検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

モンベル「ムーンライトキャビン4」はファミキャンに◎使いやすさの秘密を大解剖!

日本のトップアウトドアブランドのモンベルから、2021年に新たに発売されたムーンライトキャビン4は初心者にも上級者にもおすすめのテントです。今回はそんなモンベル初の2ルームテントのムーンライトキャビン4の魅力などを一挙にご紹介します。
2022年11月25日
揚げ餅

2ルームテントは使い勝手がいい

2ルームテントとは

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

キャンプをする時にテントは必要な装備の1つです。そのため、形状や大きさの異なるさまざまなテントが発売されています。ざっくりと大きく分けると前室が小さめのシングルルームと、前室が寝室と同等かそれ以上の広さとメッシュ窓がある2ルームテントに分かれます。

1つのテント内で2つの部屋があるほど広いテントとなっており、シングルルームテントと比較すると多目的スペースがあるため非常に使い勝手のいいテントです。
 


タープがなくても快適

シングルルームのテントを使用した場合は、タープを張ってその下にリビングをつくるスタイルが一般的です。テントとタープの2つのアイテムが必要になり、雨風が強いときはタープの下でも濡れやすくなることもあります。

一方で2ルームテントはテント内にリビング(広い前室)があり、シームレスにつながっています。また、側面もフライシートで覆われているため、雨風が強いときでも快適なリビングが簡単に確保できる構造です。

モンベル初の2ルームテントを紹介

2021年の新型テント


ムーンライトキャビン4

ムーンライトキャビン4は、モンベルが2021年に発売した新型のテントでなおかつモンベル史上初の2ルームテントです。寝室の大きさは210×250cmとなっており、子供を含めた3~4人にちょうどいいサイズ感です。テント全体の大きさは275×580×高さ213cmと広く、家族4人で使うには十分な広さがあります。

価格は税込みで112200円となっており、別売のグランドシートの価格は6270円です。

小型2ルームテント

2ルームテントは大型で重量があると感じる方もいるでしょう。しかし、モンベルのムーンライトキャビン4は2ルームテントとしては小型サイズです。他社の2ルームテントは20kg前後になるものもありますが、本品の総重量はわずか13kgしかありません。

このように2ルームテントとしては非常に軽量なため、女性でも運搬しやすく駐車場から離れているテントサイトでも楽に持ち運べる点は大型テントにはない大きな特徴です。


スカート付き

モンベル公式HPでは冬に対応するという記載はありません。ただし、ムーンライトキャビン4にはスカートがついており風の吹込みを軽減できるようになっていることを考えると装備次第では冬キャンプも可能なテントです。

ムーンライトキャビン4の設営方法

月明かりで設営可能と言われているシリーズ

ムーンライトキャビンはシングルルームテントと比較すると大型ですが、2ルームテントとしては小型のため設営しやすいところも人気です。本品のフレーム自体もジョイントとショックコードでつながっており簡単に組み立てられます。

さらに、フライシートの中にフレームがあるのではなく外側にフレームがあるアウトフレーム構造になっており、スリーブにフレームを通す手間があまりかからず短時間で設営可能です。

インナーはセット済み

フライシートにあらかじめインナーがセットされているためポールにフライシートを引っ掛けていくと自然とインナーも張れる構造です。また、出荷状態でインナーがセットされているということはインナーを装着したまま収納することも可能です。そのため、撤収の際にインナーを取り外さなくてよくなり素早く撤収ができます。

ムーンライトキャビン4の魅力2選

1:雨の日でも使いやすい形状

リビングの側面にあるメッシュ窓は雨が降っているとフライシートから水が流れ込みやすいのですが、ムーンライトキャビン4はフレームによりメッシュ窓よりも生地が少し出っ張っており、雨の日でも使いやすい形状になっています。

2:さまざまな使い方が可能

ムーンライトキャビンは三角のひさしだったり、アウトフレーム構造だったりと独特な形状をしていますが、他社の大型2ルームテントと同じようにさまざまな使い方が可能なテントです。リビング部分はフルクローズ、メッシュ窓、フルオープンにして使えます。

さらに、インナーを外すとシェルターとしても使用可能です。シェルターにすることでより広く使用でき、ストーブの導入やコットの導入もできるため冬キャンプがやりやすくなります。

モンベルの2ルームテントは好評

軽さが評価されている

前述したようにムーンライトキャビン4は2ルームテントとしては非常に軽いテントです。ペグやロープなどの付属品を含めた総重量でわずか13kgしかなく、別売りの専用グランドシートを入れても約13.7kgと軽量なままです。そのため口コミでも軽さは特に評価されている部分となります。

設営のしやすさも好評

モンベル設営がしやすいムーンライトテントと同等の種類ということで、設営のしやすさも高く評価されています。ソロ用のテントと比べると大きいですが、初めて設営する場合でも比較的短時間で設営できるとSNSで言われており、初心者でも安心して組み立てられるテントです。

軽量で広いテントが欲しい方におすすめ!

Photo bychulmin1700

モンベル初の2ルームテント「ムーンライトキャビン4」は他社の2ルームテントと比較すると薄手の生地使用しているため、軽く設営しやすい構造です。そのため、軽量なテントを探している方に向いているでしょう。その反面、生地が薄いということは耐久性はどうしても下がります。

そのため、グランドシートを用意してボトムを保護しながら使いましょう。

2ルームテントが気になる方はこちらもチェック!

2ルームテントはソロキャンプでも複数人のキャンプでも便利なテントです。そのため、さまざまなブランドから発売されています。当サイトにも2ルームテントに関する記事が豊富にあります。よかったらテント選びの参考にしてください。