Twitter
Facebook
LINE

七輪ならバーベキューで手軽に炭火焼きが味わえる!おすすめグリル5選もご紹介!

佐藤3

七輪ならバーベキューで手軽に炭火焼きが味わえる!おすすめグリル5選もご紹介!

佐藤3

バーベキューを炭火焼きで楽しむなら七輪がおすすめです!使い方しだいで七輪での炭火焼きバーベキューはガスコンロにはない美味しさが味わえます。炭火でバーベキューをするメリットとおすすめの有名アウトドアブランドでも買える七輪コンロやグリルもご紹介しましょう!



七輪とは?ガスコンロとどう違うのか

七輪とは

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

七輪の語源は、通常の窯よりも熱効率がよくて7割の燃料で焼けるというところからきています。古く石製や土をこねて作った窯で調理していた時代から、小型で軽く持ち運びできる木炭燃料窯として日本人には馴染みの深い調理器具です。

現代でも焼肉屋などで火をおこした炭火が入った七輪を客席まで持ってきてくれて、提供してくれるだけでもテンションがあがりますね。七輪で焼いた焼き物は美味しい!と日本人にとっては人気の調理器具です。

七輪とガスコンロとの違いは

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

炭火には遠赤外線が発生し、材料全体をむらなくふっくらと焼き上げるというのは、多くの方がもうすでにご存じの炭火焼き効果です。炭火という燃料の違いからガスコンロと七輪ではバーベキューに差ができます。

燃料だけでなくその手軽で魅力的な使い方・火力による七輪本体の変化といった詳しい七輪のメリット・デメリットは、後述で詳しく触れるのでそちらでもご確認ください。

炭火焼きでするバーベキューを七輪で簡単に!

炭火でするバーベキューはガスコンロと同じ肉でも美味しく感じるでしょう。難しいと思われている炭火の取り扱いも専用のグリルである七輪があれば、炭火バーベキューも手軽におこなえます!

安定した火力で便利に使える七輪は、安全・簡単な炭火焼きバーベキューを楽しみたい方にはうってつけのアイテムです!今回は七輪の魅力をお伝えしていきます。



七輪でおこなうバーベキューの特徴は

先程は軽くガスコンロとの違いで七輪バーベキューの良さをお伝えしましたが、もうすこし七輪のメリットを掘り下げてご紹介します。七輪を使ううえで注意したほうがよいこととともに、七輪を使う前に知っておきたい情報です。

七輪バーベキューのメリット

1.掃除の手間が掛からない

クリックすると楽天商品ページへ飛びます


ここまで七輪はほかの窯よりも炭の消費が少ないというメリットをお話しましたが、七輪のよい点はそれだけではありません。まずひとつめは掃除がほぼ不要であることがあげられます。バーベキューをした後は十分冷めた燃え残りを払いぞうきんなどで軽く外側を拭くだけで後始末は終了です。

2.コンパクトで持ち運びしやすい

もともと七輪というのは外に持ち出して焼き物をする移動用かまどという役割があります。そのため通常の窯よりもずっと軽く移動に特化した作りとなっているのが特徴であり大きなメリットのふたつめです。

3.何年も使える耐久性の高さ

七輪は大切に使えば何年も何十年も使えるものです。七輪には金属の輪が付いているものが多いですね。この金属のベルトには、ひび割れしやすい焼き物の器がばらばらにならないよう固定する働きがあります。逆に考えると七輪とは割れるものなのです。

割れたからといって使えないわけではありません。起こした炭を入れれば、多少ひび割れていても長持ちします。はじめから七輪は長く使えるように工夫された作りとなっているのです。

七輪バーベキューをする際の注意点

Photo byAVAKAphoto

七輪は割れやすい・割れるのが当たり前といいましたがそれでも使い方によってはその割れは最小限に抑えられます。七輪でバーベキューをする際に気をつけて欲しい注意点は、七輪のデメリットともいえることです。

それは熱くなった七輪に水を掛けないようにすること。急激な温度変化により割れが発生して、最悪バラバラに砕けてしまうことにもなります。バーベキューの際には雨だけでなく飲み物を掛けないようにしましょう。

大人数のバーベキューにおすすめの七輪2選

みんなで七輪を囲んでバーベキューがしたいという方におすすめな、多人数用の大型の七輪グリルからご紹介します。昔ながらの七輪の良さはそのままで、バーベキューのいろいろな具材をたっぷり乗せられる大きさが魅力のラインナップです。

多人数バーベキューにおすすめの七輪1.

横長で使いやすい5-6人用|BUNDOK長角七輪ロングBD-424

角型の七輪を2つ並べたようなデザインとなっているのは、BUNDOKのBD-424の角長七輪ロングです。名前のとおり横幅が長いため、十分な具材を一度にたくさん調理できるところがポイントとなっています。

炭火焼きでは難しい火力調整も窓付きで簡単!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

炭火焼きでの一般的な火力調整といえば、炭の量を減らしたり増やしたりと細かな手間も必要となるものです。しかしこちらのBUNDOKの七輪ロングはサイドに空気調整用の小さな窓が付いています。

この窓を開け締めすることで、炭火に送られる空気量を調整して火を強くしたり弱くしたりが容易におこなえるでしょう。

多人数バーベキューにおすすめの七輪2.

6-12人用の大きさ|奥能登 珪藻土七輪BQ17号

奥能登 珪藻土七輪BQ17号

出典: 楽天

日本における大きな珪藻土の産地であり、七輪に加工したのも最古といわれるのが能登半島珠洲市産のものといわれています。そんな珪藻土の産地で、厳選された良質の珪藻土を使って作られた七輪が、こちらの大型珪藻土七輪BQ17号です。

珪藻土に黒いスチールを合わせたデザイン

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらの6-12人用の七輪のほかにも奥能登珪藻土七輪シリーズではあたたかみのあるベージュ系にぴりっと締まる黒の金属製の留め金・空気窓を採用しています。

洗練されたデザインだけでなく、長いサンマや魚まるごと焼ける大きさの便利さと、外側まで手で持てないほど熱くならない珪藻土の特性により、卓上バーベキューが快適で美味しく仕上がるでしょう!

ソロでもバーベキューが楽しめる七輪2選

炭火を燃料で使う調理では、七輪が燃料代も節約できてお得です。大人数でないソロキャンプやソロバーベキューでも少しでも手軽で炭の節約にもなるコンパクトな七輪はおすすめです。1人用の七輪を選ぶ際は、火までの距離を取るため高さのある商品を吟味した方が、七輪の利便性をより実感できるでしょう。

ソロバーベキューで使える七輪1.

昔ながらのスタイル!BUNDOK スタンド付き七輪BD-423

バーベキューを1人でする時にもたくさん肉や野菜を食べたいという方は、こちらの20cmの高さがある1人用七輪がおすすめです。これだけの高さがあると2人でバーベキューをするのにも使える大きさとなっています。

バーベキューに役立つ火力調整窓とスタンド付き

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらの七輪は少し変わったスタンド付きの商品となっています。テーブルや土の上に直接七輪を置きたくないなという方には、ぴったりではないでしょうか。

ソロキャンプの卓上バーベキューでもこのスタンドは便利です。火力調整用の窓付きで、じっくり肉を焼きながら食べたい人も一気に焼いてすぐ食べたいという方にも対応できます。

ソロバーベキューで使える七輪2.

使いやすい角型七輪|BUNDOK 俺用 七輪 角 BD-384

1人でするバーベキューも、いつもと違うアウトドアという状況なら気持ちも盛り上がって寂しさも感じにくいのではないでしょうか。バーベキューだけでなくソロキャンプで魚や野菜を焼いてつまみに一杯などというシーンにも、おしゃれ演出できるのが特別感がある七輪の造形のよいところですね。高さ12cmと低い七輪なので少ない炭で調理することができます。

一人焼き物も盛り上がる小型角型七輪

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

一人でするバーベキューにちょうどよい小型の角型七輪には、セットで焼き網と木製の台が付いてきます。七輪はその素材の性質から中で炭を使ってもやけどするほど熱くはならないものです。

それでも、大切なテーブルの上で使うときには、安心します。木製台がセットで付いてくると見た目も華やいで一人バーベキューもおつなものだなと感じるでしょう。

素材の違うバーベキュー用七輪グリル1選

七輪といえば珪藻土など焼き物でできた焼き調理用グリルですね。しかし近年のアウトドアブランドでは、七輪焼きのデメリットをおぎなうため別の素材と七輪の良さを組み合わせた、独自の七輪グリルを販売しています。そちらも見ていきましょう。

金属製のバーベキュー用七輪

カラフルなバケツ型|キャプテンスタッグ バーベキュー用 七輪

キャプテンスタッグ バーベキュー用 七輪

出典: 楽天

CAPTAIN STAGは日本のアウトドアブランドの中でも人気・知名度も高いメーカーです。そのCAPTAIN STAGが出している七輪グリルでは素材に鉄を利用したかわいいバケツ型をしています。

カラフルでキャンプで映えるデザイン

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

鉄製のバケツ型七輪のおすすめポイントその1は、何といってもほかの七輪にはないカラフルなカラーラインナップです。画像のさわやかなグリーンのほかにも、大人っぽいパープルやかわいらしいピンク色の七輪まであり、キャンプで映えるラインナップとなっています。

バケツ七輪はその軽さが強み!

七輪バケットグリルはその重さが1.2kg程度しかありません。重い焼き物の七輪を持ち歩くのには少し悩んでしまうけれど、炭火焼きバーベキューはしたいという方には、ぴったりの鉄製七輪グリルとなってくれるでしょう。

まとめ

バーベキューは炭火と七輪のセットで楽しもう!

出典:https://photo-ac.com/

簡単に炭火焼きバーベキューを楽しむために適した調理器具・七輪の特徴と、アウトドアに持ち出したいおすすめ七輪商品をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

薪の焚き火と違い、ガスコンロとまではいきませんが初心者の方でも火力調節しやすいのが炭火を使った調理の特徴です。

それだけでなく、炭火で焼いたバーベキューは一味違います!炭火バーベキューを手軽に安全に楽しむためにも、炭火専用コンロである七輪を活用していきたいですね!

バーベキューコンロやグリルが気になる方はこちらもチェック

七輪グリルだけでなく、セットで用意したいバーベキューの焼き網の手入れや100均商品に対する疑問の解決や、バーベキューで役立つ便利グッズについての解説記事もご用意しています。これらのバーベキュー用品・グリル・コンロなどの情報は以下のリンクからも是非チェックしてみてくださいね!

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【最高】22イグジストがシマノリールだった件・・・

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

22カルディアSW触ってきたけど・・・コレってSW?

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【シマノ2022新製品】21ナスキーと22サハラのスペック比較!

★シマノ22サハラ 公式HPはコチラ★ https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/hanyouspinning/a075f00003iili7qam.ht...

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【バリバス新作PEライン】初心者にもおすすめのスタンダードラインも登場!

★VARIVAS アバニ SMP ヒラマサチューンの動画はコチラ★ 「サンライズ田代誠一郎が語るヒラマサチューンへの拘りと性能」 https://www.youtube.com/watch?v=2dX...