Twitter
Facebook
LINE

バンジージャンプの浮遊感をリアル実況!落下時間や恐怖を感じるポイントも解説!

ユウキ

バンジージャンプの浮遊感をリアル実況!落下時間や恐怖を感じるポイントも解説!

ユウキ

バンジージャンプの浮遊感を味わいたいという人は、意外に多いかもしれません。バンジージャンプの浮遊感は、実際に飛んだことがある人でなければわからないでしょう。どういった恐怖、スリル、感動を得られるのかを詳しく解説していきます。



バンジージャンプの浮遊感はどんな感じ?

実際に飛んでみないとわからない?

バンジージャンプは、やはり浮遊感を楽しむものというイメージでしょう。しかし、落下する感覚や、その場に立ったときの高さの恐怖などは、実際にバンジージャンプをしてみなとわからなと感じているかもしれません。

バンジージャンプの浮遊感やスリルを、飛ぶ前に知っておきたいと感じている人も多いかもしれませんので、できだけ詳しく、バンジージャンプの浮遊感について解説していきます。バンジージャンプの恐怖やスリルをぜひ、理解してください。

バンジージャンプの浮遊感とは

ジェットコースターのスピード感

バンジージャンプの浮遊感は、ジェットコースターの感覚に近いのでしょうか。結論から言えば、バンジージャンプとジェットコースターとは大きく違うポイントがあります。それはバンジージャンプはあくまでも体一つで行う自然落下ということです。

そのため、落下する感覚や恐怖感で考えればバンジージャンプの方が怖いでしょう。何かに身を寄せているジェットコースターとも違いますので、不安感も強くなりバンジージャンプの方が恐怖感は強いと言えます。

スカイダイビングのような高さの恐怖



では、スカイダイビングに近い感覚なのでしょうか。スカイダイビングは確かに体一つで飛び出すバンジージャンプに近い感覚になります。しかし、スカイダイビングの場合は高低差があり過ぎて、意外に高さの恐怖は小さいのです。

バンジージャンプは地面の確認できる高さから落下するため、高さによる恐怖はあきらかにバンジージャンプの方が大きいと言えます。スリルを求めるのであれば、バンジージャンプがおすすめです。

バンジージャンプの方がここが楽しい!

下に落ちきってからが爽快

意外かもしれませんが、バンジージャンプの爽快感の一番のポイントは浮遊感などではなく下に落ち切ったときなのです。実はこれは実際にバンジージャンプを体感した多くの人が感じている部分と言えるでしょう。

下に落ち切ってからが楽しい理由は、緊張から解放された瞬間だからということです。飛び降りるまで怖いという気持ちがピークに達してしまいますが、下に落ち切ったときには、強い安心感に包まれます。この緊張と解放を求めてバンジージャンプをする人も多いようです。



体感をしたことがないような浮遊感

バンジージャンプの浮遊感は独特です。ジェットコースターのように強制的なスピードを与えられる感覚とは全く違い、自分で飛び出し、さらには自然な落下のため今まで感じたことがないような浮遊感であることは間違いありません。

自分の体重のみで落下しますので、浮遊感はとても自然です。自然落下だからこそスリルや怖い感覚はとても強いのです。しかし、その後の爽快感も強いということになります。

ヒーロー的な存在になれる

バンジージャンプを行えるスポットには、多くのギャラリーがいることが多いです。そのため、バンジージャンプが成功した後は、そのギャラリーからの歓声が得られます。まさにヒーロー的な気持ちになるでしょう。

バンジージャンプ後のこうした爽快感は、言葉では伝えることができないほどの気持ち良さがあります。どのような人でもギャラリーからの歓声を受けた後には言葉にはできない爽快感に包まれるはずです。

あえて恐怖を求めてしまう

人は誰でも怖い物見たさという感覚があります。これはバンジージャンプにも通ずる部分があり、怖いとわかっていながらも体感してみたいと思ってしまうのです。ただし、恐怖を求めてバンジージャンプに挑戦する人は、なかなか飛び出せないかもしれません。

怖い体験を求めて始めるのもいいかもしれませんが、実際にその場に立ってみると恐怖感はおそらく想像していたよりも怖いはずです。その恐怖感とトライする気持ちの駆け引きも楽しいかもしれません。

バンジージャンプの浮遊感を楽しむなら

体調は万全に整えておく

バンジージャンプの浮遊感を最大限に楽しみたいなら、体調は万全の状態で楽しみましょう。バンジージャンプの目前で気分が悪くなってしまう人や、中には失神をしてしまう人も珍しくないのです。

バンジージャンプの浮遊感を楽しむ前に、ジャンプ台から降ろされたということにもなりかねません。バンジージャンプの浮遊感を楽しみたいなら、事前にしっかりと体調は整えておき、もし、体調がすぐれないと感じたときには、諦めることも大切です。

動きやすい服装で望む

バンジージャンプの浮遊感を楽しみたいとトライする人の中には、動きにくい服装で望んでしまう人も少なくありません。そうした服装の場合は、バンジージャンプの浮遊感を最大限に楽しめないまま終わってしまうこともあります。

できるだけバンジージャンプの楽しさを味わいたいなら、動きやすい服装で望むことが一番です。そのため、事前にバンジージャンプを飛ぶことを考えてそのスポットに行くようにしましょう。

できるだけ目は開けた状態でジャンプ

バンジージャンプに挑戦する人の中には、怖いという感覚から目を閉じて飛んでしまう人もいるのです。ですが、これでは浮遊感は薄れてしまいます。視覚として入ってくるスピード感も、バンジージャンプの浮遊感として重要な要素。

できるだけしっかりと目は開けておき、飛び降りた後もしっかりと景色を楽しむようにしましょう。初めてのバンジージャンプの場合は、浮遊感を楽しむ感覚にならないかもしれませんが、できるだけしっかりと目は開けておくのがおすすめです。

数人でスポットに行く

バンジージャンプの浮遊感は、気持ちが高まれば高まるほど、感覚が強まります。その気持ちを高めるには、友人などの後押しも必要なのです。そのスポットにつくまでのドキドキ感などを共感し合うことで気持ちは自然と高まります。

また、バンジージャンプに成功した後も、浮遊感についての共感ができるでしょう。バンジージャンプの楽しみはこうしたことにもありますので、できるだけ数人でスポットに行くことをおすすめします。

おすすめのバンジージャンプスポット

埼玉・秩父・バンジージャンプ

絶景を眺めながらバンジージャンプを楽しめるスポットです。浮遊感を味わいながら、絶景も楽しめるためこれ以上ない体験をすることができるでしょう。意外に女性の挑戦者もこのスポットには多い特徴があります。

このスポットでバンジージャンプの浮遊感を楽しみたいなら、事前予約が必要です。予約は1人からでもできますので、ぜひ挑戦してみてください。ただし、年齢は15歳以上からとなっていますので、予約をするときには注意しましょう。

埼玉・秩父・バンジージャンプ

  • 住所
    〒369-1911
    埼玉県 秩父市 荒川贄川729
  • 公式サイトURL
    https://www.asoview.com/item/activity/pln3000033262/
  • アクセス
    ■東京方面
    関越自動車道「花園IC」より国道140号線、皆野寄居バイパス経由で約2時間。
    関越自動車道「日高狭山IC」より国道299号線 - 秩父 - 国道140号線
    ※皆野寄居バイパスは有料道...
【埼玉・秩父・バンジージャンプ】スリル溢れる体験をしよう!キャニオンバンジー|アソビュー!
【最安値保証】【埼玉・秩父・バンジージャンプ】スリル溢れる体験をしよう!キャニオンバンジーを予約するなら日本最大のレジャー情報サイトアソビュー!へ。秩父・長瀞のバンジージャンプの魅力を写真・動画で紹介中。

静岡・富士・バンジージャンプ

絶景という言葉がピッタリとくる静岡県にあるバンジージャンプスポットです。橋の上からバンジージャンプをしますが、その高さはなんと54mで、本気で望まなければ飛ぶことはできないでしょう。

また、このスポットは事前にしっかりとレクチャーを受けることができますので安心です。最高の浮遊感、そして景色を堪能できますので、バンジージャンプ成功した後は感動をするかもしれません。

静岡・富士・バンジージャンプ

  • 住所
    〒417-0847
    静岡県富士市比奈 須津渓谷橋
  • 公式サイトURL
    https://www.asoview.com/item/activity/pln3000019602/
  • アクセス
    お車でお越しの方
    ・東名高速「愛鷹PAスマートIC」(ETCのみ)から約25分
    ・東名高速 「富士IC」から約25分交通機関をご利用の方
    岳南鉄道「須津駅」からタクシーで約15分
【初めての方限定】静岡・富士・バンジージャンプ(橋の高さ54mのブリッジバンジー・アクションカメラレンタル付)|アソビュー!
【最安値保証】【初めての方限定】静岡・富士・バンジージャンプ(橋の高さ54mのブリッジバンジー・アクションカメラレンタル付)を予約するなら日本最大のレジャー情報サイトアソビュー!へ。御殿場・富士のバンジージャンプの魅力を写真・動画で紹介中。

バンジージャンプで浮遊感を楽しもう

スリルと感動が待っている

バンジージャンプの浮遊感は、最高のスリルと言えるでしょう。こうした浮遊感は、なかなか普段の生活では味わうことができません。そのため、バンジージャンプのトライに悩んでいる人は、ぜひ挑戦してみてください。

ただし、バンジージャンプの浮遊感を最大限に楽しむなら、事前の準備や心構えも大切です。成功すれば一生の思い出に残ることは間違いないでしょう。

関東のバンジージャンプスポットが気になる方はこちらをチェック!!

関東でバンジージャンプをしたいけれども、どこでできるのかわからないという人は多いかもしれません。関東のおすすめバンジージャンプスポットを5選、紹介していますので、ぜひチェックしてください。

Movie動画記事

1週間毎日メスティン飯生活をやってみたら飯スキル爆上げした

1週間毎日、キャンプギアの一つであるメスティンを使ってキャンプ飯を作っては食べてみました。メスティンはダイソーでも500円で販売されていますので、興味がある方はぜひ参考に作ってみて下さい!おすすめは豚...

噂のレンズ撥水加工スプレー「レインホッパー」を実証実験したんだけど・・・

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcP...

予算1万円設定でキャンプ道具揃えてキャンプやってみたらヤバかった

キャンプ道具と言えば1つ1万円を超えるものも沢山ありますが、今回はキャンプ道具全部合わせて1万円以内というルールでキャンプしてみました! 結論としては、不可能ではないのですが、やはり不足感はあるといっ...

賃貸・借家でもOKのキャンプギア収納壁を作ってみた

憧れのキャンプギア棚を作るべく、ラブリコとディアウォールで柱を立てて、有孔ボードのギア壁を作りました!水性塗料を塗るところから設置するところまで撮影していますので、参考になれば幸いです! ラブリコの...

新型ジムニーで1週間車中泊生活してみたら想像以上に辛かった…

1日だけなら車中泊は楽勝ですが、もしも7日間連続で車中泊をするとどうなるのか?2ヵ月前に届いた新型ジムニーでやってみました! 結果、超辛かったのでもうやりません…。 【初心者から始める毎日キャンプ生...