検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

2022、スノーボードウェアはユニクロで揃えよう!パーカーからパンツまで超お得!

日本のみならず世界各地でも高い人気を集めているUNIQLO(ユニクロ)ですが、実はスノボウェアも手がけています。本記事ではユニクロが販売しているスノーボードウェアに注目いたします。2022年、スノーボードウェアはユニクロで安く揃えませんか?
2021年11月24日
奏咲

年齢や性別問わず大人気のユニクロ

出典:ライター撮影

ファストファッションとして超が付くほど有名で、誰もが知っていると言って差し支えない「UNIQLO(ユニクロ)」。高品質なアパレルアイテムを驚きの低価格で販売しており、老若男女問わず人気の高いアパレルメーカーです。

手がけているアイテムが幅広いのも人気の秘訣の1つでしょう。服のみならず、バッグやシューズ、傘などといった身の回りのアイテムまで取り揃っています。しかも、ご存知の通りどれも低価格なのが特徴です。

あのユニクロがスノボウェアを販売している!


そんなユニクロですが、実はスノーボードウェアも販売しているということをご存知でしょうか。かなり意外な事実なので、ご存知ない方も少なくないかもしれません。今回の記事では、ユニクロが販売しているスノーボードウェアに注目していきましょう。もちろん、スキーウェアとしての代用も可能です!

ユニクロとスノーボードの意外な関連性

出典:ライター撮影

実はユニクロはスノーボードと意外な関係を持っています。それが、あのトップスノーボーダーの平野歩夢選手です。ユニクロは平野歩夢選手のスポンサー企業。ユニクロとしては初のウィンタースポーツ選手との契約だったこともあり話題を集めました。

世界的に有名なスノーボード選手である平野選手とスポンサー契約を結んでいることから、ユニクロとスノーボードは今や密接な関係にあると言っても過言ではないでしょう。

平野歩夢コラボスノーボードウェアを販売していた過去


ユニクロは、そんな平野歩夢選手とコラボしたスノーボードウェアを2019-2020シーズンに販売したことがあります。スノーボードのトップ選手とのコラボとは思えない低価格・税込み21,890円(販売当時)で発売され、即完売となったことをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

2021年11月、コラボモデルはないけれど…?

出典:ライター撮影

大変残念ではありますが、2021年11月現在、ユニクロの平野歩夢モデルのスノボウェアは販売されていません。限定商品だったということもあり、当時即完売してしまったのです。しかし、デザインが全く同じでディティール・シルエットが少しだけ異なるスノーボードウェアは販売されているのでご安心ください。そちらも、平野歩夢選手が開発に携わったウェアです。

ユニクロのスノボウェアをチェック!


さて、ここからは2021年11月現在でも販売されているユニクロのスノボウェアを実際にチェックしていきましょう。商品名に「スノボ」と記載されていますが、スキーウェアとして代用も可能です。スノーボード専用というわけではないのでスキーヤーの方でもご安心ください。パーカーとパンツ、どちらもスノボウェアとしては驚きの低価格です。

ハイブリッドダウンスノーボードパーカ

ユニクロの「ハイブリッドダウンスノーボードパーカ」は、商品概要に「平野歩夢選手自らが開発に携わった」と記載されています。「平野歩夢モデル」ではなくとも平野選手が開発したウェアであることには変わりありません。

ダウンなので暖かく保温性バッチリ。防風性も悪くないだけでなく、品質も高く圧倒的コスパを感じられるウェアにまとまっています。2021年11月現在、価格は19,900円(税込)。1~2サイズ大きめがおすすめです。

ヒートテックウォームイージーパンツ

平野歩夢選手とのコラボウェアはパーカーのみです。そのため、パンツは自分で探す必要があります。今回紹介するのはヒートテックウォームイージーパンツ。2021年12月中旬から販売予定のヒートテックパンツです。

スキーパンツの仕様を取り入れた新しい製品で、JW ANDERSONとして登場します。スノーボードの場合は特段気にする必要はありませんが、スキーの場合はスキーブーツが入るかどうかを意識しましょう。

インナーもユニクロで揃えよう

出典:ライター撮影

スノーボードやスキーで使えるパーカーとパンツについて注目してきました。ここからは、インナーについてチェックしていきましょう。ユニクロといえばヒートテックですが、実はスノーボードでは暖かさが仇となり、リスクとなる可能性もあるので要注意です。真反対のイメージのエアリズムが適する場合すらあります。一体なぜでしょうか。

インナーは季節や天候で柔軟に対応しよう!

出典:ライター撮影

ユニクロの防寒インナーといえばヒートテックが定番。ですが、スキー・スノーボード経験者であればご存知の通り、多量の発汗は珍しくありません。吸汗性・速乾性に乏しいヒートテックは不快で、むしろ汗で身体が冷える原因になりかねないでしょう。

季節や天候次第ではエアリズムをチョイスするのも選択肢の1つです。もちろんヒートテックで問題ないケースもあります。その日の寒さや季節感を冷静に分析して、ヒートテックかエアリズムを選択してください。

ユニクロはスノーボードで使える小物も販売

ユニクロであれば、スキーやスノーボードで重要なアイテム・グローブやネックウォーマーなども購入できます。ほぼ全身のスノーボードウェアを、ユニクロだけで揃えることも十分に可能だということです。ここからは小物類についてもチェックしていきましょう。また特別取り上げたりはしませんが、靴下などもユニクロのもので大丈夫です。

手を保護し、暖める手袋もマストバイ

出典:ライター撮影

ユニクロには手袋・グローブも数多くの商品が存在しています。基本的に撥水性が高ければスキー・スノーボードでも使用は可能です。とはいえスキーグローブとして販売されている商品と比較すると太刀打ちできないのも事実。

天候が悪い日などはあまり推奨できません。ただし、インナーグローブとして着用するという選択肢もあります。薄手のニットグローブなどをスキーグローブなどのインナーグローブとして着用すれば更に暖かくでき、手の保護性を高められます。

ネックウォーマー・マフラー・靴下は好きなものを

出典:ライター撮影

ユニクロでは、スキー・スノーボードを楽しむ時の定番防寒グッズであるネックウォーマー・マフラー・ソックスなども購入できます。こちらは特段性能などを気にする必要はないので、好きなデザインや形のものを選んで大丈夫です。

自分のお気に入りのアイテムを纏いながら滑れば気持ちよさが増します。ぜひ好みのアイテムを見つけてください!ユニクロであれば値段も手ごろなので、複数種類用意しておくのも選択肢の1つです。

スノボウェアはユニクロで格安に揃えられる

出典:ライター撮影

ユニクロで販売されている平野歩夢選手コラボモデルのスノボウェアをはじめとし、数々の商品をチェックしてきました。こう見てみると、本当にユニクロの商品だけでスノーボードやスキーが楽しめることが分かります。

とはいえ、パンツやグローブなどはスキー・スノーボード専用のものがベターなケースもあります。大切なのは自分の滑り方との相性や、スノーボードを楽しむ季節や天候と照らし合わせることです。自分を守るためにも、スノボウェアは慎重に選んでください

ユニクロのスノボウェアが気になる方はこちらもチェック

本記事でフォーカスを当ててきたのはユニクロのスノボウェア・関連アイテムでした。今回はユニクロに絞って紹介をしてきましたが、本サイトでは他のブランドのウェアやボードなどを紹介している記事も多数掲載中です。

また、スノーボードのテクニックやゲレンデ情報を紹介している記事なども掲載しています。1年の間で限られた期間しか楽しめないスノーボードを満喫するためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね!