検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

100均アイテムでローテーブルをDIY!簡単な作り方&便利な使い道も解説!

100均の材料を使えば収納、家具までいろいろなものを作ることができます。今回は100均アイテムを使ったローテーブルのDIY方法をご紹介。使うアイテムによっても仕上がりのローテーブルは異なります。使ってみたいものを見つけてDIYしてください。
2021年11月9日
大石yu

目次

ローテーブルをDIYしたい

お家やキャンプなどのシーンで便利に使えるローテーブル。欲しいけど買うのは躊躇してしまうという方もいるかもしれません。今回は、そんな方のために100均材料を使って安くローテーブルをDIYする方法をご紹介します。

100均材料を使うので、安く作れますしDIY方法も簡単です。自由にアレンジして、満足のいくローテーブルを作っていきましょう。

100均材料を使ったローテーブル

Photo byfreephotocc

SNSを見ていると、100均アイテムを使ったDIYに挑戦している方を多く見かけます。100均にはDIYで使えるアイテムはもちろん、工具の販売もあるためDIYをしたことがないという初心者の方でも手軽に挑戦することが可能です。

今回ご紹介するローテーブルの作り方は、使っているアイテムも仕上がりの感じも全く異なっています。ペンキで色を塗ることで、また違った印象にもなりますので、自由に作っていきましょう。

100均ローテーブルDIYアイデア:まな板

ではさっそく、100均アイテムを使ったローテーブルのDIY方法をご紹介していきましょう。初めにお伝えする方法は、まな板を使ったDIY方法です。まな板のミニサイズをDIYするのですが、作り方も簡単なので初心者の方にもおすすめとなっています。

工具もノコギリやドライバーがあれば作れますので、100均ですべてそろえて作ることが可能です。

100均すのこでローテーブルがDIYできる


使う材料は、100均で販売されている桐まな板とフレーム、蝶番と、ペンキやハケ、リメイクシートです。動画の方はリメイクシートを使って天板を作っていますが、もちろんペンキで仕上げてもいいでしょう。

リメイクシートは100均でもデザインが豊富にそろっていますので、好みの柄がある方はリメイクシートを使うのもおすすめ。ハサミでカットして貼り付ければいいので、こちらも簡単です。

100均ローテーブルのDIY方法

100均のフレームは何に使うのかと考えた方もいるかもしれませんが、フレームはテーブルの脚に使います。フレームを半分にカットし、カットしたところをやすり掛けしていきましょう。

やすり掛けが終わったらペンキで色を塗り、天板になるまな板はリメイクシートを貼り付けていきます。蝶番で脚を天板に固定したら完成です。折り畳みになる便利なローテーブル。簡単ですのでぜひDIYしてみてください。

100均ローテーブルDIYアイデア:すのこ


次にご紹介するのは、すのこを使ったローテーブルの自作方法です。すのこDIYはとても人気で、SNSなどでもすのこを使ったDIYを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

すのこはもう形ができているものなので、それを使うことで初心者の方でも簡単にDIYが可能です。ここでお伝えする手作りローテーブルも折りたたみ式なのでコンパクトにも収納できる便利なテーブルになります。

100均すのこを使ったローテーブルの自作方法とは

使う材料ですが、100均のすのこ2枚と整理で、300円でローテーブルを作ることが可能です。整理棚自体、折りたたみができる商品ですのでそれを使って簡単に手作りしていきます。

ダイソーで販売されている水溶性のニスを塗って仕上げていますが、塗料もいろいろあるのでお好きなものを選んでください。すのこを使っていますが、桐まな板を使ってもいいでしょう。

100均ローテーブルのDIY方法

まずはすのこ一枚を分解していきます。分解するときはケガをしないように注意して作業を行うようにしてください。分解できたらやすり掛けを行い、表面を滑らかにしておきます。

すのこはそのままだと入れられませんので、不要な部分をカットしておきましょう。ニスを塗り、結束バンドで固定する部分を削ったらボンドで固定して完成です。折り畳みができる上、おしゃれなテーブルですのでぜひ手作りに挑戦してみてください。

