Twitter
Facebook
LINE

キャンプとグランピングの違いとは?それぞれの魅力や楽しみ方、必要な持ち物を紹介

kon_w

キャンプとグランピングの違いとは?それぞれの魅力や楽しみ方、必要な持ち物を紹介

kon_w

キャンプとグランピングには、さまざまな点で違いがあります。そこで、本記事ではキャンプとグランピングの違いや魅力、楽しみ方など知っておくと便利な情報を紹介します。キャンプやグランピングについて詳しく学んで、アウトドアを楽しんでみませんか。



キャンプとグランピングが気になる!

近年人気を集めているアウトドアスタイルは、キャンプとグランピングの2種類に大きく分けられます。しかし、言葉は聞いたことがあったとしても、キャンプとグランピングの違いを具体的に知らない方も多いのではないでしょうか。

キャンプとグランピングの違いをチェックしよう

芝生に建てられたテント
Photo bypiviso

本記事では、キャンプとグランピングの違いについて具体的に解説します。また、キャンプやグランピングならではの魅力や楽しみ方など、アウトドアを満喫するために備えておきたい情報を集めました。好みの方法を選んで、アウトドアを楽しんでみてください。

基本的な違いとは

キャンプとグランピングは、どちらもアウトドアで焚き火をしたり、バーベキューをしたりして過ごすので、どこに違いがあるのかはっきりとしないこともあるでしょう。そこで、ここではキャンプとグランピングの違いについて紹介します。

キャンプはあらゆることを自分で行う

焚き火の上の鍋
Photo byJalynBryce


キャンプは、基本的に全ての作業を自分で行います。テントの設営やチェア・テーブルの設置、焚き火台の準備など、キャンプ中に行う作業は多種多様です。

キャンプ場によってはバーベキュー設備をレンタルしてくれることもありますが、ほとんどの場合は調理器具や食材に関しても自分で調達する必要があります。そのため、必要なものを忘れた場合は不便な思いをすることもあるでしょう。
 

グランピングはホテル並みの施設が用意されている

キャンプと異なり、グランピングはホテル並みの施設が用意されており、自分で行う作業はほとんどありません。テントの設営やバーベキューの準備などほぼ全ての作業を施設側が行ってくれます。

また、グランピングの場合はテントだけでなくコテージやトレーラーハウスなど、さまざまな施設が完備されているのも特徴です。おしゃれにコーディネートされているコテージも多く、写真映えすることで人気を集めています。

それぞれの魅力

どちらの方法でアウトドアを楽しむか迷った場合は、キャンプとグランピング両方の魅力を確認するとスムーズに決めやすくなります。どちらがより自分にとって魅力的な宿泊方法なのか考えて、アウトドアを楽しむのがおすすめです。



キャンプはゼロから自分で組み立てる楽しみがある

明かりがついたテント
Photo bybhossfeld

テントやタープ、チェア、テーブルなど、全てのアイテムをゼロから自分で組み立てることにキャンプならではの魅力があります。何もなかった場所にギアを設置し、コーディネートをしていけば、自分だけの秘密基地を作っているような気分に浸れるでしょう。

できあがったテントコーディネートを写真に収めてSNSにアップしたり、自分が作り上げた空間でのんびりリラックスしたり、自由な時間を過ごせます。

グランピングは初心者でも安心

アウトドア初心者の場合、テントの設営などに高いハードルを感じることもあるでしょう。グランピングでは寝床の確保から食事の準備まで全て施設側に任せられるので、初心者でも安心してアウトドア気分を楽しめるのが魅力です。

また、多くのグランピング施設には冷暖房が完備されているため、夏や冬も暑さ・寒さに煩わされることなくアウトドアを満喫できます。快適性を求めるなら、グランピングがおすすめです。

おすすめの楽しみ方

それぞれに異なるスタイルを持つキャンプとグランピングは楽しみ方にも違いがありますので、自分の好みに合わせて選ぶことが大切です。そこで、続いてはアウトドアを満喫するための楽しみ方をキャンプとグランピングに分けて解説します。

キャンプではお気に入りのギアを揃えられる

山の上のテント
Photo byyongxinz

全ての作業を自分で行うキャンプは、お気に入りのギアを揃えるところに最大の楽しみがあります。どのブランドのギアを使うかによって快適性は変わるため、自分なりの工夫を凝らせるのがキャンプのよいところです。

