キャンプツーリングでバイクへの荷物の積載方法!積み方のコツを大公開!

キャンプツーリングでバイクへの荷物の積載方法!積み方のコツを大公開!

バイクツーリングをしながら、キャンプを楽しむライダーも多いことでしょう。その際、バイクに荷物を積載する必要がありますが、積載方法をご存知でしょうか?ツーリングしながら、最適な荷物を積む方法をご紹介しています。ぜひ参考にしてください!

記事の目次

  1. 1.バイクでキャンプツーリングができる!
  2. 2.バイクに荷物を積載する方法があるの?
  3. 3.バイクにキャンプの荷物を積載する方法①
  4. 4.バイクにキャンプの荷物を積載する方法②
  5. 5.バイクにキャンプの荷物を積載する方法③
  6. 6.バイクに積載した荷物のくくり方①
  7. 7.バイクに積載した荷物のくくり方②
  8. 8.バイクに積載した荷物のくくり方③
  9. 9.バイクのキャンプツーリングに必要な荷物①
  10. 10.バイクのキャンプツーリングに必要な荷物②
  11. 11.バイクのキャンプツーリングに必要な荷物③
  12. 12.バイクツーリングで楽しいキャンプをしよう!

バイクでキャンプツーリングができる!

車でキャンプを楽しむこともできますが、バイクが好きな方であればツーリングしながらキャンプすることも有意義な時間を過ごすことができます。ツーリングのみでもバイクを堪能できますが、休日を使って数泊しながら各地へキャンプへ出かけることも至福のひと時を味わえます。今回ご紹介する内容はバイクに特化したキャンプの荷物の積載方法です。ぜひ、ご覧になって参考にしてください。

バイクで行うキャンプツーリングの魅力

バイクでツーリングをしながら行うキャンプはとても爽快感があります。車でのキャンプにはない魅力的なことがたくさん詰まっているので、1人で行っても楽しむことができますし、複数名で盛り上がったキャンプを満喫することも面白いことです。道中は風の臭いを感じながら走り、キャンプ場では火をおこしたり、魚釣りをしたり、名所を見たり、日頃体験できない素敵なことがたくさん詰まっているところに魅力があります。

サイドバックで荷物の積載量を増やす

バイクで行うキャンプですと、荷物の量が重要なポイントです。積み方によっては積載量が少なくなってしまい、キャンプ場で不満を感じてしまうこともあります。一般的なバイクは荷物入れがないため、どうしても積載できる荷物に限界があります。数泊するバイクツーリングでは、多くの荷物を積載して行くことがさらにキャンプを楽しめるポイントです。

バイクに荷物を積載する方法があるの?

キャンプではなくツーリンのみの荷物であっても、バイクには大きな荷物入れがありませんので、積載できる物は少ないです。そのため、ロープやネットやサイドバックを使って荷物の積載量を増やす方法が基本的なスタイルです。荷物のくくり方によっては、ツーリングのみでも基本的なアイテムのみを積載することもできます。

バイクツーリングはロープがあると便利

バイクの後部座席などに、ロープやネットを使って荷物を積載することが一般的なスタイルです。短距離のツーリングであればカバンを背負ったり、腰に巻いたりできます。ただ長距離となると、やはりバイク自体に荷物入れを付けたり、ロープやネットで車体にくくり付けることで道中のライダーへの負担を軽減することができます。

キャリアがあると便利

バイクにキャリアを付けることで、多量の荷物でも積載することができます。キャリアは荷物を置く土台となりますので、さまざまなアイテムを使って荷物をくくったり、積載することができます。ボルトオンでバイクへ固定しますので、大きな振動があるバイクでも安心して荷物を運ぶことができます。重量がある大きな荷物でも容易に運べる便利な装備ですので、ぜひ付けておくことをおすすめします。

バイクにキャンプの荷物を積載する方法①

まずはじめに、ゴムロープを使った荷物の積載方法をご紹介していきます。100円ショップやバイクショップでも購入できますので、数本あるととても便利で重宝します。強固に締めますので、予備を持っておくことで往復の道中でも安心して大事な荷物を運ぶことができます。

ロープで固定する積み方とくくり方の方法1

キャンプに必要な荷物をバイクへ積載するには、ヘッドライトの上下部に積む方法があります。こちらの場合では、多量の荷物を積載することはできませんが、寝袋やテントを丸めてコンパクトにした荷物をロープでくくることで、かさばる荷物を積載することができます。

