Twitter
Facebook
LINE

難燃素材で穴が開かない!キャンプで使いたい、焚き火用ブランケット人気6選!

ゆー

難燃素材で穴が開かない!キャンプで使いたい、焚き火用ブランケット人気6選!

ゆー

冬キャンプには防寒具が欠かせませんが、その中でも手軽に持ち歩けるアイテムがブランケットではないでしょうか。ですがキャンプにブランケットを持っていく場合、焚き火で燃えてしまう危険があるもの。今回は焚き火で使える難燃素材のブランケットをご紹介します。



キャンプの焚き火用ブランケットが欲しい!

最近は冬にキャンプをされる方も多くなり、キャンプの防寒グッズがたくさん出ています。今回はそんな防寒グッズの中でも焚き火をしていても安心して使えるブランケットをご紹介していきましょう。ブランケットはさっと羽織って使えるため便利に使えるアイテムとなっています。焚き火でも使う方が多いため、難燃性の素材だと安心です。

キャンプのブランケットは難燃素材がいい!

Photo byAnnLarin

キャンプをするときには焚き火は欠かせません。焚き火をすると火の粉が舞ってしまうため、防寒グッズを使う場合には燃えてしまう危険が伴います。キャンプで使う布製のものは難燃性の素材が一番です。

今回はさっと使えるブランケットの中でも、難燃性の素材が使われている商品をご紹介していきます。人気のブランケットをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。(2021年9月16日現在の情報をもとに記事を作成しています)

キャンプには専用のブランケットが便利

家にあるブランケットや毛布でもいいけれど

Photo bykelin

寒い時期に行うキャンプには、ブランケットが欠かせないアイテムです。お家にあるブランケットをもってキャンプに行くのもいいのですが、やはりそれだと汚れてしまう心配もありますし、燃えてしまう心配もあります。

もし頻繁にキャンプに行く方であれば、キャンプ用に持っていくブランケットがあったほうが安心です。使っていて汚れてもキャンプ用として使っているものなので心配もありません。



焚き火にも強いブランケットなら安心

キャンプに持っていくブランケットはキャンプ用として購入するのが一番ですが、もし買うならやはり難燃性のブランケットをおすすめします。キャンプでは必ず焚き火をするものですので、普通のブランケットだと穴が空いてしまうことも…。

最近は冬キャンプを楽しむ方が多くなっていることもあり、難燃性のブランケット商品も増えています。難燃性のブランケットなら焚き火も安心してできるので、ぜひこの機会にお気に入りの商品を見つけてください。

キャンプの焚き火用ブランケットの選び方

次にお伝えするのは、焚き火用ブランケットの選び方についてです。ブランケットといっても、サイズも肌触りも、素材もたくさんのものが販売されています。その中で自分が選ぶのはどのような商品がいいのでしょうか。

通販サイトを見ていると、たくさんの商品が見つかりどれを選べばいいのか分からないという方も多いことでしょう。ここではその中でどれを選べばいいのかという基準をお伝えしますので、こちらも参考にしてください。

キャンプの焚き火で使うなら難燃性が一番!



Photo byJityPix

やはり、キャンプで使うなら一番は難燃性の素材のブランケットが一番です。もしテント内でしか使わない、というのであれば難燃性でなくてもいいのですが、そうすると外用とテント用とで使い分けをしなければならないのでブランケットが二つ必要になります。

難燃性のブランケットを購入しておけばテント内でも焚き火をする外でも暖かくいられますので、できるだけ難燃性の素材を選んで購入するのがいいでしょう。

サイズで選ぶ

ブランケットの選び方の一つ目は、サイズです。ひざ掛けに使うなら小さめでもいいかもしれませんが、布団のようにかけて使いたい方もいることでしょう。キャンプでブランケットを使うシーンはどこでしょうか。ブランケットを購入する場合はサイズをチェックして大体のイメージをしておくと安心です。
 

デザインで選ぶ

人それぞれ好みの色やデザインは異なるものです。同じ焚き火用ブランケットだとしても色違いで販売されているところもあるため、その中で好きなものを選ぶといいでしょう。おしゃれに使えるもの、可愛いデザインのものなど焚き火用のブランケットはたくさんありますのでいいなと思えるものを購入してください。

洗濯の有無

Photo byJillWellington

もう一つ重要になってくるポイントが洗濯できるのかどうかということでしょう。服もそうですが、手軽に洗濯できない素材のものも焚き火用ブランケットの中にはあります。

キャンプでブランケットを使うと汚れてしまうため、丸洗いできるものだといいでしょう。毎回クリーニングに出さなければいけないものだとお金もかかりますので、その点も考えて商品を購入してください。

その他機能

キャンプで便利な焚き火用商品の中には、ただひざ掛けとして使えるものだけでなくポンチョにできるもの、スカートになるタイプのものもあったりします。また、収納袋がついている便利な商品も。キャンプに行く場合、収納袋がついていると持ち運びも便利です。またポンチョにできるものだと羽織っても落ちる心配もありません。

キャンプの焚き火用デザインブランケット2選!

ではさっそく、焚き火用ブランケットのおすすめ商品をご紹介していきましょう。まずここでご紹介するのは、デザインのあるおしゃれな焚き火用し商品です。

お子さんがいる方、可愛いデザインが好きな方におすすめな商品をそろえてみました。おしゃれなデザインのある商品や可愛いデザインの商品が気になっている方はこちらのキャンプ用ブランケットの中から好みのものを選んでください。

①防炎ブランケット

アウトドア用のポリエステル焚き火用ブランケット

防炎ブランケット アウトドア ひざ掛け

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズ100×150cm
カラーカフェブラウン、チェックブラウン、チェックブラック
素材ポリエステル

こちらはポリエステル素材でできた防炎タイプのブランケットです。肌触りも良く、大きさもある程度あるため便利に使っていただける商品となっています。デザインが三種類あるのもいいですね。

また、軽量タイプでもあるので持ち運びも便利です。キャンプなどのアウトドアで利用するならこちらの焚き火用商品はいかがでしょうか。キャンプにぴったりのチェック柄のおしゃれな商品となっています。

人気焚き火用キャンプブランケットの詳細

ポリエステル素材の商品で、化学物質を一切使っていないためお子さんも安心して使っていただけます。肌触りが良く、防炎素材を使用した商品で、キャンプの焚き火でも安心して利用可能です。

レビューでは暖かさは思った以上だったとあります。他にも肌触りが滑らか、とても暖かいとの声がありました。温かく火の粉が飛んでも燃える心配のないブランケット。気になる方はぜひチェックしてみてください。

生地は思った通りの厚さでしたが温かさは思った以上でした。2回使いましたが穴などは無し(火の粉掛かってないからかも)。お尻が温かいです。もう一枚買って膝掛けにも使おうかな。

②アルパカデザイン焚き火ブランケット

アルパカが可愛い焚き火用ブランケット

防炎ブランケット 夏 シングル オシャレアルパカ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズ120×150
カラーアルパカ
素材ポリエステル

可愛いデザインの焚き火ブランケットが欲しいという方におすすめしたいのがこちらのアルパカデザインの商品です。ポリエステル素材で難燃性ですので火の粉が飛んでも安心して使える商品となっています。

また化学物質を使っていないため、お子さんにも安心して使用していただける商品です。価格も安いため、手に入れやすいのもおすすめな商品となっています。

人気焚き火用キャンプブランケットの詳細

防炎素材が使われたポリエステル素材のブランケットですので、火の粉が飛んでも燃え広がることなく消えていきます。冬キャンプの防寒として優れた商品ですので、テント内や焚き火で活躍してくれるはずです。

口コミでは想像していたより大きい、肌触りはしっとり、裏側のボアはもふもふといった声が。また他にもデザインが可愛い、羽毛立ちの少なさはいいと書かれていました。

家でキャンプで使ってます。想像してたより大きくて嬉しい誤算でした。
アルパカ面の肌触りはしっとり、裏側のボアはもふもふで肌寒いキャンプ場では役立ちました。
まだ焦げ付いてないので防炎具合はわかりませんが、それ抜きでも満足してます。安心です。

キャンプの焚き火用シンプルブランケット2選!

次にご紹介するのは、デザインのないシンプルな焚き火用ブランケットです。男性だと特に、デザインがないシンプルなものを好む方も多いでしょう。シンプルなデザインの商品が気になる方はこちらの商品の中から選んでください。ここでは腰巻きにできるタイプもありますので、便利に使っていただけます。

①腰巻にできる焚き火ブランケット

腰巻きにもできる焚き火用のブランケットは

Fire Proof Blanket Black

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズ100cm×120cm
カラーブラック
素材表地:コットン100% 裏地:ポリエステル100%

こちらは腰巻きにできるタイプのブランケットです。普通のブランケットでも腰に巻いて使うことはできるのですが、腰巻き用の物でないとやはり外れて推してしまう心配もあります。

腰巻きとして使るようにバックルがついた商品ですので、その点も安心です。また難燃性のブランケットですので、火の粉が飛んでも安心して使えます。おしゃれに使える商品ですので、気になる方はチェックしてみてください。

人気焚き火用キャンプブランケットの詳細

こちらは表地がコットン、裏地がポリエステルの商品で、カラーはブラックのみです。価格は他と比較して安いわけではありませんが、火の粉が飛んでも安心して使える商品となっています。

口コミでは暖かく使いやすい、気に入ったと書かれていました。決して安い価格ではないのですが、おしゃれですし便利に使える商品となっています。テント内でも焚き火でも使える、おしゃれなブランケットです。欲しい方はぜひゲットしてください。

暖かく使いやすく、とても気に入りました。買ってよかったです!

②ウールブランケット

ウールタイプの焚き火用ブランケット

ROTHCO  ウール ブランケット

出典: 楽天
出典: Amazon
サイズ152.4×203.2cm
カラーオリーブ、グレー
素材ウール55%、合成繊維45%

こちらはウールと合成繊維でできた焚き火用のブランケットです。ウールブランケットの大きさは、今までご紹介しているものよりも大きいサイズなので、テント内で布団としても利用できる商品となっています。軍事用の商品ですのでかっこよく使用可能です。カラーも二色あり、オリーブとグレーが選べるため好きなカラーを選んでご購入ください。

人気焚き火用キャンプブランケットの詳細

ウール素材のブランケットですが、ドライクリーニングのみの商品ですのでその点はご注意ください。また購入してすぐはワックス処理をした匂いが残っていますが使っていくうちになくなっていきます。

レビューを見ると理想的な厚みだと書かれていました。アメリカの老舗ミリタリーブランドが販売している軍事用のウール毛布ですので、そういった商品が好きな方におすすめなブランケットとなっています。

理想的な厚みと、ウールが55%ほどではありますが充分に地表の寒さから守ってくれそうな安心感があります。

キャンプの焚き火用収納付きブランケット2選!

次にご紹介するのが収納付きの商品です。キャンプなどのアウトドアだと、やはり収納が便利にできる方が使いやすいもの。収納袋がついているものであれば持ち運びもしやすいのでおすすめです。フリース素材のもの、安い商品もありますので、焚き火でも安心できる便利なブランケットを探している方はぜひチェックしてみてください。

①安い難燃ブランケット

安い難燃ブランケットならこれ!

Hilander(ハイランダー) 難燃ブランケット

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズ140×100cm
カラーブラウン
素材ポリエステル

今回ご紹介している中で一番安い金額で購入できるのがハイランダーの焚き火用ブランケットです。しかもこれ、ボタンがついているためマントのようにして使えるのも便利な商品となっています。

写真を見ると分かるのですが、もこもことした素材ですので防寒としても肌触りも抜群の商品です。楽天での評価が4.7と高評価の商品ですので、人気の商品が欲しい方はこちらの商品を使ってみてはいかがでしょうか。

人気焚き火用キャンプブランケットの詳細

サイズが140×100cmとありますが、他にも200×140m、さらにブラックカラーやキリムデザインのものもありますので気になる方は楽天で探してみてください。

レビューでは有効な暖かさ、マントみたいに使えるのが良かったとの声が。他にもふわふわで肌触りがいい、枕にもなるとの声がありました。収納袋がついているため、枕にして使う方も多いようです。荷物が減るのでその点も便利に使えるのではないでしょうか。

かなり有効な暖かさ!
焚火してましたが難燃性の安心感もグッド。
ボタンで留めてマントみたいに使えるのも勝手が良かったです。
就寝時は十分な装備が有ったので出番がありませんでしたが、寒ければ毛布替わり、マクラにもなるのでエアマクラ持って行かなければ良かったです。

②フリース素材のブランケット

ベロアフリース記事の収納付き焚き火用ブランケットは洗濯もできる

Litume 170 x 122 cm 柔らかい 防災

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズ170×122
カラーグレー
素材ベロアフリース生地

最後にご紹介する焚き火用商品は、ベロアフリース生地でできたブランケットです。収納袋がついているため持ち運びも便利なのですが、収納サイズがなんと18.5×12.5cmとかなりコンパクトになります。

重さも342gと軽量なので、荷物が多い方でも安心して使っていただけます。キャンプなどのアウトドアではやはり軽量さやコンパクトさは重要なポイントとなりますが、この商品はどちらも優れているためおすすめです。

人気焚き火用キャンプブランケットの詳細

ベロアフリース生地の焚き火用ブランケットですが、こちらは洗濯もできるためキャンプなどのアウトドアで汚れたとしても安心して使用可能です。収納付きで軽量ですので、キャンプで大活躍してくれます。

口コミでは肌触りが気持ちいい、毛の抜けの心配がないとの声がありました。フリース素材で便利に持ち運びができる商品を探している方は、こちらの商品を使ってみてください。

この商品はとってもいいです。
肌触りが何より気持ちがいいです。
毛が全然長くないので、抜け毛の心配もなく、夏はすごく快適に過ごせそうです。

まとめ

Photo byunidiotafeliz

今回はキャンプに活躍してくれる焚き火用ブランケットをご紹介してきました。可愛いデザインのある商品からマントになるタイプ、そして収納もできる便利な商品もあることが分かっていただけたのではないでしょうか。

冬キャンプには防寒グッズは欠かせません。さらにお気に入りのデザインやカラーの焚き火用ブランケットを使えば気分も上がるものです。自分が一番いいなと思った商品を選んで、次のキャンプで利用してください。

ブランケットが気になる方はこちらもチェック!

ブランケットについて気になる方は、他にもペンドルトンのブランケット、キャンプ向けブランケット、電気ブランケットについて特集している記事がありますので、こちらも合わせてチェックしてみてください。

また、暮らし~のではキャンプ記事以外にもDIY、ガーデニングなどの記事が充実しています。検索機能もありますので、気になることがあるかたは検索で探してみてください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

ハロウィンに手作りするならコレ!デコレーションボールで作るパステルモンスター✨

今回は100均で購入した材料を使って「デコレーションボールで作るパステルモンスター+チャームにする方法」をご紹介しました! 用意するものは下記です。 【材料】 デコレーションボール めだま 針(長...

実は中身がコピー用紙!ハロウィンのリースを安く簡単に作る方法・手順を紹介🎃✨

今回はかわいいハロウィンリースを作る過程をご紹介しました! 100均ダイソーで購入した「ハロウィン柄のリボンテープ」やオレンジ色の毛糸を使って、コピー用紙で作った棒にくっつけていくだけ! 用意するも...

釣りのラジオ釣りラじ「第51回俺カラー登場!!」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ▼釣りラジをSpo...

このやり方で可愛くボリュームが出ます✨ハロウィンリボンカチューシャのおすすめの作り方解説🎀

今回は100均ダイソーで購入した「ハロウィン柄のリボンテープ」を使って、かわいいリボンカチューシャを作る過程をご紹介しました! 用意するものは下記です。 【材料】 リボン(約1m10cm使用・ワイ...

根がかりしても、それでもメタルジグを投げるワケ

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...