100均ローテーブルDIYアイデア:椅子

次にご紹介するDIYアイデアは、折りたたみ椅子を使ったDIYアイデアです。椅子自体折りたたみができるものですので、この方法でも折りたたみ式のミニサイズのテーブルが作れます。

100均アイテムを使ったローテーブルといっても、本当にいろいろなアイデアがありますので今回ご紹介している作り方を組み合わせて自分なりのテーブルを作ってみてください。

椅子を使ってもローテーブルは自作できる

使っている材料は、写真にあるような折りたたみ椅子と、吊り下げフック、桐まな板、ネジです。またプラスしてペンキやドライバーを用意しておきましょう。もちろん、ペンキでなくリメイクシートを使うのもおすすめです。

今回ご紹介している中ではこの作り方が一番簡単ですので、初心者の方でとにかく簡単に作れるものを探している方はこの方法で作ってみてください。またもっと簡単に作りたい場合、桐まな板ではなくすのこを使うのがおすすめです。

100均ローテーブルのDIY方法

まずは色を塗っていくところから始めます。ペンキを使っても、リメイクシートを使ってもOKです。色が塗れたら次は折りたたみ椅子の布をカットしていきます。カットができたら折りたたみ椅子のパイプを外し、フックを入れましょう。

フックを板に固定したら、反対側にもフックを固定して完成です。もしすのこを使う場合はフックを使う必要がなく、結束バンドで固定するだけで折り畳みローテーブルが作れます。

DIYした100均ローテーブルの使い道

では最後に、手作りしたローテーブルの使い道についてお伝えしていきます。おしゃれなテーブルを作ったとして、一体何に使えばいいのか分からないという方もいるかもしれません。作ったローテーブルをどのように使っているのか、こちらもぜひ参考にしてみてください。

100均ローテーブルを作ったらやっぱりキャンプ!

使い道ですが、この方はキャンプに持っていって使っているようです。キャンプグッズも必要な物を購入するとなるとお金がかかって大変ですが、100均アイテムで自作すれば安く済ませることができます。ミニサイズのテーブルなので、ソロキャンプならテーブルとして、ファミリーキャンプなら棚としても利用可能です。

100均のおしゃれなローテーブルでほっこり

キャンプだけでなく、もちろんお家で使うのもおすすめです。この方はすのこの色をブルーと白で色分けしておしゃれなローテーブルを作っています。色が違うだけでも印象は全く異なって見えますね。

DIYのいいところは、自分で好みの物が作れるところです。ペンキの色を工夫する以外にもステンシルをする方法もありますので、いろんな例を見て素敵なローテーブルを作ってみてください。

100均の黒板と角材で作ったお絵描きテーブル

この方は天板に黒板ボードを、脚に100均の角材を使ってテーブルを作っています。使い道はというと、子供のお絵描きボードとして使っているそうです。また、真ん中には柱が通してあるので収納のカゴを入れて収納もできるようになっています。

これは作り方のところでもお伝えしているように天板には黒板ボードの代わりに桐まな板やすのこを使って作ったテーブルを使ってもいいでしょう。使う材料は自由に選べるので、オリジナルのものを作ってみてください。

ピクニックで作ったローテーブルが活躍!

作り方のところでもご紹介した整理棚は、実はスタッキングできるアイテムとして使えるものですので、スタッキングして収納を作ることが可能です。この方はピクニックにローテーブルをもっていっていますが、折りたたみ式なので車にもコンパクトに収納できます。

まとめ

今回は100均商品でローテーブルをDIYする方法をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。思ったよりもいろんな作り方があり、そのどれもが簡単に作れることが分かりました。

ローテーブルはリビングなどのサイドテーブルとして、キャンプのテーブルとしていろいろな使い道があります。今回は折り畳み式の作り方をたくさんご紹介しましたので、収納の面も便利なローテーブルをぜひ、この機会に作ってみてください。

テーブルのDIY方法が気になる方はこちらもチェック!

テーブルのDIY方法については、他にも折りたたみ式の自作方法、手作りサイドテーブル、自作テーブルのDIY方法などの記事が特集されています。今回の記事以外に気になることがある方は、こちらも合わせて読んでみてください。