ロープで固定する積み方とくくり方の方法2

荷物をロープで固定するくくり方としては、後部座席に荷物をまとめたカバンを置き、全体を固定しながら行うくくり方があります。ヘッドライト上部よりも荷物の積載量が増やせる箇所ですので、バイクツーリングで行くキャンプには最適な積載方法です。

バイクにキャンプの荷物を積載する方法②

次に、サイドバックを使った荷物の積載方法をご紹介していきます。サイドバックはバイクに標準装備していませんが、あるとないとでは大きな違いがあります。革製、綿製、合皮製など多くの素材がありますので、バイクに合ったデザインを選ぶ楽しみもあります。

サイドバックを荷物入れとして使う方法1

バイクにサイドバックを付けてキャンプツーリングへ行くことは、荷物をコンパクトに積載するコツです。おおむね後輪の両脇へ大きなサイドバックを取り付けることが多いです。車種によって適切な形のサイドバックがありますので、それぞれ荷物入れとして取り付けておきましょう。これにより、かさばる荷物や小さな荷物でも簡単に積載することができます。

サイドバックを荷物入れとして使う方法2

サイドバックは、「重さがある物」を入れるための荷物入れとして使用することがよいです。バイクにロープでくくり付ける荷物は風や振動で緩んしまったり、場合によっては落としてしまうこともあります。そのため、あまりにも重量がある荷物を積載する場合、サイドバックを有効な荷物入れとして積載して荷物を運ぶことがおすすめです。

バイクにキャンプの荷物を積載する方法③

ネットを使ってバイクに積んだ荷物を固定することもできます。先にご紹介した方法と合わせて行うことも可能です。ネットの場合は、荷物全体を覆ってバイクに積載することができます。強固に留められる積み方のため、振動や風などによって落下してしまうことがありません。

荷物をネットで固定する積み方のコツ1

バイクに積載する荷物をネットを使って積む場合には、荷物を小さな箱に入れることがおすすめです。柔らかい素材のカバンですと振動で緩んできますので、プラスチックケースなどに荷物を入れて、それをネットでくるんでバイクに積みましょう。これにより硬めにくくりつけることができますので、走行中の振動で緩んでしまうことがありません。

荷物をネットで固定する積み方のコツ2

ガソリンタンクへ積載する積み方があります。タンクバックという専用のバックを付けて、さらにその上に多少の荷物を積むことができますので、この場合にはすべて覆えるサイズのネットを使って荷物を積載することができます。この積載方法であれば、多量の荷物でも運ぶことができますので、キャンプ場でも満喫できるアイテムをたくさん運べます。

バイクに積載した荷物のくくり方①

バイクに荷物を積載するには、ロープやネットを使うことがメインとなります。これらを合わせて使うことで、より荷物を強固に積載できます。積載量が多い場合でも、こうした使い方をすることで、より多くのアイテムを運ぶことができます。まずは、ロープで荷物をしっかりとくくり、その上からネットですべてをを覆うようにまとめるやり方が安心できる方法です。

荷物を固定するくくり方のコツ

キャンプツーリング時には、なるべく荷物が柔らかくならないようにすることも大切です。荷物が柔らかいと、走行中の振動により、中のものがずれてきてしまい、最悪では荷物が落ちてしまうことがあります。ですので、大きめのカバンを積載する場合は、真ん中に柔らかいものを入れ、外側に硬めのものを入れるようにしましょう。

バイクに積載した荷物のくくり方②

バイクにはシートレールが装備できますので、シート周辺に金属製のバーをボルトオン装備しておきましょう。これにより、ロープやネットのフックをしっかりと留めることができます。高速道路での大きな振動の中でも大切な荷物が強力に固定できますので、装備していないバイクにはぜひ付けておくこともバイクツーリングでのキャンプのコツです。

荷物を固定するくくり方のコツ

バイクの車種によっては、シーシーバーというアメリカンスタイルに使うリアフェンダーに留める鉄製のバーがあります。こちらは長い荷物をくくりつけたり、引っかけることもできます。そのため、キャンプツーリングには重宝する装備となります。たとえば、大きめのテントをくくり付けることも可能ですので、数人で泊まれるテントでも運ぶことができます。

バイクに積載した荷物のくくり方③

フロントフェンダーの上に少し荷物をくくり付けることができます。フォロントフォークを軸としてロープで固定しましょう。あまり重たい荷物やかさばる荷物は避けた方がよいですが、負担とならないサイズであれば積載可能です。2本のフォロントフォークにゴムロープを使って巻き付けますので、振動や風による落下もありません。

荷物を固定するくくり方のコツ

積む荷物自体にDリングなどがあることで、より強固にバイクへ荷物を積載することができます。もしくは、ロープを通すことができる仕様のカバンを使うことで、大きな振動の中でも落ちてしまうことがありません。積載量が多く、よりたくさんの荷物をキャンプ場へ持って行きたい場合には、そういったカバンを準備しておきましょう。

バイクのキャンプツーリングに必要な荷物①

バイクでツーリングキャンプをする場合、重要な荷物はテントと寝袋です。これがあれば最低限のキャンプは可能です。積載量を極力少なくして出かけたい場合や短期間でのキャンプであれば、この2点のみでも可能です。食料や着替えを現地で調達することもできますので、身軽な積載量でキャンプツーリングしたい方はシンプルな荷物でも構いません。

バイクのキャンプツーリングに必要な荷物②

一般的なバイクでのキャンプツーリングでの荷物としては、テントと寝袋以外にもランタンや調理セット、着替えなどが主な荷物です。積載量としては、バイクですのでこの程度でもかなりスペースをとります。消耗品は現地調達するなどして、なるべく積載量を抑えるのがバイクで行うツーリングキャンプと言えますが、自前でいろいろなものを持って行くことも楽しみ方の1つです。

バイクのキャンプツーリングに必要な荷物③

先の述べた内容以外にも、薪、食材や釣り竿などの遊び道具、枕、毛布などもキャンプには欠かせません。これらを持って行く場合は、かなり荷物がかさ張りますので、今回ご紹介してきた荷物のくくり方でしっかりと積載する必要があります。これだけの荷物を持って行くことで、キャンプ場で不便を感じることはありませんので、存分にキャンプを満喫できます。

バイクツーリングで楽しいキャンプをしよう!

今回は、バイクツーリングで行うキャンプと荷物に関する内容をご紹介しました。車とはまったく違う景色と香りを感じながらの道中は格別な楽しみとなります。車で行くキャンプのような快適さは少ないですが、その反面で自然を肌で感じられるキャンプと言えます。これから暖かくなりますので、ぜひ最高の思い出を作りに走りに出かけましょう。

バイクツーリングが気になる方はこちらもチェック!

バイクでの楽しみ方は他にもたくさんあります。以下のリンクよりぜひご覧ください!

最新「カフェレーサースタイル」のカスタム方法&参考バイク6選をご紹介!のイメージ
最新「カフェレーサースタイル」のカスタム方法&参考バイク6選をご紹介!
バイクのカスタムスタイルはたくさんありますが、その中でもカフェレーサーというスタイルがあり、カスタムする方法がありますので、今回ご紹介していきます。ぜひかっこいいカフェレーサーカスタムをして、ツーリングへ出掛けてみませんか?
最新!大型バイクの人気ランキング10選!人気車種や売れ筋モデルから厳選紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
最新!大型バイクの人気ランキング10選!人気車種や売れ筋モデルから厳選紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
排気量が大きな大型バイクは憧れでもあります。これから大型バイクを購入する人にとっては高額な買い物となりますが、今回はおすすめの大型バイクの人気ランキング10選をご紹介しています。人気のモデルや売れ筋モデルなど多数ありますので、ぜひ参考にしてみてください!
栃木県で人気なキャンプ場おすすめランキング13!充実施設で楽しめる! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
栃木県で人気なキャンプ場おすすめランキング13!充実施設で楽しめる! | 暮らし~の[クラシーノ]
栃木県には温泉や川遊び、釣りなども楽しめる施設の充実したキャンプ場が続々登場しています。今回は栃木県のおすすめのキャンプ場をランキング形式でご紹介します。人気の場所から穴場まで13か所のおすすめキャンプ場がランキングされます。どうぞご覧ください。
Hobby Life
ライター

Hobby Life

アウトドア・ファッション・美容、DIYに関する内容をはじめ、車・バイク・自転車などの車両に関する内容もマルチに執筆いたします。「さまざまな面白さ」をご紹介できればと思いますので、よろしくお願いいたします。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking