検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

車中泊におすすめの枕6選!快適な睡眠に導く、高さ調節簡単なタイプもご紹介!

車中泊をする場合は、専用の枕を購入するのがおすすめです。今回は、快眠へと導いてくれるおすすめの車中泊向け枕をまとめてみました。自分で高さ調整できるタイプや、コンパクトになるものなどいろいろな枕を掲載しています。是非、チェックしてみてください。
2022年1月17日
mamma32

目次

車中泊は人気のアウトドアスタイル

車中泊向けのアイテムが増えている

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

車中泊は手軽にキャンプなどのアウトドアを楽しめると、最近人気になっています。そのため、さまざまなメーカーから車中泊に便利なアイテムが登場しているのです。例えば車中泊向けの冷蔵庫や暖房器具など、より車内での時間を快適にできるアイテムが人気となっています。

中でも重視されているのが、寝具です。車中泊は普通のキャンプよりも寝心地がいいですが、家のベッドには叶いません。しかし最近では、寝心地を追求したマットなどが販売されているのでチェックしてみてください。


車中泊専用の枕を用意しよう

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

車中泊は寝具にこだわるのがおすすめとご紹介しましたが、枕に注目してみましょう。枕が変わると眠れない人がいるほど、人間の睡眠にとっては重要なアイテムです。車中泊では洋服を枕代わりにする方も多いかと思いますが、専用のアイテムがあると簡単に快眠へと導いてくれるでしょう。

今回の記事では、車中泊におすすめな枕をまとめてみました。重量も軽く簡単に設置できる枕ばかりなので、車中泊にも手軽に持参できます。是非、参考にしてみてください。

車中泊向け枕の選び方

①タイプで選ぶ


クリックすると楽天商品ページへ飛びます

車中泊向けの枕は、タイプで選ぶのがおすすめです。車中泊の枕には主に2つのタイプがあり、自動膨張式と手動式に分かれます。車中泊用の枕は携行製を重視して、コンパクトになっているものがほとんどです。そのため、空気を注入して膨らませます。

今回は以下に、それぞれのタイプの特徴を記載したのでチェックしてみましょう。また、最近は空気を注入する必要のない枕も販売されているので、気になる方は合わせて確認してみてください。

自動膨張式の特徴

自動膨張式の車中泊向け枕は、設置が簡単に行える点が魅力的です。自動で空気が入り込む仕様になっており、放っておけば完成します。そのためソロキャンプの方や、設営に手間がかかりやすい人におすすめです。

また、唇をつけて空気を注入しなくてもいいので、衛生面を気にされる方にも向いています。ただし空気の注入量を調整しにくく、自分好みの高さを見つけるのが難しいです。

手動式の特徴


手動式の車中泊向け枕は、自分好みに調整できる点が魅力的です。注入口から空気を入れるので、自分の好きな硬さや高さに調整できます。ただし口をつけて空気を入れるため、衛生面を気にされる方や簡単に膨らましたい方には不向きです。

ただし、手動式の車中泊向け枕は空気入れを使うと簡単に膨らませます。エアーマットで空気入れを使っている場合は、枕にも活用してみましょう。

②素材で選ぶ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

車中泊に使う枕は、素材に着目して選んでみましょう。肌に当たる枕の生地は、睡眠の質を左右します。そのため、肌触りのいい枕を選ぶのがおすすめです。毛布のような生地になっているものや、柔らかい生地などさまざまなタイプが販売されています。

また、ツルツルとした素材も車中泊では人気です。特に夏場は暑さを感じやすいので、ツルッとした素材で涼しさをプラスさせましょう。ニーズに合わせて、枕の生地を選ぶのがおすすめです。

③機能性で選ぶ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

車中泊の枕は、機能性に着目して選ぶのがよいでしょう。車中泊向けにさまざまな機能を搭載した枕が、いろいろなメーカーから販売されています。そのため自分のニーズに合わせて、選んでみてください。例えば丸洗いできる枕であれば、衛生面を気にする方にもおすすめです。

また、ブランケット代わりにもなる枕や、座った状態でも使えるタイプも人気があります。是非いろいろな枕を見比べて、自分に合った機能を厳選してみてください。

自動膨張式の車中泊向け枕3選

①NatureHike インフレーターピロー

NatureHike インフレーターピロー

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

快眠を求める方におすすめな車中泊向け枕が、「NatureHike  インフレーターピロー」です。背骨をサポートする仕様になっているので、車内でも快適な睡眠へと導いてくれます。また、自動膨張式ですが空気の注入量を調整しやすいので、好みの高さを選べるのもポイントです。

「NatureHike  インフレーターピロー」は空気が入るスピードも早く、設営もすぐに行なえます。もしももっと膨らませたい場合は、バルブを調整して足しましょう。

コンパクトタイプの枕

「NatureHike  インフレーターピロー」は、車中泊にぴったりなコンパクトタイプの枕です。空気を抜くと手のひらサイズにまで小さくなり、専用の袋に入れて持ち運べます。そのため車中泊だけでなく、旅行・登山・アウトドアなどさまざまなシーンで活用できるでしょう。

カラー展開が数種類あるので、好みに合わせて選んでみてください。自分の好きな色の枕であれば、車中泊でのテンションもアップするはずです。

②キャプテンスタッグ インフレータブル インフレーティングピロー

インフレーティングピロー

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

「キャプテンスタッグ インフレータブル インフレーティングピロー」は、耐久性・防水性に優れた車中泊向け枕です。いくら車中泊言えど、アウトドアではどんなシーンに遭遇するか分かりません。そのため、防水性の高い素材を使った枕を用意しましょう。

こちらの車中泊向け枕は、人気アウトドアメーカーの商品です。枕以外にもいろいろなアイテムを販売するメーカーなので、人気があります。特に初めて購入される方は、メーカーで選ぶのもおすすめです。

コンパクトで持ち運びやすい

「キャプテンスタッグ インフレータブル インフレーティングピロー」は、コンパクトで持ち運びやすさに優れた枕です。そのため、荷物をなるべく少なくしたい車中泊でも重宝します。車中泊は荷物をたくさん持っていけると思われがちですが、車内が狭ければそうもいきません。

アウトドアのアイテムはコンパクトに越したことはないので、選ぶ際は収納性にも着目してみましょう。また、同時に重量感もチェックしておくのがおすすめです。

③コールマン コンパクトインフレーターピロー2

コールマン コンパクトインフレーターピロー2

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon

車中泊でも快眠したい方には、「コールマン コンパクトインフレーターピロー2」がおすすめです。枕の内部に小さなスポンジが入っており、ふわふわとした寝心地を実感できます。そのため、家で寝ているかのような快眠へと導いてくれるでしょう。

素材も肌触りのいいものを採用しているため、こだわりたい方にも最適です。中央がくぼんでおり、他の車中泊向け枕よりも安定感を感じられます。ぐっすり快眠したい方は、是非チェックしてみてください。

手動式の車中泊向け枕3選

①Anyshop エアーピロー

Anyshop エアーピロー

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

快適な睡眠を車中泊でも楽しみたい方は、「Anyshop  エアーピロー」をチェックしてみましょう。人間工学に基づいた仕様となっており、頭や首をしっかりと支えてくれます。そのため寝心地がよく、快眠へと導いてくれるでしょう。

手動で空気を入れるタイプなので、口をつけて吹き込む必要はありません。そのため衛生面を気にする方でも、気軽に使用できます。手動なので手軽に空気量を調整できるのも、魅力の一つです。

素材にもこだわっている

「Anyshop  エアーピロー」は、素材にもこだわっている車中泊向けの枕です。弾力性がほどよくあり、通気性にも優れた素材を使用しています。そのため湿気を防止し、衛生的に枕を保持できる点が魅力的です。重量も軽いので、持ち運びやすく車内以外のシーンでも手軽に使えるでしょう。

②Gear Doctors エアーピロー

Gear Doctors エアーピロー

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

重量感にこだわりたい方には、「Gear Doctors  エアーピロー」という車中泊向け枕がおすすめです。なんと重量は100gと軽く、コンパクトになるので持ち運びやすいでしょう。アウトドアでは重量の軽いグッズが重宝するので、チェックしてみてください。

また、「Gear Doctors  エアーピロー」は寝返りを打った際に生地が擦れて音が出ません。そのため快適な睡眠を追求することができ、車中泊でも熟睡できます。

心地いい弾力感を感じる

重量感の軽い「Gear Doctors  エアーピロー」は、弾力性にも優れています。人間工学に基づいて作られているので、中に入っている空気を適度に分散できる仕様です。そのため心地のいい弾力感を感じることができ、快適な睡眠時間を簡単に過ごせます。

滑り止めが裏側についているので、寝返りを打った時に枕が動くのを防げる点もおすすめです。重量の軽さだけでなく、さまざまな機能に優れている人気の車中泊枕になります。

③Klymit インフレータブル枕

Klymit インフレータブル枕

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

独特な形状が特徴的な「Klymit  インフレータブル枕」は、簡単に快適な睡眠を実現してくれる車中泊向け枕です。4分割されているような形をしているため、中央がくぼんでいます。そのため頭がしっかりとフィットし、安定感を感じられるのです。

空気を入れる枕は不安定なものもありますが、こちらは安定感に優れているので快眠できるでしょう。重量感も軽く、生地には耐久性があります。アウトドアシーンに最適なので、是非チェックしてみてください。

車中泊を枕で快適にしよう

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

車中泊を快適に過ごすためには、枕を用意しましょう。車中泊はタオルや畳んだ衣服を枕代わりにすれば十分と思っている方も多いですが、枕の有無で寝心地は変わります。最近はアウトドアブームも相まって、さまざまなメーカーから枕が販売されているのでチェックしましょう。

今回の記事では、いろいろなメーカーの車中泊向け枕を紹介しました。それぞれ特徴や機能性が違うので、好みやニーズに合わせて選んでみてください。

車中泊向けの寝袋が気になる方はこちらをチェック

今回は車中泊向けの枕を紹介しましたが、他の寝具にもこだわってみましょう。以下の記事では、おすすめの寝袋を紹介しています。車中泊でも快適に眠れる寝袋がいろいろなメーカーから登場しているので、自分に合ったものを選んでみてください。

車中泊なのだから毛布があれば十分と思われる方もいますが、寝袋があるとより快適です。車中泊以外にも活用できるので、是非チェックしてみてください。