サザエの調理方法と人気のレシピをご紹介!下処理は誰でも簡単にできる?

サザエの調理方法と人気のレシピをご紹介!下処理は誰でも簡単にできる?

サザエの生態た旬などの特徴と、サザエの美味しい料理レシピを集めました。サザエには、つぼ焼き以外にも、たくさんの食べ方があります。サザエの調理の基本、下処理の方法を身につけて、サザエ料理のレパートリーを増やしてみてくださいね。

記事の目次

  1. 1.サザエの特徴
  2. 2.サザエの旬
  3. 3.サザエの目利き
  4. 4.サザエの簡単な下処理の方法
  5. 5.サザエの定番の食べ方1.つぼ焼き
  6. 6.サザエの定番の食べ方2.刺身
  7. 7.サザエのおすすめ料理レシピ1.サザエのニンニク焼き
  8. 8.サザエのおすすめ料理レシピ2.サザエ飯
  9. 9.サザエのおすすめ料理レシピ3.サザエのアヒージョ
  10. 10.サザエでいつもより賑やかな食卓に!

サザエの特徴

サザエは人気のある食用貝類

サザエは、日本ではよく食べられる食用貝類で、貝の大きさは、5~10㎝程度のものが多いです。小型のサザエは、「ヒメサザエ」などと呼ばれることがありますが、小さいサザエのことで、特に種が違うというわけではありません。

サザエの殻のトゲ

サザエの殻には、他の貝ではあまり見られない、太くしっかりとしたトゲがあります。ただ、このトゲは、ある個体とない個体があります。トゲの有無は、生まれつき決まっているものもありますが、生息している環境によって、発生したり、消失したりすることもあります。

環境によって変化するものは、基本的には、潮が影響していると考えられており、波が荒い場所に生育しているサザエにはトゲが発生し、穏やかな場所に生息しているサザエは、トゲが消失すると考えられています。

サザエの生態

サザエは、夜行性の貝です。そのため、夜になると、岩礁を移動しながら、海藻を食べ回ります。サザエは、歯舌(しぜつ)と呼ばれる固い舌で、海藻を削り取りながら食べます。サザエは、食べた海藻により、殻の色が変わってくるとも言われています。

サザエの天敵

サザエは、稚貝の間は、ヒトデやカニ、同じ貝類のイボニシなどが天敵です。成長して、成貝になっても天敵はおり、クロダイやネコザメ、タコ、そしてヒトに捕食されます。

サザエの生息地

サザエは、海水の温度が高い磯に多く生息していると言われています。日本では、太平洋側の千葉県以南、日本海側の秋田県以南に多く生息していますが、対馬海流に乗ってサザエが流され、まれに北海道などで発見されることもあります。

サザエの旬

サザエの旬は春から初夏

サザエは、1年中水揚げされ、いつ食べても美味しいため、「旬なし」の魚貝類と言っても過言ではありません。ただ、そんなサザエが特に美味しくなる、旬の中の旬を挙げるなら、春から初夏ごろという声もあります。それは、初夏から夏にかけて、サザエの産卵シーズンになるためです。産卵前の春から初夏のサザエは、しっかり栄養を蓄えているので、味も濃厚になるという説もあるので、旬のサザエを食べてみたい方は、ぜひ、春から初夏にサザエを購入してみてくださいね。

また、春から初夏は、ちょうどアウトドアシーズンにもなり、サザエの需要も増えます。そのため、店頭でも見かける頻度が上がり、より新鮮なサザエが入手しやすくもなります。そういった点からも、サザエの旬は春から初夏と言ってよさそうですね。

サザエの目利き

サザエの蓋をチェック

貝についてよくわからない…という人でも、美味しいサザエを見極める、簡単な方法があります。その方法は、蓋のチェックです。サザエの蓋がしっかりと閉まっているものは、サザエがまだまだ元気だということです。逆に、サザエの鮮度が落ちてくると、蓋を締めていても隙間が空いているので、サザエを購入する際は、しっかりと蓋の様子を観察しましょう。

トゲが大きいものは美味しいという説も

サザエの殻のトゲが大きく、立派なものほど価格が高いため、トゲが大きいサザエが美味しいという声も聞かれます。しかし、先述の通り、トゲは生息している環境により、発生したり消失したりするので、そこまで味に影響があるとは考えにくいです。ただ、やはりつぼ焼きなどにしても、トゲがある方がワイルドで美味しそうに見えますよね。トゲのありなしについては、お好みで選んでみてください。

サザエのサイズは調理方法で決めましょう

大きくて、立派なサザエほど、値段が高く設定されていますが、どんな調理方法で食べるかにより、適したサイズは異なります。バーベキューなどで、つぼ焼きにする場合は、大きいサイズだとなかなか火が通らないため、小さいサザエの方が向いています。一方で、刺身にする際は、大きい方が食べ応えがあり、調理も簡単です。

サザエの簡単な下処理の方法

サザエの下処理は簡単!

