検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【関東】雨の日に人気のアウトドア・レジャー6選!屋内での体験や自然遊びも!

雨の日はアウトドアを楽しめない。そんな風に考えていませんか。実はアクティビティによっては雨の日でも楽しめるものがたくさんあり、むしろ雨の方が楽しめるアウトドアもあるんです。今回は雨の日でも楽しめるアウトドアやレジャーをご紹介いたします。
2022年4月22日
NakamuraUK

雨の日でもアウトドアを楽しもう

アウトドアを予定する際にもっとも気になるのが天気。特に雨の多いシーズンは、アウトドアの予定を立てづらく、気分がブルーになってしまう方も多いでしょう。

さらにアクティビティやレジャーによってはあらかじめ予約が必要で、当日だとキャンセル料金が発生してしまったりと雨だと不利な場合も多くあります。雨が多い季節は思い切りアウトドアを楽しめない、と嘆く方も多くいるはずです。

中でも外でも楽しく遊べるアウトドアでレジャーを満喫


実は雨の日でも楽しめるアウトドアはたくさんあるのをご存知ですか?屋内で楽しめるアクティビティはもちろん、雨だからこそ楽しめるアウトドアやアクティビティも多数あります。

今回は雨の日でも楽しめるアウトドアやアクティビティをご紹介しますので、ぜひ参考してみてください。

雨でもできる水上アウトドア2選

①人気の水上アウトドア「ラフティング」

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

「ラフティング」はボートに乗って川を下るアクティビティです。ラフティングのように最初から濡れてしまうことが想定されるアウトドアなら雨でも全く気になりません。それどころか水量が増えることによってよりスリリングに楽しめるアウトドアになります。

雨が降ると川の水量が多くなり、雨の日は中止になるのではないかと思うかもしれませんが、雨が降っていても川の水量が基準に達していなければツアーが催行されることがほとんどです。


東京都内でも楽しめるラフティング

ラフティングはスリリングなイメージが強いアウトドアですが、ツアーによっては小学生から体験可能です。ツアーは関東地方なら群馬県のみなかみ地方や埼玉県の秩父地方などで催行されています。

東京でラフティングを楽しみたいなら、奥多摩がおすすめです。こちらのツアーなら奥多摩の「御岳渓谷」でラフティングを楽しむことができ、料金は5500円からとなります。小学1年生から参加できるので、ファミリーにもおすすめですよ。

②雨でも海でできる遊び「シュノーケリング」

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

シュノーケリングは「シュノーケル」と言う水中でも呼吸ができるようにするための器具をつけて、水面や比較的浅い水中を遊泳するマリンスポーツです。ダイビングのように潜水はせず、水面から海の中を眺めます。

必要な器材がシュノーケル、マスク、フィンの3つだけと少なく、資格も必要ないので手軽に行えるアウトドアです。海に入ることが前提のアウトドアなので、雨が降っていてもそれほど気になりません。


雨が降っていても水中や魚の様子は差がない

雨が降ると海水が濁るイメージがありますが、実は晴れていても雨が降っていても、水中や魚の様子はそれほど変化がありません。場所によっては濁る場合もありますが、海水の様子は当日の状況によって変わりますので、気になる場合は事前にツアー会社にご確認ください。

シュノーケリングは伊豆大島や初島といった離島はもちろん、関東でも楽しめます。神奈川県の葉山や小田原、千葉県の館山や勝浦、伊豆でも体験可能です。

シュノーケリングを体験するならこちらがおすすめ

シュノーケリングを楽しむなら、都内からアクセスがよく、透明度の高い海を満喫できる伊豆がおすすめです。こちらのツアーはシュノーケリングのみならず、伊豆の温泉や現地で人気の定食屋にも行くことができ、体も心も満足のツアーとなっています。

雨の日に山で体験できるアウトドア2選

①いつもと違う山を楽しむアウトドア「トレッキング」

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

晴れた日とは少し違った景色を楽しむことができるアウトドアなら、雨の日の「トレッキング」がおすすめです。雨の日のトレッキングは他の登山客と遭遇することがとても少ないので、よりじっくりと楽しむことができます。

水を得ていきいきする植物や土の香りなど、五感で山を感じることができるのが雨の日のトレッキングの魅力です。

装備をしっかりして楽しみたいアウトドア

雨の日にトレッキングを楽しむためには、レインウェアやレインシューズ、バックパックなど、装備に気を使わなくてはなりません。そのため雨の日のトレッキングは、トレッキング初心者にはなかなか敷居の高いアウトドアです。

アウトドア初心者ならトレッキングツアーがおすすめ

雨の日のトレッキングは少し難易度が高く、初心者向けのアウトドアとしておすすめできません。しかしトレッキングツアーなら、プロのガイドが案内してくれるのでアウトドア初心者にもおすすめです。

トレッキングツアーは伊豆大島や八丈島などでツアーが催行されていますが、それ以外の関東エリアでは群馬県などでも楽しめます。こちらのツアーは群馬県の「マチガ沢」までの半日トレッキングを楽しめ、料金は6000円からです。

②雨でスリル増!シャワークライミング、キャニオニング

雨の日にスリル満点なアウトドアを楽しみたいなら「シャワークライミング」または「キャニオニング」はいかがでしょうか。シャワークライミングとは、渓流を登っていくアクティビティで主にヨーロッパの山岳地帯で発展したアクティビティです。

一方キャニオニングは、キャニオニングをスタートするポイントまで移動し、そのポイントから渓流を降りていきます。2つはよく似ているのですが、渓流を登るのか降りるのかが主な違いです。

雨の日にはよりスリルが増すウォーターアクティビティ

最近ではキャニオニングとシャワークライミング両方楽しめるツアーも人気です。大雨の場合は中止になる場合もありますが、どちらも雨の日は水量が増し、スリルがアップします。

デートはもちろん、小学生から楽しめるツアーもあるので家族連れにもおすすめです。シャワークライミングやキャニオニングは関東なら群馬県や栃木県などで楽しめますが、都内なら奥多摩でも楽しめます。

おすすめのシャワークライミングツアーはこちら

多摩川でシャワークライミングツアーをお探しならこちらのツアーはいかがでしょうか。6歳の子供から参加可能なこちらのツアーは、自然のウォータースライダーや自然のプールなど、川の魅力を思う存分味わえ、料金は5500円ととてもリーズナブルです。

アウトドアの定番キャンプは雨でもできる?

装備をしっかりして臨みたいアウトドア「雨キャンプ」

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

当日雨が降る可能性があるので、雨が多い季節にはキャンプを予約することができない、そう思っていませんか。確かに雨の日のキャンプは晴れているときと比べて装備をきちんとする必要があるので、大変と言うところがデメリットです。しかし、雨の日のキャンプには雨の日ならではの楽しみ方があります。

雨の日のキャンプは、テントの中で雨の音を聞きながらまったりと過ごしたり、仲間や家族と会話を楽しんだり、一般的なアウトドアとは違った楽しみ方が可能です。

雨の日のキャンプに必要な装備

雨の日のキャンプは、普段よりもしっかりと装備を整えて行く必要があります。まず、レインウエアや長靴、タープなど、雨の日のアウトドアに基本的に必要となるものはもちろん、ブルーシートやゴミ袋、タオルなどは多めに用意しなくてはなりません。

キャンプはもちろん、暑い日にアウトドアを楽しむなら、レインウエアは防水性に優れ、透湿性の高いものを選びましょう。

雨の日のアウトドアにおすすめレインウエア

透湿性の低いレインウエアを着ると、テントの設営などをしているときにレインウエアの中が蒸れてしまい、とても不快な思いをすることになってしまいます。老舗の作業服メーカーであるアイトスが販売する「ディアプレックス」は防水性および透湿性に優れたレインウェアです。

ディアプレックスのレインパンツは6000円から、レインジャケットは10000円からと決して安くはありませんが、1セット用意しておくと雨の日のアウトドアが快適になります。

濡れたくないなら屋内アウトドアがおすすめ

雨でも遊べる室内アスレッチック「トンデミ」

「トンデミ」は関東では幕張や横須賀、東京都内なら平和島にある屋内アスレチック施設です。屋内にあるので雨でも晴れでも遊ぶことができ、季節に関係なく思い切り体を動かすことができます。

屋内アスレチックと言うと子供向けというイメージがあるかもしれませんが、トンデミは子供から大人まで思いきや体を動かして遊べる人気スポットなので、家族連れはもちろん、雨でも体を動かして遊びたいアウトドアが好きなカップルのデートにもおすすめです。

雨でも広々とした屋内で思い切り体を動かそう

トンデミ平和島店は、さまざまなエリアに分かれたトランポリンエリア、難易度の違う14種類のコースを楽しめるクライミングウォールエリア、高さ3.5メートルのロープの上を安全ベルトを着けて進みゴールを目指すロープウォークエリアなどさまざまなエリアに分かれています。

1人550円で会員登録登録ができ、会員になると通常料金より安く利用できるので、会員登録がおすすめです。会員料金は大人1人120分コースで3000円となります。

スペースアスレチック トンデミ 平和島

  • 公式サイトURL
    https://bandainamco-am.co.jp/others/tondemi/heiwajima/
  • 住所
    東京都大田区平和島1丁目1-1
  • 電話番号
    03-6404-9935

雨の日でもアウトドアは楽しめる!

Photo byfietzfotos

いかがでしたか?実は雨の日でも楽しめるアウトドアはたくさんあるんです。ラフティングやシュノーケリングのように濡れることが前提のアウトドアなら雨が降っても気になりません。キャニオニングやシャワークライミングのように雨でスリルが増すアウトドアもあります。

雨で濡れるのが嫌なら屋内アスレチックなど、室内で楽しめる遊びがおすすめです。雨でも楽しめるアウトドアで、天気を気にせず予定を立ててみませんか。

雨の日のアウトドアが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のでは雨の日のアウトドアがより楽しくなるように、雨の日のアウトドアにぴったりなアイテムを多数紹介しています。雨が降っても屋外でのアウトドアを楽しみたい方は以下のリンクをぜひご覧ください。