マウンテンバイク初心者におすすめな人気エントリーモデルランキング12!【コスパ重視】のイメージ

マウンテンバイク初心者におすすめな人気エントリーモデルランキング12!【コスパ重視】

最近またマウンテンバイクが人気なのをご存知ですか?初心者向けおすすめモデルが、ルック車やエントリーモデルが色々な場所で見かけます。ネットの販売ランキングでもマウンテンバイクが人気です。そんなマウンテンバイクの初心者おすすめモデルを、ランキングで紹介します!

2020年06月07日更新

adanokinawa83
adanokinawa83
よろしくお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. マウンテンバイクとは
  2. 初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング12位
  3. 初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング11位
  4. 初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング10位
  5. 初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング9位
  6. 初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング8位
  7. 初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング7位
  8. 初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング6位
  9. 初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング5位
  10. 初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング4位
  11. 初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング3位
  12. 初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング2位
  13. 初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング1位
  14. マウンテンバイク選びの関連情報
  15. まとめ

マウンテンバイクとは

マウンテンバイクの概要

太くてごついタイヤに、頑丈な大口径や角ばったフレームにモトクロスバイクの様なサスペンションを備えた物が、一般的なマウンテンバイクの構成です。マウンテンバイクは悪路のダートコースを早く走り抜ける用途で作られた自転車で、太目のグリップタイヤと上述の装備を搭載し製造されています。悪路や未舗装道、果ては階段でも走れる様な本格的な悪路用の物もあり、ダートコースでは最強の走破性能の魅力を誇る、かっこいい自転車!それがマウンテンバイクです。

マウンテンバイクの種類

マウンテンバイクには、いくつかの種類のモデルがあります。見た目がかっこいい「マウンテンバイクルック車」は見た目はマウンテンバイクですが、実際にフレームやサスペンションの強度が弱く、少々の悪路が走れる見た目重視の物です。「ハードテール車」はフロントのみにサスを備えた種類のもので、入門モデルの定番です。林道を長距離走ったり、歩くのも困難なガレ場を走破する「フルサスペンション車」は上級者モデルで、フロント、リアにサスを装備する種類のモデルで、この中でもダウンヒル用とオールマウンテンと種類が分かれます。この様に種類が豊富ですが、エントリーモデルでは「ハードテール車」が多く選ばれますが、いずれも魅力にあふれたおすすめな物が多いです。

マウンテンバイクのエントリーモデル

エントリーモデルとは入門者向けのモデルですが、マウンテンバイクに限らず、スポーツ性の高い自転車には入門用のエントリーモデルから、レースで使うプロ仕様のモデルがあります。入門モデルは安い価格帯のコスパに優れた物が多く、多くのメーカーが取り扱う人気の高いカテゴリーで、フロントにサスペンションが付いた物に変速機を備えたモデルが、10万円以下の価格で主流です。ルック車では持ち運びに便利な折り畳み型の物も多く、人気モデルとして、こちらも10万円以下の価格で販売されています。

マウンテンバイクのメーカー

マウンテンバイクの本場はアメリカ、カナダの北米といわれ本場に相応しく、数多くのメーカーが豊富な種類を販売しています。また、自転車レースの本場のヨーロッパも、負けずと質の高いハイエンドモデルからエントリーモデルを販売し、国内ではエントリーモデルの人気メーカーの物が見られます。アジアでは圧倒的に台湾の自転車メーカーの物が多く、レースなどでも勝利を狙う本格的な物からエントリーモデルまで、様々な種類を網羅しています。日本ではハイエンドモデルの物が、日本最大の自転車メーカーのブリヂストンから販売され、その他では世界的には無名のメーカーから、国内オンリーのモデルの、様々な種類のコスパモデルが販売されています。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング12位

ビッグバイク29er

メーカー:キャプテンスタッグ

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

製品規格

「重量:14.6kg」「タイヤ:29インチ1.95」「フレーム:アルミニウム製」「変速機:SIMANO TOURNEY」「MTBの種類:ハードテール」「カラー:ダークレッド、ダークブラック、ブラック 3色」