サザエの下処理が、とても難しい作業だと思い込んでいる人も多いと聞きます。しかし、サザエの下処理はとても簡単です。サザエの下処理ができるようになると、つぼ焼き以外のレシピにも挑戦できるようになるので、ぜひ、下処理の基本を身につけてみてくださいね。

下処理の手順1.殻を洗う

サザエの殻を、固いタワシなどでしっかりとこすり、殻の表面についている砂などを落とします。

下処理の手順2.身を取り出す

サザエの殻を洗ったら、蓋が下になるように置き、20分程度放置します。すると、蓋が少し開いてくるので、開いたら、ナイフやフォークなどを蓋の隙間に差し込み、一気に身を引き出します。

下処理の手順3.貝柱を出す

サザエの殻の中には、まだ貝柱などが残っているので、サザエの殻に指を入れ、貝柱を探しましょう。貝柱に指が触れたら、指ではがして、貝を振ると、サザエの貝柱から下の部分が剥がれ落ちます。

下処理の手順4.口を切り落とす

サザエの身の赤い部分は、サザエの口で、とても固いので、下処理の時点で切り落としておくのがおすすめです。

サザエの定番の食べ方1.つぼ焼き

サザエと言えばつぼ焼き

サザエ料理で、最も人気がある食べ方が、つぼ焼きです。サザエのつぼ焼きは、バーベキューなどのアウトドア料理としても人気で、その上調理方法も簡単なので、手軽に作れますよね。ただ、焼き方にはいくつかコツがあるので、失敗しないためにも、焼き方のコツを覚えておきましょう。

サザエの焼き方のコツ1.生きたサザエを使う

サザエのつぼ焼きは、生きたサザエを使います。そのため、蓋が閉まっていても、サザエがちゃんと生きているかのチェックをしましょう。チェックの方法は簡単です。サザエを振るだけです。サザエを振って、コトコト音が聞こえるときは、サザエはすでに死んでいるので、つぼ焼きに利用するのはやめましょう。

サザエの焼き方のコツ2.小さめのサザエを使う

サザエは、火を通す時間が長くなると、身が固くなって食べにくくなることがあります。つぼ焼きに使うサザエは、小さめのものを選ぶといいですね。

サザエの焼き方のコツ3.焼いている間は動かさない

サザエを網の上に載せて、さっそく焼いて行きましょう。この時の火力は中火で、鍋やフライパンは使用せず、直火で焼くのが鉄則です。また、サザエを焼いている間は、サザエを動かさないことも、大切な焼き方のコツです。

サザエの焼き方のコツ4.入口が煮立ったら早めに火から下ろす

サザエの身が焼けると、殻の入口が煮立ってくるので、醤油をさっとかけて、早めに火から下ろしましょう。ここで、時間をかけていると、サザエの中の水分がなくなり、醤油が焦げ付いたり、身が固くなることもあるので、要注意です。

サザエの焼き方のコツ5.身が出ないときは再加熱

サザエのつぼ焼きを食べようと思って、身に串を指しても、つるんと出てこないことがあります。それは、まだ火が通っていないサインです。その際はもう一度網に載せ、加熱しましょう。この際も、焼きすぎにはくれぐれも注意してくださいね。

サザエの定番の食べ方2.刺身

新鮮なサザエは刺身で食べても絶品

サザエの定番の食べ方はつぼ焼きですが、アウトドア料理以外では、刺身にする食べ方も定番ですよね。サザエの下処理ができていれば、簡単に刺身が作れるので、大きなサザエが入手できた際には、ぜひ試してみてくださいね。

サザエの刺身の作り方1.蓋と身を切り離す

サザエの刺身を作るときは、まず、サザエの身と蓋を切り離しましょう。蓋に包丁を押し付け、身をはぎ取るようなイメージで調理すると、きれいに身が取れますよ。

サザエの刺身の作り方2.身を切り分ける

サザエの身のピンク~オレンジ色の部分を自分の方に向け、3~5mm程度の厚さで切り分ければ、刺身が完成です。

サザエの貝柱も刺身にできる

サザエの貝柱も、刺身にして食べることができます。ただし、肝に関しては刺身には不向きなので、肝醤油や塩ゆでなどの食べ方をするのがおすすめです。

サザエの刺身が固い時の対処法

サザエの刺身が固くて、食べにくい…と感じたら、沸騰したお湯で30秒~1分さっと茹でると、柔らかくなりますよ。お子様にも食べやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

サザエのおすすめ料理レシピ1.サザエのニンニク焼き

サザエはニンニクとの相性が抜群!

