検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

壁インテリア写真集20選!飾り方や飾るものまでおしゃれな壁の飾り方をご紹介!

壁をおしゃれなインテリアで飾った部屋はとても素敵ですよね。壁の飾り方は様々あり、真似をしてみようと思っても中々上手くいかなかった経験がある方も多いのではないでしょうか。今回はそんな壁のおしゃれなインテリア写真を20個紹介し、飾り方のコツなどもまとめます!
更新: 2021年2月18日
T・S

壁におしゃれなインテリアを!

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%83%A2%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E5%A3%81-%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%83%A2%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88-2926956/

おしゃれな部屋作りに欠かせないのが壁面の装飾ですよね。壁面がとってもおしゃれに飾りつけられていると、それだけで部屋の空気感が変わります。壁面をどういう風におしゃれに飾るかはその人のセンスが問われるところ。

中々上手くおしゃれに飾れなかった経験がある人も、今回紹介するアイデア写真とコツを参考におしゃれ壁面作りにチャレンジしてみて下さい。

おしゃれな壁インテリア①アート


アートを飾る

おしゃれな壁インテリアの代表が、アートな飾りです。アートな飾りを上手に飾ることで、壁面がとても素敵になりますよね。画像のような少し無機質なアートを壁に飾るのがおすすめです。あまり難しいアートだと飾り方がわからなくて困ってしまう可能性がありますので、アートを壁に飾るのであればシンプルなものから始めてみましょう。

色々なジャンルのアート


アートな絵を飾るのも壁面インテリアの大定番ですよね。部屋はもちろん、リビングでも大活躍してくれます。飾り方はシンプルに飾るのが定番なのですが、画像のように、ランダムに並べることでセンスのある壁面インテリアの雰囲気が出ます。

ただし、やりすぎると壁から圧迫感が出てしまいますので、もしこれだけ壁に飾るのであれば部屋の物を少なくしてバランスをとるのがおすすめです。

おしゃれな飾り方

こちらはアートをシンプルにセンスよく壁に配置した好例です。飾るものにこだわれば、ほんの少し壁面に飾るだけで雰囲気が出ますよね。写真のようなものであれば、部屋でもリビングにでも使えます。

多くの方は写真のようなインテリアを手にするとあまり空間を作らずに配置してしまうのですが、十分ゆとりを持って配置することで素敵な壁面になります。

おしゃれな壁インテリア②写真

壁面に無機質な写真


アートと同じく定番なのが、壁面に写真を飾るやり方です。写真自体が素敵な装飾ですので、間違わなければ簡単におしゃれになるのでおすすめ。ただし、好きな写真が沢山あるからといって沢山飾るのは危険。

まだ少し飾る余裕がある程度の量に抑えると空間が生きてきます。また、カラフルな写真ももちろん良いのですが、画像のようなモノクロっぽい写真の方が使いやすく、部屋の雰囲気をうるさくしません。

配置バランスを考えた飾り方

こちらは適度にスペースを開けながらランダムに写真を並べた壁面インテリアの好例です。壁面を覆いつくすように写真を並べながらも、圧迫感を感じさせません。

全く同じサイズの額縁であれば一直線に並べるのもアリなのですが、サイズの違う写真を並べる場合は逆にランダムにしてしまった方が上手く飾れる場合が多いです。特にポップなものであれば、バラバラにした方が可愛くなりやすいですね。

おしゃれな壁インテリア③植物

飾るものに迷ったら植物

壁に飾るものに困ったら植物がおすすめです。壁に飾るものの中で最もセンスを問わないのが植物で、部屋のどこに置いても空気感を良くしてくれます。

画像のようなポットの植物はおしゃれな雑貨屋さんに行くと販売していることが多いので、是非見に行ってみましょう。上手く壁に吊るすことが出来れば、たちまちおしゃれな壁面になります。ドライフラワー類もよく使われるおしゃれインテリアですね。

ちょっとした植物が素敵な装飾になる

植物といっても緑だけではなく、壁に飾るなら画像のようなものもおすすめです。ただし、下手をするとゴミが壁に飾られているように見える場合もあります。適切なバランス、適度な手作り感の演出が必要ですので中級者向けかもしれません。

何度も飾り直して、良いバランスを探しましょう。こうしたインテリアは部屋がスッキリしていることもおしゃれに見える前提条件ですので、お部屋全体の物量も同時に考えましょう。

おしゃれな壁インテリア④時計

強烈な時計がアクセントに

強烈なインパクトを壁に与えたいなら、時計をリビングのメインにしてしまうのもおすすめです。画像のようにインパクト大の時計を壁に飾れば、途端にハイセンスな部屋になります。

ただし、大きいものを飾るのであれば、その分、部屋のものの量を調節したりなどしてバランスをとる必要があります。画像の時計は部屋の色味とも合っていて、大きいのにしっくりと収まっていますね。

壁面で時計を作る

時計を壁に飾るものとして選ぶ際に、画像のような壁を使った時計も選択肢に入れましょう。最近はこういった壁につける時計が多く販売されていますのでおすすめ。特に何もしなくても壁面をおしゃれに見せてくれますので、初心者でも簡単に出来ます。

装飾をつけすぎず、壁にシンプルに配置するのが定番ですね。真ん中の針と機械部分だけ販売されていることも多いですので、周りの数字部分は手作りしてナチュラルインテリアにすることも出来ます。

おしゃれな壁インテリア⑤趣味

趣味をバランスよく飾りに

おしゃれに壁を装飾するための飾るものとしておすすめしたい物の一つが、「自分の趣味のもの」です。自分の趣味のものは愛着がありますので、飾るとなるととてもワクワクしますよね。

ただし、愛着がありすぎて沢山飾りたくなる可能性もあります。あまりにゴチャゴチャさせると壁がうるさくなってしまいますので、適度なバランスを保ちましょう。

お皿を飾るアイデア

壁に飾るものは実は沢山あり、画像のようなお皿も良いアイデアの一つです。お皿だけじゃなく、アイデア次第では壁に何でも飾れますので、自分の大好きなものがある場合は一度飾れないか考えてみるのもいいですね。

おしゃれに中々見えないものも工夫次第で素敵なインテリアになることがありますので、試行錯誤してみましょう。自分の趣味がインテリアになるのはとてもウキウキしますよ。

おしゃれな壁インテリア⑥ウォールデコレーション

壁面に飾りを

壁面インテリアとして簡単に行えるのが、画像のようなデコレーションです。画像のようなものであれば壁面にシールを貼るだけですのでとても簡単。ただし壁面にシールを貼る場合は、下手をすると子供っぽくなる可能性があります。ここはセンスが問われるところですので、壁面に貼った時にどうなるかをよくイメージしながら作業しましょう。

ナチュラルにしたいなら木材

壁面インテリアで人気なのが、画像のように木材を使ったナチュラルインテリアです。木材を壁のインテリアに使うと優しい雰囲気になりますので、あたたかい部屋を作りたい方におすすめ。

また、木材は装飾としての機能もありますが、釘などを売って色々とぶら下げることも出来ますのでとても便利です。木材は増やしてもうるさくなりにくいですので、多少多めに設置してもいいかもしれません。

おしゃれな壁インテリア⑦照明

照明で壁面に視線を集める

壁面インテリアのおしゃれ感を更に上げるアイテムとしておすすめなのが照明です。画像のようにインテリアにライトをあてることで、壁面に視線が集中します。こんなおしゃれなリビングなら、誰もが訪れたくなりますね。

照明も色々なデザインのものがありますので、部屋と壁の雰囲気に合うものを選びましょう。おすすめはちょっとアンティーク感のあるもの。おしゃれ感が出やすいですので、雑貨屋さんで探してみて下さい。

部屋のアクセントを作る

こちらも壁面に照明をあてて視線を集中させています。照明をあてた箇所が部屋の中で一番目立つ場所になりますので、壁には部屋の主役になるおしゃれなインテリアをかけて、そこにライトをあてるのがおすすめです。

この場合も装飾はあまり多すぎない方が上手くいく場合が多いので、ある程度シンプルさを感じられるように作ってみて下さい。テーマがバラバラになると、その部屋が主張しているものが分かりにくくなってしまいます。

