Twitter
Facebook
LINE

マウンテンバイク初心者におすすめな人気エントリーモデルランキング12!【コスパ重視】

adanokinawa83

マウンテンバイク初心者におすすめな人気エントリーモデルランキング12!【コスパ重視】

adanokinawa83

最近またマウンテンバイクが人気なのをご存知ですか?初心者向けおすすめモデルが、ルック車やエントリーモデルが色々な場所で見かけます。ネットの販売ランキングでもマウンテンバイクが人気です。そんなマウンテンバイクの初心者おすすめモデルを、ランキングで紹介します!



マウンテンバイクとは

マウンテンバイクの概要

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

太くてごついタイヤに、頑丈な大口径や角ばったフレームにモトクロスバイクの様なサスペンションを備えた物が、一般的なマウンテンバイクの構成です。マウンテンバイクは悪路のダートコースを早く走り抜ける用途で作られた自転車で、太目のグリップタイヤと上述の装備を搭載し製造されています。

悪路や未舗装道、果ては階段でも走れる様な本格的な悪路用の物もあり、ダートコースでは最強の走破性能の魅力を誇る、かっこいい自転車!それがマウンテンバイクです。

マウンテンバイクの種類

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

マウンテンバイクには、いくつかの種類のモデルがあります。見た目がかっこいい「マウンテンバイクルック車」は見た目はマウンテンバイクですが、実際にフレームやサスペンションの強度が弱く、少々の悪路が走れる見た目重視の物です。

「ハードテール車」はフロントのみにサスを備えた種類のもので、入門モデルの定番です。林道を長距離走ったり、歩くのも困難なガレ場を走破する「フルサスペンション車」は上級者モデルで、フロント、リアにサスを装備する種類のモデルで、この中でもダウンヒル用とオールマウンテンと種類が分かれます。

この様に種類が豊富ですが、エントリーモデルでは「ハードテール車」が多く選ばれますが、いずれも魅力にあふれたおすすめな物が多いです。

マウンテンバイクのエントリーモデル

クリックすると楽天商品ページへ飛びます


エントリーモデルとは入門者向けのモデルですが、マウンテンバイクに限らず、スポーツ性の高い自転車には入門用のエントリーモデルから、レースで使うプロ仕様のモデルがあります。

入門モデルは安い価格帯のコスパに優れた物が多く、多くのメーカーが取り扱う人気の高いカテゴリーで、フロントにサスペンションが付いた物に変速機を備えたモデルが、10万円以下の価格で主流です。ルック車では持ち運びに便利な折り畳み型の物も多く、人気モデルとして、こちらも10万円以下の価格で販売されています。

マウンテンバイクのメーカー

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

マウンテンバイクの本場はアメリカ、カナダの北米といわれ本場に相応しく、数多くのメーカーが豊富な種類を販売しています。また、自転車レースの本場のヨーロッパも、負けずと質の高いハイエンドモデルからエントリーモデルを販売し、国内ではエントリーモデルの人気メーカーの物が見られます。

アジアでは圧倒的に台湾の自転車メーカーの物が多く、レースなどでも勝利を狙う本格的な物からエントリーモデルまで、様々な種類を網羅しています。

日本ではハイエンドモデルの物が、日本最大の自転車メーカーのブリヂストンから販売され、その他では世界的には無名のメーカーから、国内オンリーのモデルの、様々な種類のコスパモデルが販売されています。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング12位



製品規格

「重量:14.7kg」「タイヤ:700×28c」「カラー:イエロー、ブルー、ブラック 3色」

製品の評価・おすすめポイント

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

アウトドアギアの有名メーカーのキャプテンスタッグのマウンテンバイクです。軽量のため、持ち運びやすいのが特徴的。軽量ではありますが、頑丈さも兼ね備えています。カラーバリエーション種類なので、自身の好きな色を選んでみてください。

ハンドルは軽くV字になっており、フラットバーよりも腕を大きく伸ばす必要がありません。サイズ展開がMとLの2パターンあるため、自分の体の大きさなどに合わせて選ぶことも可能です。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング11位

製品規格

「重量:14.8g」「タイヤ:26インチ1.95」「フレーム:アルミニウム製」「変速機:SIMANO TOURNEY」「MTBの種類:ハードテール」「カラー:ブラック/グリーン、ブラック/ブルー、2色」

製品の評価、おすすめポイント

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

トリンクスは日本国内では無名に近いブランドですが、中国のメーカーで中国では有名なブランドです。低価格で品質が良いとの評価で、徐々にブランドが浸透している最中で、本種はバーエンドバーが装備されかっこいいモデルです。

ディスクブレーキが付いて3万円台前半で購入出来るコスパの良さと、必要充分な走行性能を備え、10万円以下の価格でアフターパーツなど全て揃うおすすめのモデルです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング10位

製品規格

「重量:18.5kg」「タイヤ:26インチ1.95」「フレーム:ハイテンスチール製」「変速機:SIMANO 18段」「MTBの種類:フルサスペンション」「カラー:イエロー、ブラック、ホワイト、レッド/ブラック、4色」

製品の評価、おすすめポイント

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

安い価格帯のスポーツバイクのルック車などを多く取扱う、ネット販売などでは非常に人気が高く評判の良い「OTOMO自転車」のMTBルック車です。メーカからもアーバンスタイルと記載があり、本格的なMTBではありませんが、街乗りや砂利道や雪の日の走行では、十分機能を発揮します。

MTBの入門と普段使いの目的に相応しく、非常に安い価格設定なので、10万円以下でライトや鍵、その他工具なども全て揃えても、半分以上お釣りが来ます。折りたたみも出来るので、キャンプ場や湖畔やビーチなどでも活躍する、かっこいいデザインのおすすめモデルです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング9位

製品規格

「重量:13kg」「タイヤ:27」「カラー:イエロー、レッド」

製品の評価、おすすめポイント

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

マウンテンバイクの中では安価なモデルで、3万円以下で購入できます。ドロップハンドルの差し込み式を採用することで、本格的なサイクリングが楽しめるように。フレームにはアルミを採用しているため、とても軽量です。

また、ギア枚数は21ととても多いので、自分の走りやすいギアを探してみてください。タイヤ部分にはブランドのロゴが刻まれているので、ほかのロードバイクよりも個性を出したいという人におすすめです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング8位

製品規格

「重量:17kg」「タイヤ:26インチ」「フレーム:スチール製」「カラー:イエロー」

製品の評価、おすすめポイント

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ハマーのマウンテンバイクといえば、鮮やかなイエローカラーが特徴的です。折りたたむことができるタイプなので、車に入れて持ち運ぶこともできます。グリップシフトレバーを採用することで、運転中でもスムーズに変速が可能です。

また、タイヤには泥跳ね防止のパーツがついているので、雨の日などの悪天候でも安心して利用できます。マウンテンバイクの中でも小さめのものとなっているので、女性でも扱いやすいです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング7位

製品規格

「タイヤ:27インチ」「フレーム:アルミニウム製」

製品の評価、おすすめ情報

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

初心者におすすめのこちらのマウンテンバイクは、超軽量のアルミフレームを採用しています。操作しやすいタイヤやハンドルを搭載しており、どのようなシチュエーションでも快適な乗り心地を楽しむことが可能。

また、油圧ディスクブレーキを搭載することで、瞬時にブレーキをかけることができます。長期的に愛用できるマウンテンバイクなので、気になるという方はぜひこの機会に購入してみてください。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング6位

製品規格

「重量:16kg」「タイヤ:26インチ」「フレーム:スチール製」「カラー:ブラック、ホワイト」

製品の評価、おすすめ情報

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらのマウンテンバイクは、3万円以下で買える初心者にもおすすめなモデルです。21段階の変速機能を備えているので、急な坂道でも楽々登ることができます。また、前後にディスクブレーキを採用し、安全性の中に瞬間的な停車を実現。

フロントサスペンションがあり、段差の多い場所でも体へのストレスを軽減します。カラーバリエーションがいくつかあるので、自分好みのモデルを見つけることが可能です。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング5位

製品規格

「タイヤ:26インチ」「フレーム:アルミニウム製」「カラー:全3色」

製品の評価、おすすめ情報

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらのマウンテンバイクのおすすめポイントは、変わった形を採用しているという点です。主張のあるワイルドな太めフレームを採用することにより、ほかの人と違ったマウンテンバイクに乗りたいという方にピッタリ。

それでいて軽量のアルミフレームをしているので、重たすぎるということもありません。また、こちらのマウンテンバイクにはWサスペンションを搭載しており、衝撃をしっかりと吸収します。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング4位

製品規格

「重量:16kg」「タイヤ:26inch x 1.95」「カラー:全3色」

製品の評価、おすすめ情報

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

カラーバリエーション豊富なマウンテンバイクをお探しの方には、こちらのアイテムがおすすめです。レッド、グリーン、ブラックオレンジの3色から選択可能で、いずれもおしゃれなデザインとなっています。

また、こちらのマウンテンバイクにはシマノ製の21段変速を搭載。細かく調節することができるので、シチュエーションに合わせて使用してみてください。さらにツーリングが楽しくなること間違いなしです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング3位

製品規格

「重量:16.2kg」「タイヤ:26インチ」「カラー:ホワイト、カーキ、ブラック、レッド」

製品の評価、おすすめ情報

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

マットカラーが人気のマウンテンバイクです。アルミフレームを採用することで軽量化を図っており、フロントにはリアサスペンションを搭載しています。街中を颯爽と走行するだけでなく、通勤や通学で利用することも可能。

また、価格は3万円以下という低価格で、初めてマウンテンバイクを購入する人にも最適な価格設定となっています。カラーバリエーションがいくつかあるので、好みで選べるのもポイントです。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング2位

製品規格

「タイヤ:26インチ」「カラー:全4色」

製品の評価、おすすめ情報

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらのマウンテンバイクのおすすめポイントは、スポーティーでかっこいいデザインを採用しているという点です。迫力のあるフォルムなので、周りと差をつけたいという方にピッタリ。

また、雨の日でもブレーキ力をしっかりと発揮する前後ディスクブレーキを搭載しているのも特徴です。タイヤ自体が滑りづらくなっているので、通勤や通学にもピッタリ。ぜひこの機会に購入してみてください。

初心者におすすめのマウンテンバイク:ランキング1位

製品規格

「タイヤ:27.5inch×2.1」「フレーム:アルミニウム製」「カラー:全8色」

製品の評価、おすすめ情報

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらのマウンテンバイクのおすすめポイントは、おしゃれなカラーを多数取り揃えているという点です。カラーバリエーションが豊富なので、好みに合わせて色を選びたいという方にピッタリ。

また、こちらのマウンテンバイクはお尻の痛みを軽減してくれるスポーツサドルを採用しています。そのため、長時間のサイクリングを楽しみたいという方にも最適です。ぜひこの機会に購入してみてください。

マウンテンバイク選びの関連情報

エントリーモデルからハイエンドモデルのおすすめも

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

マウンテンバイクはエントリーモデルからハイエンドモデルまで非常に多くのメーカーとモデルが存在します。今回は「かっこいい」「安い(コスパ)」「入門種」という基準でおすすめモデルをご紹介しましたが、その他の基準や、種類が豊富なため、紹介しきれなかったという所も正直あります。

関連情報のリンクを下記にてご紹介しますので、色々なマウンテンバイクのおすすめ情報を更に!という方は下記もご覧ください。

まとめ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

マウンテンバイクの入門(エントリー)モデルを12モデル厳選しご紹介しましたが如何でしたでしょうか?マウンテンバイクの5万円以下の安い価格帯はルック車が多く、本格的なコースでの走行は危険で注意が必要です。

ですが、河川敷やキャンプ場の未舗装道路などの走行に適し、ルックスも非常にかっこいい物が多く、街乗りも適するので今回はご紹介しました。1位から9位のモデルは大手サイクルメーカーのエントリーモデルで、郊外のコースや林道を走破出来、これからオフロード走行を始めるのに最適なおすすめなモデルをご紹介しました。

スポーツバイクはみな種類が多くそれが楽しい証拠でもあるのですが、購入に戸惑う所でもありますね。最後におすすめするのは、見た目とブランドです。自転車は自分の相棒となる機械ですので、「見た目でどうしても欲しい!」という物をおすすめします。

それがメジャーなブランドの物であれば間違いはありません。「毎日で物りたい!部屋に飾っちゃう!」と思えるかっこいい、美しいモデルをお買い求めする事をおすすめします!

Movie動画記事

1週間毎日メスティン飯生活をやってみたら飯スキル爆上げした

1週間毎日、キャンプギアの一つであるメスティンを使ってキャンプ飯を作っては食べてみました。メスティンはダイソーでも500円で販売されていますので、興味がある方はぜひ参考に作ってみて下さい!おすすめは豚...

噂のレンズ撥水加工スプレー「レインホッパー」を実証実験したんだけど・・・

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcP...

予算1万円設定でキャンプ道具揃えてキャンプやってみたらヤバかった

キャンプ道具と言えば1つ1万円を超えるものも沢山ありますが、今回はキャンプ道具全部合わせて1万円以内というルールでキャンプしてみました! 結論としては、不可能ではないのですが、やはり不足感はあるといっ...

賃貸・借家でもOKのキャンプギア収納壁を作ってみた

憧れのキャンプギア棚を作るべく、ラブリコとディアウォールで柱を立てて、有孔ボードのギア壁を作りました!水性塗料を塗るところから設置するところまで撮影していますので、参考になれば幸いです! ラブリコの...

新型ジムニーで1週間車中泊生活してみたら想像以上に辛かった…

1日だけなら車中泊は楽勝ですが、もしも7日間連続で車中泊をするとどうなるのか?2ヵ月前に届いた新型ジムニーでやってみました! 結果、超辛かったのでもうやりません…。 【初心者から始める毎日キャンプ生...