を運ぶのに使えそうなキャリーカートをご紹介してきました。いかがでしたでしょうか。使い方によって便利に使えるアウトドアのキャリカート。ワゴンタイプやかごタイプなどたくさんある中から、あなたのニーズにあったものをお選びいただく参考になれば幸いです。

アウトドアが気になる人はこちらをチェック!

キャリーカート以外にもキャンプ用品やアウトドアグッズの記事もあります。キャンプ用品についてもっと知りたい、アウトドアが気になるという人はぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

Thumbシェルパ斉藤さんから学ぶアウトドアや野遊びの楽しさとは?生活術含めてご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
アウトドア雑誌ビーパルにてコラムやエッセイを寄稿しているシェルパ斉藤さん。バックパッカーとし...
Thumb自作「背負子」の作り方とは?手作りで必要なパーツや組み立て方を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
背負子は両手をフリーにして効率よく物が運べる道具です。この背負子は釣りや登山などで活躍してく...
Thumbランタンスタンドおすすめ11選&簡単自作方法!キャンプはこれで快適! | 暮らし~の[クラシーノ]
テントやタープの近くに設置することで、周囲を明るく照らしてくれるランタンスタンド。そんなラン...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