おしゃれな壁インテリア⑧飾り棚

飾り棚で簡単おしゃれ壁面

飾り棚を作ることで壁面をおしゃれにするやり方も定番ですよね。画像のように、壁の飾り棚にちょこっとインテリアを乗せるだけで、とても映えて見えます。

飾るものは結構何でも合うのですが、乗せられるからといって沢山乗せると圧迫感が出てNG。手作りのものなんかも飾り棚に合います。飾り棚は無印良品のものを愛用する方が多いので、近所に無印良品があれば是非チェックしてみましょう。

手作り感がおしゃれを生む

こちらの画像のような、手作り感溢れるものも壁面の飾り棚には有効。手作りはアイデア勝負なところもあり、家庭にあるものをDIYするのも楽しいですよね。是非アイデアを膨らませて、手作りインテリアを飾り棚に飾ってみましょう。手作りなら世界で一つですので、誰とも被らない壁面おしゃれインテリアになりますよ。

おしゃれな壁インテリア⑨布

マルチカバーで簡単にボタニカル

壁面をおしゃれに飾るものとして最後に挙げたいのが、布類です。画像のような大きなマルチカバーを壁にかけるだけで雰囲気が出ます。飾るものの柄はその部屋に合わせる必要がありますので、そこはセンスが問われますね。統一感を大切に、飾るもの選びを楽しみましょう。

カーテンをおしゃれ飾りに

カーテンも壁面を飾る布の一部。ですので、まずはカーテンをおしゃれに変えるのもアリです。画像は寝室のカーテンですが、リビングのカーテンを変えるのも良いですよね。リビングのカーテンはシンプルなものを使う方が多いので、おしゃれカーテンを使用して差をつけてみてはいかがでしょうか。

センスが求められる物もバランス次第

壁面を布でおしゃれに飾った好例の画像です。手作り感を感じさせる雰囲気がありますね。ただ、かなり計算されているような、センスを感じる壁面飾りです。おしゃれな壁面に共通しているのが、統一感(テーマ)を感じさせることと、飾りすぎないこと。壁面のおしゃれは適度な余白が大切です。

おしゃれな壁インテリアのコツ①色を変える

壁面の色から考えてみる

壁面をおしゃれに飾るインテリアについてが今回のテーマではありますが、そもそもの壁面の色も大切なポイント。画像のように個性のある壁紙であれば、少しアレンジするだけでとてもおしゃれな壁になります。元々の壁がおしゃれに見えれば後は簡単ですので、壁紙の変更も選択肢に入れましょう。

一部だけアクセントとなる色を入れる

壁紙を変えるとなると、部屋やリビングの壁紙を全て変えようとする方も多いようです。しかし、そうなるとお金もかかりますし、なにより部屋の雰囲気がうるさくなることがあります。ですので、画像のように壁の一部だけをまず変えてみてはいかがでしょうか。部屋やリビングの良いアクセントになります。

おしゃれな壁インテリアのコツ②統一感を出す

統一感がおしゃれ壁面の鍵

壁面のインテリアを考える際に絶対に大切にしなければならないのが「統一感」です。部屋やリビングのテーマに沿ったインテリアを飾らないと、せっかくのインテリアも台無しになってしまいます。

お店で素敵なインテリアを見つけるとついつい欲しくなるかもしれませんが、部屋やリビングの壁・雰囲気に合わなければ本末転倒ですので、合うかどうかを考えてみましょう。

テーマに合った飾り方をする

画像のように、ナチュラルで海を感じさせるような部屋・リビングであれば、多少ゴチャゴチャっとした方がおしゃれに見えたりします。これもテーマに沿って統一感を出した飾り方ですよね。壁面インテリアは単にシンプルにすれば良いという訳ではなく、テーマに沿ってインテリアを飾ることでおしゃれに見えます。

おしゃれな壁インテリアのコツ③空間を活かす

空白がおしゃれを作る

先述しましたが、壁面インテリアを設置する際は余白を大切にしましょう。壁面に適度に余白が無いと、息のつまる空間になってしまい、落ち着かない部屋やリビングになってしまいます。インテリアにも様々あり、主張の強いものや思い入れのある手作り品などがありますが、それらの個性を生かす為にも、置くインテリアは厳選しましょう。

詰め込みすぎずに余白を作る

画像は壁面インテリアではなくおしゃれな棚のインテリアですが、とてもおしゃれですよね。この棚がおしゃれに感じるのは、統一感・テーマに沿ってインテリアを設置しており、余白がしっかりと作られているから。

おしゃれなインテリアをただ沢山置くのではなく、むしろ厳選してインテリアを置いた方がおしゃれに見えやすいのでやってみましょう。

おしゃれな壁インテリアに関してのTwitter

ちょっとした物をインテリアにするアイデア

こちらのツイートはデッドスペースに関してのものですが、途中にある「壁収納でインテリアのように」に注目です。

壁面に飾り棚をつけるインテリアアイデアも紹介させて頂きましたが、飾り棚に置くものはインテリアではなくても、例えば収納場所に困っていた靴などっでも良いんです。インテリアじゃないのにおしゃれに見えるように飾れれば、収納兼インテリアになるので一石二鳥ですね。

男性らしい壁面は自転車で

おしゃれな壁面インテリアの定番の一つが、自転車を壁にかけるアイデアです。自転車を壁にかけると、男性の遊び心を感じられて、ウキウキするような部屋になります。自転車は子供心を感じさせるものですので、他に色々と装飾をしても上手く合うケースが多いので、おしゃれな自転車を持っている方は壁に飾ってみてはいかがでしょうか。

優しい壁色で落ち着く部屋に

壁面インテリアを考える際に検討したいのが壁色。こちらのお部屋は優しい色の壁紙を使用しており、とても安らぐ雰囲気になっていますよね。元々の色が素敵だと、壁面インテリアは本当に少しだけでも良かったりします。こういった優しい色の部屋は手作りインテリアも合いますね。

手作りスワッグで壁面インテリア

こちらのツイートでは、壁面インテリアに使えるインテリアアイテム「スワッグ」について紹介しています。スワッグは材料を束ねてつるしているだけなのに、手作り感が溢れ、お部屋の良い装飾になってくれる優れもの。ナチュラルな装飾を壁に施したい方には是非おすすめしたいアイテムです。

ポップな部屋に写真時計

こちらのツイートでは、アイデアが光る壁面時計を紹介しています。時計を装飾にしてしまうことで、一石二鳥ですよね。ただし、写真などは劣化しやすいという面もありますので、定期的に変えてあげる必要があるかもしれません。この画像を参考に、自分だけのオリジナル壁面時計を考えてみてはいかがでしょうか。

ファブリックパネルもおすすめのアイテム

こちらのツイートでは、ファブリックパネルを手作りするレッスンを案内しています。ファブリックパネルでおしゃれ空間を作っている画像は記事前半でも紹介させて頂きましたが、部屋がハイセンスな雰囲気になりますのでとてもおすすめです。こうしたレッスンなどもありますので、是非手作りファブリックパネルにもチャレンジしてみましょう。

壁面時計でおしゃれするなら

壁面の時計でおしゃれをするなら、画像のような大型のものがおすすめです。これくらい大型のものを使うとインパクトはかなり大きくなりますので、バランスをとるために他にはあまり飾らない方が良いですね。

時計が部屋の主役になる場合は、その時計に合わせて考える必要があります。壁面時計も簡単におしゃれに見せられるインテリアですので、是非チャレンジしてみて下さい。

まとめ~壁インテリアでおしゃれ~

今回の「壁インテリア写真集20選!飾り方や飾るものまでおしゃれな壁の飾り方をご紹介!」はいかがでしたでしょうか? 壁面インテリア20選ということで、様々な飾り方をまんべんなく紹介させて頂きましたが、使ってみたいアイデアはあったでしょうか。

装飾品は置きすぎると壁をうるさくしてしまいますので、本当に大好きなものに厳選するのがおすすめです。また、壁面インテリアはお部屋の雰囲気やテーマに沿わないと台無しになりますので、テーマを大切に、アイデアを出しましょう!

部屋作りが気になる方はこちらもチェック!

今回は壁面のインテリアについてまとめさせて頂きましたが、当サイト「暮らし~の」では他にも部屋作りに関してアイデアが湧く記事が沢山あります。下記に部屋作りに関する記事を一部用意しましたので、気になる方は是非見てみて下さい。