機能性だけでなくデザイン性にもこだわれば、オリジナルのコーディネートを楽しめるようになります。また、最初は少ないギアからスタートして、少しずつお気に入りのギアを増やす楽しみもあります。

グランピング施設が用意したアクティビティに参加

施設側が用意したアクティビティに参加するのが、グランピングの楽しみ方の1つです。施設によって提供されているアクティビティは異なりますが、川辺の施設ならラフティング、山中の施設ならハイキングなど、個性豊かなアクティビティが揃っているところが嬉しいポイントになります。

自分好みのアクティビティを提供している施設を選べば、充実したアウトドアタイムを過ごせるのがグランピングのよいところと言えるでしょう。

必要な持ち物

快適にアウトドアを楽しむためには、必要な持ち物を確認しておくことも大切です。ここからはキャンプとグランピングに必要な持ち物をそれぞれ解説しますので、アウトドアへ出かける準備をするための参考にしてみてください。

キャンプではテントや寝袋など

黒い寝袋クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

キャンプに必要な基本的な持ち物は、寝床を確保するためのテントやマット、寝袋の他に、紫外線予防や雨避けとして使うタープが挙げられます。調理用としては、ガスバーナーもしくは焚き火台、クッカー、カトラリーがあるとよいでしょう。

ランタンやチェアなども準備

夜間の灯りを確保するためには、ランタンが必要です。簡単に使えるLEDランタンの他、本格的な灯りを楽しめるオイルやガソリン式のランタンも人気を集めています。他にチェアやテーブルなどを準備すると快適性が上がるので、好みに合わせて選ぶのがおすすめです。

グランピングは着替えだけでも十分

グランピングは施設側が必要なものを準備を整えていますので、ギアは必要ありません。テントやコテージなどの宿泊施設はもちろんのこと、バーベキュー用の食材や調理器具、リラックス用のチェアなど、備え付けの設備を利用できます。ボディソープなどのアメニティ類も揃っていることがほとんどなので、着替えだけでも十分でしょう。

注意ポイント

それぞれにたくさんの魅力があるグランピングとキャンプですが、注意点もありますので気を付けましょう。ここでは、各注意点について解説しますので、どのような注意点があるのか確認した上で自分に合った方法を選んでみてはいかがでしょうか。

本格的なキャンプはいろいろな知識が必要

山の中に建てられたテント
Photo byPexels

さまざまな作業を行う必要があるキャンプは、アウトドアに関する本格的な知識を備えておく必要があります。そのため、キャンプへ行く前には、アウトドア専門誌などを読んで知識を身につけておくのがおすすめです。

テントの設営方法や火の処理の仕方など、本格的な知識を備えていないと、スムーズにキャンプが楽しめないだけでなくトラブルにつながる場合もありますので気を付けましょう。

グランピングはコストが高い

グランピングは施設側があらゆる準備を行ってくれる分、支払う料金は高くなります。施設によって料金体系は異なりますが、ラグジュアリーなグランピングなら1人あたり2〜3万円くらいになる場合も考えられるでしょう。コストも加味した上で、快適に過ごせる施設を選ぶことが重要です。

関東で人気のアウトドアスポット2選

近年のアウトドアブームを受けて、さまざまなキャンプ場やグランピングオープンが関東にオープンしています。そこで、ここからはおすすめのキャンプ場とグランピング施設を紹介しますので、好みの場所を見つけるための参考にしてみてください。

キャンプ場:BOSCOオートキャンプベース

都心から1〜2時間ほどでアクセスでき、手つかずの自然を楽しめる人気スポットです。近くには渓流が流れ、夏場は川遊びができるのも嬉しいポイントとして挙げられます。バイクや車の乗り入れが可能で、本格的なオートキャンプを満喫できると評判です。

基本情報

BOSCOオートキャンプベース

  • 住所
    〒257-0000 
    神奈川県秦野市丹沢寺山75
  • 電話番号
    0463-75-3273
  • 営業時間
    チェックイン12:00~17:00・チェックアウト~11:00

さらに詳しい情報はこちら

BOSCO ホーム

グランピング施設:ザ・ファーム

千葉県にある、牧場グランピング施設です。敷地内の農園での収穫体験、ジップライン、カヌーツーリング、火起こし体験など、バリエーション豊かなアクティビティが揃っています。グランピングテントの他にコテージもあり、好みに合わせて選べるのも魅力です。

基本情報

ザ・ファーム

  • 住所
    〒287-0103
    千葉県香取市西田部1309-29
  • 電話番号
    0478-79-0666
  • 営業時間
    チェックイン14:00〜17:00・チェックアウト8:00〜10:00

さらに詳しい情報はこちら

ザ・ファーム

関西で人気のアウトドアスポット2選

関東だけでなく、関西にも魅力的なアウトドアスポットが揃っています。お気に入りの場所が見つかれば、気軽にアウトドアを楽しめるようになるでしょう。そこで、ここでは関西で人気のキャンプ場とグランピング施設を紹介します。

キャンプ場:新田ふるさと村

新田ふるさと村とは、標高500mに位置し、澄んだ空気を思う存分に楽しめるキャンプ場です。日が暮れると満点の星空が広がり、ロマンティックな時間を過ごせます。夏は新緑、秋は紅葉といったように四季折々の景観を楽しめるのも嬉しいポイントです。

基本情報

新田ふるさと村

  • 住所
    〒679-2401
    兵庫県神崎郡神河町新田340-1
  • 電話番号
    0790-33-0870
  • 営業時間
    4~11月:9:00~17:00
    12~3月:9:00~16:30

さらに詳しい情報はこちら

新田ふるさと村 | 兵庫県/神河町 キャンプ、コテージ、バンガロー、ログハウス、バーベキュー、お食事

グランピング施設:京都 るり渓

写真映えのするおしゃれなグランピングテントが揃い、優雅なひと時を過ごせる人気スポットです。ハンモックやベッドなどリラックスするための設備が全て揃い、アウトドア初心者でも気軽に利用できます。

基本情報

京都 るり渓

  • 住所
    〒622-0065
    京都府南丹市園部町大河内広谷1-14
  • 電話番号
    0771-65-5001
  • 営業時間
    チェックイン14:00~17:00・チェックアウト8:00~10:00

さらに詳しい情報はこちら

京都 るり渓

キャンプやグランピングを楽しもう

おしゃれなグランピング
Photo byTheSang

キャンプとグランピングの違いとは、自分で作業を行うか否か、というところにあります。キャンプはテントの設営やギアの準備を自分で行う一方で、グランピングは施設側が用意を整えてくれるので手ぶらでもアウトドアを楽しめるのが特徴です。

それぞれにアウトドアならではの魅力や楽しみ方がありますので、自分にはどちらのタイプが合っているか考えながら宿泊方法を決めるとよいでしょう。今度の休日は、キャンプやグランピングに出かけてみませんか。

キャンプとグランピングが気になる方はこちらもチェック!

グランピングやキャンプを楽しみたい時は、お気に入りのスポットを見つけることも大切です。関連記事ではおすすめのグランピング施設やキャンプ場を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

Movie動画記事

賃貸・借家でもOKのキャンプギア収納壁を作ってみた

憧れのキャンプギア棚を作るべく、ラブリコとディアウォールで柱を立てて、有孔ボードのギア壁を作りました!水性塗料を塗るところから設置するところまで撮影していますので、参考になれば幸いです! ラブリコの...

新型ジムニーで1週間車中泊生活してみたら想像以上に辛かった…

1日だけなら車中泊は楽勝ですが、もしも7日間連続で車中泊をするとどうなるのか?2ヵ月前に届いた新型ジムニーでやってみました! 結果、超辛かったのでもうやりません…。 【初心者から始める毎日キャンプ生...

キャンプ初心者に「好きなだけギア買ってきて!」と伝えてみたらこうなった…

「今日中ならキャンプギア買い放題です!」と暮らしーの編集部から言われ、急いでワークマンとゼビオに行って爆買いしてきました! ですが、本当にそんなにギアが必要なのかと考えてしまい、意外と大量に買えずに終...

デカカツオHIT!!!!! #shorts

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉

カンパチ爆釣!オフショアジギングで奇跡の7連発!

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcP...