検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【ユニクロ】メリノウールをベースレイヤーにする登山家続出!機能性や魅力を大解剖!

ユニクロのメリノウール素材は、登山のベースレイヤーに使えるアイテムとして高い人気を集めています。本記事では、メリノウールの機能性や魅力をご紹介。登山中の冷えを防ぎ、快適な状態をキープできるユニクロのメリノウールセーターの魅力をチェックしましょう。
2022年1月12日
kon_w

ユニクロのメリノウールが登山家に話題!

登山など、アウトドアを楽しむ方達の間で評判を集めているのがユニクロのエクストラファインメリノウールセーターです。ユニクロと言えば高機能なカジュアルウェアが人気を集めているブランドですが、近年は登山にぴったりなアイテムが揃っていることで評判を集めています。

ベースレイヤーにぴったりと評判

ハンガーにかかったセータークリックすると楽天商品ページへ飛びます

エクストラファインメリノウールが評判を集めるようになったきっかけは「登山のベースレイヤー(インナー・肌着)に使える」と登山家の間で広まった口コミです。セーターがインナーになるというのは意外なようですが、メリノウールなら快適な登山を楽しめると高い評価を集めています。

ユニクロのメリノウールで登山を楽しもう

本記事では、ユニクロで販売されているメリノウールの機能や魅力についてご紹介します。どのような機能性が登山家の評価を受けているのか、詳しくリサーチしました。メリノウールの魅力を学んで、ユニクロを登山に役立てていきましょう。

メリノウールの機能性とは

登山のようなアウトドアでは、身につけるものに高い機能性が必要となります。ユニクロのメリノウールセーターは、たくさんの登山を経験してきた方達の間でも「アウトドアに最適」と評判。まずは、そんなメリノウールの機能性についてご紹介します。


保温性が高い

アップになったセータークリックすると楽天商品ページへ飛びます

メリノウールに使用されている素材は、100%ウールです。ウールと一口に言っても、その種類はさまざま。メリノウールは、最高級の品質と言われるメリノ種の毛を使用しており、高い機能性を備えています。

1本1本の毛がわずかに縮れていることによって、しっかりと温かさを蓄えられるのがウールの特徴です。身につけることで空気の層ができ、周囲の冷気をシャットダウンする働きを期待できます。

化学繊維と比較しても温かい

ナイロンのような化学繊維素材を比較しても、その暖かさはワンランク上と評判です。身につけた瞬間に温かさが身を包み、寒さを感じることなくアウトドアを楽しめるようになります。「他の素材では冷えを感じることが多い」という場合に、メリノウールが最適です。


滑らかな肌触り

セーターを着たマネキンクリックすると楽天商品ページへ飛びます

しっとりとした滑らかな肌触りを感じられるのも、注目しておきたいポイントです。高品質なウールを使用することで毛羽立ちを最小限に抑え、肌に触れた時の刺激を防いでくれます。

肌が敏感な方は、少しの刺激でも肌が荒れてしまうことが多いでしょう。そんな方でも、ユニクロのメリノウールであれば問題なく着用できると人気。肌に負担をかけないので長時間着用してもストレスを感じにくく、心地よい着心地をキープできます。

洗濯機で洗ってもサイズが縮まない

洗濯物が入った洗濯機
Photo bystevepb

洗濯機で洗ってもサイズが縮まない、ということもユニクロで人気を集めている理由です。ウール素材は洗濯機にかけると縮むイメージが強いですが、ユニクロ独自の技術を取り入れることにより、繰り返し洗っても元の状態をキープできるようになりました。

また、洗濯による毛羽立ちも最小限に抑えられるため、滑らかな肌触りを長期間維持できます。

登山における魅力

さまざまな機能性を備えていることがわかったユニクロのメリノウールですが、登山でもたくさんのメリットがあります。そこで、続いては登山における魅力について詳しく解説。ユニクロが登山家から人気を集める理由を探っていきましょう。

インナーに使っても汗でベタつかない

後ろを向いたセータークリックすると楽天商品ページへ飛びます

近年、メリノウールをインナーとして使用する登山家が増えていると言われています。その理由として挙げられるのが、汗をかいてもベタつかないということ。登山をする前には全く汗をかいていなくても、体を動かすことによって汗をかき、ベタつきが気になるのは登山でよくあるパターンです。

