Twitter
Facebook
LINE

竜神大吊橋でバンジージャンプ体験ができる!身震いしそうな高さ100mからダイブ!

M-Y-M

竜神大吊橋でバンジージャンプ体験ができる!身震いしそうな高さ100mからダイブ!

M-Y-M

茨城県北部の絶景が楽しめる観光スポット「竜神大吊橋」では、スリル満点のバンジージャンプも人気です。100mの高さから四季折々の絶景とともにスリルが味わえる「竜神大吊橋」のバンジージャンプについて、参加条件や料金などをご紹介します。



竜神大吊橋のバンジージャンプをご紹介!

出典: https://image.asoview-media.com/image/production/acp/3000003678/74b60067-7a12-4f7d-8a06-d816c93f61bb.jpg?width=720&height=480

茨城県常陸太田市にある「竜神大吊橋」(りゅうじんおおつりはし)は、竜神ダムの上にかけられた長さ375mの日本最大級の歩行者専用の橋です。ダム湖面から100mもの高さにある「竜神大吊橋」は絶景が楽しめる人気の観光スポットで、バンジージャンプの名所としても知られています。

そんな「竜神大吊橋」のバンジージャンプについてご紹介しますので、絶景とスリルを体験してみませんか。(当記事は2022年2月12日時点の情報に基づいて作成しています)

竜神大吊橋のバンジーの特徴と参加条件

竜神大吊橋のバンジージャンプの魅力

出典: https://image.asoview-media.com/image/production/acp/3000003678/pln3000007406/38cb4c7f-2650-466c-a858-4847e98cf69f.jpg?width=720&height=480

竜神大吊橋は竜神川をせき止めた竜神ダムの上にかかる歩行者専用の吊橋で、ダムの湖面から100mもの高い場所にあります。

高さと長さを誇る竜神大吊橋は観光で訪れるだけでもスリル満点で、バンジージャンプに挑戦すればさらにスリルのある体験ができるのが人気です。また、観光シーズンには多くのお客さんに見守られながらバンジージャンプ体験ができるのも特徴となっています。

初めてでも安心して体験できる!

竜神大吊橋は日本各地にあるバンジージャンプのサイトの中でも高さがあるのが特徴で、経験者でもスリルを感じるほどですが、初めてでも丁寧な説明や保険の加入などで安心して体験できるのが魅力です。

バンジージャンプをしたあとは電動ウインチで引き上げて吊橋に戻るスタイルとなっています。ジャンプの余韻に浸りながら、ゆっくりと景色を満喫しましょう。



竜神大吊橋のバンジージャンプの参加条件

出典: https://image.asoview-media.com/image/production/acp/3000003678/pln3000007406/ee8b5b47-bd32-463f-97ca-6f81d1841050.jpg?width=720&height=480

バンジージャンプは、40㎏から105㎏までの体重制限があります。当日にも測定しますが、事前に体重をチェックしておきましょう。

年齢は15歳以上から体験できますが、20歳未満の場合には両親などの法定代理人の同伴か、同伴できない場合には確認書への署名が必要になります。こちらも必要な場合には事前に確認してみてください。

飲酒をすると保険適用外となるので要注意!

竜神大吊橋のバンジージャンプは心臓病や高血圧などでも体験ができますが、その場合には「診断調査書」が必要となります。詳しくは「BUNGY JAPAN 竜神バンジー」の公式サイトに掲載されているので、確認してみてください。

また、当日に飲酒をした場合には保険適用外となり体験ができないので注意が必要です。当日に問題なくバンジージャンプが体験できるように、事前に注意事項をしっかりと確認しておきましょう。



竜神大吊橋のバンジーの料金と予約方法

バンジージャンプの料金

出典: https://image.asoview-media.com/image/production/acp/3000003678/pln3000007406/acd39de1-0acc-481b-b392-c920891401cd.jpg?width=720&height=480

竜神大吊橋のバンジージャンプの料金には体験料や保険料、器材レンタル料などが含まれていて、1回目は17000円、同じ日に2回目を体験する場合は8000円です。また、以前に体験したことがあれば、認定書と身分証明書を持参すれば11000円となります。

さらに、「BUNGY JAPAN」が運営しているほかの場所で体験したことがれば、認定書と身分証明書の持参で1000円割引となるので、活用してみてください。

予約方法と注意点

竜神大吊橋のバンジージャンプは、「BUNGY JAPAN 竜神バンジー」の公式サイトから予約が可能です。また、竜神大吊橋で初めてバンジージャンプを体験するという時には、「アソビュー!」に掲載されているプランもおすすめです。

荒天などやむを得ず営業中止となる場合にはキャンセル料は無料ですが、それ以外は前日は50%、当日は100%のキャンセル料がかかるので、注意しましょう。

BUNGY JAPAN竜神バンジー|ネット予約ならアソビュー!
BUNGY JAPAN竜神バンジー(茨城県)に行くならアソビュー!アソビュー!なら料金・割引、口コミ、写真、地図がチェックできます。茨城県常陸太田市のBUNGYJAPAN竜神バンジーで、バンジージャンプの神髄を味わいましょう!本州最長の歩行者専用橋、竜神大吊橋から最大100メートルのジャンプをお楽しみください。橋からの眺め...

BUNGY JAPAN 竜神バンジー

  • 住所
    〒313-0351
    茨城県常陸太田市天下野町2133-6
  • 営業時間
    9:00~17:00(最終受付は16:30)
  • 定休日
    木曜日・金曜日(通年営業)
  • 駐車場
    あり
  • 公式サイトURL
    http://www.bungyjapan.com/ryujin/

竜神大吊橋へのアクセスと施設情報

バスでのアクセス方法

出典: https://image.asoview-media.com/image/production/acp/3000003678/pln3000007406/68463a1a-0b1b-4fa8-a6d7-6d1f1675638a.jpg?width=720&height=480

竜神大吊橋のバンジージャンプを運営する施設「BUNGY JAPAN 竜神バンジー」の住所は、竜神大吊橋と同じ住所となります。

電車でのアクセスは、JR水郡線の「常陸太田駅」から茨城交通バスに乗り、「竜神大吊橋」バス停で下車となります。事前に電車とバスの時刻を確認しておきましょう。

車でのアクセス方法

車の場合は、常磐自動車道の「那珂インターチェンジ」から国道349号線を経由して50分ほどです。竜神大吊橋は観光でも人気のスポットのため、車でアクセスする際には周辺の道路や駐車場が混雑している場合があるので、時間に余裕をもって行動しましょう。

また、駐車場が混雑している場合には、バンジージャンプの受付まで徒歩10分ほどの場所にある「第4駐車場」を利用してください。

竜神大吊橋の住所と施設に関する注意点

バンジージャンプを体験する施設は竜神大吊橋と同じ住所ですが、観光で吊橋を渡る際の受付と、バンジージャンプ体験をする際に受付をする施設の場所が異なります。初めて訪問する際には受付時間に遅れないように、早めにアクセスして余裕を持って受付ができるように心がけましょう。

竜神大吊橋

  • 公式サイトURL
    https://ohtsuribashi.ryujinkyo.jp/guide.html
  • 住所
    〒313-0351
    茨城県常陸太田市天下野町2133-6
  • 電話番号
    0294-87-0375
  • 営業時間
    8:30~17:00(受付は16:40まで)

スリル満点のバンジーを体験しよう!

出典: https://image.asoview-media.com/image/production/acp/3000003678/pln3000007406/920f6bb0-0c54-4977-bbf4-3ab0753199c8.jpg?width=720&height=480

茨城県の人気観光スポット「竜神大吊橋」で体験できるバンジージャンプについて、参加条件や料金などをご紹介しました。

「竜神大吊橋」のバンジージャンプは大自然の絶景とともにスリルが楽しめて、初めての人はもちろん、経験者にもおすすめです。参加条件や注意事項をしっかりと確認してから予約をして、バンジージャンプを体験しましょう。

茨城の人気スポットが気になる人はこちらもチェック!

茨城県には今回ご紹介した竜神大吊橋のように魅力あふれる人気スポットがたくさんそろっています。茨城の人気スポットが気になる時には、下記の記事もあわせて読んでみてください。

Movie動画記事

1週間毎日メスティン飯生活をやってみたら飯スキル爆上げした

1週間毎日、キャンプギアの一つであるメスティンを使ってキャンプ飯を作っては食べてみました。メスティンはダイソーでも500円で販売されていますので、興味がある方はぜひ参考に作ってみて下さい!おすすめは豚...

噂のレンズ撥水加工スプレー「レインホッパー」を実証実験したんだけど・・・

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcP...

予算1万円設定でキャンプ道具揃えてキャンプやってみたらヤバかった

キャンプ道具と言えば1つ1万円を超えるものも沢山ありますが、今回はキャンプ道具全部合わせて1万円以内というルールでキャンプしてみました! 結論としては、不可能ではないのですが、やはり不足感はあるといっ...

賃貸・借家でもOKのキャンプギア収納壁を作ってみた

憧れのキャンプギア棚を作るべく、ラブリコとディアウォールで柱を立てて、有孔ボードのギア壁を作りました!水性塗料を塗るところから設置するところまで撮影していますので、参考になれば幸いです! ラブリコの...

新型ジムニーで1週間車中泊生活してみたら想像以上に辛かった…

1日だけなら車中泊は楽勝ですが、もしも7日間連続で車中泊をするとどうなるのか?2ヵ月前に届いた新型ジムニーでやってみました! 結果、超辛かったのでもうやりません…。 【初心者から始める毎日キャンプ生...