Twitter
Facebook
LINE

車中泊にはウェイクでしょ!その魅力とおすすめ車中泊グッズをご紹介!

kuma10

車中泊にはウェイクでしょ!その魅力とおすすめ車中泊グッズをご紹介!

kuma10

ダイハツが車中泊を視野に入れて世に送り出したウェイク。あんちゃんも手に入れてすぐに車中泊に出かけていましたね。当然オプションやアクセサリー、アレンジグッズもたくさん用意されています。今回はダイハツウェイクの魅力と快適車中泊グッズのご紹介をさせていただきます。



ダイハツウェイクってどんな車?

2013年の東京モーターショーに出品された軽トールワゴン「デカデカ」。これをダイハツが「ウェイク」として2014年に市販化しました。 高い室内高と広い荷室スペース、フルフラットシート装備のうえ日本の狭い道にもぴったりな軽ということもあって「車中泊」用に爆発的ヒットを記録しています。 当然シートアレンジ用などのオプションが数多く販売されていますが、ウェイクの魅力を最大限に引き出すおすすめグッズを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ダイハツウェイクの魅力

ダイハツウェイクは遊びを広げる

まずはダイハツウェイクの魅力についてご紹介いたします。 このウェイク、ダイハツが「車中泊」に重きをおいて設計をいたしました。つまり室内が広いんです。 例えば4人家族でキャンプ用具を目一杯積んで出かけるとしたらランドクルーザークラスの車種が必要になりますが、ダイハツウェイクであれば楽々ではないですが、必要充分の装備が持ち込めます。軽の固定観念を変える程の広さを実現しました。

ダイハツウェイクで車中泊



とはいえ軽は軽、車外でのテント泊を考えず車中泊のみでシュミレーションしますと定員は2名までがベストだと思います。 コマーシャルでもあんちゃんも弟も彼女と二人で使っていますよね。あれは車中泊にベストな人数を示唆しているように見えます。 事実二人までなら充分な広さを持つウェイク。フルフラットシートにマットを敷いて二人で車中泊をしながら長旅をする。ウェイクの最高の使い方だと思います。

ダイハツウェイク車中泊の便利グッズ1

1-1、車中泊の醍醐味「ベッド」

どんな車ででも車中泊はできます。営業車やタクシーの中でシートを倒して仮眠を取っている方を見かけたことがあるでしょう。しかし楽しい車中泊旅行をするにあたり最初に考えなければならないのは「快適な寝床」です。 画像の物は自作されたベッドなのですが、いかにも寝やすそうですね。ただせっかくの広い空間を狭くしている感がありますね。せっかくシートがフルフラットになるのですから何か良いものを探してみましょう。



1-2、ダイハツ純正ジョイントクッション

ダイハツ 純正部品 WAKE ウェイク ジョイントクッション

出典: Amazon

使い勝手や寸法などを考えるとまずはダイハツが出している「純正部品」に目が行きます。 フルフラットシートと銘打たれたシートですが、「真っ平」になるわけではありません。多少のデコボコはあります。画像のジョイントクッションは低反発でデコボコ解消に一役買ってくれます。 2名分で7万円強のお値段がちょっと痛いですが、新車購入時の値引き上乗せにお願いしてみてはいかがでしょう。

1-3、インフレータブル型マット

アイリスプラザ 車中泊マット 枕一体型 5cm厚 自動膨張マットレス 車載用マット エアーベッド 収納袋付

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

最近は車中泊ブームということもあり、色々な会社から様々な製品が発売されています。 快適なベッドを作るために簡単な改造を施す方もおられますが、ノー改造で快適に、しかもお安くベッドを作りたい方には「インフレータブル式マット」がおすすめです。 自分で空気を入れるものや、自動膨張式のものなど種類はありますが、最大の利点は丸めて小さくたためる事。広いウェイクの室内がもっと広く使えますよ。

ダイハツウェイク車中泊の便利グッズ2

2-1、正確にはグッズではないですが「シートアレンジ」

同じ車中泊をするにしても釣行や一人旅などの場合、シートアレンジによってまったく手間いらずで車中泊を楽しめるように工夫できるのがダイハツウェイクです。 画像の改造の場合一人用ベッドを据え付け型にしています。そして高床にしてベッドの下部に荷物が入れられるようになっています。 高い室内高を最大限に生かした良い改造ですね。

2-2、高さを活かして

そして高い室内高を活かすシートアレンジといえば、自転車やサーフボードなど趣味の物を積み込む際に後席を畳んだ状態での積み込み。 同じダイハツが最近発売した「トール」がかなり室内高を高くとってありますが、そのトールより約100mmも高くなっています。 何の改造も無く余裕の高さはウェイクの真骨頂です。あんちゃんなら屋根を切るところですよね。

ダイハツウェイク車中泊の便利グッズ3

3-1、外の世界を遮断「カーテン」

Levolvaウェイク専用カーテン

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

車中泊を楽しむのなら必ずしたいのが外の世界との遮断ですよね。 シートをフルフラットにしてお気に入りのベッドマットに寝そべって一人、あるいは二人の時間を楽しみたいのに、外から中が丸見えでは落ち着きません。そこで必要なのがカーテンです。 サンシェードタイプのものやカーテンタイプのものが出ていますが、純正でない限りサンシェードタイプは隙間が空くことを覚悟して下さい。おすすめはカーテンタイプのものになります。

3-2、カーテンは前後別売りが基本

ダイハツ純正のカーテンはフロントカーテンとリアカーテンが別売りでトータルで約3万円で手に入りますが、画像のような汎用タイプがおすすめです。汎用タイプですとウェイク一台分購入しても1万円以下で買えますよ。 ウェイクが車中泊を睨んで作られた車だけに、各社から同じような製品がたくさん出ていますから、安くて良いものを見つけ出すのもまた楽しいですね。

ダイハツウェイク車中泊の便利グッズ4

4-1、雨にも日差しにも「サイドオーニング」

[YAKIMA 正規品 サイドオーニング SLIMSHADY

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ウェイクに限らず車中泊を楽しむためにあると便利な物の中に「サイドオーニング」があります。 景色の良い場所にたどりついて「ここで2~3泊しよう」という時に雨が降ってきたり、または車内のエアコンに逃げなければいたたまれないような強い日差しの場所では強い味方になります。

4-2、コスパの良い物を選びましょう

タープ テント 車用 カーサイドオーニング

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

サイドオーニング市場はほとんど「フィオマ」か「オムニスター」に占拠されていますが、さすがにお値段が張るだけあって(約7万円~約15万円)スタイルも使い勝手も良いものが多いですね。 今回はあまり名前は知られていませんがリーズナブルな物を見付けましたので紹介しておきました。おすすめですよ。

4-3、自作もアリ

車の改造などのDIYが得意な方は自作もアリだと思います。手近な物をアレンジしたり、中には100均の品物で製作される方もおられます。ただし強度が充分でないと風や激しい雨などの時に愛車を傷付けたり、最悪自分がけがをしたりなどリスクもあります。くれぐれも改造は自己責任で楽しんで下さい。

ダイハツウェイク車中泊の便利グッズ5

5-1、これだけは欲しい「テーブルセット」

ウェイク フロントテーブル

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ウェイクで車中泊を楽しむ場合、いくら車内が広いとはいえ室内で食事やコーヒーをいただくのはあまりおすすめできません。まず汚すリスクがある事、次に臭いが残る事。せっかくの愛車を汚く使いたくないですよね。 この様な簡単なテーブルを一つのせておくと重宝しますよ。

5-2、オールインワンの「テーブルセット」

折り畳み テーブル チェア 7点セット

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

車中泊に持って行くには錆に強く軽いアルミ製のものがおすすめです。 ベッドマットが分割式のものであれば、マットをお尻の下に敷いたりとアレンジを加えて使用すれば快適に過ごせます。 せっかくシートがフルフラットになるのにテーブルセットなどが大きいと邪魔になってしまいますが、最近の物は小さくたためる物が多いので、オールインワンタイプの物を選びましょう。

ダイハツウェイク車中泊の便利グッズ6

6-1、車外で温かいものを

サイドオーニング、テーブルセットとくれば欲しくなるのが「カセットコンロ」ですね。これに関してはアウトドア用の物より家庭用の物をおすすめします。 絶対的な使い勝手が良い上に、最近は小型でハイパワーの物など多くの商品が開発されています。しかも燃料が手に入れやすいのでおすすめです。

6-2、絶対におすすめ「缶詰」

缶つま プレミアム マイルド 6缶

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

室内のシートをフルフラットにして「あとは寝るだけ」の状態を作ってから車外で晩酌。「でも今からつまみを作るのもなぁ」という時のために「缶詰」を用意しておくことをおすすめいたします。 最近は「缶詰バー」などというものまで出ているご時世です。美味くて安くて日持ちする缶詰を幾つか用意しておくだけで車中泊の楽しみが増えますよ。

ダイハツウェイク車中泊の便利グッズ7

7-1、趣味の小物は天井へ

ダイハツ ウェイク アッパーシステムレール

出典: 楽天
出典: Amazon

趣味の物は高い天井を活かしてルーフ側に吊り下げましょう。普通の車ですとヘッドクリアランスが悪く邪魔になりますが、ダイハツウェイクなら大丈夫です。充分にゆとりがありますよ。ただしアッパーシステムレールとクロスシステムバー2本(トータルで32000円ほど)が必要になりますので、これも新車購入時に値引き上乗せを頼んでみましょう。

7-2、コスパの良い社外品も出ています

Root925 車 収納 ロッドキャリー

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天

簡単に収納を増やすには二つの方法がすぐに思い浮かびます。 まず一つは車の屋根を利用するルーフキャリアやルーフボックスなどですが、圧倒的な室内の広さを持つダイハツウェイクにはもったいない気がします。もう一つの簡単な方法が頭の上のスペースを利用するネットなど。 安くて使い勝手の良い品物も沢山出ていますから検討してみて下さいね。

車中泊での注意点

駐車はマナーを守って

車中泊をする場合、一番のおすすめは「道の駅」です。灯りが24時間点いていてトイレもある。お腹がすいたら売店やレストランまであります。 しかし最近「車中泊禁止」を掲げる道の駅が増えています。それはひとえに車中泊族のマナーの悪さからです。 道の駅に車中泊目的で入ったなら、まず車中泊できるかどうかの確認をして下さい。そしてOKでも周りの方の迷惑にならないようにマナーを守ってトラブルの無い車中泊を楽しんで下さい。

改造は法令を守って

4№車であれば車中泊用に改造を施したとしても「荷物」で済ませられる場合が多いのですが、ウェイクは5№の「軽乗用車」です。構造変更が必要なほどの改造をしたのであればきちんと車検を受けて下さい。くれぐれもあんちゃんのマネはしないで下さいね。 法令、ルールを守って楽しい車中泊ライフを実現して下さい。

ダイハツウェイクで車中泊に出かけよう!

「ドデカク使おう!」を合言葉に生まれたダイハツウェイク。シートをフルフラットにすれば2m以上もの長さが取れる室内は車中泊にはもってこいです。市販のマットなどとの組み合わせで様々なアレンジも効きます。キャンピングカーでもないのにキャンピングカーのような使い勝手。 ドデカいダイハツウェイクでドデカい休日を楽しんでみませんか。

Movie動画記事

ライトショアジギングからガチンコ青物まで!万能ロッドはコレだ!

提供:株式会社アピア 撮影協力:民宿いけ吉 今回の動画はAPIAから発売中のグランデージアトラス98Mについて解説します。以前発売直前にインプレッション動画を公開して以降、カンパチとのやりとりを数多く...

ライトショアジギングからガチンコ青物まで!万能ロッドはコレだ!

提供:株式会社アピア 撮影協力:民宿いけ吉 今回の動画はAPIAから発売中のグランデージアトラス98Mについて解説します。以前発売直前にインプレッション動画を公開して以降、カンパチとのやりとりを数多く...

初心者から始める「毎日キャンプ生活」29~35日目!

酷いありさまだったキャンプ初心者も、毎日キャンプ生活一ヶ月を迎え、ギアも揃い始め、ついに立派なキャンプ場でのキャンプもできた29~35日目。でもまだまだ体験してないことばかりで、毎日新しい経験をしてい...

お客様をガイドしたら天才だった件【島日記10】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...

お客様をガイドしたら天才だった件【島日記10】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...