サザエは、醤油味の料理が多いですが、実はニンニクとの相性も抜群です。ニンニクを使うだけで、一気に洋風の食べ方に変わるので、ワインなどのおつまみにもぴったりですよ。料理が終わったニンニク焼きを、再び殻に入れると、おしゃれに盛り付けられます。

材料(サザエ2個分)

サザエ・・・2個
ニンニク・・・1片
オリーブオイル・・・大さじ2杯
バター・・・10g
塩・・・少々
醤油・・・少々

調理レシピ

1.サザエを小鍋に入れ、サザエの半分の高さになるくらい水を入れて、10分程度茹でます。
2.サザエの粗熱が取れたら、サザエの身を取り出し、身と貝柱を食べやすい大きさに切ります。
3.オリーブオイルとニンニクをフライパンに入れて火にかけ、バターとサザエの身、貝柱を炒めます。
4.塩と醤油を加えたら、完成です。

サザエのおすすめ料理レシピ2.サザエ飯

サザエの出汁がしっかり香るレシピ

サザエのつぼ焼きをした後、殻に残った出汁まで味わう人も多いですよね。サザエの出汁は、風味がよいので、無駄なく料理に使いたいと思いませんか。そんな方におすすめのサザエの食べ方が、サザエ飯です。サザエの身もふっくらやわらかく炊けるので、お子様でもパクパク食べてくれますよ。

材料(2合分)

サザエ・・・5個
米・・・2合
めんつゆ(2倍濃縮)・・・大さじ1杯半
生姜・・・1片

調理レシピ

1.サザエの身と貝柱を1cm程度に切ります。
2.米を研ぎ、炊飯器の釜に入れ、水の量をやや少なめにします。
3.千切りした生姜とサザエを炊飯器の釜に入れ、めんつゆを入れていつも通り炊飯すれば完成です。

サザエのおすすめ料理レシピ3.サザエのアヒージョ

サザエはアヒージョでも美味しい!

簡単に、本格的な料理が仕上がると人気のアヒージョにも、サザエはぴったりです。アヒージョにすると、サザエの肝も食べやすくなりますよ。バケットなどを浸して食べても美味しいですし、締めにパスタや米を入れるのもいいですよね。たくさんサザエがあるときに、ぜひ試してほしいレシピです。

材料

サザエ・・・あるだけ
オリーブオイル・・・100㏄
ニンニク・・・2片
赤唐辛子・・・1本
塩・・・小さじ1/3杯

調理レシピ

1.下処理をしたサザエの身と貝柱を、一口大のぶつ切りにします。
2.鍋にオリーブオイルにニンニクと赤唐辛子を入れ、オリーブオイルに香りが移ったら、サザエの身、貝柱、肝を入れて完成です。

サザエでいつもより賑やかな食卓に!

サザエは、身こそあまり大きくありませんが、なんといっても殻が独特な形をしているので、料理の盛り付けに使えば、食卓が一気に華やぎ、賑やかになります。サザエは、洋風、和風どんな料理にも合う食材なので、ここでご紹介したもの以外にも、たくさんのレシピがあります。ぜひ、いろいろな食べ方を研究して、サザエを堪能してくださいね!

サザエが気になる方はこちらもチェック

サザエとともに、アウトドア料理などでも人気のある貝類、トコブシやアカニシもぜひ堪能してみませんか。数ある食材の中でも、貝類の料理は見た目もゴージャスで大人気ですよ!ぜひ、トコブシやアカニシについての知識を深め、料理にもチャレンジしてみてくださいね。

トコブシって小さいアワビ?その違いや意外に知らない生態をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
トコブシって小さいアワビ?その違いや意外に知らない生態をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
トコブシを小さいアワビと思っている人が多いかもしれませんが、実際は巻貝で、アワビとは別物です。それに、トコブシには知られざる生態がいくつもあり、実際に見てみると非常に面白いです。そんな興味深いトコブシについて見ていきましょう。
アカニシ特集!サザエとの違いは?その生態や基本情報まとめ【魚図鑑】 | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
アカニシ特集!サザエとの違いは?その生態や基本情報まとめ【魚図鑑】 | 暮らし~の[クラシーノ]
アカニシの生態や釣り方、料理をまとめた魚図鑑です。アカニシ貝という貝を知っていますか?見た目はサザエに少し似ていますが、分類・中身は全くの別の産地で大人気の貝なのです。最近は回転寿司チェーンのメニューにもなって、人気が出てきたアカニシ貝を詳しくご紹介!!
吉岡てんぱ
ライター

吉岡てんぱ

ガーデニング、アウトドアが得意で、プライベートでも初心者の悩みや相談を受けています。知って得するウンチクを交えながら、子供でもわかるように、かみ砕いて説明するのが得意です(*☌ᴗ☌)。*゚


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking