おしゃれな手作りゴミ箱の作り方&マネしたくなる自作アレンジ画像集6選!のイメージ

おしゃれな手作りゴミ箱の作り方&マネしたくなる自作アレンジ画像集6選!

ゴミ箱はDIYで手作りするとおしゃれにできます。これならリビングに置いてもインテリアの邪魔になりません。100均のすのこを使って、木製ワゴンや隠すダストボックスなどがDIYできるのです。おしゃれな手作りゴミ箱の作り方の解説や、自作アレンジ画像集をご紹介します。

2020年06月07日更新

gauyorim
gauyorim
簡単に始められるDIYでも素敵な仕上がりを目指すなら、基本的な方法やさまざまなアイデアを知る必要があります。そういった情報はこだわるほど重要になるものです。ベテランでもためになる記事を、初心者の方にもわかりやすく執筆しています。今後のDIYに活かしていただけたら嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. おしゃれを妨げるゴミ箱
  2. おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!
  3. おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!作り方①ステッカーで飾る
  4. おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!作り方②リメイクシートを貼る
  5. おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!作り方③ステンシルを使う
  6. おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!作り方④100均のワイヤーネットを使う
  7. おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!作り方⑤100均のすのこを使う
  8. おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!作り方⑥木製ワゴン
  9. おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!自作アレンジ画像集①マスキングテープ
  10. おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!自作アレンジ画像集②リメイクシート
  11. おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!自作アレンジ画像集③ステンシル
  12. おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!自作アレンジ画像集④ワイヤーネット
  13. おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!自作アレンジ画像集⑤すのこ
  14. おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!自作アレンジ画像集⑥中身を隠す
  15. おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!まとめ

おしゃれを妨げるゴミ箱

お部屋に必要なゴミ箱

人が生活をしている以上、ゴミは必ず出てきます。いうまでもなく、そのゴミを捨てるためにゴミ箱が必要です。キッチン、ダイニングやリビング、寝室など、あらゆるお部屋にゴミ箱は欠かせません。実際に、大小に関わらず1部屋に1つはゴミ箱を置いている人が多いことでしょう。

ゴミ箱はインテリアの景観を妨げる

そんな必要不可欠なゴミ箱ですが、大きな難点があります。それはインテリアの景観を妨げてしまうことです。せっかくおしゃれにこだわったお部屋作りをしても、ゴミ箱の存在が見た目を悪くします。各お部屋へゴミ箱を置かず、見えない場所にゴミ袋を置いてそこへ捨てるという方法もありますが、そのつどゴミ袋まで移動しなければならずとても不便です。

かっこ悪く見えてしまうゴミ箱

ゴミ箱が直接汚れてしまわないための処置としてよくやってしまうのが、ゴミ箱の内側へスーパーのビニール袋などを掛けることです。ゴミ箱の上フチに掛けるため、ビニール袋が外から見えてしまいかっこ悪くなってしまいます。これがインテリアの景観を妨げる一番の原因です。おしゃれなインテリアにこだわるなら、ゴミ箱が汚れても後から洗えばよいとして、ビニール袋を掛けるのはやめましょう。

ゴミ箱がインテリアにマッチしていない

上記の他にも、インテリアのテイストにマッチしていないゴミ箱を使っていると、おしゃれの妨げになります。ゴミを捨てるだけだからという理由などで、ゴミ箱はこだわりの対象から外れてしまいがちです。細かい部分にまでこだわってこそ、おしゃれなインテリアを作り出せます。素敵なお部屋を作るなら、ゴミ箱選びにも力を入れる必要があるのです。

おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!

お部屋に最適なゴミ箱が見つからない

おしゃれなお部屋のインテリアにマッチするゴミ箱を置こうと探してみても、なかなか最適なゴミ箱は見つからないものです。素敵なダストボックスを見つけても、サイズが大きすぎたり小さすぎたりして、肝心の使い勝手がいまいちになってしまってはいけません。また、ダストボックスのデザインだけでなく、素材も重要になってきます。

DIYでダストボックスを自作する

お部屋に最適なゴミ箱に出会えないままでいると、おしゃれなダストボックス探しをやめてしまいかねません。市販のゴミ箱から選ぶのはあきらめて、DIYでダストボックスを自作する方法があります。ゴミ箱はシンプルな構造な上に、お部屋で使うぐらいならサイズは小さくて十分です。そのため簡単にDIYで自作できてしまいます。

おしゃれさと使い勝手のよさを備えたゴミ箱が自作できる

DIYでゴミ箱を自作すれば、自由な姿へ仕上げられます。お部屋のインテリアにマッチするおしゃれなデザイン、使い勝手のよいサイズ感など、自分好みのダストボックスにアレンジできるのです。キッチン、リビング、寝室といった各お部屋にあわせたゴミ箱を、それぞれDIYで自作してみましょう。

ダストボックスは初めてDIYをするのに最適な題材

ダストボックスを1から自作しなくても、すでにあるゴミ箱に手を加えるだけのDIYでも大丈夫です。これなら今までDIYをしたことがなかった人でも気軽に始められます。もちろん1から自作するのも難しくはありません。いずれにしてもDIY方法はさまざまで、おすすめの作り方を下項で解説していきます。参考にしてください。

おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!作り方①ステッカーで飾る

お気に入りのステッカーでゴミ箱をアレンジする

簡単すぎてちょっとひょうし抜けしてしまうかもしれませんが、今使っているダストボックスにステッカーを貼るだけでも印象は大きく変わります。お部屋のテイストにあった雰囲気のステッカーを選べば間違いありません。お気に入りデザインのステッカーなら愛着がわくことでしょう。

ステッカーのデザインと貼り方に注意が必要

ステッカーをゴミ箱へ貼るだけとはいっても、適当に貼っていくだけではいけません。バランスを考えて貼らなければ、見栄えの悪いダストボックスになってしまいます。ステッカーやシールを一枚貼ったら遠くから見た目を確認するなどして、問題がない場合に追加で貼るようにしてください。

シンプルなシールでもゴミ箱をかわいく加工できる

カレンダーなどへ目印として貼るような丸型のシンプルなシールでも、貼り方によってはゴミ箱をかわいくアレンジできます。丸型シールをつなげてイラストチックな柄を描いたり、部分的に貼ってアクセントにしたりと、幅広く活用することが可能です。色の組み合わせも考えて貼るのがよいでしょう。丸型シールは、100均ショップに100円(2018/4/30時点の価格)で販売されています。

マスキングテープでダストボックスがおしゃれになる

おしゃれでかわいい絵柄がたくさんあるマスキングテープを、ゴミ箱に貼るのもおすすめです。マスキングテープは簡単に剥がせるのが利点で、お部屋の模様替えにあわせてゴミ箱に貼るマスキングテープも貼り替えられます。ゴミ箱の全面に貼ったり部分的に貼ったりと、自分のセンスでアレンジしてみてください。100均ショップに100円(2018/4/30時点の価格)で売られているマスキングテープもおしゃれです。

おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!作り方②リメイクシートを貼る

おしゃれなリメイクシートでゴミ箱をアレンジする

本来はお部屋の壁面に貼る壁紙シールやリメイクシートは、ゴミ箱のアレンジにも活用できます。面積の広い壁面に貼ることを想定されているため、ゴミ箱の全面へ貼るのが簡単です。柄のないゴミ箱も一気にイメージチェンジできることでしょう。

リメイクシートの貼り方に注意が必要

リメイクシートをゴミ箱の全面へ貼る際には、気泡ができないように注意してください。貼る場所にあわせてリメイクシートをカットしておき、中心から外にかけて貼っていくのがポイントです。急いで貼ろうとすると気泡が入ってしまいがちなので、ゆっくりと落ち着いておこなわないといけません。貼り終わってからも当て布などをして、外側へ空気を逃すように接着させていきます。

失敗してもあまり気にしないようにする

丁寧にリメイクシートをゴミ箱へ貼っても、気泡ができてしまったりズレたりしてしまうことがあります。ですが多少の失敗なら気にすることはありません。ゴミ箱はじっくりとながめるものではないため、細かい部分に気づくことはほぼないでしょう。リビングなど、そのゴミ箱を設置した場所の雰囲気にあっていれば大丈夫です。

リビングなどインテリアの雰囲気を統一できる

キッチン、リビング、寝室など、各お部屋に貼ったリメイクシートと同じ柄をゴミ箱にも貼れば、インテリアの雰囲気を統一できます。壁面などへ貼って余った分を使うと無駄がでません。中途半端に余ったリメイクシートを処分してしまう前に、ゴミ箱アレンジに利用できないか考えてみてください。

リメイクシートはおしゃれな柄がたくさんある

レンガ柄や木板柄など、リメイクシートはおしゃれな柄がたくさんあります。流行りの男前インテリア、ブルックリンスタイル、ナチュラルテイストといったお部屋を簡単に作り出せるアイテムです。このリメイクシートは100均ショップにも100円(2018/4/30時点の価格)で販売されているので、チェックしてみてください。

おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!作り方③ステンシルを使う

ステンシルでゴミ箱をアレンジする

男前インテリアは、太いゴシック体のフォントによる文字が書かれたアイテムが特徴的です。こういった文字や柄を自分でも簡単に書けるグッズとしてステンシルは高い人気があります。このステンシルを使ってゴミ箱にも文字を書けば、それだけで男前なゴミ箱ができあがるのです。

ステンシルのやりすぎに注意が必要

かっこいい文字や柄を簡単に書けるからと、いたるところにステンシルをやりすぎてしまうと、ごちゃごちゃしてしまいます。ゴミ箱に対しても適度な量にとどめておいてください。ステンシルはスプレーを使います。ステッカーやリメイクシートとは違い簡単にやり直したり消したりできないので、先にデザイン案を完成させてから取り掛かりましょう。

ステンシルを使ったアレンジ方法

簡単にいうとステンシルはマスキングする型紙です。この型紙には文字や柄などのすき間があいています。型紙の上からスプレーを吹きかけると、すき間の部分だけが塗装されるという仕組みです。なので塗装の際にはステンシルが動かないようにマスキングテープなどでしっかりと固定させてください。また、ステンシルのスプレー塗装は意外と難しいため、塗料をスポンジにとって塗っていくやり方がおすすめです。

ゴミ箱のアレンジでステンシルに慣れる

初めてステンシルを使うなら、壁面や扉、高価なゴミ箱などはやめておきましょう。失敗する可能性があるためです。まずは100均ショップに100円(2018/4/30時点の価格)で販売されているようなゴミ箱に試すのがよいでしょう。ステンシルをほどこした100均のゴミ箱でも十分におしゃれになります。慣れたら他の場所にもステンシルを試してみてください。

おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!作り方④100均のワイヤーネットを使う

100均のワイヤーネットでゴミ箱を自作する

100均ショップに100円(2018/4/30時点の価格)で販売されているワイヤーネットを使って、おしゃれなゴミ箱を自作できます。ワイヤー状のスタイリッシュなデザインでシンプルなため、キッチン、リビング、寝室と、どのお部屋でも違和感なくマッチしてくれることでしょう。それに軽いから、いつでも使いやすい場所へ移動させることが可能です。

ワイヤーネットを使ったゴミ箱の作り方

ワイヤーネットを4枚と、結束バンドを用意してください。ゴミ箱の底もワイヤーネットにする場合はもう一枚を加えます。ワイヤーネットを立たせ、上から見て四角形を作るように囲ってください。ワイヤーネット同士が接する辺の部分を結束バンドで縛り固定させてます。ワイヤーネットを3枚にして三角形のゴミ箱にするのもおしゃれです。内側にゴミ袋を掛ければ完成します。

ゴミ箱の中身を隠す必要がある

ワイヤーネットは網目状のため、そのままでは中身が丸見えです。当然ながら隠す必要があります。このゴミ箱の中身を隠すには、内側にゴミ袋を掛けるのがベターです。でもそれだとおしゃれではありません。隠すのにおすすめなのが紙袋です。紙袋なら透けずにしっかりと隠す上、おしゃれなデザインのものがたくさんあります。そしてゴミがたまったら、そのまま捨てるだけなので便利です。

おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!作り方⑤100均のすのこを使う

100均のすのこでゴミ箱を自作する

100均ショップに100円(2018/4/30時点の価格)で販売されているすのこは、DIYで人気の材料です。このすのこでもゴミ箱が自作できます。木製のゴミ箱になるので高級感を演出できることでしょう。特にリビングへ置くと、お部屋の雰囲気がさらによくなります。それからワイヤーネットと違ってDIYの自由度が高いことも特徴です。

100均のすのこをそのまま使うゴミ箱の作り方

100均のすのこを使ったゴミ箱の作り方を2パターンご紹介します。まずはすのこをそのまま使う作り方です。基本的にはワイヤーネットと同じように自作できます。すのこ同士を接合させる方法も結束バンドが有効です。ただし、すのこが少しでもグラつかないようにしっかりと固定させるなら、クギを打ち込みましょう。

分解したすのこを使うゴミ箱の作り方

すのこは木の板がすき間を空けて並んでいるものです。このすき間をなくしたいなら、すのこを一旦分解してから組み立て直してゴミ箱にします。分解したすのこは扱いやすい木材となり、そこからゴミ箱を作るわけですから本格的なDIYと呼べるでしょう。木材の表面をサンドペーパーで磨き、好きな色で塗装をほどこしてから組み立てていきます。木材を固定するには木製向けのボンドや接着剤と、クギを使用してください。

すのこのゴミ箱には装飾をほどこす

ワイヤーネットを使ったゴミ箱は材質的に装飾をほどこせません。ですが、すのこで自作したゴミ箱は装飾することも重要な工程の1つです。キッチン、リビング、寝室など、置き場所に最適な装飾を考えてみましょう。塗装だけでもペンキでカラフルにしたり、オイルやワックスで高級感のあるアンティーク調にしたりすることが可能です。そこへステンシルを加えるなどして、オリジナルのデザインに仕上げていきます。

おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!作り方⑥木製ワゴン

木製ワゴンタイプのゴミ箱を自作する

お値段の高そうな木製ワゴンタイプのゴミ箱も、100均アイテムを使い費用をおさえてDIYできます。木製ワゴンタイプのポイントは、中を隠すゴミ箱にできることと収納量が多いこと、それでいて移動ができることです。

インテリアの一部になる木製ワゴンタイプのゴミ箱

広いリビングの場合、小さなゴミ箱は何個も置かないと足りなくてリビングの景観を壊してしまいます。でも大きめの木製ワゴンタイプなら、一台ですむ上にリビングのインテリアになってくれるのです。

木製ワゴンタイプのゴミ箱の作り方

上項で自作した100均すのこのゴミ箱を、簡単に木製ワゴンタイプへと変えられます。その方法は底へキャスターを取り付けるだけです。なおキャスターも100均ショップに100円(2018/4/30時点の価格)で販売されているので、オール100均アイテムでDIYできます。

強度をふまえて隠すタイプのゴミ箱にする

木製ワゴンタイプは移動を想定しているため、ある程度の強度が必要になります。すのこのゴミ箱にキャスターを取り付けて木製ワゴンタイプにする場合は、すのこを解体しすき間を埋めて組み立てたゴミ箱を使うようにしてください。強度が増すことに加えて、ゴミ箱の中身を隠すので扱いやすくなります。

おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!自作アレンジ画像集①マスキングテープ

マスキングテープだけでおしゃれなデザインのゴミ箱になる

マスキングテープの絵柄は洗練されたおしゃれさがあります。このデザインをそのままゴミ箱へ貼れば、簡単におしゃれな姿へと変えられるのです。マスキングテープの絵柄が分かりやすい色合いのゴミ箱を使うのがポイントになります。コラージュ感覚で、複数種類の絵柄を組み合わせるのもおすすめです。

おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!自作アレンジ画像集②リメイクシート

もとの材質が分からないリメイクシートのアレンジ

リメイクシートの柄はリアルなため、ゴミ箱の全面へ貼ればもとの材質が分からなくなります。一見しただけでは本物のレンガや木板に思えることでしょう。

大理石の柄でスペシャル感を演出する

リメイクシートの柄には大理石のデザインもあります。大理石で作られたゴミ箱はまず見られないため、特別感のある空間の演出に最適です。スタイリッシュなテイストのお部屋にもマッチします。

おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!自作アレンジ画像集③ステンシル

ステンシルだけで製品のような完成度になる

ブリキ製の空き缶にステンシルで英字を書けば、それだけで1つの製品のようになります。ブリキ缶とステンシルの相性はよく、男前インテリアに最適です。

塗装とステンシルを組み合わせて味をだす

サビ加工を加えた塗装をほどこし、そこへステンシルで英字を書くと、ヴィンテージ感の味を表現できます。他のインテリアアイテムも同じように加工をして、統一感をだしましょう。

おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!自作アレンジ画像集④ワイヤーネット

シンプルさが活きるワイヤーネットのゴミ箱

無機質なアイテムをそろえてスタイリッシュなお部屋にしたい場合は、ワイヤーネットで自作したゴミ箱がおすすめです。生活感をなくし中身を隠すなら、ビニール袋ではなく紙袋を内側に掛けるとよいでしょう。

おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!自作アレンジ画像集⑤すのこ

すのこのすき間を埋めると木製品のような仕上がりになる

すのこをそのまま使ったゴミ箱では、どうしてもすのこの感じが残ってしまいます。でも一度分解してすき間なく組み立て直すと、完成された木製品のような仕上がりにすることが可能です。それに中身を隠す効果もあります。ワゴンにするなら、キャスターを取り付けてください。

おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!自作アレンジ画像集⑥中身を隠す

中身が完全に見えないよう隠すゴミ箱

ボックス型収納にゴミの入れ口を設置すると、中身を完全に隠すゴミ箱になります。ゴミ箱から一切のごみが見えないので、清潔感のあるお部屋になることでしょう。

おしゃれな手作りゴミ箱をDIY!まとめ

おしゃれな手作りゴミ箱の作り方と、自作アレンジの画像集をご紹介してきました。普段の生活に必要不可欠だけど、リビングなどのインテリアに合いづらいゴミ箱は、DIYよっておしゃれなダストボックスにできます。自分でお部屋の雰囲気にマッチする、使い勝手のよいゴミ箱を手作りしてみましょう。市販のゴミ箱を簡単にアレンジするだけでも印象を変えられます。100均アイテムを活用し、DIYにチャレンジしてみてください。

100均アイテムを使うDIYが気になる方はこちらもチェック!

今回は手作りゴミ箱の作り方について解説しましたが、100均アイテムを使ったインテリアの簡単なDIYが気になるという方は、下記のリンク記事を読んでみてください。

Thumb100均「すのこ」でDIY!初心者でも簡単な棚の作り方&収納アイデア9選! | 暮らし~の[クラシーノ]
すのこ棚の作り方は、DIY初心者でも簡単です。すのこを組み合わせるだけで本棚などの棚を作れま...
Thumb100均の発泡スチロールブロックがアツい!収納や棚が作れる使い方15選! | 暮らし~の[クラシーノ]
棚などが簡単に作れるDIYアイテムとして、人気が高まってきている発泡スチロールブロック。ダイ...
Thumb便利すぎる100均「リメリクシート」で部屋の模様替え!その種類とやり方とは? | 暮らし~の[クラシーノ]
100均リメイクシートを使ってお部屋の模様替えをしませんか?意外に種類が豊富な100均リメイ...
関連するまとめ

おすすめの記事