検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

インテリア風・スノーボードの収納方法!部屋のスペースに合わせておしゃれに飾ろう!

スノーボードは使わない時期にどこに収納しているでしょうか。大きさもある程度あるため、狭い賃貸のお家だと特に置き場に困ってしまう方も多いことでしょう。今回はスノーボードの収納に困っている方のために、収納のアイデアをご紹介していきます。
2021年12月8日
大石yu

目次

スノーボードをおしゃれに飾りたい

スノーボードは、使わない時期の方が長いため、その時期はどこかに収納しておかなければなりません。ですがスノーボードは大きさがあるため、収納するのも大変です。

お家に収納が少ない方は特に、収納に困ってしまうことでしょう。ですが、狭いスペースにもスノーボードは収納することが可能です。スノーボードの収納の仕方を知りたい方はぜひ、今回の記事を参考にしてください。

スノーボードはインテリア的に飾ることができる

Photo byPexels

スノーボードはそれ自体がおしゃれなアイテムです。ですから、スノーボードをインテリアとして飾りながら収納するということができます。特にお部屋が狭いという方でも、飾りながら収納すればインテリアもおしゃれに。

今回は便利な収納方法はもちろん、おしゃれな収納アイデアまでさまざまな方法をご紹介していきます。スノーボードの収納に困っていた方も、今回の記事を見ていいなと思った収納方法で飾って収納に挑戦してみてください。

収納用のラックをDIY

ではさっそく、スノーボードの収納方法をご紹介していきましょう。まず初めにご紹介するのは、ラックを使った収納方法です。スノーボードのラックは販売されているものもありますが、DIYすることで安く作ることができます。ここでは手作りで作ったアイデアをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スノーボード用の保管ラックを手作り


この方は材料に1×4材と2×4材とアンカーボルトを使ってスノーボード収納を手作りしています。ホームセンターなどで購入できる安い木材を利用すれば、思っているより簡単にラックを作ることは可能です。

また、スノーボードを飾って収納できるようなおしゃれなラックにすることもできます。DIYなら自由にデザインや色が考えられるので、いろんな例を見て作ってみるといいでしょう。

スノーボードラックに立てかけ収納

自宅にちょっとしたスペースがあるのであれば、そのスペースを利用してスノーボードを収納するのが便利です。この方は縦長のスノーボードラックをDIYしてそこにボードを収納しています。

大人のボードだけでなく、子供のものもかかっていてかわいらしいですね。もしお家に余っているスペースがあるのであれば、そこにラックを作ってスノーボードを収納してみてください。

立てかけるスノーボードラックがおしゃれ


こちらは一枚だけのスノーボードを保管できるラックです。土台がおしゃれな板を使っていて、飾りながら収納ができるラックに仕上がっています。自分で作るということは、自分好みのデザインのラックが作れるということです。

お部屋にマッチする、素敵なラックを作っていきましょう。スノーボードを持っている数によってラックの大きさも変わってきますので、ぴったり入るものを作ってください。

アングル材を使った無骨なラック

こちらは木材ではなく、アングル材を使って無骨なスノーボードラックを手作りしています。木材で作るラックと同じく、必要な棚数を作っていけば限られたスペースにスノーボードがたくさん収納可能です。

ラックを作る場合、立てかける方法と実例のように横に置く収納方法があります。スペースやスノーボードの数との兼ね合いで収納方法を選んでください。

ラブリコを使って収納する方法

では次に、ラブリコというDIYアイテムを使ったスノーボードの収納アイデアをご紹介していきましょう。ラブリコ、もしくはディアウォールというアイテムがあり、それを使うことで壁面に収納を作ることができます。これを使えばお部屋に収納が少ない方でも、壁面にスノーボードを飾ることが可能です。

ディアウォールに棚受けを取り付けて

ラブリコやディアウォールは2×4材をはめこむことができ、バネがついているため、天井と床に柱を張ることができるようになります。ですから、そこに棚を自由に設置が可能です。

この方はディアウォールで壁に2×4材を張り、そこに棚と、棚受けを取り付けています。棚受けにスノーボードを、そして棚にはバッグや洋服など必要な物を収納することが可能です。

ラブリコを使ってたくさんのスノーボードアイテムを収納

ラブリコを使って壁面に収納棚を作り、スノーボードとスノーボード関連のアイテムを収納している例です。スノーボードは木材に斜めに切り込みを入れることでたくさんのスノーボードが収納できるようになっています。ラブリコを使えば壁を傷つけることもありませんので、賃貸の方でも問題なく収納ができるようになるでしょう。

ラブリコで柱を作りスノーボード収納

この方もラブリコを使って柱を二本設置し、間にも2×4材を固定してそこにスノーボード収納用のパーツを固定しています。スノーボード用の収納パーツは壁に直接つけてしまうこともできますが、賃貸の方や壁に傷つけたくない方は、今回ご紹介しているようにラブリコなどを利用するのがおすすめです。

スノーボード収納の柱をおしゃれに色付けして

この方も、スノーボード収納用のパーツを柱に固定して収納しています。ラブリコは2×4材を使うので、柱は自由に色を付けることが可能です。お部屋のインテリアに合わせてペンキを塗れば、お部屋の雰囲気に合った印象にすることができるでしょう。

ラブリコやディアウォール棚の作り方については、こちらの記事でご紹介しています。作り方が気になる方はこちらの記事を参考にして手作りしてみてください。

壁に飾りながら収納する方法

次は壁に収納パーツを使ってスノーボードを収納するアイデアをご紹介しましょう。ここでご紹介する方法は、賃貸ではなく壁に傷をつけても構わないという方に向けてのアイデアです。簡単にDIYして収納を作りたい方におすすめのアイデアですのでぜひ参考にしてください。

壁に棚受けを付けるだけの簡単スノーボード保管

ラブリコを使った方法に、棚受けをつけている実例がありましたが、それはもちろん壁面に利用することも可能です。この方はスノーボード二つを収納できるよう、水平に棚受けを設置してスノーボードを保管しています。

しっかり水平になっていないと斜めになってしまうので、まっすぐになるように注意して棚受けを設置してください。必要数の棚受けを壁に取り付けるだけなので簡単に作れます。

木材に切り込みを入れてスノーボードの保管アイテムを壁に設置

この方は木材に斜めに切り込みを入れ、そこにスノーボードを収納しています。しかもこれ、夏の間は木材が取り外せるようになっているため、小物掛けとしても利用できるそうです。スノーボードは使わない時期の方が長いため、使わないときのことも考えられた素晴らしいアイデア。いいなと思った方はぜひ、真似して作ってみてください。

ダイソーのハンガーで壁面収納を手作り

壁に服を取り付けて、そこにダイソーのハンガーを曲げて作ったラックを設置すればスノーボードを収納できるようになるそうです。取っ手も簡単ですし、安く作ることができます。このようにフックを使って収納する場合は、耐荷重が重要になってきますので耐荷重のチェックをしたうえで購入、設置をするようにしてください。

スノーボード用収納ベルトを固定

この方は、壁にスノーボード用の収納ベルトを固定してスノーボードを収納をしています。しかもテレビの後ろのスペースを有効活用していいるため、お部屋お狭くなることはありません。賃貸の方など、収納場所が少ない方は壁を使った収納方法がおすすめです。

スノーボード用の収納にもさまざまなタイプがあります。自宅の収納スペースに合ったアイテムを選んで収納していきましょう。

天井を使った収納方法

次はスノーボードの天井収納のアイデアです。壁のアイデアは多少、お部屋が狭くなってしまうこともありますが、天井のスペースを収納に使えばお部屋が狭くなることはありません。この方法も簡単にできるアイデアもありますので、ぜひ参考にしてください。

天井に突っ張り棒を張って

難しいDIYをしたくないという方であれば、この方のように突っ張り棒を天井スペースに張ってスノーボードを収納するのがいいでしょう。もちろん、突っ張り棒には耐荷重があるため、スノーボードの数に合わせた耐荷重のものを購入して設置するようにしてください。

突っ張り棒には耐荷重の大きなものがありますし、長さもさまざまです。もしスノーボードのその他のアイテムも収納したいなら、突っ張り棒の上に板などを乗せて棚にすることもできます。

スノーボード用の収納を手作りで

この方はガレージの天井に、木材を使ってスノーボード収納を手作りしています。DIYが好きな方であれば、天井のスペースに棚を作ってスノーボードを収納するのもいいでしょう。

お部屋の一角、クローゼットの天井など、デッドスペースを有効活用できる方法ですので、スノーボードに限らず使えるアイデアです。収納に困っているものがあるなら、ぜひこのアイデアを活用してみてください。

その他のスノーボード収納方法

最後はスノーボード収納のその他のアイデアです。壁、天井、ラック以外にもスノーボードを収納するアイデアはあります。人によって好み、お部屋のタイプも異なりますので自分に合った収納方法を選んでください。

クローゼットの奥に収納する

一番一般的な方法かもしれません。クローゼットに空きスペースがあるなら、そこに収納してしまうことでお部屋の邪魔になることはないでしょう。また、押し入れ、屋根裏部屋など、使わない時期はそういったところに収納しておいたほうがすっきりします。

冬の時期になったら取り出して、今回ご紹介している他の収納方法ですぐに取り出せるように収納するのがおすすめです。

小上がりを作ってそこに収納

お部屋に小上がりを作ってスノーボード関係のアイテムを収納しているという方もいました。この方法も、スノーボードをしない時期に有効な方法ではないでしょうか。

小上がりがあることで、お部屋の雰囲気も変わりますしおしゃれにすることが可能です。小上がりは実は、自分でも作ることはできます。自分で作ってみたいと思った方は方は、下記リンクをチェックしてみてください。

スノーボードのまとめ

今回はスノーボードの収納方法をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。収納スペースがない方でも、おしゃれに収納できる方法がたくさんあります。

スノーボードは大きさがあるため、お部屋の限られた空間に収納しようとすると生活に邪魔になってしまうこともあることでしょう。ですが今回ご紹介したように、壁や天井などを利用すればお部屋のスペースを邪魔することなくおしゃれに収納することができます。

スノーボードが気になる方はこちらもチェック!

スノーボードについての記事は、他にもおすすめのボードケース、スノーボードステッカーの貼り方、デザイン集についての記事があります。今回の記事以外に気になることがある方は、こちらもチェックしてみてください。