DIYで手作りソファーの作り方!簡単に作れる方法&参考リメイク術をご紹介!のイメージ

DIYで手作りソファーの作り方!簡単に作れる方法&参考リメイク術をご紹介!

買うと高いソファーですが、diyすれば安い金額でソファーを用意できます。この記事では手作りソファーの簡単な作り方について、解説しています。手作りソファーの簡単な作り方について興味のある方や、diyについて興味のある方は、この記事を読んでみてください。

2020年06月07日更新

マロニエ
マロニエ
Webライターのマロニエです。キャンプやトラベルなどを中心に初心者の方にもわかりやすくて、ためになる記事を書いていきたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 手作りでソファーを作ってみよう
  2. diyで手作りソファーの簡単な作り方①
  3. diyで手作りソファーの簡単な作り方②
  4. diyで手作りソファーの簡単な作り方③
  5. diyで手作りソファーの簡単な作り方④
  6. diyで手作りソファーの簡単な作り方⑤
  7. diyで手作りソファーの簡単な作り方⑥
  8. diyで手作りソファーの簡単な作り方⑦
  9. diyで手作りソファーの簡単な作り方⑧
  10. diyで手作りソファーの簡単な作り方⑨
  11. diyで手作りソファーの簡単な作り方⑩
  12. diyで手作りソファーの簡単な作り方⑪
  13. diyで手作りソファーの簡単な作り方⑫
  14. 手作りソファーのメリット
  15. 手作りソファーを作ってみよう

手作りでソファーを作ってみよう

自分で作る方法

家にソファーが欲しいけどお金がない、もしくはソファーは欲しいけど、市販されているものに自分の好みにあう物がない。などの理由でソファーが欲しくても、購入する気になれない場合はソファーを自作しましょう。自作した場合、購入するよりも遥かに安くて済むだけでなく、自分好みにデザインできます。

リメイクしてみよう

ソファーを自作する方法の中には、リメイクする方法もあります。今持っているソファーを作り変えて新しいソファーにしたり、ベッドをソファーに変える事ができます。リメイクする場合、作業が簡単になり、完成するまでの時間が短くて済むため、初心者にも向いている方法です。

ローソファーに変身

ローソファーは高さが低いため、気楽な気持ちで座れるという理由で人気があります。ソファーをリメイクして新しくする場合、普通のソファーをローソファーに改造するケースも多くあります。これからローソファーも含めたソファーのdiyの仕方について解説するので、貴方もぜひソファーを手作りしてみてください。

diyで手作りソファーの簡単な作り方①

お洒落なローソファー

板を積み重ねてローソファーを自作しましょう。板を積み重ねるのは簡単で、それほどに苦労する事なく自作する事ができます。悩みどころはデザイン。お部屋に合った素敵なデザインにしましょう。お洒落なローソファーを作れば、お部屋の中を素敵にデザインするデザインアイテムとしても活用できます。

柔らかいマットレス

お洒落なローソファーを自分で作る時には、マットレスを柔らかいものにしましょう。柔らかいマットレスのローソファーは、座り心地が良くて家族団らんの場所として最適であるだけでなく、個人がくつろげる場所にもなります。仕事帰りの時など疲れた時に、フカフカの柔らかいマットレスに座れば、疲労を癒してくれるでしょう。

背もたれも素敵に

座面の部分の制作が終わったら板と座面の部分を繋げて、背もたれの部分の制作に掛かりましょう。背もたれの制作が終わったら、次は座面にクッションを置いていきます。ローソファーをお洒落な雰囲気にするために、お洒落なクッションを置いていきましょう。

diyで手作りソファーの簡単な作り方②

高級なソファーに

ここではパレットを使用して、高級感溢れるソファーを作る方法を紹介します。まずはパレットをくっけて3人程座れるソファーを作ります。それからパレットをくっつけてソファーの土台を作って、その土台の部分に高級なマットレスを載せましょう。

柔らかなクッション

高級感あふれるソファーに柔らかなクッションを付ければ、ソファーの高級感はさらに増します。柔らかなクッションが付いているソファーというとかなり高価なイメージがしますが、自作したソファーならば安いお金でとても柔らかいクッションを付ける事ができます。安いお金で最高の座り心地のクッションを用意できるのです。

自分で作る

高級感溢れるソファーを自分で作ることで、立派なソファーを自分の力で作れた自信と達成感を感じる事ができるでしょう。また、3人程度がゆったりと座れる大型のソファーですので、家族や恋人が一緒の時を過ごすのに向いています。このソファーは親しい人と、素敵な日々を送るのに役に立つのです。

diyで手作りソファーの簡単な作り方③

リメイクしてお部屋を飾る

家には大きなソファーがあるけれども、ボロボロでもう使えない。だけど捨てるのは忍びない。そういうケースは少なくありません。ソファーがあるけれども、汚くて使えない場合は思いきってソファーをリメイクして、お洒落なソファーにしましょう。ソファーをリメイクをするのは、とても簡単ですので是非やってみてください。

素敵なローソファー

ここでは座面の高いソファーをdiyして、ローソファーにリメイクする方法を紹介します。普通のソファーからローソファーを自分で作る場合、まずはソファーからカバーやクッションそれにマットレスも取り、これらに汚れや傷が目立たない場合は再利用しましょう。ソファーが利用したら次は土台作りです。木の板を横に繋ぎ合わせて3人分くらいの人が座れる広さを確保しましょう。

クッションもお洒落

土台を作り終わったら、今度はその土台にマットレスやカバーやクッションを取り付けましょう。マットレスのカバーやクッションのカバーを付ける際には、ローソファーのデザインに合った素敵なデザインのカバーを用意してください。デザインが良いカバーの付いたマットレスやクッションは、見た目もお洒落で素敵です。

diyで手作りソファーの簡単な作り方④

ベッドをお洒落なソファーに

ベッドをお洒落なソファーにリメイクする方法を解説します。ベッドはソファーにリメイクしやすい家具です。使われなくなったベッドを思いきって、リメイクしましょう。貴方のアイデア次第で素敵なソファーを作る事ができます。

リメイクしよう

ベッドを素敵なソファーにリメイクするさいには、まずはベッドのマットレスの部分を取り外しましょう。マットレスの取り外しが終わったら、今度はベッドの土台の部分の加工を行っていきます。ベッドの土台の木の部分を自分の好みに合わせて切って、高さを調節しましょう。さらにベッドに収納スペースを設置したい場合は、ベッドの土台の部分に隙間を取って、そこに収納ボックスを置きましょう。

お洒落な肘掛も用意

ベッドをお洒落なソファーにリメイクした後は、そのリメイクしたソファーに肘掛を用意してください。せっかくお洒落なソファーを自分で作ったのですから、その自作したソファーの肘掛もお洒落なものにしましょう。ソファーの横に設置した肘掛は、お洒落なソファーをさらに素敵にしてくれるだけでなく、腰を据える場所としても活用できます。

diyで手作りソファーの簡単な作り方⑤

カッコ良いローソファー

誰もが憧れるようなカッコ良いローソファーの作り方について解説します。まずは家の中にある布団を用意して、折り畳んで布団ケースの中に入れましょう。これだけの簡単な作業で土台は完成です。ベッドの土台が完成したら、次はその土台にマットレスを敷いて、ソファーの座面を作りましょう。

肘掛を用意しよう

ソファーの座面を作り終えたら、次は肘掛を作りましょう。ソファーの座面に布製のソファーを接続させて、そのソファーと接続させた肘掛に腰を据えてみて下さい。肘掛に軽く腰掛けても大丈夫なようならば、肘掛に問題はありません。ソファーの座面に腰掛けても充分カッコ良いのですが、肘掛の部分に腰掛けるのは、とてもカッコ良いので是非やってみてください。

クッションもカッコよく

カッコ良いローソファーのdiyの最終段階として、ローソファーの座面にクッションを置きましょう。せっかくローソファーのデザインをカッコ良くしたのですから、クッションもカッコ良いデザインのものを選びましょう。カッコ良いデザインのクッションをdiyしたローソファーの上に置けば、diyしたローソファーはさらにカッコ良くなる事でしょう。

diyで手作りソファーの簡単な作り方⑥

渋いローソファー

可愛いらしいローソファーも良いですが、渋いローソファーも悪くはありません。渋いローソファーは大人の雰囲気を持っていて、部屋の雰囲気を渋くて大人ぽい雰囲気にしてくれます。とても簡単に渋いローソファーを自分で作る事ができます。

自分で作る

渋いローソファーを自分で作る方法を解説していきます。渋いローソファーを自分で作るためには、まずはパレットを結合させて、ローソファーの土台の部分を作りましょう。土台の広さは大人4人程度が一度に座れるだけの広さは確保しましょう。土台が完成したら次は背もたれを製作します。木の板をくっつけて背もたれを製作しましょう。

クッションも渋く

ローソファーの背もたれや土台の部分が完成したら、クッションを置きましょう。diyしたローソファーは渋い雰囲気であるため、用意するクッションはこの雰囲気を壊さないために渋いものを選びましょう。渋いクッションはローソファーの渋い雰囲気をさらに渋くて、大人ぽい雰囲気に変えてくれるデザインアイテムになります。

diyで手作りソファーの簡単な作り方⑦

ベッドを渋いソファーに

渋いソファーも、ベッドをリメイクして作れます。子供ぽい見た目のベッドでも、大人ぽいソファーにする事が可能です。どんな種類のベッドでも、大人向けの渋いソファーを作る事が可能なのです。自分の部屋に使われていないソファーがある場合、ベッドを使って渋いソファーを作って見てください。

リメイクする

ベッドをリメイクして渋いソファーを自分で作るためには、まずはベッドを解体しましょう。ベッドの解体を終えたら、解体したベッドの木材を使って、ベッドの土台と肘掛の部分を作ってきます。この時にソファーの座面は、ある程度の人数が座れるように横幅に余裕を持たせるようにしましょう。

マットレスも渋く

ソファーに敷くマットレスのカバーは、渋いデザインのカバーのものを選びましょう。渋いデザインのマットレスは、ソファーの渋い雰囲気をより高めてくれます。マットレスの設置が終わったら、肘掛と背もたれの部分を作る作業に入ります。ベッドの土台の部分と肘掛や背もたれの部分を接合させましょう。これで渋いソファーは完成です。

diyで手作りソファーの簡単な作り方⑧

ベッドをゆったりとしたソファーに

大人数でゆったりと座れるソファーが欲しいという場合、ベッドをリメイクしてソファーにしましょう。自分で作るのが難しい大型のソファーでも、ベッドをリメイクする方法ならば簡単に作れてしまいます。大型のソファーをdiyする場合、ベッドをリメイクする方法が最も手軽にできます。皆さんも、大型のベッドを利用してソファーをdiyしてみましょう。

ベッドをリメイク

まずはベッドを解体する作業から始めます。ベッドからマットレスや棚などを取り外して分解していきす。次に分解されたベッドの板を接合させて、ベッドの土台の部分を作っていきます。折れ曲がったソファーをdiyするため、この後新たにソファーの土台を作り、ソファーの土台どうしを接合させていきます。

肘掛もゆったりと

ソファーの土台の接合が終わったら、次は背もたれと肘掛を作って、ソファーの土台部分と接合させます。このソファーでは、肘掛の部分もゆったりと幅が広めのものを作っていきましょう。幅が広めの肘掛は、肘を置いてくつろぐ事ができるだけでなく、腰を置いて座る事もできます。

diyで手作りソファーの簡単な作り方⑨

ベッドをナチュラルなソファーに

豪華な雰囲気のソファーも素敵ですが、自然な雰囲気のソファーも素敵です。自然な感じのソファーにdiyしやすい素材の1つとして、木製のベッドがあげられます。木製のベッドの板を上手く使ってソファーをdiyすれば、とても自然な感じのソファーになります。木製のベッドでできたソファーは、自然さだけでなく温かみも感じられます。

リメイクしてみよう

木製のベッドを解体する時にはベッドの板に傷をつけないように注意しましょう。木製のベッドの解体が終わったら、解体した板を使ってソファーを組み立ててマットレスを敷きましょう。ソファーの組み立てが終わって、完成したソファーはナチュラルな雰囲気が素敵で、お部屋のデザインアイテムにもなります。木製のベッドからソファーにリメイクするのは簡単なので、是非チャレンジして見てください。

diyで手作りソファーの簡単な作り方⑩

木製フレームソファー

木製フレームのソファーはフレームに使われる木の見た目が美しくて、大変に人気があるのですが、市販されているものの中には、クッションやマットレスの質があまり良くないものが多くあります。しかしながら、パレットを使って自分で作れば、質の高いクッションを使って、座り心地の良い木製フレームのソファーをdiyする事ができます。

ソファーの脚

木製フレームのソファーはパレットを繋ぎ合わせる事によって、簡単に製作する事ができます。ソファ-の脚については、ウッドボールなどの丸い木の棒を使ってソファーの本体と接着させましょう。diyすれば大変に座り心地が良いうえに、見た目も美しい木製フレームのソファーを費用を掛けずに製作する事ができます。

diyで手作りソファーの簡単な作り方⑪

和風のローソファー

洋風のローソファーも素敵ですが、和風のローソファーも素敵です。和風のローソファーは和室や日本風の家屋に合うだけでなく、独自の落ち着いた雰囲気もまた魅力です。しかしながら、和風のローソファーも質の良い物を手に入れようとする場合は値段が張りがちです。あまりお金を掛けずに和風のローソファーが欲しい場合は、自分でdiyするのがおすすめです。

自作しよう

パレットを接合させて、ローソファーを作っていきます。座り心地を良くするために、座面の部分は横幅を長めにするだけでなく、縦幅も長くしていきましょう。また背もたれも長めの長さを確保してください。これで座り心地の良い上等な和風のローソファーの完成です。diyした和風のローソファーは、洋風のローソファーに負けず劣らずの豪華さな上に、気軽にくつろげます。

diyで手作りソファーの簡単な作り方⑫

ベッドをカジュアルなソファーに

くつろいだ雰囲気のカジュアルなソファーが欲しい時には、ベッドを利用してみましょう。ベッドに使われる板は、ソファーを製作する上で、大変役に立ちます。またデザインの良いものを金銭をかける事なく作れる事も、ベッドを利用して製作する魅力です。

自作してみよう

くつろいだ雰囲気のソファーを作るのは難しくないので、是非やってみてください。くつろいだ雰囲気ののソファーというのは、たくさん種類がありそうですが、市販されているものでくつろいだ雰囲気のものの種類はそうは多くないため、くつろいだ雰囲気のソファーはdiyするのがおすすめです。

手作りソファーのメリット

自作した方が安く済む

これまでソファーの作り方について解説していきました。ソファーを自分で作った場合、購入する場合よりも遥かに安く済みます。お金を節約したい場合や、質の良いものが欲しい時には、ソファーを自作してみましょう。自分で作れば、品質の良いものを安いお金で作れます。またソファーは、楽しく簡単にdiyできます。

自分好みにソファーが作れる

自分の好みに合ったものが作れるという事も、ソファ-を手作りするメリットにあげられます。市販されているものだと、デザインにこだわって選ぶのが難しい場合があります。しかしながら、ソファーを手作りすれば、安いお金で自分の好みに合った素敵なデザインのソファーを作れます。ソファーのデザインにこだわる人は、ソファーをdiyしてみましょう。

手作りソファーを作ってみよう

簡単に自作できる

ソファーを製作するメリットは、デザイン面や費用の面など数多くあり、そのメリットの多さは数えればキリがありません。またソファーは製作するメリットが多いだけでなく、自分で作るのがとても簡単です。コツを覚えて必要な資材を揃えさえすれば、誰でも簡単に作る事ができます。簡単に作れるソファーの種類も多く、普通のソファーに加えて、ローソファーや木製フレームのソファーなども難しい作業無しで作る事ができます。

ソファーになる

もう利用できなくなった物をソファーとして再利用する事が可能な事も、ソファーを自分で作る上での大きな魅力の1つです。使われなくなったものを利用できるだけでなく、ベッドを利用してソファーを作る事もできます。ソファーをdiyするのは楽しい上に、メリットも大きいので皆様もぜひともソファーをdiyしてみてください。

「ソファー」について気になる方はこちらもチェック

当サイト「暮らし~の」では、ソファーに関連する内容の記事が他にも幾つかございます。ソファーに関連する情報について知りたい方は、多くおられるかと思います。ソファーについて書かれた記事が読みたい方は、是非、こちらをチェックしてみてください。

Thumbソファーカバーを手作り&リメイク!簡単におしゃれなソファーに模様替え! | 暮らし~の[クラシーノ]
ソファーカバーが欲しいけど「ちょうど良いサイズが売っていない」「好みの柄が見当たらない」.....
Thumb【エアーソファー】今アウトドアで人気のアイテムの使い方 | 暮らし~の[クラシーノ]
エアーソファというと、皆さんはどのようなものを想像するでしょうか?空気で膨らませるベッドやマ...

あなたへのおすすめ