検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

滑りやすさを変える、スキー板のチューンナップとは?調整料金が安いお店もご紹介!

スキー板はシーズンが終わるころには痛みが激しくなるため、次のスキーシーズン前には傷んだ箇所をメンテナンスして臨みたいですね。そんな時にはスキー板のチューンナップするポイントを覚えておけば、チューンナップに出す時にも戸惑いません。
2021年12月31日
iwama

目次

滑りを変えるスキー板のチューンナップ

スキーで思い通りに滑るには、しっかりとチューンナップすることが大切です。チューンナップとは、シーズン中に傷んだ箇所のリペアやエッジや板の角度調整、ベースWAXなどメンテナンスすることがたくさんあります。

チューンナップをすることで格段に滑りやすくなり、スキーの上達にも大切です。本記事はスキー板のチューンナップのポイントと、安い料金でできるおすすめのチューンナップショップをご紹介します。(本記事の情報は2021年12月29日現在のものです)

1.スキー板のチューンナップとは


スキー板のチューンナップとは、滑走面や表面のリペア、エッジの研磨、トップ部などの角度調整のチューニングがあります。シーズン中の滑走回数が多いほど、エッジが削れてトップ部や滑走面が傷むので次のシーズン前にはメンテナンスが必要です。

他にも、スキー板が変形した時やもっと滑りやすくするにはチューニングが必要な場合もあります。仕上げに滑走面にベースWAXを施せば、シーズン中はリキッドタイプのWAXなどで作業が簡単です。

2.スキー板のチューンナップの時期

スキー板のチューンナップをしたことない方は、いつ頃出せばよいのか迷いますね。チューンナップはメンテナンスの箇所が多いと時間がかかり、シーズン直前は混み合います。12月から初スキーをする方は11月初旬にはチューンナップに出すのがおすすめです

チューンナップは料金が高いので、安い料金でするにはシーズンオフの夏季はショップにより割引料金もあるのでチェックしましょう。但し、早めにチューンナップした場合にはエッジの錆には注意が必要です。
 

スキー板のチューンナップのポイント


スキー板をチューンナップするにはいくつかポイントがあります。チューンナップは一連の作業を施すセットと、リペアしたい箇所を指定するオプションがありどちらでも注文が可能です。

セットで注文すればスキー板は綺麗に仕上がりますが、その分料金は高くなります。オプションで注文すれば料金が安くなりますが、それにはチューンナップのポイントを覚えることが必要です。そのためにもポイントは覚えたいですね。

POINT

  • チューンナップをする前にポイントを知ろう
  • 滑走面のチューンナップは重要
  • べーズWAXを塗ればシーズン中にWAXを掛けるのは簡単

1.スキー板の滑走面のチューンナップ


スキー板のチューンナップで重要なのは滑走面のリペアです。スキー板の表面は直接見ることができるので、傷み具合が確認しやすいですが、滑走面は分かりにくいのであまり気にしない方が多いかもしれません。

滑走面は直接雪に触れる部分なので、滑走面に傷や削れている部分が思うように滑れなくなります。シーズン前にはスキー板の滑走面を確認して、傷や削れている部分があればメンテナンスしましょう。

2.エッジのチューンナップ

スキー板の重要な部分がエッジです。エッジの役割は、滑走の時に雪を削る力でターンをしますが、シーズンが終わるころには傷んできます。1シーズン滑ると、スキー板のエッジは雪の抵抗で角度が変わったり、錆びる場合があるので調整が必要です。

エッジはヤスリで磨けば鋭さが戻りますが、間違った角度で削ると丸みを帯びてエッジの効果がなくなります。エッジの効いたターンをするには、チューンナップショップで角度の調整や研磨するのがおすすめです。

3.ベースWAXで滑りをよくする

スキー板の滑りをよくするのに不可欠なのがWAXです。同じスキー板でもWAXを施すと格段に滑りがよくなります。しかし、WAXはすぐにとれてしまうので、スキーのたびにWAXをしても1日中は効果が持ちません。

この時にベースWAXを施しておけば、簡易WAXがとれてもスキー板の滑走面の間にはべースWAXが残るため快適な滑りができます。ベースWAXは平均的に伸ばさないと滑りに影響が出るため、確かな技術があるスキーショップで塗るのがおすすめです。

4.スキー板の表面の傷とビンディングのリペア

スキー板は、滑走中に八の字になりやすいためトップ部に傷がつきやすくなります。さらに、トップ部のしなりが変形すると滑りに影響が出るので修復したいですね。もう一つチェックしたいのがビンディングです。

ブーツをスキー板に固定するビンディングは、滑走を続けるとは金具が緩むことがあります。滑走中にビンディングが外れと転倒して怪我の原因になるため、ビンディングのチェックは重要です。スキー板の表面部分にはこのようなチェックポイントがあります。

チューンナップの安いおすすめのショップ

スキー板をチューンナップするには技術の確かなショップに出したいですが、費用も掛かるのでなるべく安いショップに出したいですね。スキー用品の量販店では、安い料金でチューンナップができるショップもありますが外注に出すことが多いので、きちんとできるのか心配です。

そんな時には、安い料金で自社工場を持ち希望通りに仕上げてくれるショップがあります。シーズンオフに出せばさらに安い料金でチューンナップができるショップもあるのでおすすめです。

POINT

  • セットで注文すればチューンナップ料金が安い
  • 最新のマシーンがあるショップならチューンナップは簡単

1.スキー板の格安チューンナップならMONSTERJAPAN

スキー板を格安料金でチューンナップしてくれるショップが「MONSTERJAPAN」です。チューンナップの料金は「格安チューン」なら3,500円とどのショップにも負けない料金でチューンナップができます。

もちろん自社工場を持ち、腕も確かなので安心してチューンナップを任せられるショップです。ビンディングなどの交換も格安料金で販売しているので、チューンナップの時に新しいグッズに変えるのもお得と言えます。

MONSTAERJAPAN

  • 住所
    〒300-0322
    茨城県稲敷郡阿見町君島530-1
  • 電話番号
    029-889-5044

2.料金も仕上がりも満足の「カミヤマスポーツ」

スキーのプロショップのカミヤマスポーツは、どのメーカースキー板のチューンナップも可能です。ノーマルフルチューンナップでも8,400円と安い料金でできます。

カミヤマスポーツには最新のチューンナップマシーンが完備され、一度決めたストラクチャーはマシンに記憶できるので、チューンナップしても仕上がりは毎回同じです。ユーザーからの評判もよいカミヤマスポーツは安心してチューンナップを出せるショップと言えます。

カミヤマスポーツ

  • 住所
    〒321-2114
    栃木県宇都宮市下金井町899-9
  • 電話番号
    028-665-7000
  • 営業時間
    10:30~19:30
  • 定休日
    水曜日

3.腕も確かな格安料金の「ピステ」

スキー板のチューンナップ業界最大手が「ピステ」です。ピステはチューンナップやリペアなどあらゆる修理に対応して、料金はライトチューンで5,500円と業界でも安い料金を提供しています。

チューンナップは6つのコースが用意されているので、必要に応じてチューンナップメニューを変えることが可能です。急ぎの時は、「特急コース」で申し込めば最短3営業日でチューンナップができるのも業界最大手のピステならではと言えます。

ピステ

  • 住所
    〒285-0801
     千葉県佐倉市木野子163
  • 電話番号
    0120-456-833
  • 営業時間
    土日・祝日・年末年始を除く平日 9:30~18:00

まとめ

スキー板のチューンナップについて解説しましたがいかがでしたか。スキー板はシーズンが終わると傷みが残り、そのままでは次のシーズンに思うような滑りができなくなります。そのためにも、しっかりチューンナップ新しいシーズンを迎えることが重要です。

いざチューンナップの出す時は、工程内容が分かれば注文しやすく余分な注文もしなくて済みます。さらに、格安のショップが分かれば費用が安く済んでお得ですね。

スキーの記事を合わせて読みたい方はこちらをチェック

スキーシーズンになると、今年はどこのスキー場に行こうか楽しみですね。今年のシーズンは、今まで行ったことのないスキー場で滑ってみたい方も多いのではないでしょうか。

ここにスキー場を紹介する記事がありますので、今まで行ったことのないスキー場選びの参考にしてください。