製品の評価・おすすめポイント

アウトドアギアの有名メーカーのキャプテンスタッグのマウンテンバイクです。フロントにサスペンションを搭載したハードテール型で、大きな特徴は29インチの大口径のタイヤの装着と、ビックサイズの割に軽量で、走行安定性と高速走行に長けるモデルです。普段使いで街中をクロスバイクの様に走る事も得意で、ちょっとした段差はフロントサスペンションが吸収します。スピードを求めた選び方に最適な、コスパに優れた10万円以下のおすすめモデルです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング11位

出典: https://www.amazon.co.jp

TRINX-M136

「メーカー:TRINX(トリンクス)」「価格:31,263円」※価格は平成30年3月17日現在、画像URLのHPの記載価格です。

製品規格

「重量:14.8g」「タイヤ:26インチ1.95」「フレーム:アルミニウム製」「変速機:SIMANO TOURNEY」「MTBの種類:ハードテール」「カラー:ブラック/グリーン、ブラック/ブルー、2色」

製品の評価、おすすめポイント

トリンクスは日本国内では無名に近いブランドですが、中国のメーカーで中国では有名なブランドです。低価格で品質が良いとの評価で、徐々にブランドが浸透している最中で、本種はバーエンドバーが装備されかっこいいモデルです。ディスクブレーキが付いて3万円台前半で購入出来るコスパの良さと、必要充分な走行性能を備え、10万円以下の価格でアフターパーツなど全て揃うおすすめのモデルです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング10位

Raychell (レイチェル) MTB-2618RR

メーカー:OTOMO自転車

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

製品規格

「重量:18.5kg」「タイヤ:26インチ1.95」「フレーム:ハイテンスチール製」「変速機:SIMANO 18段」「MTBの種類:フルサスペンション」「カラー:イエロー、ブラック、ホワイト、レッド/ブラック、4色」

製品の評価、おすすめポイント

安い価格帯のスポーツバイクのルック車などを多く取扱う、ネット販売などでは非常に人気が高く評判の良い「OTOMO自転車」のMTBルック車です。メーカからもアーバンスタイルと記載があり、本格的なMTBではありませんが、街乗りや砂利道や雪の日の走行では、十分機能を発揮します。MTBの入門と普段使いの目的に相応しく、非常に安い価格設定なので、10万円以下でライトや鍵、その他工具なども全て揃えても、半分以上お釣りが来ます。折りたたみも出来るので、キャンプ場や湖畔やビーチなどでも活躍する、かっこいいデザインのおすすめモデルです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング9位

アグレッサー エキスパート 27.5

メーカー:GT Bicycles

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

製品規格

「重量:14.2kg」「タイヤ:27.5インチ2.1」「フレーム:アルミニウム製」「メインコンポ:SHIMANO Acera」「MTBの種類:ハードテール」「カラー:ネオンイエロー、ブラック、レッド、3色」

製品の評価、おすすめポイント

マウンテンバイクではアメリカを代表する企業の「GT Bicycles」のマウンテンバイクのエントリーモデルです。安い価格で本格的なマウンテンバイクの定番の人気モデルで、入門モデルとして最適です。無駄を省いたスリムなスタイルに、肉厚のファットスリックタイヤが良く似合いかっこいいモデルです。オフロード走行練習と、オンロードの普段使いが交互に出来る、軽量の10万円以下で、コスパに優れたGTのおすすめエントリーモデルです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング8位

MATTS 6.10-MD

メーカー:MERIDA(メリダ)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

製品規格

「重量:13.5kg」「タイヤ:26インチ2.1」「フレーム:アルミニウム製」「メインコンポ:SHIMANO Altus」「MTBの種類:ハードテール」「カラー:ブラック、マットレッド、2色」

製品の評価、おすすめポイント

台湾に2つある世界的メーカーの一つの「メリダ」のハードテイルのエントリーモデルです。26インチで取り回しが良く、かっこいいスタイルで初心者の入門に最適です。街乗りから本格悪路ライディングも両方楽しめる、10万円以下のコスパに優れた、おすすめの人気モデルです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング7位

KONA 2018 LANAI〔18 LANAI〕マウンテンバイク
詳細はこちら

製品規格

「重量:13.5kg」「タイヤ:26インチ2.1・27.5インチ2.5」「フレーム:アルミニウム製」「メインコンポ:SHIMANO Altus」「MTBの種類:ハードテール」「カラー:ブラック 1色」

製品の評価、おすすめ情報

カナダのMTBの大手の人気メーカー「KONA=コナ」のエントリーモデルです。ペダルの踏み出しの軽さとコントロール性に定評があり、コナのハイエンドモデルはレースでの実績充分の実力で、その走行性を継承したかっこいいモデルで、入門者に最適です。サイズも26・27.5インチから選べ、安い価格設定の10万円以下でアフターパーツまで揃う、コスパにも優れたおすすめのモデルです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング6位

TRAIL7(トレイル7)

メーカー:Cannodale(キャノンデール)

詳細はこちら

製品規格

「重量:非公開」「タイヤ:27.5インチ2.25・29インチ2.25」「フレーム:アルミニウム製」「メインコンポ:SHIMANO Altus」「MTBの種類:ハードテール」「カラー:Acid Green w/ Jet Black・Stealth Gray w/ Jet Black and Hazard Orange 2色」

製品の評価、おすすめ情報

アメリカの超実力派スポーツサイクルメーカー「キャノンデール」のマウンテンバイクの、安い価格設定のエントリーモデルです。世界的に有名で熱狂的人気のキャノンデールのアルミフレーム技術を継承し、衝撃吸収性に長けた走行性能は定評があります。普段使いから週末の林道ライドまで幅広くライドが楽しめる、コスパに優れたおすすめのマウンテンバイクです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング5位

KUMA 27.3(クマ27.3)

メーカー:BIANCHI(ビアンキ)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

製品規格

「重量:13.76kg」「タイヤ:27.5インチ2.25」「フレーム:アルミニウム製」「メインコンポ:SHIMANO ACERA」「MTBの種類:ハードテール」「カラー:マットチェレステ、VERMILION、マットネイビー、マットブラック 4色」

製品の評価、おすすめ情報

イタリアの超人気スポーツサイクルメーカーの「ビアンキ」のマウンテンバイクのエントリーモデルです。画像の様に美しいカラーリングの「チェレステ=イタリアの青空」のモデルが人気で、女性には特に人気で似合い、かっこよくも感じます。数々の世界レースを制した走行性は間違いが無く、初心者も安心してトライ出来ます。山遊びから街乗りでも走行性能、デザイン性の高さで満足が行く、10万円以下の非常にコスパに優れた、おすすめのマウンテンバイクです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング4位

TREK Marlin 7(マーリン7)
詳細はこちら

製品規格

「重量:14.29kg」「タイヤ:29インチ2.20 ・27.5インチ×22.0」「フレーム:アルミニウム製」「メインコンポ:SHIMANO ACERA」「MTBの種類:ハードテール」「カラー:Matte Trek Black・Waterloo Blue・Matte Quicksilver・ Roarange 4色」

製品の評価、おすすめ情報

アメリカ最大のスポーツサイクルメーカーの「トレック」のエントリーモデルのマウンテンバイクです。スポーツバイクのカテゴリーにおいて全て先進的で世界を牽引する称賛に値するメーカーで、ハイエンドクラスは驚異の走行性能で有名です。その技術を継承した本モデルは、10万円以下の安い価格設定ながら、トレイルランもこなす実力を秘め、入門から永く楽しめる、コスパに優れたおすすめのファインモデルです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング3位

TITAN MTB 27.5inch(チタンMTB 27.5)

メーカー:SAVANE(サバーン)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

製品規格

「重量:12.6kg」「タイヤ:27.5インチ×2.1」「フレーム:TITAN製」「メインコンポ:SHIMANO DORE」「MTBの種類:ハードテール」「カラー:シルバー 1色」

製品の評価、おすすめ情報

台湾の安い価格帯で、高品質の素材・機器を使った変り種のスポーツバイクをラインナップする新しいメーカー「サバーン」のチタン素材のマウンテンバイクです。軽量で高剛性なチタン合金フレームで、振動吸収性、反発性が抜群の走行性の高いモデルです。コンポは新型のSHIMANO DEOREを採用し、軽量のフレームとの相性も良く、10万円以下ではありませんが、他のメーカーなら倍近い金額の構成で、コスパも抜群なおすすめのマウンテンバイクです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング2位

TALON 2(タロン 2)

メーカー:GIANT(ジャイアント)

詳細はこちら

製品規格

「重量:12.6kg」「タイヤ:27.5インチ×2.25」「フレーム:アルミニウム製」「メインコンポ:SHIMANO DORE」「MTBの種類:ハードテール」「カラー:ブルー/ブラック 1色」

