検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【SUP】シーズン別・おすすめのウェットスーツはコレ!種類やタイプを完全解説。

SUPをする時は、一体どんなウェットスーツを着用すればいいのでしょうか?当記事では、シーズン別におすすめのウェットスーツをピックアップしてみました。ウェットスーツの種類も記載しているので、初めて購入する方はぜひ参考にしてみてください。
2022年6月7日
mamma32

目次

SUPは注目のマリンアクティビティ

ウェットスーツを着用するのがおすすめ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

SUPは、老若男女問わず幅広い層に人気のマリンアクティビティです。ボードの上に立ち、パドルを使って海の上を散歩するため、比較的誰でもすぐにコツを掴めます。そんなSUPを行なう時は、ウェットスーツを着用しましょう。

サーフィンのように常に水に触れているアクティビティではありませんが、事故や体調のことを考えるとウェットスーツを着用すべきです。当記事では、SUPに適したウェットスーツを季節別に紹介するのでチェックしてみましょう。


ウェットスーツにもさまざまな種類がある

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ウェットスーツと一口に言っても、実にさまざまな種類があります。特に日本は四季があるため季節の移り変わりが多く、シーズンによって海水の温度も変わりやすいです。さらに南北に長い地形ゆえ、地域によって水温も大きく異なります。

そんためSUPを行なう季節や場所に合わせたウェットスーツの選び方が必要です。以下にウェットスーツの種類やそれぞれの特徴を記載するので、しっかり押さえておきましょう。

ウェットスーツの種類・タイプ

①フルスーツ


クリックすると楽天商品ページへ飛びます

日本では最もオーソドックスなウェットスーツの種類が、フルスーツタイプです。全身を覆える長袖・長ズボンタイプで、主に春・秋・初夏に使用できます。厚さは3mmと2mmが最も多いため、暑すぎず寒すぎない着心地です。

オーソドックスなタイプのウェットスーツなので、SUPだけでなくサーフィンやシュノーケルなどあらゆるシーンで活用できます。汎用性を求める方は、フルタイプのスーツを持っておきましょう。

真冬はセミドライスーツがおすすめ

冬にSUPを楽しみたいならば、セミドライスーツを選びましょう。形状は長袖・長ズボンとフルタイプですが、厚みや素材が冬仕様になっています。基本的な厚さが5mmと分厚く、内側の素材には裏起毛を使用しているケースが多いです。そのため真冬のサーフィンやSUPでも、安心して着用可能です。

また、秋や春先でも北海道や東北など寒い地域でSUPやサーフィンをする場合は、セミドライスーツの方が適しているケースもあります。ご自身の居住地域に合わせて選んでみてください。

②ロングジョンスーツ


クリックすると楽天商品ページへ飛びます

いろいろな着こなし方を楽しめるのが、ロングジョンタイプのウェットスーツです。長ズボンとノースリーブの袖口が特徴的で、そのまま着用できるだけでなく重ね着も楽しめます。そのため夏にSUPをする時はそのまま着用し、春先や秋口は上からジャケットを重ねて調節してみましょう。

ロングジョンタイプはSUPに最も適していると言われているので、まずはこちらをゲットするのもおすすめです。

ジャケットだけでなくラッシュガードと合わせるのもおすすめ

ロングジョンタイプのウェットスーツは、ラッシュガードやUVカットパーカーとの組み合わせもおすすめです。真夏にSUPをする場合、ジャケットを羽織ると暑さを感じてしまいます。しかし紫外線による影響や日焼けを気にして、ロングジョンを着るのを躊躇する人も多いです。

そんな時は、ロングジョンの上からラッシュガードやUVカットパーカーを着用しましょう。このように、その時の気候や自分の好みに合わせていろいろなアイテムと組み合わせられるのが、ロングジョンの魅力です。

③スプリングスーツ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

夏や暖かい地域用に作られたウェットスーツが、スプリングタイプです。半袖・半ズボンのウェットスーツで、夏でも快適にSUPやサーフィンが楽しめます。また、半袖半ズボンなので、他のウェットスーツよりも着脱しやすい点が特徴的です。

サーフィンの場合スプリングタイプは真夏での着用が推奨されていますが、SUPならば6〜9月と幅広い季節に使えます。SUPは常に水に触れるわけではないので、サーフィンとは体感温度が違うことを押さえておきましょう。

春夏向けのウェットスーツ2選

①ZEAK男性用 ロングジョン ウェットスーツZSM3NLB

ZEAK男性用 ロングジョン ウェットスーツZSM3NLB

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

「ZEAK男性用 ロングジョン ウェットスーツZSM3NLB」は、さまざまなシーズンでSUPを楽しみたい方におすすめです。厚さはオーソドックスな3mmで、上からジャケットを羽織ったりそのまま着用したりと季節に合わせて使えます。

男性用のウェットスーツで、サイズの種類は6タイプと幅広く分かれているのが特徴的です。自分のサイズにマッチするウェットスーツが欲しい方は、ぜひチェックしてみてください。

肩周りに負担がかかりにくい

「ZEAK男性用 ロングジョン ウェットスーツZSM3NLB」の特徴は、肩周りに負担がかからないことです。ロングジョンはノースリーブなので、腕や肩を大きく動かしても負担がありません。自分の思ったとおりに動かせるので、ストレスフリーな着心地を実感できます。

さらにこちらのモデルはノースリーブであるだけでなく、立体構造を採用して動きやすさを追求しているのでおすすめです。特にSUPは常に腕や肩を動かすので、動きやすさを重視しましょう。

②MORGEN SKY ウェットスーツ スプリング 半袖

MORGEN SKY ウェットスーツ スプリング 半袖

出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

春から夏のSUPには、スプリングタイプの「MORGEN SKY ウェットスーツ スプリング 半袖」がおすすめです。身体の動きに合うように、フィット感を追求したウェットスーツになっています。そのため身体を動かした時に、窮屈さや動きにくさを感じにくいです。

特にかがむような動きの時はスーツの生地の引っ張りを分散してくれるので、ウェットスーツ特有の窮屈さが苦手な方にぴったりです。サイズはメンズ・レディース共に細かく分かれているので、自分に合わせて選びましょう。

シンプルでありつつもこだわったデザイン

「MORGEN SKY ウェットスーツ スプリング 半袖」は、シンプルに見えますがこだわったデザインに仕上がっています。胸の部分のカラーリングと素材を変えることで、デザイン性をアップさせました。シンプルすぎるウェットスーツでは物足りないという方でも、満足できるはずです。

胸に使用されている生地はスキン素材のため、デザインだけでなく抜群の肌さわりにもこだわっています。肌に直接当たった時にごわつがず、長時間着ていても快適です。

秋冬向けのウェットスーツ3選

①MORGEN SKYウェットスーツ

MORGEN SKYウェットスーツ

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

カラフルなカラーリングのウェットスーツでSUPを楽しみたい方は、「MORGEN SKYウェットスーツ」をチェックしてみましょう。鮮やかな色を所々に使い、海の上でも目立つようなデザインです。サイズはメンズ・レディース・キッズと分かれており、カラー展開はそれぞれ異なるので注意しましょう。

最近はSUPなどのマリンウェアにもファッション性を求める傾向にあり、特にレディースはデザイン性が大切です。ぜひ、目立つスーツでおしゃれを楽しんでみてください。

初めてウェットスーツを着る人にもおすすめ

「MORGEN SKYウェットスーツ」は、初めてウェットスーツを着る人でも快適な着心地を楽しめます。首周りにはマジックテープがついており、自由にサイズの調節が可能です。また、人間工学に基づいたカッティングで、身体を自由に動かすことができます。

ウェットスーツは独特のフィット感や窮屈さに慣れるまで時間がかかりますが、こちらであれば問題ありません。保温性もあるので、秋や初冬のSUPに使ってみましょう。

②Hurley ADVANTAGE MAX 5/4/3mm フルスーツ JCV1606

Hurley ADVANTAGE MAX 5/4/3mm

本格的なウェットスーツを求める方には、「Hurley ADVANTAGE MAX 5/4/3mm フルスーツ JCV1606」がおすすめです。SUPは、サーフィン程ウェットスーツの機能性や保温性にこだわらなくても問題ありません。

しかしこちらは有名サーフブランドのウェットスーツで、とにかく性能にこだわっています。気化熱を防ぐ仕様なので、真冬でも寒さを感じません。クオリティの高さを求める方や、SUPだけでなくサーフィンにも使いたい方はチェックしてみてください。

部位によって厚さを変えている

「Hurley ADVANTAGE MAX 5/4/3mm フルスーツ JCV1606」の特徴は、身体の部位によって厚さを変えている点です。腕周りは3mm、体幹部分は4mm、下半身は5mmになっています。たくさん動かす部位は薄手にすることで、防寒性と動きやすさを両立させている点が人気です。

また、軽量性に長けた素材を使っています。秋冬用のウェットスーツは防寒のために生地が重たくなりがちですが、こちらならば問題ありません。

③DIVE & SAIL ウエットスーツ サーフィン

DIVE & SAIL ウエットスーツ サーフィン

抜群の保温性を兼ね備えているのが、「DIVE & SAIL ウエットスーツ サーフィン」です。パイル状起毛素材を採用し、高い保温性を実現させています。また、膝の部分には耐久性と耐摩耗性の高い生地を用いり、劣化しにくい工夫をしているので長持ちしやすいです。

冬にSUPをする場合は、こちらのように保温性を重視したウェットスーツを着用しておくと安心できます。サイズはメンズ・レディース共に展開しているので、自分のフィットするものを選びましょう。

SUPを快適に楽しもう

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

SUPは、水上で行なうためウェットスーツが必要ないと思っている人もいます。しかしどんな季節であれ、ウェットスーツを着用したほうが安心です。季節別に適する種類は異なるので、まずは自分のニーズに合ったタイプを知ってからおすすめモデルを選びましょう。

安いウェットスーツが気になる方はこちらをチェック

SUP初心者や頻繁に行わない方にとっては、ウェットスーツは高い買い物かもしれません。そんな時は、通販で安いウェットスーツを購入しましょう。以下の記事では、安価なウェットスーツを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。