Twitter
Facebook
LINE

キッチン棚をDIYで簡単リフォーム!おしゃれ収納の作り方&アイデア実例12選!

gauyorim

キッチン棚をDIYで簡単リフォーム!おしゃれ収納の作り方&アイデア実例12選!

gauyorim

キッチン棚をDIY!

いろいろなモノが多いキッチンまわり

収納はお家のさまざまな場所にありますが、中でもキッチン棚は特別ではないでしょうか。食をつかさどるキッチンは、生活する上で重要な場所です。調理には調理器具や食器類、調味料、食材などいろいろなモノを扱います。さらに水まわりということもあって、衛生面には十分に気を配らないといけないため、掃除アイテムも必要です。こういった多くのモノを収納する空間がキッチン棚になります。

キッチン棚は先に手を加えたい場所

キッチンまわりには多くのモノが存在するものの、キッチン自体が広いスペースではないため、収納となるキッチン棚もあまり大きくありません。備え付けのキッチン棚では収納しきれない場合もあることでしょう。そこで考えるのがリフォームです。お家のさまざまな場所をリフォームの候補に挙げてみると、先に手を加えたい場所として多いのがキッチン棚になります。それだけモノの量と収納スペースのバランスがあっていないのです。

DIYでおこなうキッチン棚のリフォーム

キッチン棚をリフォームすれば、収納量が増えてキッチンがすっきりとするため快適になります。ですがリフォームを業者に依頼すると多額の費用がかかってしまうので、実行に移せない場合がほとんどです。なるべく費用をかけずにリフォームをする方法としておすすめなのがDIYになります。DIYは自分でおこなうということです。DIYすることで自分にとって使い勝手がよく、好みのおしゃれさへと自由にアレンジできます。

簡単におこなえるキッチン棚リフォームのDIY



キッチン棚のリフォームをDIYでおこなうと聞いて、多くの人は自分にはできないと思うかもしれません。ですが初心者でも簡単にできる方法から、プロ並みの本格的な方法までDIYのやり方はさまざまあります。自分にできる簡単な方法だけでも、リフォームをおこなえば現状に比べてキッチンは快適になるはずです。慣れてきたらもっと収納量を増やしたり、おしゃれにしたりとさらに手を加えていけます。簡単なことから始めてみましょう。

賃貸でも問題のないDIY方法がある

リフォームDIYという言葉から、壁紙を剥がしたり壁へ穴を開けたりというイメージをしてしまいがちですが、傷を付けない簡単なDIY方法もあります。なので賃貸のお部屋でも、キッチン棚を使い勝手よくおしゃれにDIYすることが可能です。賃貸だから手を加えずに我慢していたという人は、ぜひ次項以降の内容を参考にしてください。賃貸のお部屋のキッチンも自分色に変えられます。賃貸とは思えないほどの手を加えるのも面白いです。

キッチン棚をDIY!リフォーム方法



キッチン棚の代表的なDIY方法

キッチン棚の代表的なDIY方法はいくつかあります。中でも簡単なのは、壁面またはいろいろな場所の背面に取り付ける棚受け、ディアウォールの設置 、カラーボックスのリメイクなどです。また、すでに使っているキッチン棚にさまざまなアイテムを組み合わせて、使い勝手をよくする方法もあります。それぞれのDIY方法はどういった感じなのかを簡単に解説しますので、どれが我が家のキッチンに適しているのか考えてみてください。

壁面や背面に取り付ける棚受け

壁面または棚やカウンターなどの背面は、広い空間にも関わらず無駄にしてしまいがちなスペースです。この壁面や背面へ自由に収納棚を設置して、使っていない空間を活用できれば、狭いキッチンでも効率よく作業がおこなえることでしょう。棚を設置したい壁面や背面にネジで棚受けを取り付けて、そこへ棚板をのせるだけで収納棚ができあがります。ただし壁面や背面へ直接ネジどめする方法は、賃貸には適していません。

ディアウォールで柱を新設する

ディアウォールとは、2×4材という規格の決まった木材の両端に取り付けるDIYアイテムです。ディアウォールを取り付けた木材は、天井から床にかけての突っ張り棒のように設置できます。そしてその木材は柱として活用できるのです。新設した柱はいくらでも傷を付けられるので、賃貸でも安心してネジどめなどをおこなえます。棚受けはもちろん、棚板を直接取り付けることも可能です。柱を2本にすれば、大きな棚をDIYできます。

カラーボックスでキッチン棚をDIYする

キッチン棚を新しく設置する場合、収納家具を購入するかDIYで自作するかに分かれます。さらにDIYでキッチン棚を自作するなら、木材で1から手作りしていくか、カラーボックスなどをリメイクすることになるでしょう。簡単なDIY方法はカラーボックスのリメイクです。塗装をほどこしておしゃれにしたり、収納ボックスを組み合わせて引き出し収納にしたりと、リメイク方法はさまざまあります。これはサイズ選びが大切です。

シチュエーションにあわせたアイデアを参考にする

キッチンの中だけでも、コンロやシンクまわり、壁面または棚やカウンターなどの背面、キッチン家電の置き場所、調味料の並べ方、おしゃれなディスプレイなど、さまざまなシチュエーションがあります。それぞれに最適な収納棚は異なり、どういった方法がベストなのかを知るには、実際にDIYを実践している人たちのアイデアを参考にするのが早いです。次項より簡単な作り方とアイデア実例をご紹介していきます。チェックしましょう。

キッチン棚をDIY!作り方&アイデア実例①調味料

棚受けで調味料の収納棚をDIYする

棚受けを壁面へ取り付けて天板をのせれば、シンプルな収納棚になります。天板が長いほどたくさんのモノを並べることが可能です。スパイスや調味料などを横にズラッと並べれば、取り出しやすくなって調理のスピードも上がることでしょう。壁面だけでなく棚やカウンターの背面がキッチン側を向いている場合にも、設置場所としておすすめです。

木枠を組み合わせてDIYするキッチン棚

木枠や木板を組み合わせることでもキッチン棚はDIYできます。これらの木材は塗装をほどこすことで、おしゃれになるものです。細かく仕切れば、小さな容器に入れたスパイスや調味料を迷わず分別できることでしょう。木材にマッチする背面にするためには、リメイクシートの使用が簡単です。リメイクシートは100均ショップに100円(2018/5/25時点の価格)で販売されています。

キッチン棚に扉をDIYで取り付ける

キッチン棚へ扉をDIYで取り付けるのは簡単です。棚のサイズにあった木枠へ、取っ手とネットやシートなどを組み合わせて扉を作り、蝶番(ちょうつがい)で棚と扉を接合すれば完成です。扉を閉めた時に重なる部分へマグネットを取り付ければ、自然に扉が開くことを防げます。小型の扉なら100均ショップのアイテムだけで作ることも可能です。扉のおかげでスパイスや調味料を隠す収納ができます。

キッチン棚をDIY!作り方&アイデア実例②コンロ

木の土台を収納にする

コンロまわりは調理をする場所なので、調理器具や調味料などがすぐ取り出せる場所にあると便利です。コンロまわりの壁面は無駄にしてしまいがちなスペースですが、上手に活用すれば調理がスムーズになります。賃貸の場合など壁面へあまり傷を付けたくない場合には、先に木の土台を作り、そこへ調理器具を引っ掛けるフックや調味料用の棚を取り付けるのがおすすめです。木の厚み分が手前に浮き出るのもポイントになります。

コンロまわりの壁面に適したサイズの棚をDIYする

コンロまわりの壁面の広さは、お家によってさまざまです。そのため我が家のキッチンに最適なサイズの収納棚は、なかなか見つかりません。それならDIYでキッチン棚を作るのが早いです。サイズをしっかり測りさえすれば、木材のDIYは成功します。さらにネジどめの際に必要な下穴を開けられるドリルドライバーがあると、失敗を防げるでしょう。また、おしゃれに仕上げるには塗装が重要です。

すべての調味料を並べるキッチン棚を作る

調理のよし悪しはスピードがポイントになります。手際がよいほど上手に調理がおこなえるものです。手際よく調理のスピードを上げるためには、調理器具や調味料の配置に気を配る必要があります。コンロまわりの壁全面をキッチン棚にして、普段使用する調味料をすべて並べてください。よく使う調理器具も近くに置いておけば、調理の際に素早く取り出すことが可能です。それが上手な調理につながります。

ディアウォールでコンロまわりに最適な柱を作る

新築のお家や賃貸のお部屋など、壁面へ一切の傷を付けたくない場合に、キッチン棚のDIYをおこなうならディアウォールを活用しましょう。特殊な広さのコンロまわりでもぴったりのサイズで柱を設置でき、そこへキッチン棚を作れます。柱のもとになるのは2×4材になり、ホームセンターで購入が可能です。先にコンロまわりのサイズを測っておいて、購入時に希望のサイズへカットしてもらうとスムーズに作業できます。

キッチン棚をDIY!作り方&アイデア実例③シンク

シンクまわりもディアウォールが最適

シンクまわりの壁面も収納のアイデアがないと活用しづらい場所です。でもコンロまわりとつながっている場合は条件もほぼ同じなので、コンロまわりの収納アイデアをそのまま活かせます。シンクまわりにもディアウォールが最適です。どんな広さのスペースでも対応できます。

突っ張り棒とフックで吊り下げ収納を作る

水洗いした調理器具などは、水分を拭き取る前にしばらく干して乾かしておきたいものです。突っ張り棒を張ってフックを掛ければ、そこへ乾かしたいモノを吊り下げられます。水分が下に落ちてもシンクまわりのため問題ありません。さらに大きさが不揃いの調理器具が多くても、吊り下げ収納ならきれいに並べられます。

キッチン棚をDIY!作り方&アイデア実例④家電

キッチン家電はまとめて収納する

キッチンには、電子レンジ、オーブン、電子ジャーなど、いろいろな家電があります。これらはなるべく近い場所にまとめておくと何かと便利です。配線コードを束ねられるので邪魔になることを防げますし、耐荷重に余裕のある収納を増やさなくてすみます。耐荷重は重さに耐えられる度合いのことで、キッチン家電は食器や調理器具などに比べて重いため、強度も含めて気にする必要があるのです。

キッチン家電を使いやすい配置にする

キッチン家電は重量があるため、ひんぱんには移動させづらいです。なのであまり動かさないことを前提にして、収納の配置を考えましょう。キッチン家電の中でも重かったり大きかったりする順に、使いやすい場所へ置いていきます。そして空いたところに、食器や小物などいつでも移動ができるものを並べてください。

キッチン棚をDIY!作り方&アイデア実例⑤壁面

壁面や背面を活かせるパンチングボード

せまいキッチンの中で大きな割合をしめているのが壁面です。収納棚を壁全面に沿って設置することはまずないので、空いた壁面はどこかしらに存在します。そのような空いた壁面も有効活用していきましょう。そこへ規則的に穴の開いたパンチングボードを張れば、フックを穴に引っ掛けて吊り下げ収納が可能になります。棚やカウンターの背面にも最適です。また、壁に直接穴を開けないため、賃貸でも重宝することでしょう。

壁面をおしゃれな収納スペースにする

キッチンのスペースに余裕があるなら、壁面にディスプレイを兼ねたおしゃれな収納を設置してみるのもおすすめです。棚受けと棚板があれば簡単に収納棚を作れます。ただし棚受けはネジどめによって壁に穴を開けるため、賃貸には向いていません。

キッチン棚をDIY!作り方&アイデア実例⑥大容量

たくさん収納できる大容量のキッチン棚

家族の人数が多いと、キッチンで必要になるモノが増えて整理整頓が難しくなります。収納量の大きな収納棚を思い切って設置すると、すっきりさせることが可能です。

棚の段数を増やしてたくさん収納する

料理にこだわると使うスパイスや調味料は増えていきます。キッチン棚に収納しきれなくなっても、その都度段数を増やせば対応が可能です。スパイスや調味料など軽いものなら、増設したキッチン棚の格段の対荷重や強度はあまり必要ありません。

高さがあっても扉が付いていれば安心

高さのある大きなキッチン棚の場合、ぶつかったり震度の弱い地震があったりした時に、上部に収納したモノが落ちてくる恐れがでてきます。DIYで扉を取り付ければ、少しぐらいの揺れがあっても収納物をおさえ込むことが可能です。

キッチン棚をDIY!作り方&アイデア実例⑦空きスペース

空きスペースを無駄にしない収納棚をDIYする

キッチンで生まれる空きスペースのパターンは、それぞれあることでしょう。コーナーにある空きスペースは、市販の収納アイテムでは活用が難しいものです。でもDIYならコーナーでも使い勝手のよいキッチン棚を設置できます。

収納棚の空きスペースも活用する

キッチン棚を設置してその中へ収納する以外にも、さらに棚を重ねたり棚の上に食器を並べたりと、あらゆる空きスペースは活用できます。スペースに適した収納方法で、無駄をなくしましょう。

キッチン棚をDIY!作り方&アイデア実例⑧いろいろ

必要なモノを一箇所にまとめる

1人暮らしや2人暮らしぐらいであれば、キッチンにモノはあふれません。収納スペースも狭くて大丈夫のはずです。この場合は必要なモノを一箇所にまとめた方が、使い勝手はよくなります。キッチンにあるすべてのモノを分かりやすくまとめられるように、おしゃれなキッチン棚を設置するのがおすすめです。

区分けして整理整頓する

キッチン棚の各収納スペースを細かく区切り、どこに何を入れるのか決めておいて、しっかりと整理整頓すればきれいなキッチンの状態をキープできます。扉を取り付けると目隠しになるので、オープンキッチンの場合は来客の際に堂々と見せることができるでしょう。