ユニクロが独自に開発したメリノウールは放湿性が高く、汗をかいたとしても素早く外部に湿気を逃せます。そのためインナーとしても使ってもベタつきを抑えることが可能です。

不快な蒸れも気にならなくなる

汗をかいた時には、蒸れも気になるはず。洋服の内部が蒸れることで不快感が増し、せっかくの登山が台無しになってしまう場合もあります。ユニクロのメリノウールは汗を素早く放出することで蒸れも防げるので、不快感を和らげられるのが魅力です。

ニオイを抑えられる

登山で汗をかいた時に、ニオイが気になる方は多いのではないでしょうか。「周りにニオイで不快な思いをさせたらどうしよう」と考えて、登山に集中できなくなる場合も。ユニクロのメリノウールは防臭性を備えているため、ニオイを気にしなくてもよいのが登山家から人気を集めているポイントです。

ニオイが気にならなければ、汗をかいた後も問題なく登山を続けられます。登山でニオイに悩まされている方は、ユニクロのアイテムを活用してみてください。

秋冬だけでなく春夏も使える

セーターは秋冬のみと思いがちですが、実は春夏も使えるのも魅力です。春夏だとしても高山に登る場合は想像以上に気温が下がって冷えを感じることがあるでしょう。

そんな時にユニクロのメリノウールを着ておけば、思わぬ冷えを防ぐことが可能です。放湿性もあるので、汗をかきやすい春夏でも安心してアウトドアを楽しめます。

気をつけておきたい注意ポイント

さまざまな魅力を備えたユニクロ商品にも、気をつけておきたいポイントがいくつかあります。ここでは、アウトドアで使用する際の注意ポイントをご紹介。十分に気をつけた上で、活用するようにしてみてください。

お腹周りのサイズが短め

ユニクロで販売されているメリノウールの商品は、お腹周りのサイズが短めです。インナーとして使う場合は、お腹が少し出てしまうことも。そのため、腹巻などで対応する必要が出てくる可能性があります。登山に出かける前にサイズを確認しておきましょう。

たくさん汗をかくと冷えを感じることも

高い放湿性を備えているメリノウールでも、大量の汗をかいた場合は対応しきれないことがあります。放湿が間に合わず汗が残り、冷えを感じてしまう場合も。たくさん汗をかくことが多い方は、体が冷えないようにタオルで汗を拭くなどの対策を取ってください。

ユニクロのフロースと合わせるのもおすすめ

1枚でも高い機能性を叶えてくれるメリノウールですが、寒さが厳しい秋冬はユニクロのフリースと組み合わせるのもおすすめです。フリースを合わせることでどのような相乗効果があるのか、詳しくチェックしていきましょう。

保温性がアップするユニクロのフリース

黒のフリースクリックすると楽天商品ページへ飛びます

ふんわりと柔らかなユニクロのフリースは保温性が高く、メリノウールを合わせることで機能がアップします。温かな空気の層ができ、厳しい寒さが続く秋冬のアウトドアでも体を保温できるのが嬉しいポイント。メリノウールをベースインナー、フリースをミドルインナーとして使えば、快適にアウトドアを楽しめるでしょう。

登山にはメリノウールを着て行こう

ユニクロの黒いセータークリックするとAmazon商品ページへ飛びます

ユニクロのメリノウールには、人気を集めるのも納得の機能性が備わっています。温かいのはもちろんのこと、さらっとした滑らかな肌触りなので、下着として使っても問題はないと評判です。

登山で汗をかいてもベタつかず、ニオイも抑えられるのでアウトドアで重宝します。また、洗濯機で繰り返し洗えるため、お手入れに手間がかからないのも嬉しいポイント。今度の登山にはメリノウールを着て出かけて、楽しいアウトドアタイムを過ごしませんか?

ユニクロのメリノウールが気になる登山好きはこちらもチェック!

登山中のベースレイヤーとして活躍するメリノウール以外にも、ユニクロには機能的なアイテムがたくさん揃っています。関連生地でもユニクロでおすすめしたい登山アイテムをご紹介しているので、メリノウールと組み合わせて活用してみてください。