Twitter
Facebook
LINE

【2022最新】最強のソフトクーラーボックス8選。保冷力を見極めるポイントは?

揚げ餅

【2022最新】最強のソフトクーラーボックス8選。保冷力を見極めるポイントは?

揚げ餅

クーラーボックスにはソフトタイプとハードタイプがあり、保冷力が最強のモデルでもそれぞれ特徴が異なります。そのためタイプの違いを把握することが大切です。今回は携帯しやすく、普段使いしやすいソフトタイプ中から保冷力が最強クラスのクーラーボックスを8種類紹介します。



夏季の屋外は食材を適温で保つことが重要に

夏季はクーラーボックスが必須

出典:unsplash.com

キャンプや釣りなどのアクティビティでは電気が使えないことも多く、食材の鮮度を保つには保冷が重要です。傷みやすい食材は木陰に置くだけでは温度管理が不十分になり、病原菌が発生する原因になりかねません。そんな時に役立つのが食材を適温で保てるクーラーボックスなのです。

また、夏季の車内は高温になりがち。そんな時でもクーラーボックスがあれば保冷できるエコバッグのように扱えます。

ソフトタイプとハードタイプについて

クーラーボックスにはソフトタイプとハードタイプがあります。ハードタイプはコンテナのようになっており保冷力が高く頑丈です。その反面、折りたたむことができず、かさばりやすくなるため大型のものは車がないと運搬しづらくなります。

一方、ソフトタイプはエコバッグのように折りたたみでき、使わないときはコンパクトになるため携帯に便利です。さらに、近年は保冷効果の高いものも増えてきました。

選び方も重要

まずは人数に応じた容量をチェック



クーラーボックスは大きさが重要な要素になります。15Lの場合は2Lペットボトル4本、500mlペットボトル15本程度となりソロキャンプをするには十分な大きさですが、ファミリーキャンプをする場合には向きません。ファミリーキャンプで使いたい場合は30L以上を目安にして選ぶといいでしょう。

また、メインにはハードタイプ、サブにソフトタイプのように複数のクーラーボックスを使用するというのもおすすめです。

保温効果の高いものがおすすめ

冷たいものを冷たいままに保つ保冷力は、クーラーボックスの重要な要素です。ソフトタイプのクーラーボックス同士でも厚みや素材、構造によって保温効果が変わってくることから選び方の重要なポイントになります。

保冷力の高いモデルは庫内が3層になっているなど全体的に厚みがあります。庫内が厚いと外気温が伝わりにくくなり、庫内の温度の上昇を抑えられます。



使い方に応じた構造

ハードタイプはコンテナ(箱)型ですがソフトタイプはトートバッグ型だったり、折りたたみできたりとさまざまな種類がありますどちらのモデルも携帯性は高いですが、街の中でエコバッグとして使うならトートバッグ型のほうが使いやすいでしょう。

トートバッグ型とコンテナ型の2WAY仕様なら街の中でもアウトドアでも使いやすくなります。

最強のソフトクーラーボックス3選(~15L)

1:スーパーコールドクーラーバッグ

スーパーコールドクーラーバッグ 12L ベージュ

出典: Amazon
素材ポリエチレンフォーム、ポリエチレン他
容量12L
重量650g
ブランドキャプテンスタッグ

本品はキャプテンスタッグが発売する新作のソフトクーラーボックスです。コンテナ型ですが、不要なときは折りたためるようになっており、収納サイズは30×24×高さ10.5cmしかありません。コンパクトに収納できるため普段から車載しても邪魔にならないでしょう。

使用時にはきちんと補強されるためつぶれにくくなっており、天板部分は簡易テーブルにもなります。そのためサイドテーブルなどの使い方ができる汎用性が高いモデルです。

保冷力の評価・口コミ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

本品は1cmの厚みがあり、高めの保冷力があると好評です。また、保冷剤を入れるための専用のメッシュポケットも付属し、さらに保冷力を高められます。容量は小さいですが、本格的なソフトクーラーボックスと言える製品です。

デザインもよく、ソロにはちょうど良い大きさです。
保冷力はソフトクーラーなのでそれなりです。

2:エクストリームアイスクーラー

エクストリームアイスクーラー 15L

出典: 楽天
素材ポリエステル、ポリエチレン他
容量15L
重量890g
ブランドコールマン

本品は保冷力が非常に高い最強のソフトクーラーボックスです。容量は一番小さいモデルでも15Lからとなるため少し大きめモデルになっています。そのため、1泊のソロキャンプやスポーツにちょうどいいサイズ感となります。

