検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

コスパ最強、ワークマンの防寒インナー人気5選!快適に着れてアウトドアでも大活躍!

ワークマンには寒い冬に使いやすい防寒インナーが複数あります。メンズでもレディースでも使いやすく、ワークマンらしい価格帯にまとまっていて機能性も高いです。また、ワークマンから発売されている防寒インナーはさまざまな種類があるため使い方に応じて選びましょう。
更新: 2022年1月25日
揚げ餅

防寒インナーとは

アウターの下に着る防寒対策

防寒インナーとは服の下に着る防寒対策のウェア類のことです。有名ブランドでいうとユニクロのヒートテックが防寒インナーに該当します。また、ヒートテックのように下着の代わりに使うものだけではなく、ジャケットなどのアウターの下に着る服装もインナーと呼ぶこともあり薄手の服装も防寒インナーに分類されやすいです。

また、保温性が高かったり吸湿発熱素材により湿度が熱になったりと普通の下着やTシャツと比べ寒さに強いウェアになります。


アウトドアで使いやすいインナーについて

キャンプならあまり問題になりませんが、登山で使う場合は保温性も大切ですが速乾性も大切になります。そのため登山に使う場合は登山向きの防寒インナーを使ったほうがいいでしょう。

速乾性が低いと、汗に体温が奪われる汗冷えが発生しコンディション不良の原因になります。モンベルなどの登山用品を発売しているブランドのインナーがおすすめです。

ワークマンの魅力

ワークマンの防寒インナーの種類


今回紹介するワークマンの防寒インナーは、大きく分けると2つの種類があります。タイツのように服の下に着るインナーと、長袖Tシャツのように防寒対策として重ね着したとにも使えるものに分かれ、保温性や素材がそれぞれ異なりアウトドアで使いやすいものが多いです。

通常のインナーは体にフィットし保温性を増すことができ、Tシャツなどの重ね着をしたときにインナーとなる服は、部屋の中で単体ででも使える特徴があります。

スポーツ向きアイテムも便利

ワークマンにはランニングなどのスポーツ向きのブランドもあります。そのため、ランニング中に使うレギンスも防寒インナーとして使いやすいです。レギンスの本来の合わせ方としてはハーフパンツと組み合わせますが、保温性のあるアイテムのため寒いときにはインナーとしても使えます。

ワークマンのスポーツ向きオリジナルブランドが発売するアイテムは防寒インナーとしても使いやすいです。

低価格で機能的

Photo byislandworks

低価格で機能的なところがワークマンの防寒インナーの最大の魅力です。秋冬アイテムとしてラインナップされるインナーは起毛素材だったり吸湿発熱素材だったりと暖かくなる工夫が施されていて、種類によってはコンプレッションウェアになっているものもあり保温性以外の効果、機能をもつものも多いです。

本格的な登山には向きませんが、運動量の少ない釣りやキャンプなどのアウトドアを快適にしてくれる防寒インナーが揃っています。

ワークマンの防寒インナー(綿素材)2選

今回紹介するワークマンの防寒インナーの価格や機能は2021年11月時点のものです。ワークマンのアイテムは発売時期によって機能性が変わることも多いため、購入前に最新モデルのワークマンのHPなどで確認しましょう。ワークマンは自社ECサイトがあるため商品の詳細が記載されています。

1:ウォームコットン長袖丸首シャツ

秋から冬にかけて使いやすい暖かい特殊なコットンが使われているワークマンの防寒インナーです。吸湿発熱性素材で汗などを吸湿し発熱するようになっていて、通常のコットンと比べると暖かくなっていて高める起毛加工により肌触りもよく、着心地のいい防寒インナーになっています。

長袖で色は白と黒の2色があり、価格は780円とワークマンらしいコスパがいい製品です。なお本品の正式名称はウォームファクトコットン長袖丸首シャツとなります。

制電加工だから冬に使いやすい

ポリエステルなどの化学繊維は静電気を帯びやすいですが、本品はコットン素材に制電加工を施しているため、静電気が発生しにくい防寒インナーになっています。静電気が苦手な方におすすめです。

また、インナーということで長袖も動きやすいようにストレッチ性があり価格と機能面のバランスがよくコスパの高い製品になっています。姉妹品にはV首シャツモデルもあり、価格や機能は変わりません。服装に応じたモデルを選ぶといいでしょう。

2:ウォームコットン長袖丸首シャツ(厚手)

Photo bynattyjeff

※イメージ画像です

ワークマンの人気防寒インナーの厚手タイプです。基本的な構造は変わらず、吸湿発熱素材の暖かさと生地自体も厚手になったことで保温性が増していて冬におすすめのモデルになります。素材はコットン97%、ポリウレタン3%になっていて厚手モデルですがきちんとストレッチ性もあり、寒い日に使いやすいおすすめインナーです。

ワークマンには厚手と本品より薄手の2種類のコットンシャツがあるため気温や服装に応じ調整しやすくなっています。

薄手との違い

Photo byJillWellington

前述した本品より少し薄いコットンシャツと比べると少しだけ異なる部分もあります。スペックは異なりませんがカラーバリエーションがブラック、ブラウン、ネイビーの3色に変わっていて、V首モデルの展開はありません。価格は980円です。

その他の部分は変わらずメンズ、レディースに分かれていない男女兼用モデルになっていて、制電加工や起毛加工により冬に発生しやすい静電気も起きにくく、暖かい防寒インナーになっています。

ワークマンの丸首シャツの口コミ・レビュー

ワークマンのウォームファクトコットン長袖丸首シャツシリーズは、非常に人気のある防寒インナーです。特に本品は裏起毛に生地自体が厚手になった寒さに強いモデルになっていて、保温性が高くなっています。

低価格で機能的でシンプルな防寒インナーのため通勤通学、キャンプや釣りなどのアウトドアなどさまざまなシーンで使える汎用性の高さが魅力です。厚手モデルは980円、少し薄いモデルは780円と機能面と価格面も評価されています。

裏起毛で肉厚ある生地。
気温13度の朝に中にこれを着て上にYシャツを着た2枚だけでジャケット無く通勤できました。

ワークマンの防寒インナー(特殊素材)1選

3:サーモマックス長袖丸首シャツ

サーモマックスはワークマンの防寒インナーの中では、保温性が非常に高いモデルです。前述したインナーと比べると、保温だけではなく蓄熱にもなっているため非常に暖かいです。

素材はポリエステル77%(サーモマックス19%)、ポリプロピレン19%、ポリウレタン4%になっていて蓄熱という特殊な機能がありますが、洗濯機でも丸洗いでき手入れもしやすくなっています。ワークマンのインナーのなかでは、最も厚みのある防寒インナーです。

暖かいインナー

サーモマックスは非常に暖かいウェアです。遠赤外線による保温と起毛による保温、さらには蓄熱にもなっていて非常に暖かくなっています。また、密着感のある素材できめ細かい起毛が肌触りのいい素材です。

さらに、縫い目もフラットになっていて、肌に縫い目が当たって気になるということもなく着心地も高く評価されています。前述してきたワークマンの防寒インナーの中で厚手です。厚いインナーを探している方におすすめになります。

サーモマックスの口コミ・レビュー

非常に人気のあるワークマンの厚手の防寒インナーです。冬になると売り切れることから秋冬モデルが発売されたらすぐに買いに行く方も多い製品になります。保温性と蓄熱性と起毛素材により非常に暖かく、同じ素材で別のウェアやアイテムの発売が期待されるほど人気です。

また、化繊素材がメインになっているため速乾性もありアウトドアでも使いやすく、洗濯機でも丸洗いできます。寒い冬には欠かせないアイテムとしておすすめです。

とっても温かく、この冬3枚も購入してしまいました。本格的な冬になる前に完売となってしまったので、買っておいてよかったです。 このシリーズで、ソックスやタイツも作ってほしいです。女性でも履ける前閉じで。

ワークマンの防寒インナー(ウール)1選

4:メリノウール長袖丸首シャツ(※薄手150)

ワークマンが発売するメンズ、レディース問わず使いやすい薄手のメリノウールのシャツです。メリノウールはアウトドアに向いている素材となり、スノーボードやスキーでも使われている素材になります。

メリノウールの特徴としては、通常のウールと比べると肌触りがよく、通気性と保温性が高いアイテムとなっていてアウドドアでも使いやすいアイテムです。速乾性は低めになるため、登山のように運動量が多いシーンには注意しましょう。

機能性が高い

Photo bySkitterphoto

保温性と吸湿発熱効果があり暖かいです。また、メリノウール自体には防臭効果もあり抗菌や防臭効果が期待できる素材になります。そのため一般的なウールと比べると効果になりやすいですが、本品もワークマンらしい価格設定になっていてコスパの高いアイテムです。

また、動きやすいようにストレッチ性の高い素材が使われていてチクチクせず、動きやすいウール素材の防寒インナーになっています。

メリノウールシャツの口コミ・レビュー

通常のウールよりも高価になるメリノウールですがワークマンらしい価格帯で手に入るところが評価されています。ウールですがシャツのためさまざまなウェアで合わせやすいです。肌触りがよく暖かくメンズ、レディース問わず使いやすいワークマンの防寒インナーとしてアウドドアでもタウンユースでも使いやすいアイテムになっています。

とてもいい商品だと聞き、なんとか手に入れました。メリノウールーですがチクチクせず暖かでこのお値段は最高です!インナーですが、Tシャツの下に着てロンTとして活用できました。

ワークマンの防寒インナー(フリース)1選

5:ブロックフリースハイネック

ブロックフリースハイネックはワークマンのスポーツ向きウェアです。ランニング時のアウターとしても使えますが、寒いときにはインナーとしても使える便利なウェアになっています。ブロック状のフリースは、適度な保温性と通気性がありインナーでも蒸れにくいところも魅力です。

ワークマンのブロックフリース系は非常に人気があり使いやすさと保温性を両立したモデルになります。サイズはS~3Lまでありゆとりのあるサイズ感もあります。

ハイネックモデル

Photo bykinkate

ワークマンらしい980円のコスパの高いインナーですが、非常に暖かく使いやすいといわれています。ハイネックのため他のインナーと比べ保温しやすいです。もともとワークマンのスポーツ向きアイテムのため反射素材がついていて視認性を高めになります。

また、縫い目が平らになっているため肌触りがよく、着心地のよくランニング時のアウターとしてもインナーとしても使いやすいです。普通の服と同じようにさまざまなシーンで活躍します。

ブロックフリースの口コミ・レビュー

インナーとしてもアウターとしても使える便利なウェアです。そのためアウターとしては薄手になりますが、きちんと暖かく冬のアウトドアでも使いやすい防寒インナーとなります。非常に使いやすく、さまざまなシーンで使えると人気です。

メンズ、レディース分かれていないためサイズも豊富にあります。スポーツウェアということでワークマンの刺繍サービスにも対応していて、他のワークマンの防寒インナーとは少し異なるアイテムです。

フリースにしては少し薄手だが十分暖かい。肌合いが優しいので、いえでずっときています。この冬大活躍しそうです。

まとめ

ワークマンはインナーも高機能

Photo byPexels

ワークマンの防寒インナーはインナーも高品質で使いやすいものが多いです。素材や使い方が異なるインナーがたくさんありスポーツ、アウドドア、タウンユースでも使いやすいインナーになっています。それぞれ機能性や使い方が異なるため見比べて、最適なものを選ぶといいでしょう。

どの防寒インナーもアウドドアで使いやすいものばかりになっていて、スポーツ系のウェアはインナーとしてもアウターとしても使える仕様になっています。

ワークマンの防寒着が気になる方はこちらもチェック!

ワークマンにはアウトドアで使いやすい防寒着や防水ジャケットなどアイテムが多数あります。防寒着もワークマンらしいコスパのいい使いやすいアイテムになっているため気になる方はチェックしてみてくださいね。