ポリッシャーとは?自分でできる上手な車磨きでの使い方と道具選びを解説!のイメージ

ポリッシャーとは?自分でできる上手な車磨きでの使い方と道具選びを解説!

車やバイクの洗車にはどういった用具を使っていますか?磨き方次第では、手作業以上に頑固な汚れも落とせる便利な道具にポリッシャーがあります。ポリッシャーを使った磨き方ですと、しつこい汚れでも簡単に落とせます。愛車のメンテナンスとして重宝する逸品をご紹介します!

2018年10月16日更新

Hobby Life
Hobby Life
「楽しいコトをエンジョイすること」は、人生を豊かにさせる最上のエッセンス!経験してきた、車・バイク・自転車などの車両に関する内容をはじめ、アウトドア関連やウェア類、手軽なDIYに関する内容をマルチに執筆中です。「さまざまな面白さ」をご紹介できればと思いますので、ぜひお楽しみください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 車を磨く時に使う道具
  2. 車磨きに必要な洗剤
  3. 車の上手な磨き方
  4. 車を磨かないとどうなる?
  5. 車を手で磨くと?
  6. 車種によっては磨き方が難しい
  7. ポリッシャーの使い道
  8. ポリッシャーで車を磨ける
  9. ポリッシャーで車を磨くと便利
  10. ポリッシャーで車を磨くと速い
  11. ポリッシャーと手ではどちらが車磨きにいい?
  12. ポリッシャーの選び方
  13. ポリッシャーの相場
  14. ポリッシャーがあったほうが磨きやすい
  15. 綺麗になった車でドライブを満喫しよう!

車を磨く時に使う道具

yasuu9999さんの投稿
28434339 204111800188419 1092484365495042048 n

日頃、愛車を洗車する際にはさまざまな道具を使います。ブラシやスポンジやウエスを使う傾向が多いです。それには、入手しやすくて安価で購入できるという大きなメリットがあります。車には細かいパーツや大きなパーツがありますので、1つだけではなくて複数の道具を使うことがおすすめです。ブラシ1つとっても、大小のサイズを揃えておくことで、とてもスムーズな洗車ができます。

DIYで車磨きができる?

ガソリンスタンドやコイン式の洗車場を使うことも便利なのですが、DIYで行うことも経済的で効果があります。汚れた箇所にコンパウンドを付けて研磨したり、専用の道具でバフがけをすることも有効なDIY洗車です。ホームセンターでも専用の道具を一式揃えることができますので、便利で使いやすそうなものを購入してみましょう。

車磨きに必要な洗剤

shota_brzさんの投稿
29088484 509210709480441 8315252754608029696 n

DIYで愛車を洗う場合、コンパウンドで研磨したりバフがけする前に、付いている汚れを落とすことがとても重要です。それにはカーシャンプーという専用の洗剤を使います。家庭で使っている食器用の洗剤でも洗車することができます。バケツに適量を入れることで泡立ちますので、それをブラシやスポンジに付けて全体を磨いていきましょう。使い方次第では、こういった便利な方法で洗車することができます。

車磨きには防腐剤が大事!

専用の洗剤もあります。カーショップへ行くと、各メーカーから数多くの種類が販売されています。使い方も簡単です。先のように大きなバケツにたっぷりの水を入れて、その中に適量の洗剤を入れて使います。綺麗に洗車をした後、コンパウンドをウエスに付けて研磨することで、見違えるように綺麗になります。最後にカーワックスを使ってコーティングすることで、しばらく汚れが付きにくくなります。

車の上手な磨き方

chikashi.tさんの投稿
28765613 1960053757355530 6679416182484762624 n

車をスムーズに綺麗にしたい場合には。まずはじめにタイヤ周りを綺麗に磨いたり研磨しましょう。タイヤは路面と近い箇所ですので、とくに汚れやすい箇所です。洗剤を使ったり、汚れがひどい場合にはコンパウンドで研磨することがおすすめです。DIYで洗車を行う場合では、まずタイヤから綺麗にすることで、全体の洗車時間が格段に短縮できます。

車の上から磨くといい?

足回りが綺麗になったら、次は車の上部から洗っていきます。以前塗布したコーティング剤を落とすように、しっかりと洗車しましょう。洗車をする前にコンパウンドで研磨したり、バフがけをする方法は意味がありません。そのため、まずは全体をくまなく洗車することに専念します。これにより、改めてコンパウンドの性能を最大限発揮することができたり、バフがけをする労力を軽減することができます。

車を磨かないとどうなる?

_atsuochiさんの投稿
28763286 421466694969289 4468293918160584704 n

愛車をDIYで洗車することが苦手な方も多いことでしょう。ですが、金属の部品を多用している車は、洗車や研磨をしないままでいると、各所に劣化を生じていきます。そのまま放置していると錆てしまって、外観が汚くなってしまいます。また、磨き方が足りない場合でも同じような結果となるケースがあります。

研磨する必要がある

車の各部はコンパウンドなどを使って研磨することができます。DIYで行うこともできますので、誰でも簡単な作業です。全体を磨きながら、各部の消耗品の点検をしたり、電動で動くパーツの劣化を発見することへも繋がります。車は、電気が流れていないとエンジンすらかからないことがあります。ですので、各接点をコンパウンドを使って研磨したり、磨きを入れることはとても重要手入れです。

車を手で磨くと?

fulltone_car_detailingさんの投稿
29087280 194024447994773 5931225659681538048 n

愛車をすべて手で磨くことも可能です。専門的な知識が必要な箇所は内部に収まっていますので、誰でも比較的簡単にDIYで洗車をすることができます。手で磨く場合には、各道具の使い方が重要ですが、先のように上から洗車することを基本として、場合によっては汚れが酷い箇所から手で磨きはじめます。手が荒れてしまう方は、ゴム手袋をはめてから丹念に洗車をしてみましょう。

DIYで研磨できる

経済的な方法は、やはりDIYでの手入れです。製品の選び方と磨き方のコツを把握しておけば、コンパウンドの使い方も難しいことはありません。または、仕上げ前のバフがけも電動の器具を使うことで、とても簡単に短時間で手入れを完了することができます。専門店に依頼すると高額となりますが、DIYで行う研磨はコンパウンドの選び方と研磨の仕方、そして、最後のコーティング剤の選び方と使い方を間違えなければ誰でもできます。

車種によっては磨き方が難しい

milchy3さんの投稿
28764322 148637512626633 5451591199854952448 n

車はモデルによって色が異なります。白と黒では磨き方や各種道具の使い方を変えて行うことが重要です。コンパウンドの使い方によっては、塗装膜をはがしてしまうこともあります。その場合、専門的な技術が必要となってしまいますので、優しく研磨したり磨きをいれる必要があります。こうした事態を避けるためにも、安価なコンパウンドやコーティング剤を使うことはおすすめできません。

DIYで可能な磨き方は?

手で磨きをいれる以外にも便利なDIY方法として、電動の用具を使う方法があります。使い方も簡単で、電源を入れれば誰でも使うことができます。短時間でも格別に綺麗な仕上がりにすることも可能です。研磨に重点をおいて電動工具がありますので、手作業が苦手な方へはとくにおすすめできる逸品です。それでは、順次ご紹介しましょう。

ポリッシャーの使い道

ry00.mさんの投稿
28754288 202118767068392 6152087480930664448 n

電動工具でDIYの手助けとなるのが「ポリッシャー」です。どういった道具かと言えば、研磨機です。車などの塗装面でも綺麗に磨きをいれることができる便利な道具です。ポリッシャーには専用のコンパウンドを使うことで、均一に表面を磨くことができます。電動式のため、力はいりませんので女性やシニアの方でも利便性がある、DIYの必須用具がポリッシャーと言えます。

ポリッシャーを使うと磨き方が違う!