少し大きいですが、使わないときは30×25×高さ12cmとコンパクトになります。また、外側にメッシュポケットもあり大型のバッグとしても使いやすい機能的なデザインも魅力です。

保冷力が魅力的

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

本品には通常のジップ式の取り出し口とは別に丈夫に小さな取り出し口があります。大きく開けないため、内部の温度が上昇しづらく価格と保冷力のバランスが最強と言えます。保冷効果を高める保冷剤用のポケット、着脱の式のライナーが付属する点も魅力的です。

日光が当たる場所で使用しましたが 朝6時〜夕方5時までは 全てがしっかり冷えていました

3:ソフトクーラーボックス11

FP-111R

出典: 楽天
素材PVC+ポリエステル他
容量11L
重量650g
ブランドスノーピーク

本品は23×22×31.5cmのスリムタイプのソフトクーラーボックスです。クーラーボックスは横長になっているものが多く、本品のように縦長のタイプは比較的珍しい形状になります。容量は11Lとなり1.5Lのペットボトルが4本収納できるため、ソロキャンプでも使いやすいサイズです。

本品は超音波溶着になっており縫い穴がありません。防水バッグのように内部の結露が外に染み出さないソフトクーラーボックスです。

丈夫な素材を採用

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

本品の外装は防水バッグで採用されている丈夫なPVCが採用され汚れや水に強いです。断熱材はアルミコーティングエアシェルが使われており冷たい温度を内部に反射する仕組みになっています。防水バッグなどで有名な米国のメーカーが生産しており最強と言える保冷性が期待できます。

中身はシアトルスポーツのクーラーですから性能は確かです。

最強のソフトクーラーボックス3選(16~25L)

1:BUNDOK クーラー バッグ 20L

BUNDOK クーラー バッグ 20L

出典: Amazon
素材ポリエステル
容量20L
重量0.53kg
ブランドBUNDOK

2000円程度で購入できるソフトクーラーボックスをお探しの方には、こちらのアイテムがおすすめ。安価に購入できるため、試しにソフトクーラーボックスを買ってみたいという方にピッタリです。

2Lのペットボトルが6本ほど入るサイズとなっており、フタの内側に保冷剤を入れられる場所が取り付けられています。

ショッピングにも使える

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらのソフトクーラーボックスのおすすめポイントは、買い物バッグとしても使用できるという点です。使用しないときはコンパクトに折りたたんでおくことができるので、持ち運びやすいのが特徴的。

また、こちらのソフトクーラーボックスにはカラビナなどを取り付けられる部分があるため、アウトドアでも活躍すること間違いなしです。

2:ハイパー氷点下クーラーL

ハイパー氷点下クーラーL

出典: Amazon
素材EVA、PP他
容量20L
重量1.5kg
ブランドロゴス

本品はハードクーラー並みの保冷能力が期待できる最強ソフトクーラーの一つです。大きさは39×30×29cm、容量が20Lなので中型のクーラーボックスになりますが、ソフトタイプのため折りたたみでき収納時には9×12.5×30cmとコンパクトになります。

大きく、厚手の断熱材などが使われているので、ソフトクーラーボックスにしては1.5kgと重量が重い点は注意しましょう。

アイスクリームも保冷できる性能

ロゴスからは強力な保冷剤も発売されており、本品と組み合わせると最強といえる非常に高い保冷力を発揮します。本品と「氷点下パック-16℃」を組み合わせるとアイスクリームが最大11時間も保存でき、アウトドアでも食材が傷みません。そのためファミリーキャンプのサブクーラーとしてもおすすめです。

3:極厚 クーラー バッグ25L

BUNDOK 極厚クーラーバッグ25L

出典: Amazon
素材ポリエステル・ポリ塩化ビニル他
容量25L
重量900g
ブランドBUNDOK

本品はおしゃれなデニム調のデザインが魅力的なモデルです。容量が25Lと大きくファミリーキャンプのサブクーラーボックスとしても使いやすいサイズ感です。さらに、重量が約900gしかないため広さと携帯性を併せ持ちます。

本品は価格帯が安くデザイン性が高いところも評価されており、ポータブル電源のケースやキャンプギアの収納ケースとしても活用する方もいるモデルです。
 

最強クラスの厚み

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

本品の断熱材の厚みは約25mmもあります。そのため、BUNDOKの中では最強クラスのソフトクーラーボックスといえるモデルです。口コミやレビューでも保冷力が高く評価されており、初めて購入するソフトクーラーボックスとしてもおすすめ。デザイン性がおしゃれなためラックに乗せておく見せる収納もできます。

一泊二日のキャンプで1キロのソフトタイプの保冷剤が翌日まで半分くらいまだ凍ってました!

