検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

バーベキューで重宝する焚き火台6選!BBQコンロと兼用すべきでない理由も解説!

バーベキューの時は、焚き火台を活用させましょう。今回は、バーベキューにおすすめな焚き火台をまとめてみました!また、焚き火台とバーベキューコンロを併用すべきではない理由にも触れているので、初心者さんは是非チェックしてみてください。
更新: 2022年5月8日
mamma32

目次

バーベキューをしよう

バーベキューには焚き火台がおすすめ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

バーベキューはアウトドアーで人気ですが焚き火台を用いると、より充実した時間を過ごせるはずです。焚き火台と聞くとキャンプのイメージが強いですが、バーベキューにも取り入れることでアウトドアーっぽい雰囲気がアップします。

また、焚き火台があれあ、直火でお肉や食材を焼きたいときにも便利です。今回の記事では、バーベキューにおすすめの焚き火台をまとめているので是非チェックしてみてください。いろいろな焚き火台を見比べて、自分のニーズやシーンに対応できるものを選びましょう。


バーベキューコンロと焚き火台の兼用がおすすめできない理由

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

焚き火台は、BBQコンロと兼用する人がいます。しかし焚き火台とBBQコンロは本来の用途に違いがあるので、おすすめできないとする意見も多いです。まず、焚き火台は薪を乗せて暖をとるのが用途なので、そもそも調理には最低限の装備しかついていません。

そのためBBQコンロと兼用するには、別途追加のアイテムが必要になります。また、焚き火台は炎を広げる構造になっているので、BBQコンロよりも火力が弱く調理に時間がかかる点もおすすめできない理由です。

BBQコンロは調理に特化しているアイテム

BBQコンロは焚き火台と違い、調理に特化しているアイテムです。そのため炎を効率よく燃やし、スピーディーに焼ける構造になっています。また、焚き火台と違いBBQは食材を乗せるのが前提なので、耐荷重や安定性も高いです。

さらに焚き火台とBBQコンロの違いが、必要となる炭の量になります。焚き火台はたくさんの炭を必要としますが。BBQコンロは少量でしっかり燃えるのが特徴的です。このように両者にはさまざまな違いがあるので兼用はおすすめできません。


焚き火台とBBQコンロ兼用アイテムであれば大丈夫

焚き火台をBBQコンロと兼用するのはおすすめできないとご紹介しましたが、そもそも用途が兼用になっているのであれば問題ありません。最近では、焚き火台とBBQコンロが兼用になっているアイテムもたくさん登場しています。

これらのアイテムは焚き火台でもしっかり調理ができる構造になっているので、BBQコンロとして使うことも可能です。是非、ニーズやアウトドアーシーンに合わせて選んでみてください。

バーベキュー用焚き火台の選び方

①タイプで選ぶ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

バーベキュー用の焚き火台を選ぶ場合、タイプを重視しましょう。基本的に焚き火台は浅型と深型2種類のタイプに分かれるので、どちらが自分に合っているのかチェックしておくと便利です。今回は、以下にそれぞれの違いを記載したので参考にしてみてください。

浅型の特徴

浅型の焚き火台は、炎をじっくりと味わう用途で選びましょう。焚き火台が浅いので、炎がその分燃え広がってくれます。そのため火いじりを楽しみたい方や、暖を取りたい方におすすめです。特に秋冬のバーベキューは日中でも寒さを感じるので、暖を取る目的で焚き火台を設置しましょう。

また、浅型の焚き火台は薪や炭の追加が簡単に行えます。初心者は取り扱いやすい、浅型の焚き火台で効率よくバーベキューの焚き火を楽しんでみてください。

深型の特徴

深型の焚き火台は、バーベキューの調理に向いているタイプです。深めなので火の粉が飛び散りにくく、快適に調理ができます。バーベキューコンロと同じような形状になっているため、焚き火と調理両方の用途を兼用させたい時に最適です。

ただし火いじりがしにくく、焚き火台っぽさがないタイプでもあります。そのため、初心者の方やバーベキューの雰囲気作りを楽しみたいという方には不向きです。

②サイズで選ぶ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

バーベキューに使う焚き火台は、サイズに合わせて選びましょう。バーベキュー向きの焚き火台は、さまざまなサイズがあるので使用人数に合ったものを選ぶ必要があります。また、薪のサイズに合わせて焚き火台の大きさを選ぶのもおすすめです。

基本的に焚き火で使われる薪は、30〜40cm程度の大きさになっています。それくらいの大きさがある焚き火台であれば、バーベキューの時に薪をカットする必要がないので初心者でも使いやすいでしょう。

③耐荷重で選ぶ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

バーベキューに使う焚き火台は、耐荷重で選ぶのがおすすめです。特に調理と兼用させる場合、耐荷重は無視できない要素となります。上に食材や調理器具を乗せるため、10kg以上の耐荷重がある焚き火台であることが望ましいでしょう。

そもそも調理との兼用を用途として想定していない焚き火台は、耐荷重が少なめなので注意してください。

浅型のバーベキュー向き焚き火台3選

①Coleman ファイアーディスク

初心者におすすめなバーベキュー向き焚き火台が、「Coleman ファイアーディスク」です。なんと3秒で設営できるため、焚き火台初心者でも簡単に扱えます。また、バーベキューの時は焚き火台以外にも準備が多いので、簡単に設営できるアイテムは使い勝手がいいでしょう。

折りたたみ式で、薄型になるためバッグに入れて持ち運べます。バーベキューは荷物が多いので、焚き火台の持ち運びやすさも重要なポイントです。用途に合ったタイプを選びましょう。

頑丈な焚き火台

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

「Coleman ファイアーディスク」は、頑丈で、頻繁にバーベキューやアウトドアーをする人にも向いています。ステンレス製なのでお手入れも簡単で、初心者でも扱いやすいでしょう。

また、炭を入れすい構造になっているため、火力調整もスムーズに行なえます。付属の焼き網を使って調理にも活用できるので、バーベキューやキャンプなどいろいろなシーンの対応可能です。

②CAPTAIN STAG ステンレスイージーファイアベース UG-6

コンパクトなバーベキュー用焚き火台をお探しの方には、「CAPTAIN STAG ステンレスイージーファイアベース UG-6」がおすすめです。広げて使うタイプの焚き火台なので、収納時はコンパクトなサイズ感になります。バーベキューだけでなく、ソロキャンプなど荷物を減らしたいシーンに最適です。

焚き火台を広げて足を取り付けるだけなので、初心者や忙しいバーベキューシーンでも簡単に設営できます。価格も安く、有名メーカーの商品なので買い求めやすいです。

③UNIFLAME ファイアグリル

大人数でのバーベキューにおすすめなのが、「UNIFLAME ファイアグリル」です。サイズが大きめなので、バーベキューを大人数で楽しむ機会の多い方はチェックしましょう。国産のアウトドアーメーカーの焚き火台なので、初心者でも安心して購入できます。

浅型なだけでなく、網を乗せても薪をくべやすい形状になっているのが特徴的です。そのため使い勝手がよく、さまざまなアウトド−シーンに対応してくれます。

料理にもおすすめな焚き火台

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

「UNIFLAME ファイアグリル」は、焚き火だけでなくバーベキューでの調理にもおすすめなアイテムです。本来浅型は安定感が悪く火の粉が飛びやすいので、バーベキューで調理の用途には使いにくいものが多いと言われています。

しかし「UNIFLAME ファイアグリル」は調理しやすい構造になっているので、バーベキューでさまざまな用途に活用できるでしょう。網のサイズも大きめで、食材や調理器具をたくさん乗せることもできます。

深型のバーベキュー向き焚き火台3選

①snow peak 焚火台Lスターターセット SET-112S

バーベキュー初心者におすすめなのが、「snow peak 焚火台Lスターターセット 」です。名前の通り、焚き火に必要なグッズが全てセットになっています。そのため初めて焚き火台を購入する方は、チェックしてみましょう。

火力の強さが自慢の焚き火台なので、勢いのいい火を求める人にもおすすめです。浅型と深型は火が見える面積に違いがありますが、火力が強ければ深型でも火をしっかり楽しめます。

使い勝手のいい焚き火台

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

「snow peak 焚火台Lスターターセット 」は、使い勝手のいい焚き火台です。耐久性の高いステンレスでできており、長持ちさせられます。また、しっかりと溶接加工が施されているため、頑丈さを重視したい人にも最適です。

付属のケースがついており、撤収・設営・収納・持ち運びなどあらゆる作業を行いやすいでしょう。使い勝手のよさを追求しているので、簡単に活用できる焚き火台をお探しの方はチェックしてみてください。

②LOGOS theピラミッド篝火 L 81064192

焚き火とバーベキュー両方の用途に使えるのが、「LOGOS theピラミッド篝火 L 」です。焚き火台はそもそも、暖をとるのを目的としています。「LOGOS theピラミッド篝火 L 」は暖を取りながら調理もできる構造になっているので、一石二鳥でしょう。

また、2段階の高さに調整できるので、その時のシーンに合わせて簡単に高さを変えられます。付属で串焼きプレートもついており、バーベキューにはぴったりの焚き火台です。

③ColemanステンレスファイアープレイスⅢ

薪や炭をたっぷり使って焚き火をしたい方には、「ColemanステンレスファイアープレイスⅢ」がおすすめです。燃焼効率に優れており、たくさんの薪や炭でしっかりと火を起こせる構造になっています。安定感もあるため、上に付属の網を置いてバーベキューをすることも可能です。

また、片付けしやすいのも「ColemanステンレスファイアープレイスⅢ」の特徴として挙げられます。特に初心者さんは、片付けが簡単な焚き火台が便利なので検討してみましょう。

バーベキューに焚き火台を用意しよう

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

バーベキューには焚き火台を使うのがおすすめです。バーベキューコンロと焚き火台の違いを知って、兼用に対応しているタイプであれば調理に用いてもよいでしょう。さまざまな焚き火台があるので、それぞれを比較しながら自分に最適な一台を見つけてみてください。

焚き火が気になる方はこちらをチェック!

初めて焚き火をする場合は、基礎知識を以下の記事でチェックしてみましょう。以下の記事では、焚き火に必要な道具や方法を解説しています。しっかり予習をしてから焚き火を行うことで、スムーズに火を起こせます。是非、参考にしてみてください。