ノシメマダラメイガを徹底駆除!メイガの生態を押さえた予防&対策も解説!のイメージ

ノシメマダラメイガを徹底駆除!メイガの生態を押さえた予防&対策も解説!

米などを食い荒らす、ノシメマダラメイガの生態をまとめました。ノシメマダラメイガの生態がわかると、幼虫や成虫の適切な予防方法や駆除方法が見えてきますよ。小さいガですが、被害は甚大です。ぜひノシメマダラメイガの幼虫や成虫の駆除方法や予防方法を身につけましょう。

2018年10月17日更新

Peco[REFLECTION]
Peco[REFLECTION]
ガーデニング、アウトドアが得意で、プライベートでも初心者の悩みや相談を受けています。知って得するウンチクを交えながら、子供でもわかるように、かみ砕いて説明するのが得意です(*☌ᴗ☌)。*゚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ノシメマダラメイガとは
  2. ノシメマダラメイガが好む食べ物
  3. ノシメマダラメイガは大量発生する
  4. ノシメマダラメイガはアレルギー源になる
  5. ノシメマダラメイガの生態
  6. ノシメマダラメイガの発生頻度
  7. ノシメマダラメイガの幼虫の発生源
  8. ノシメマダラメイガの見つけ方
  9. ノシメマダラメイガの幼虫の駆除方法
  10. ノシメマダラメイガの成虫の駆除方法
  11. ノシメマダラメイガの幼虫の予防方法
  12. ノシメマダラメイガの種類
  13. ノシメマダラメイガ対策は早めに!

ノシメマダラメイガとは

ノシメマダラメイガとは、ノシメコクガとも呼ばれ、10㎜前後の小さなガです。ノシメマダラメイガという名前は、体の模様が着物の熨斗目(のしめ)に似ていることからつけられたと言われています。

salvia1127さんの投稿
20213878 113867595927751 8097690434609872896 n

ノシメマダラメイガは、日本だけでなく、世界中に生息しているガで、高温多湿な気候を好みます。それでも、北は北海道まで生息が確認されているため、1年を通して、日本中どこでも発生する可能性がある、すこし迷惑な害虫です。

ノシメマダラメイガが好む食べ物

ノシメマダラメイガの幼虫が好む食べ物

ノシメマダラメイガの幼虫は、米や小麦粉、ドライフルーツ、調味料、クッキー、チョコレート、ペットフード、インスタント食品、ドライフラワーなど、あらゆる食品を食べます。その他、鳥や蜂の巣も食べていると考えられています。

oonn_shop_oonn_shopさんの投稿
30592056 195072731289748 7885207510439690240 n

ノシメマダラメイガの成虫が好む食べ物

ノシメマダラメイガは、米を食べる害虫として有名ですが、成虫の間は、基本的に何も食べずに過ごします。そのため、ノシメマダラメイガによる、米などの食品の被害は、幼虫によるものがほとんどです。

s._.k._.nさんの投稿
28158859 2156532821233534 1304477706343153664 n

ノシメマダラメイガは大量発生する

ノシメマダラメイガは、成虫1匹で、約200個の卵を産み付けるため、駆除が遅れてしまうと、大量発生してしまうことがあります。幼虫が大量発生した時点で気づけばまだ、駆除がしやすいですが、成虫になってしまうと、その後2週間の間に、さらに約200個の卵を産み付けてしまうため、さらなる大量発生を招いてしまいます。

出典: http://viable.sakura.ne.jp

ノシメマダラメイガはアレルギー源になる

ノシメマダラメイガをはじめ、ガの鱗粉が原因で、アレルギーを引き起こすことがあります。また、ノシメマダラメイガの幼虫のフンによるアレルギーも認められています。ノシメマダラメイガのような小さなガでも、十分にアレルギー源になりうるので、ガに対するアレルギーがある場合は、見つけたらしっかりと駆除し、繁殖しないよう対策をするようにしましょう。

y.kas_loveさんの投稿
17076276 763082690508677 1781567836133523456 n

ノシメマダラメイガの生態

卵~幼虫までの生態

ノシメマダラメイガは、0.5mm程度の小さな卵から産まれます。卵で過ごすのは約5日間ですが、卵の色が米によく似ているので、米びつや小麦粉等の粉類に産卵していても、気づくことはほぼ不可能です。

卵から孵化したての幼虫は、体長が約2mmと細い上、米とよく似た色をしているため、大量発生していても、探し出すことは困難です。ただ、米や小麦粉、お菓子などを食べ始めると、徐々に成長し、8~10mmくらいまで大きくなります。こうなると、大量発生していなくても、異変に気づけば見つけて駆除することもできるサイズになります。

幼虫~成虫までの生態

ノシメマダラメイガの幼虫期は、約22~45日程度なので、仮に大量発生していると、米や小麦粉、お菓子などの食べ物の嵩が、急激に減ることで、ノシメマダラメイガの存在に気づくことができます。ただ、幼虫の間に気づけず、駆除できなかった場合、ノシメマダラメイガは約1週間の蛹期に突入します。

蛹自体は茶色ですがは、繭の中にいると、見つけにくくなります。その後、成虫になると、今度は米や小麦粉、お菓子などを食べるのはやめ、交尾と産卵をするためだけに生きるようになります。成虫の寿命は約2週間ですが、その間に約200個の卵を米びつの中や食品保存庫など、幼虫の餌になるものがある場所に、点々と産み付けます。

ノシメマダラメイガの発生頻度

ノシメマダラメイガは、東北や北海道など、涼しい地域では年に2回、関東以西の暖かい地域では、年に4~5回、発生すると言われています。ただ、気温がある程度保てていれば、その間は繁殖、発生が可能なため、春から秋にかけては、常にどこかでノシメマダラメイガが発生しているような状況です。

accuratepestcontrolutahさんの投稿
28153992 501528150244112 7491523987680264192 n

また、気温が高いと、卵や幼虫、蛹で過ごす時間が短くなり、頻繁に交尾、産卵を行うようになります。そのため、気温が上がる初夏から初秋ごろは、大量発生しやすい環境で、実際に、日本各地で大量発生したという目撃談や体験談が多く聞かれるようになります。

ノシメマダラメイガの幼虫の発生源

ノシメマダラメイガは、米びつや、食品を保存している収納の近くに卵を産見つけることで知られていますが、しっかりと密閉した容器の中にも、発生することがあります。いったいどこから侵入しているのか…。その発生源がわからず、対策をしようにもできない人も多いのでないでしょうか。

propest_nzさんの投稿
28158543 1975749592688571 4095825360589946880 n

実際、ノシメマダラメイガは、とても小さいガなので、玄関の人の出入りに紛れ込んだり、窓のちょっとした隙間から簡単に屋内へ入って来ることができます。そして、卵を産み付けて孵化した幼虫は、強い顎で、食べ物の袋や容器を食いちぎって、入り込み、食品を食べてしまうのです。

ho_mecafeさんの投稿
33545987 216613395734583 7453185206925656064 n

つまり、あらゆる食品がノシメマダラメイガの発生源になりうるということです。そのため、1つ発生源を見つけて駆除や予防対策をしても、他にも発生源があるかもしれませんし、発生源は数か所に分散している可能性もあります。

つまり、ノシメマダラメイガの駆除をしても、何度も姿を見かける場合は、米びつや食品保存庫など、キッチン周りをすべて点検して、発生源をすべて排除することが大切ということです。

ノシメマダラメイガの見つけ方

primepestgaさんの投稿
14736405 1749468148604208 479724589715292160 n

ノシメマダラメイガや、ノシメマダラメイガの発生源を見つけるのは、とても難しいです。ただ、幼虫期は、体が大きく動きが鈍い上、赤~オレンジ色のフンをするので、卵や蛹、成虫のころよりも、ずっと見つけやすくなります。

ノシメマダラメイガの幼虫の駆除方法

幼虫の駆除方法1.天日干し

ノシメマダラメイガの幼虫は、日光が苦手なので、ノシメマダラメイガの幼虫がついた食品を天日干しすることで、駆除することができます。ただ、天日干しによる駆除方法は、米やペットフードなどの固形物にしか利用できません。

tomorrow_nuhahahaさんの投稿
14156594 2129881700569585 777560339 n

天日干しによる駆除方法は、日当たりのよい場所に清潔なビニールシートや、新聞紙等を敷き、その上に米やペットフードを薄く広げるだけで完了です。ただ、ノシメマダラメイガの幼虫が逃げ出して、再び屋内に入ると面倒なので、逃げ出したノシメマダラメイガの幼虫は、捕殺するなど、再発生に対する対策をするようにしましょう。

幼虫の駆除方法2.水洗い

米など、洗って使用するような食品に、ノシメマダラメイガの幼虫が発生した場合は、水洗いしてしまうのもおすすめです。ノシメマダラメイガの幼虫は、水を入れると浮くので、たっぷりと水を注ぎ、浮いてきた幼虫から順次捕獲し、処分しましょう。

misaaachu873さんの投稿
21147713 1304716762987510 51503787524751360 n

ただ、孵化して間もない幼虫は、2mm程度と小さいため、食品の間にうまく留まってしまうこともあります。米など、炊飯や調理前に洗う場合は、いつもより丁寧に洗うと安心ですよ。

幼虫の駆除方法3.廃棄処分

ドライフルーツやお菓子など、天日干しも水洗いもできないような食品に、ノシメマダラメイガの幼虫が発生してしまった場合は、もったいないですが、食品ごと廃棄処分をしてしまうのも方法の1つです。

primepestgaさんの投稿
31942530 2024877920887890 5033445342968807424 n

ただ、ノシメマダラメイガ自体には毒はなく、人間の病気を媒介することもないとされているので、食べてしまっても問題はありません。ノシメマダラメイガによる被害が少ない場合は、被害があった場所のみ廃棄処分して、残りはちゃんと利用するのもおすすめですよ。
 

幼虫の駆除方法4.捕殺

虫が苦手ではない場合、一番手間がかからないノシメマダラメイガの幼虫の駆除方法が捕殺です。捕殺とは、感じの通り、捕まえて殺すことです。ただ、ノシメマダラメイガの幼虫は、サイズもさまざまで、米や小麦粉など白い食品の中で発生すると、見つけるのが困難です。そのため、大量の食品の中で発生した場合は、天日干しや水洗い、廃棄処分した方が無難かもしれませんね。

hidemaxxさんの投稿
32025740 229493654299932 1045552948614004736 n

ノシメマダラメイガの成虫の駆除方法

成虫の駆除方法1.殺虫剤を使用

ノシメマダラメイガは、一般的な殺虫剤で駆除することが可能です。ただ、ノシメマダラメイガは食品の周りに集まるので、殺虫剤が食品にかからないよう対策をしてから、殺虫剤を使用するようにしましょう。
 

akopoko09さんの投稿
32943661 500402980375361 6246048042378592256 n

成虫の駆除方法2.捕殺

ノシメマダラメイガの成虫は、10mm程度と小さいので、捕殺して駆除するのもいいかもしれませんね。蚊を駆除するときのように、手でたたいてもよいですし、飛び回る場合は、虫取り網などで捕まえるのもおすすめです。

chinon_cafeさんの投稿
20399057 217136978815536 2428273555952107520 n

ノシメマダラメイガの幼虫の予防方法

幼虫の予防方法1.成虫を侵入させない

ノシメマダラメイガの生態から考えると、ノシメマダラメイガの予防方法で最も効果的なのが、成虫を侵入させないことです。ノシメマダラメイガは夜行性なので、夜暗くなるとよく飛び回っています。

sentinel_pest_managementさんの投稿
26067903 1281050612059197 7156098208777633792 n

そのため、人が寝静まったあとのキッチンは、絶好の産卵場所にもなるので、何度も被害にあっている場合は、寝る前などノシメマダラメイガが入り込んでいないかチェックする習慣をつけるのもよいかもしれませんね。

幼虫の予防方法2.トウガラシ・ニンニク・ワサビを使用

ノシメマダラメイガは、トウガラシやニンニク、ワサビなどの香りの強い食品が苦手なので、米びつやキッチンの収納などに置いておくと、近寄ってこなくなります。唐辛子は、米10㎏につき5本程度、ニンニクは丸ごと1つ、ワサビは粉わさびをお茶パックに半分くらい入れて置いておくと、効果的です。

congabongo4557さんの投稿
32587075 2044102729178139 1848671851115446272 n

幼虫の予防方法3.対策グッズを使用

ノシメマダラメイガが、トウガラシのにおいを苦手とする習性を利用した、ノシメマダラメイガの対策グッズも販売されています。他にも、桐製の米びつは、ノシメマダラメイガが近寄らなくなると言われているので、ぜひ利用してみてくださいね。

ノシメマダラメイガの種類

ノシメマダラメイガの仲間

ノシメマダラメイガは、メイガ類に属する昆虫ですが、ノシメマダラメイガ同様に、人々の暮らしに害を及ぼす種類が他にもいます。その中でも、より私たちの暮らしに身近なノシメマダラメイガの仲間の種類を2種類、ご紹介します。

アワノメイガ

ノシメマダラメイガと同様に、アワノメイガも幼虫の間、農作物を食い荒らすことで知られています。とくに、トウモロコシやキビ、アワ、ヒエなどイネ科の種類に属する植物を好んで食べます。無農薬栽培のトウモロコシなどに卵や幼虫がついていると、購入後に家庭内で繁殖することもあるので、トウモロコシに食われたような穴がある場合は、早めに対策をしましょう。

aiueda7さんの投稿
13392825 143056326104416 2073424837 n

シロイチモジマダラメイガ

シロイチモジマダラメイガは、メイガの種類の中でも、豆を好んで食べるガとして有名な害虫です。シロイチモジマダラメイガは、豆類のさやの外側に1粒ずつ産卵し、孵化すると幼虫はさやにもぐり、豆を食べます。そのため、シロイチモジマダラメイガも、外からは被害にあっていることがわかりにくく、無農薬栽培された豆を購入すると、まれに家庭内でも遭遇することがあります。

shinobu_shionekoさんの投稿
21147690 310846599382868 1158201170464866304 n

ノシメマダラメイガ対策は早めに!

sentinel_pest_managementさんの投稿
19228093 1261784867277535 5578120055926816768 n

ノシメマダラメイガをはじめ、メイガの種類はどの幼虫も、存在を知っていると適切な対応ができますが、知らない場合はまさに「イタチごっこ」状態で、どんどん被害が広がってしまいます。ノシメマダラメイガは、春から徐々に活動が活発になってくるので、1度でも侵入された経験がある場合は、こまめに食品の状態を確認し、早めに駆除や予防を行ってくださいね。

害虫の駆除について気になる人はこちらもチェック

害虫というと、家庭菜園やガーデニングに被害を及ぼす虫のイメージがありますが、実際は、ノシメマダラメイガのように、人の生活エリアに侵入し、被害を及ぼす種類も多いです。害虫は、あらかじめ駆除方法を知っていれば、遭遇してもすぐに対処できるので、安心ですよ。ぜひ、ノシメマダラメイガ以外の身近な害虫についても、駆除方法を知っておいてくださいね。

Thumbカメムシの発生時期や季節はいつからいつまで?その理由と駆除方法も解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
カメムシの発生時期は、いったいいつまで続くのでしょうか?カメムシの発生理由と、時期をまとめま...
Thumbコバエの発生原因とは?駆除方法を知ってしっかり対策、予防しよう! | 暮らし~の[クラシーノ]
コバエの発生原因や駆除方法を紹介します。コバエと言っても種類様々です、それぞれの種類を紹介し...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