キッチン棚をDIY!作り方&アイデア実例⑨ディスプレイ

食器をおしゃれに見せる収納スペースを作る

おしゃれな食器は、ディスプレイとしても活用しないともったいないです。キッチンの広さに余裕があるなら、ディスプレイスペースを設けて見せる食器棚を作り、そこへ自慢の食器を飾ってみてください。

ディスプレイアイテムでおしゃれなキッチンにする

おしゃれな食器の他に、ディスプレイアイテムを空いたスペースに飾れば、よりおしゃれなキッチンを演出できます。キッチンインテリアのテイストにあったアイテムを選ぶのが重要です。

キッチン棚をDIY!作り方&アイデア実例⑩ダイニング併用

キッチンとダイニングで利用できる棚をDIYする

キッチンカウンターなどへ、キッチンとダイニングの両側から利用できる収納棚を設置すれば便利になります。食器や食料を置いておくと、どちら側からでもスムーズに取り出せるのです。

ダイニング向けにおしゃれな収納を心がける

ダイニングと併用しているキッチン棚は人目によくつくため、おしゃれに見えるよう気を配ってください。取り出しやすさも大切になります。

キッチン棚をDIY!作り方&アイデア実例⑪カフェ風

憧れのカフェ風キッチンをDIYする

カフェ風のキッチンに憧れを持つ人は多いことでしょう。カフェのテイストにあった小物やディスプレイアイテムを選ぶことで、簡単に実現できます。これらを上手にレイアウトして、落ち着くカフェ風キッチンをDIYしてみてください。

カフェ店員の気持ちでキッチン棚を作る

飲み物や料理を提供するカフェ店員になったつもりで、収納棚をDIYしてレイアウトを考えれば、自然とカフェ風のキッチン棚と空間を作り出せます。

キッチン棚をDIY!作り方&アイデア実例⑫男前系

男前なインテリアアイテムを組み合わせる

DIYしたシンプルなキッチン棚でも、男前系のインテリアアイテムを組み合わせるだけで、かっこいい収納棚へ簡単にリフォームできます。

イメージを統一してDIYをおこなう

作りたいキッチンインテリアのイメージを統一することで、はっきりとしたテイストに仕上げられます。男前系であれば色合いは黒と白をベースにして、文字関係はフォントをゴシック体にするなどです。棚の木材部分はワックスやオイルでアンティーク調に塗装すると、さらに深みを演出できます。

キッチン棚をDIY!作り方&アイデア実例/まとめ

キッチン棚をDIYで簡単にリフォームする方法を解説してきました。ご紹介したキッチン内の各スペースにあった収納の作り方やアイデアの実例を参考にして、我が家に最適なキッチン棚をDIYしてみてください。キッチンが快適になれば調理がスムーズにおこえるようになります。より美味しい料理が作れる上に、時間の節約にもつながることでしょう。キッチン棚のDIYは簡単です。気になったら、さっそく取り掛かることをおすすめします。

キッチンの収納が気になる方はこちらもチェック!

今回はDIYによるキッチン棚の作り方とアイデアについて解説しましたが、キッチンの収納についてもっと詳しく知りたい、キッチンまわりのDIYが気になるという方は、下記のリンク記事を読んでみてください。

Movie動画記事

初めてキャンプ場へ行った初心者、ガチで初心者丸出しすぎたwww【毎日キャンプ生活30-31日目】

今回のキャンプのテーマは「ギア不足の初心者でもキャンプ場をちゃんと楽しめるのか?」。大人気のキャンプ場「能登島家族旅行村 Weランド」に行ってきましたが、色々スタッフの方に初心者丸出しでお聞きしつつ、...

ライトショアジギングからガチンコ青物まで!万能ロッドはコレだ!

提供:株式会社アピア 撮影協力:民宿いけ吉 今回の動画はAPIAから発売中のグランデージアトラス98Mについて解説します。以前発売直前にインプレッション動画を公開して以降、カンパチとのやりとりを数多く...

ライトショアジギングからガチンコ青物まで!万能ロッドはコレだ!

提供:株式会社アピア 撮影協力:民宿いけ吉 今回の動画はAPIAから発売中のグランデージアトラス98Mについて解説します。以前発売直前にインプレッション動画を公開して以降、カンパチとのやりとりを数多く...

初心者から始める「毎日キャンプ生活」29~35日目!

酷いありさまだったキャンプ初心者も、毎日キャンプ生活一ヶ月を迎え、ギアも揃い始め、ついに立派なキャンプ場でのキャンプもできた29~35日目。でもまだまだ体験してないことばかりで、毎日新しい経験をしてい...

お客様をガイドしたら天才だった件【島日記10】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...