製品の評価、おすすめ情報

自転車界の巨人「GIANT」のマウンテンバイクの最強入門モデルです。かっこいい本格マウンテンバイクのエントリーモデルとして日本ではベストセラーモデルで、人気の秘密は、安い価格帯の街乗りマウンテンバイクとの走行性の差がハッキリ一線を画すところです。台形の重厚かつボリューミーなダウンチューブ、対照的な極細なテーパーラインのトップチューブは「一見の価値」という表現が相応しいほどかっこいい物で、軽量・高剛性を誇り、フロントのエアサスペンションは衝撃吸収性に富み、翻って走行時の推進力を損なわない設定が可能な秀逸な物です。10万円以下の最強の入門マウンテンバイクとして、安い買い物とおすすめ出来るマウンテンバイクです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング1位

TEMPT 3(テンプト 3)

メーカー:GIANT LIV(ジャイアント リブ)「価格:67,000円」※価格は平成30年7月24日現在、画像URLのHPの記載価格です。

詳細はこちら

製品規格

「重量:13.6kg」「タイヤ:27.5インチ×2.2」「フレーム:アルミニウム製」「メインコンポ:SHIMANO ALTUS / ACERA」「MTBの種類:ハードテール」「カラー:ブラック/ブルー、シルバーロゴ 1色」

製品の評価、おすすめ情報

LIVとは世界最大の自転車メーカージャイアントの女性専門のブランドで、現在設計は全て女性で行っている、徹底した女性の為のスポーツサイクルブランドです。テンプト3はオフロードライドの入門に最適な女性モデルで、安い価格設定のコスパモデルですが、街乗りから本格的な悪路コースをライド可能な、高性能なかっこいいモデルです。機能性はルック車などとは比較にならず、走行性能の妨げにならないロックアウト式のフロントサスペンションやSHIMANOのALTUS / ACERAのシフトの滑らかさ、適正さはなどの秀逸な走行性能を、是非乗り比べて体感して戴きたいおすすめマウンテンバイクです。

マウンテンバイク選びの関連情報

エントリーモデルからハイエンドモデルのおすすめも

マウンテンバイクはエントリーモデルからハイエンドモデルまで非常に多くのメーカーとモデルが存在します。今回は「かっこいい」「安い(コスパ)」「入門種」という基準でおすすめモデルをご紹介しましたが、その他の基準や、種類が豊富なため、紹介しきれなかったという所も正直あります。関連情報のリンクを下記にてご紹介しますので、色々なマウンテンバイクのおすすめ情報を更に!という方は下記もご覧ください。

ThumbMTB(マウンテンバイク)メーカーの人気バイク15選!用途別にご紹介 | 暮らし~の[クラシーノ]
街中でも活躍するMTB(マウンテンバイク)。初心者には敷居が高いイメージがありますが、ここで...
Thumbジャイアントの用途別おすすめ20 選!あなたへのおすすめ自転車はこれだ! | 暮らし~の[クラシーノ]
世界最大の自転車メーカーで台湾の一流ブランド「ジャイアント」の自転車をご存じですか?少し前ま...

まとめ

マウンテンバイクの入門(エントリー)モデルを12モデル厳選しご紹介しましたが如何でしたでしょうか?マウンテンバイクの5万円以下の安い価格帯はルック車が多く、本格的なコースでの走行は危険で注意が必要です。ですが、河川敷やキャンプ場の未舗装道路などの走行に適し、ルックスも非常にかっこいい物が多く、街乗りも適するので今回はご紹介しました。1位から9位のモデルは大手サイクルメーカーのエントリーモデルで、郊外のコースや林道を走破出来、これからオフロード走行を始めるのに最適なおすすめなモデルをご紹介しました。スポーツバイクはみな種類が多くそれが楽しい証拠でもあるのですが、購入に戸惑う所でもありますね。最後におすすめするのは、見た目とブランドです。自転車は自分の相棒となる機械ですので、「見た目でどうしても欲しい!」という物をおすすめします。それがメジャーなブランドの物であれば間違いはありません。「毎日で物りたい!部屋に飾っちゃう!」と思えるかっこいい、美しいモデルをお買い求めする事をおすすめします!

あなたへのおすすめ