手のみでの磨きでは、コンパウンドの性能を最大限活用できないことも多く、磨き残しがあったり、使い方としては満足感を得ることが難しいです。ですが、ポリッシャーを使うことで、バフがけも短時間で終えることができますし、何よりも仕上がりが均等で綺麗です。ポリッシャーを使用後、最後にコーティング剤を使用する場合でも、その下準備として、活躍してくれるDIYグッズの王道です。

ポリッシャーで車を磨ける

usagirentacarさんの投稿
28433518 2007212409520010 7892935333426233344 n

金属面や塗装面を綺麗に研磨するための道具がポリッシャーです。バフがけを行うことで、表面の汚れを研磨できますので、車の洗車には最適な道具です。ポリッシャーは、電動の力で回転しながらバフがけすることができますので、効率よく均一に表面を磨き上げることが可能です。どんな車種へもポリッシャーを使うことができますので、おすすめの方法です。

ポリッシャーの選び方次第で研磨できる?

ポリッシャーとは1種類のみではありません。ハンディータイプや業務用の大きなサイズのポリッシャーまであります。いずれも電動の器具ですが、選び方として、家庭のDIYで洗車する範囲であればハンディータイプのポリッシャーをおすすめします。使い方も簡単ですので、片手で愛車を磨くことができます。

ポリッシャーで車を磨くと便利

yoshi.funaさんの投稿
28433293 152016502157595 3878808862215634944 n

選び方次第で、ポリッシャーの能力を最大限発揮する磨きができます。電動力での磨きがメインですので、コーティングする前の手入れとして、重要なバフ工程をポリッシャーで実践することができます。大きな面積を手入れすることに向いているので、ポリッシャーは普通車以上の大きな車両でも、問題なく手入れをすることが可能なアイテムです。

ポリッシャーでコーティングできる?

コーティングとは、洗車をした後の仕上げに行う作業です。使い方次第ではポリッシャーを流用することもできますが、基本的にはコンパウンドを使ってバフがけすることがメインの機材です。ポリッシャーを使わずに丁寧な仕上げをする場合、手で専用のコーティング剤を使って作業を行うことが愛車にベストな方法です。

ポリッシャーで車を磨くと速い

yusukekogoさんの投稿
28754584 377505926058098 7164449974548168704 n

ポリッシャーはすべて電動ですので、とても速い作業を行うことができます。忙しい合間であったり、出かける前の短時間でできる作業です。使い方によっては、電動の回転力で手作業より格段に素早い作業を行うことができます。洗車作業が苦手に感じる方でも、ポリッシャーの電動力によってスムーズな作業をすることが可能です。コーティングする前の段階として、最適な洗車作業を実践できるおすすめの方法です。

ポリッシャーでコンパウンドでバフがけする!

コンパウンドとは研磨剤が入ったケミカル品です。こちらを使うことで、こびりついた汚れでも簡単に掃除することができます。コンパウンドといっても、その種類は豊富ですので選び方が肝要です。あまりに安価な製品は避け、高価でも車両に最適なコンパウンドを購入しましょう。それを使うことで、ポリッシャーで最上のバフがけができますので、格段に車両がきれいになることでしょう。

ポリッシャーと手ではどちらが車磨きにいい?

ysbodyさんの投稿
28433256 200083344081932 2547476550731694080 n

ポリッシャーを使わないで手で洗車を行うことが一般的な方法です。ですが効率を考えると、やはりポリッシャーを使った方法が最適な洗車を実感できます。細かい部位もありますので、適宜使い分けることもスムーズな洗車となります。最適な洗車方法の選び方は無限ですが、やはりポリッシャーを使った洗車をおすすめします。

手作業は大変

洗車作業をすべて手作業で行うこともできますが、やはり時間や労力を考えると甚大な浪費をすることとなります。愛車のメンテナンスの方法は多岐にわたってありますが、やはり便利なポリッシャーを使った作業をすることがおすすめです。この機会にポリッシャーを使うことにより、今までよりも快適な作業を実践できますので、ぜひ試してみてください。

ポリッシャーの選び方

ysbodyさんの投稿
28158915 412450549182217 8003801126669385728 n

ベストなポリッシャーの選び方があります。それは、車両のサイズにあった製品です。ポリッシャーは、各メーカーより多数販売されています。そのため、安価なものから高価な業務用のポリッシャーまであります。選び方の基本は、ポリッシャーの価格からも比較できます。安価な整品ですとそれなりの機能となりますが、高価な業務用ポリッシャーとなれば高性能な製品が多いです。

車種によって磨き方が違う?

ポリッシャーの選び方を間違えなければ、おおむねの車種に対応できます。ポリッシャーは電動ですので、スイッチをONにすることで、誰でも簡単に愛車を磨くことができます。磨き方は手作業よりもはるかにきれいです。急いでいる際、水のみでの洗車でも見違えるほどきれいな状態にすることができます。

ポリッシャーの相場

ysbodyさんの投稿
28158249 167032237435376 5386505699243065344 n

ポリッシャーの相場としては、約3,000円~約30,000円です。メーカーやモデルによっても、その価格はさまざまです。安価ですと、家庭用ですのでチープな作りの製品が中心ですが、高価な工業用のポリッシャーであれば、作りもしっかりとしている製品が多いです。ホームセンターやネットで購入できますので、用途に合ったポリッシャーを購入しましょう。

磨き方によって異なる?

強力なパワーが必要であれば、やはり業務用のポリッシャーを購入しましょう。安価なポリッシャーですと、壊れやすい傾向があるので、磨き方次第ではすぐに壊れてしまうことがあります。とくに舗装されていない道路の走行で多用する車両ですと、汚れが付きやすいですので、高価なポリッシャーを購入することをおすすめします。

ポリッシャーがあったほうが磨きやすい

kei_standard_officialさんの投稿
28154330 145780359426732 3142423860184350720 n

洗車が嫌いであったり、やりたくても苦手な方がいます。汚れることが嫌いな方もいますので、便利なポリッシャーを使って磨く方法を選ぶことで、とても快活な気持ちとなります。やはり、ポリッシャーがないよりはあった方が利便を感じます。まだ持っていない場合、まずはじめに手頃なポリッシャーを購入してみましょう。きっと、使い勝手に満足することでしょう。

DIYでできる最高の磨き方?

DIYでポリッシャーを使って車両を磨いたり、洗車する場合、最高の手段としては乾燥した日中に行うことです。これにより、水を使う場合でも短時間で乾燥します。また、ポリッシャーで行う丹念な作業は、錆の発生を抑止する効果へも繋がりますので、最高な磨き方と言えます。これからの湿度が高くなる梅雨前に洗車することもおすすめの方法です。

綺麗になった車でドライブを満喫しよう!

extremer.jpさんの投稿
26866813 557447494624104 8321807033615515648 n

今回は、ポリッシャーを使ったDIYと洗車に関する内容をご紹介しました。愛車の手入れをすることで、心地よいドライブを満喫することへも繋がります。汚い車両ですと粗雑な運転をしてしまい、安全な走行を欠いてしまうことともなりかねません。やはり、きれいな愛車を維持することがカーライフを存分に楽しむことができる最高の方法です。ぜひポリッシャーを使ってきれいになった愛車で、快適なドライブへ出掛けてみましょう。

車両の手入れが気になる方はこちらもチェック!

おすすめの洗車方法はまだまだ豊富にあります。以下のリンクより、その方法を知ることができます。いろいろな手段で愛車のメンテナンスを行うことで、より一層とカーライフをエンジョイすることができます。ぜひ併せてご覧ください。

Thumbコーティング剤のカーラックで洗車しよう!綺麗に仕上げる施工方法をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
カーラックで愛車を守る。これはポリラックとも呼ばれた洗車用・コーティング用の両方を兼ね備えた...
Thumbプレクサスの洗車でのコーティング方法とその効果とは?正しい使い方を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
プレクサスとは、なんと戦闘機のキャノピーをクリアに保つ為に開発された軍事用メンテナンス用品な...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