最強のソフトクーラーボックス2選(26L以上)

1:サーモス アウトドアシリーズ ソフトクーラー

ROC-002

出典: Amazon
素材ポリエステル、ポリウレタンフォーム他
容量26L
重量800g
ブランドサーモス

魔法瓶で有名なサーモスから発売されている26Lの大型のソフトクーラーボックスです。大きさは44×23×高さ27.5cmと大きく、ファミリーキャンプのサブのクーラーボックスとしてもおすすめできるサイズ感です。

容量は26Lですが、ソフトクーラーボックスの特徴でもある携帯のしやすさもきちんとあり、小さく折りたたみでき重量は800gしかないため簡単運搬できます。また、デニムのようなおしゃれなデザインになっている点も魅力的です。

5層構造

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

本品は5層断熱構造になっており、断熱効果が高い最強クラスのソフトクーラーボックスです。そのため、口コミでも性能の高さを評価する声が多くキャンプなどのアウトドアにあると便利と言われています。

また、性能が高いだけではなく使いやすいようにインナーボックスが付属しており手軽に使えるところも好評です。デザイン性、重量や価格帯、断熱効果(保冷力)のバランスがいいため入門用のソフトクーラーボックスとしてもおすすめできます。

軽く、保冷力があるクーラーバッグです。使わないときは、折りたたんでおくこともできます。

2:アルティメイトクーラーⅡ

アルティメイトクーラーⅡ

出典: Amazon
素材TPE加工ポリエステル、ポリエチレン他
容量35L
重量1.4kg
ブランドコールマン

大型クーラーボックスの中で最強クラスの保冷性があり、数日のキャンプにおすすめモデルです。35Lもの容量があり、約42×32×38 cmと大きく少人数のキャンプでも使いやすく、ソフトクーラーボックスらしい折りたためる構造で携帯性の高さもあります。

デザインオリーブグリーンなっており落ち着いた配色です。さらに蓋を開けなくても中の物を取り出せる小窓がある点も変わらず、使いやすいモデルです。

最強の保冷性

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

本品は前述した15Lのエクストリームアイスクーラーと比較すると、冷気を逃さない小窓と厚めの断熱材により非常に保冷力が高いです。
保冷力は49時間にもなるため2泊3日以上の長めのキャンプにも対応できます。

さらにソフトクーラーボックスの内側には、抗菌加工が施されている着脱式ライナーがあり汚れても洗えるようになっている点も大きな魅力です。ライナーも保冷性のあるアルミ素材となっており食材の温度の上昇を抑えてくれます。

最強ソフトクーラーボックスの特徴比較

小型モデルの違い

スクロールできます

商品
商品名スーパーコールドクーラーバッグ 12L ベージュエクストリームアイスクーラー 15LFP-111R
素材ポリエチレンフォーム、ポリエチレン他ポリエステル、ポリエチレン他PVC+ポリエステル他
容量12L15L11L
重量650g890g650g
ブランドキャプテンスタッグコールマンスノーピーク
商品リンク
Yahoo!ショッピングで見る
Yahoo!ショッピングで見る
L-Breathで見る

どの製品もコンパクトで軽量ですが比較すると特徴がきちんとあります。コールマンの最強クラスのソフトクーラーボックスは容量が大きく、蓋を全開にしなくても中のものが取り出せるようになっており扱いやすいモデルです。

一方キャプテンスタッグの製品は、簡易テーブルにも使用できる唯一のモデルです。スノーピークの製品は、スリムタイプでデザイン性が高く丈夫なPVCを採用している点が魅力になります。

中型モデルの違い

スクロールできます

商品
商品名BUNDOK クーラー バッグ 20Lハイパー氷点下クーラーLBUNDOK 極厚クーラーバッグ25L
素材ポリエステルEVA、PP他ポリエステル・ポリ塩化ビニル他
容量20L20L25L
重量0.53kg1.5kg900g
ブランドBUNDOKロゴスBUNDOK
商品リンク
Yahoo!ショッピングで見る
Yahoo!ショッピングで見る
Yahoo!ショッピングで見る

中型モデルの比較です。使用時は大きいですが折りたたみできるためコンパクトに収納できる点は変わりません。DODの最強クーラーボックスは丈夫な素材が使われており広めです。ロゴスの製品は同社が発売する保冷剤とセットで運用すると最強の保冷力があり、重量はありますが保冷力が高いモデルです。

一方、BUNDOKの最強クラスクーラーボックスはデザイン性や価格帯が魅力的なモデルです。小さく見えますが容量も25Lもあります。

大型モデルの違い

スクロールできます

商品
商品名ROC-002アルティメイトクーラーⅡ
素材ポリエステル、ポリウレタンフォーム他TPE加工ポリエステル、ポリエチレン他
容量26L35L
重量800g1.4kg
ブランドサーモスコールマン
商品リンク
Yahoo!ショッピングで見る
Yahoo!ショッピングで見る

サーモスはアウトドアブランドではありませんが、魔法瓶に定評のあるブランドなので価格帯やデザイン、容量などのバランスがよくサブクーラーとして買いやすいアイテムです。さらに大きさに対し軽量なところもポイントでしょう。素材も比較するとポリウレタンが使われているなど他のメーカとは少し異なります。

一方でコールマンの最強クラスのクーラーは2泊のキャンプでも使えるほど保冷力があるモデルです。容量も大きく抜群の保冷性が魅力になります。

保冷力を損なわない工夫とは

保冷剤とセットで運用

出典:pixabay.com

冷たいものをそのままクーラーボックスに入れても保冷できますが、温度上昇は避けられません。できるだけ大きな保冷剤を入れて常に庫内を冷やしながら使いましょう。容量が大きいモデルでも保冷剤を入れることを考えて、食材を収納しましょう。また、凍らせた食材や水、その他飲み物なども保冷剤として使えます。

上手な使い方とは

クーラーボックスを開けるときは最小にしましょう。冷蔵庫や冷凍庫と同じように開け閉めするたびに冷気が流れ出し、外の暖かな空気が入ってきます。小窓がついていると温度をキープしたまま食材が取り出しやすくなります。

ソフトモデルは保冷力が最強の製品でも一般的にはハードタイプよりも保冷性は下がると言われているため、多少温度が上昇しても問題ないフルーツや水などを入れるといいでしょう。

クーラーボックスで快適なアウトドアを!

Photo bylakewooducc

ソフトクーラーボックスは、携帯性の高さが魅力。今回紹介した製品はアウトドアブランドから発売されているものが多く、保冷力が最強クラスです。また、コンパクトにたためるため、車載しやすく買い物からキャンプまで幅広い場所で使えます。

ただし、保冷力最強のソフトクーラーボックスでも保冷剤を組み合わせて使わないと真価は発揮できません。また、直射日光を避けることでハードタイプのように長く保冷できます。

夏のアウトドアが気になる方はこちらもチェック!

気温が暖かくなる初夏~秋にかけて初心者でも、キャンプやバーベキューなどのアウトドアがやりやすくなります。当サイトにはキャンプやバーベキューに関するさまざまな記事があるのでよかったらチェックしてみてください。

Movie動画記事

賃貸・借家でもOKのキャンプギア収納壁を作ってみた

憧れのキャンプギア棚を作るべく、ラブリコとディアウォールで柱を立てて、有孔ボードのギア壁を作りました!水性塗料を塗るところから設置するところまで撮影していますので、参考になれば幸いです! ラブリコの...

新型ジムニーで1週間車中泊生活してみたら想像以上に辛かった…

1日だけなら車中泊は楽勝ですが、もしも7日間連続で車中泊をするとどうなるのか?2ヵ月前に届いた新型ジムニーでやってみました! 結果、超辛かったのでもうやりません…。 【初心者から始める毎日キャンプ生...

キャンプ初心者に「好きなだけギア買ってきて!」と伝えてみたらこうなった…

「今日中ならキャンプギア買い放題です!」と暮らしーの編集部から言われ、急いでワークマンとゼビオに行って爆買いしてきました! ですが、本当にそんなにギアが必要なのかと考えてしまい、意外と大量に買えずに終...

デカカツオHIT!!!!! #shorts

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉

カンパチ爆釣!オフショアジギングで奇跡の7連発!

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcP...