検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

値段の価値あり!?エアロクイップのウェットスーツを大調査。種類や販売店情報も!

サーフィンに欠かせないウェットスーツ。その中でも今回はエアロクイップに注目し、「お値段ほどの価値があるのか?」を大調査します!持っていて損はないエアロクイップの定番用品もご紹介していますので、ウェットスーツを探している方の参考になれれば幸いです。
2022年6月25日
ash020510

エアロクイップについて

大洗で生まれたウェットスーツ

エアロクイップは茨城県大洗市で誕生した、プロサーファーも着用しているウェットスーツです。エアロクイップはコスパがよく、他メーカーの半額ほどで国産のウェットスーツが購入できます。セミオーダーやフルオーダーにも対応しており、自分好みのウェットスーツが入手可能です。

そんなエアロクイップの評判はどうなのか?口コミを交えながらご紹介していきます。ウェットスーツ選びの参考となれれば幸いです。


POINT

  • 当記事は2022年6月時点の情報をもとに作成しています。そのため、実際の情報とは異なる場合がありますこと、ご了承ください。

エアロクイップの販売店は?

エアロクイップの販売店・「NEST SURF(ネストサーフ)」は、茨城県水戸市にあります。ですが、茨城は遠いという方もネット購入できるのでご安心ください。楽天ショップの「ROCK 5 SURF(ロックファイブサーフ)」で購入可能です。

販売店では、専門のスタッフがサイズや修理の相談にのってくれます。ウェットスーツの試着や採寸もできるため、初心者の方やネット購入が不安な方はぜひ訪ねてみましょう。
 

ウェットスーツの機能を大調査!

調査①エアロクイップの素材


クリックすると楽天商品ページへ飛びます

エアロクイップに使用されている表地は、ラバーとジャージの2種類です。ラバーは速乾性・保温性に優れ、ジャージは耐久性に優れ着脱しやすいという特徴があります。裏地はジャージと起毛の2種類があり、寒い時期には保温性抜群の起毛がおすすめです。生地の厚みは3㎜~6㎜まで展開があるので、着用時期や水温に合うものを選びましょう。

調査②エアロクイップのサイズ展開

エアロクイップの既製サイズはラインナップが豊富です。メンズサイズは13サイズ(SM~XLy)、レディースサイズは10サイズ(SM~Ly)の展開があります。

SM,M,ML,L,XLは細身体型~標準体型向け、Mb,Mlb,Lb,XLbは標準体型~筋肉質体型向け、My,MLy,Ly,XLyは細身体型向けです。商品によりサイズの用意は異なりますので、その点にはご注意ください。

シーガルタイプの評判は?


シーガルとは?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

シーガルタイプは、半そで・長ズボンのウェットスーツです。「気温は高いけれど、水温は低い」といったシチュエーションに適しています。おすすめの着用時期は、春から初夏、秋です。

ちなみにシーガルだけで夏場を乗り切ろうと思うと、暑すぎるということもあるかもしれません。そんな時は半そで・半ズボンのスプリングタイプも導入するとなお快適にサーフィンを楽しめることでしょう。

エアロクイップで人気のシーガルご紹介

ご紹介するのはエアロクイップのクラシックモデルです。厚さは3×2㎜で、表地はラバー(スキン)またはジャージから選択でき、裏地はジャージを使用しています。

クラシックモデルはバックジップ仕様なので、着脱が楽です。カスタムオーダー対応で、ジャストサイズに仕立てられるのはもちろん、ロゴの有無やカラーも選択できます。

エアロクイップ シーガル

出典:楽天
出典:楽天
出典:楽天

シーガルの口コミは?

エアロクイップのシーガルは、ラバー素材が柔らかく動きやすい点が口コミで評判でした。また、気心地もよく着脱が容易な点も高評価です。

中には、3×2㎜というシーガルには珍しい生地厚に喜びの口コミも。コスパのよさにも感動の声が多数見受けられました。

丁寧な仕上がりで、オーダーでぴったりでした。ラバー素材も思っていたより柔らかくて着心地が良く、脱着がとっても楽でした。コスパ的に購入して良かったです。

セミドライタイプの評判は?

セミドライとは?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

セミドライは、長袖・長ズボンのフルスーツタイプのウェットスーツです。冬用のウェットスーツで、保温性に優れた仕様になっています。

完全防水ではありませんが、浸水しにくい構造を持っているのが特徴です。厚みのある生地を使用することで、海水温の冷たさを和らげてくれます。

エアロクイップで人気のセミドライご紹介

ご紹介するエアロクイップのセミドライは、ロングチェストジップです。運動性・防水性・保温性に優れています。チェストジップ仕様で着脱も容易で、表地はラバー(スキン)またはジャージから選択でき、裏地は起毛仕様です。厚さは5×3㎜と3×3㎜から選択できます。

カスタムオーダーもでき、ロゴの有無やカラー選択が可能です。表地ジャージのカラーも選択ができますが、より温かさを重視するなら、ラバーを選択しましょう。

エアロクイップ セミドライ

出典:楽天
出典:楽天
出典:楽天
出典:楽天
出典:楽天
出典:楽天

セミドライの口コミは?

エアロクイップのセミドライは、コスパが最高だと評判です。フルオーダーでも10万円以下で作れます。気心地は柔らかく、軽くて動きやすいという口コミが大多数です。

また、保温性についても評価が高いです。浸水がほとんどなく、「さすが大洗で生まれたウェットスーツ」という声が多数見受けられました。気になる点は、「接合が雑な時がある」という口コミです。とても少数意見ですが、心配な方は店頭で相談してみましょう。

初めてのチェストジップですが、脱着も非常にスムーズで、心配していた胸まわりからの水の侵入もほぼ有りません!

フルスーツタイプの評判は?

フルスーツとは?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

フルスーツタイプは、長袖・長ズボンのウェットスーツです。春・秋から初冬と、出番が多いウェットスーツなので、日本でサーフィンを楽しむ方なら1枚持っていて損はありません。セミドライよりは暖かさは劣りますが、肌寒い時期に重宝します。

エアロクイップで人気のフルスーツご紹介

ご紹介するエアロクイップのフルスーツは、リミテッドモデルです。こちらは着脱が容易なバックジップ仕様になっています。

表地・裏地ともに素材はジャージで、厚さは3×3㎜です。なお、こちらの用品もカスタムオーダーに対応しています。そのため、ジャージの素材やカラー、ラインのカラーやロゴの種類が選択可能です。

エアロクイップ フルスーツ

出典:楽天
出典:楽天
出典:楽天

フルスーツの口コミは?

エアロクイップのフルスーツは、ジャージがとても柔らかく動きやすいと評判です。また、リミテッドモデルのようにラインなどのデザインが選択できる用品は、オリジナル性が高まると喜びの声が多数ありました。

中でもジッパータイプは、着脱が容易であると高く評価されています。ただし、そのジッパーから「水が入ってくる」という口コミも数件見受けられました。寒い時期に使用する場合は、慎重に判断するのがおすすめです。

ジャージも柔らかく非常に動きやすく値段以上の商品だと思います。

カスタムオーダーがお気軽にできて◎

エアロクイップのセミオーダー

Photo bystux

セミオーダーとは、既製サイズを調整して仕上げる方法です。エアロクイップでは、修正が必要な部分を4箇所・±4㎝まで調節できます。デザインも、カラーやロゴの位置などの選択が可能です。

セミオーダーなら既製サイズの価格に+3000円前後で作れます。「サイズやデザインはこだわりたいけれど、価格も抑えたい」という方におすすめです。

エアロクイップのフルオーダー

一方、フルオーダーとは自身の寸法サイズに合わせて1から仕上げる方法です。エアロクイップでは、サイズだけでなく生地やカラーにもこだわれます。

それでも、価格は他メーカーのフルオーダーと比較すると半分ほどで作れます。ご自身にぴったりサイズかつ、好みのデザインのウェットスーツが欲しい!という方におすすめです。

エアロクイップで快適なサーフィンを

Photo by goodsurfers2015

茨城県のNEST SURFで生まれたエアロクイップ。水戸市にある販売店と楽天ショップで購入できます。その用品価値は、お値段以上であると大評判です。

種類も既製サイズも豊富ですが、セミオーダーやフルオーダーも可能です。フルオーダーでも他メーカーの半額ほどで作れます。そのため、ご自身のご希望にピッタリのウェットスーツに出会えること間違いなしです。エアロクイップを着て快適なサーフィンをお楽しみください。

ウェットスーツが気になる方はこちらもチェック!

エアロクイップの魅力はわかったけれど、他メーカーのウェットスーツとも比較してみたいという方は、こちらの記事もご一読ください。さまざまなメーカーのウェットスーツを、シーズン別や価格帯別にご紹介しています。