検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【日本人に最適】シンプソンのヘルメット人気8選!個性的なデザインが超おしゃれ!

長時間のバイク走行中も快適にかぶれるシンプソンの人気ヘルメットを紹介します。シンプソンの定番モデルだけでなく、クラシックな印象が特徴の人気モデル、定番モデルと同等クラスの人気を誇るヘルメットも集めて解説しているので参考にしてみてください。
2022年6月30日
hanashin

目次

シンプソンとは

シンプソンについて

シンプソンは1959年にビルシンプソンによって誕生したヘルメットブランドです。創業当初はドラッグレース用のパラシュートを開発していたブランドでしたが、1979年にバイク用ヘルメットの製造に着手しました。ヘルメット開発に着手した当時の面影を残したモデルが今でもたくさんあります。


シンプソンヘルメットの魅力は?

シンプソンヘルメットは、一度見たら忘れにくい特徴的なデザインが魅力です。ヘルメットインナーには汗を素早く吸収して拡散させ、ドライな肌触りをキープできるクールマックス生地を採用しています。

またシンプソンヘルメットは、ブランドが独自開発したシールドシステム・フリーストップを採用しているモデルがほとんどで、お好みの位置にシールドを固定させられ、風によっても操作を邪魔されにくいです。

本記事は、シンプソンより古くから人気の高い定番モデル、クラシカルなデザインが魅力の人気モデル、定番モデルにも負けない人気を誇る人気モデルを分けて紹介しています。お好みのシンプソンヘルメットを見つけてみてくださいね。

シンプソンの定番ヘルメットといえばこれ!


人気モデル①クルーザーヘルメット

SIMPSON クルーザーヘルメット

出典: 楽天
サイズXS(約53-54cm)、S(約55-56cm)、M(約57-58cm)、L(約59-60cm)、XL(約61-62cm)、XXL(約63-64cm)
仕様衝撃吸収ライナー、ストックカースタイルバイザー、オープンフェイス、

シンプソンの人気ヘルメット「クルーザーヘルメット」の特徴①

アメリカンバイクにピッタリなシンプソンのヘルメットをお探しの方には、こちらのアイテムがおすすめ。サイズ展開が非常に豊富で、XSからXXLまで全6パターンのサイズを取り揃えています。

また、カラーはホワイトとブラックの2色から選択可能。こちらのヘルメットが気になるという方は、ぜひこの機会に購入してみてください。

シンプソンの人気ヘルメット「クルーザーヘルメット」の特徴②


こちらのシンプソンヘルメットのおすすめポイントは、シンプソン唯一のオープンフェイスモデルだという点です。日よけ付きのストックカースタイルバイザーをを取り入れているため、日差しの強い日でも安心。

また、ライナーには衝撃を吸収してくれる機能があるだけでなく、通信デバイスなどを装着することも可能です。

人気モデル②アウトローバンディット

アウトローバンディット

出典: 楽天
サイズXS(約52.07~54.10)、S(約54.10~55.88)、M(約55.88~57.91)、L(約57.91~59.94cm)、XL(約59.94~61.97cm)、2XL(約61.97~64.00cm)
仕様DOT規格、あごエアラムダクト、ストリートBANDIT形状機能

シンプソンの人気ヘルメット「アウトローバンディット」の特徴①

フィット感に優れたシンプソンのヘルメットをお探しの方には、こちらのアイテムがおすすめ。厳しい基準を満たしているのも特徴的で、品質重視でヘルメットを購入したいという方に適しています。

カラーはホワイトとブラックの2色展開となっていますが、お店によってはオプションでさまざまなカラーに変更することが可能です。

シンプソンの人気ヘルメット「アウトローバンディット」の特徴②

こちらのシンプソンヘルメットのおすすめポイントは、豊富なサイズ展開が取り揃えられているという点です。XS~XXLまで6パターンのサイズが取り揃えられているので、ご自身に合わせたサイズを選択できます。

また、シンプルながらかっこいいデザインを採用しているというのも魅力ポイントの1つ。長期的に愛用したい方におすすめです。

人気モデル③スーパーバンディット13

シンプソン スーパーバンディット13

出典: 楽天
サイズ57cm、58cm、59cm、60cm、61cm、62cm、帽体(2種類):スモールシェル(57cm、58cm、59cm)、ラージシェル(60cm、61cm、62cm)
仕様標準装備シールド:クリアシールド、規格:SG規格(全排気量対応)、フリーストップシールド搭載、内装チークパッド:着脱式

シンプソンの人気ヘルメット「スーパーバンディット13」の特徴①

シンプソンのスーパーバンディット13は、シンプソンの定番モデルであるバンディットの進化モデルです。シンプソンらしいデザインを踏襲しながら、フィッティングにもこだわりをもってデザインされたフルフェイスヘルメットになります。

シンプソンの人気ヘルメット「スーパーバンディット13」の特徴②

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

日本人の頭に合うように再設計された帽体・内装を採用していて、使い心地も向上されているヘルメットです。シンプソンオリジナルのフリーストップを採用していることにより、無段階でシールド開閉位置を固定できます。

標準でクリアシールドも装備されているので、目元を走行風や埃からも守ることができ、安全なバイク走行を可能としてくれるシンプソンヘルメットです。

シンプソンの人気ヘルメット「スーパーバンディット13」の特徴③

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ライダーの頬の形にもよくフィットしてくれて、長時間のバイク運転でも疲労感のない使用感が得られるチークパッドも採用されています。

インナー素材には汗の水分を素早く吸収して乾かし、ドライな着心地をキープするためにクールマックス素材を採用しているシンプソンヘルメットです。ブランドメーカーのロゴマークが、本体やシールドにワンポイントで付いています。

クラシックな外観の人気モデルはこれ!

人気モデル①M30

シンプソン M30

出典: 楽天
サイズ57cm、58cm、59cm、60cm、61cm、62cm
仕様規格:SG規格(全排気量対応)、フリーストップ搭載、標準装備シールド:クリアシールド

シンプソンの人気ヘルメット「M30」の特徴①

シンプソンの定番モデルであるバンディットよりもややクラシックな印象を持っているM30は、ブランドの中でも人気の高いフルフェイスヘルメットです。自由自在な開閉ができ、その位置を保てられる世界唯一のシールドシステム・フリーストップを採用しているため、シールド位置をお好みで設定できます。

シンプソンの人気ヘルメット「M30」の特徴②

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

低反発クッション採用のチークパッド付きで、長時間のバイク運転中にも疲労感が少なく、心地よい使用感が持続するシンプソンヘルメットです。ヘルメットインナーには素早く水分を吸収・拡散して、ドライな肌触りをキープするクールマックス素材を採用しています。

目元を走行風や埃から守れるクリアシールドが標準装備されたシンプソンヘルメットです。衝撃から頭を守ってくれる硬度も備えています。

人気モデル②M50

シンプソン M50

出典: Amazon
サイズ57cm、58cm、59cm、60cm、61cm、62cm、帽体(2種類):スモールシェル(57cm、58cm、59cm)、ラージシェル(60cm、61cm、62cm)
仕様コンポジットファイバーグラスシェル構造、取り外し可能で洗えるチークパッド、適合車種/‎オフロードバイク

シンプソンの人気ヘルメット「M50 」の特徴①

シンプソンより販売されているフルフェイスヘルメットM50は、シンプソンの人気モデル・M30よりもクラシカルな雰囲気を纏っているヘルメットです。

オフロードバイクにもよく似合うおしゃれなフルフェイスヘルメットになります。コンポジットファイバーグラスシェル構造で、頭は衝撃からもしっかりとガードしてくれる人気ヘルメットです。

シンプソンの人気ヘルメット「M50」の特徴②

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

被り心地を高めてくれるチークパッドは取り外すことも可能で、洗うこともできるので衛生的に保つことできます。日差しから目元を守り、バイク走行中の安全性も高めてくれるシールドも標準装備されている人気製品です。周囲の状況を把握したい時には、シールドを上げられます。

シンプソンの人気ヘルメット「M50」の特徴③

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

サイズバリエーションもとても豊富なヘルメットなので、頭の大きさに合わせて選ぶことが可能です。カラーはホワイト・ブラック・マットブラック・レッド・ガンメタルグレイ・イエローの6種類より選べます。軽くてフィット感もよいというレビューもある人気ヘルメットです。シンプソンのロゴマークが本体やシールドに付いています。

シンプソンのその他のおすすめモデルはこれ!

人気モデル①アウトロー

シンプソン アウトロー

出典: 楽天
サイズ57cm、58cm、59cm、60cm、61cm、62cm、帽体(2種類):スモールシェル(57cm、58cm、59cm)、ラージシェル(60cm、61cm、62cm)
仕様規格:SG、内装チークパッド:着脱式、規格:SG規格(全排気量対応)

シンプソンの人気ヘルメット「アウトロー」の特徴①

シンプソンのアウトローは、リリース当時に定番モデル・スーパーバンディット13の人気に押されたものの、現在では同等クラスの人気を誇るフルフェイスヘルメットです。シンプソンの存在感を感じさせつつ、特徴ある頭部デザインがアウトロー感な印象を醸し出しています。

日本人に合うように設計された帽体・内装デザインを採用しているため、バイク乗車中にもフィット感よく被れる人気ヘルメットです。

シンプソンの人気ヘルメット「アウトロー」の特徴②

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

シンプソンオリジナルのフリーストップシールドを採用していて、無段階で開閉位置を固定することができます。反発性の高いクッション採用のチークパッドも付いていることで、長時間のバイク運転中もライダーの疲労感を軽減することが可能です。

シンプソンの人気ヘルメット「アウトロー」の特徴③

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ヘルメットのインナー素材には、ドライな肌触りをキープできるクールマックス®️を採用しています。シールドがあることにより、バイク走行時に目細かいチリが目に入らないようにすることができ、安全に走行可能です。サイズの種類も豊富なバイクヘルメットなので、頭の大きさに合わせて選べます。

人気モデル②RX1

シンプソン RX1

出典: 楽天
サイズ57cm/58cm/59cm/60cm/61cm/62cm
仕様クリアシールド、フリーストップ搭載、

シンプソンの人気ヘルメット「RX1」の特徴①

かっこいいデザインのシンプソンのヘルメットをお探しの方には、こちらのアイテムがおすすめ。価格は5万円程度で、カラーバリエーションは全3色用意されています。

マットなデザインを採用したシンプソンヘルメットとなっているので、デザインを重視してヘルメットを購入したいという方にピッタリ。ぜひこの機会に購入してみてください。

シンプソンの人気ヘルメット「RX1」の特徴②

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらのシンプソンヘルメットのおすすめポイントは、大人気のM30の復刻版となっているという点です。シールドなどのオプションパーツはM30用のものを取り付けることができるので、自身に合ったカスタムを楽しむことができます。

また、6パターンのサイズ展開が取り揃えられているので、ご自身に合ったサイズを選択してみてください。

人気モデル③Mod Bandit

シンプソン Mod Bandit

出典: Amazon
サイズXS(52~54cm)、S(54~56cm)、M(56~58cm)、L(58~60cm)、XL(60~62cm)、2XL(62~64cm)
仕様背面チークパッド、反射パネル、内部サンシールド、メタルチンバーロックコンポーネント

シンプソンの人気ヘルメット「Mod Bandit」の特徴①

タフでワイルドなデザインのシンプソンのヘルメットをお探しの方には、こちらのアイテムがおすすめ。視界が大きく開けているシールドを採用しており、内側にもサンシールドを搭載しています。

チークパッドは抗菌仕様となっており、取り外してご自宅で洗うことが可能。定期的にお手入れして清潔に保つようにしましょう。

シンプソンの人気ヘルメット「Mod Bandit」の特徴②

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらのシンプソンのヘルメットのおすすめポイントは、吸気口を調節できるという点です。また、耐久性や強度に長けたメタルチンバーロックコンポーネントを採用。

あご部分を持ち上げることも可能なので、長時間着用するという方にもピッタリです。こちらのシンプソンのヘルメットが気になるという方は、ぜひこの機会に購入してみてください。

シンプソンのヘルメット比較一覧表

スクロールできます

商品
商品名SIMPSON クルーザーヘルメットアウトローバンディットシンプソン スーパーバンディット13シンプソン M30シンプソン M50 シンプソン アウトローシンプソン RX1シンプソン Mod Bandit
サイズXS(約53-54cm)、S(約55-56cm)、M(約57-58cm)、L(約59-60cm)、XL(約61-62cm)、XXL(約63-64cm)XS(約52.07~54.10)、S(約54.10~55.88)、M(約55.88~57.91)、L(約57.91~59.94cm)、XL(約59.94~61.97cm)、2XL(約61.97~64.00cm)57cm、58cm、59cm、60cm、61cm、62cm、帽体(2種類):スモールシェル(57cm、58cm、59cm)、ラージシェル(60cm、61cm、62cm)57cm、58cm、59cm、60cm、61cm、62cm57cm、58cm、59cm、60cm、61cm、62cm、帽体(2種類):スモールシェル(57cm、58cm、59cm)、ラージシェル(60cm、61cm、62cm)57cm、58cm、59cm、60cm、61cm、62cm、帽体(2種類):スモールシェル(57cm、58cm、59cm)、ラージシェル(60cm、61cm、62cm)57cm/58cm/59cm/60cm/61cm/62cmXS(52~54cm)、S(54~56cm)、M(56~58cm)、L(58~60cm)、XL(60~62cm)、2XL(62~64cm)
仕様衝撃吸収ライナー、ストックカースタイルバイザー、オープンフェイス、DOT規格、あごエアラムダクト、ストリートBANDIT形状機能標準装備シールド:クリアシールド、規格:SG規格(全排気量対応)、フリーストップシールド搭載、内装チークパッド:着脱式規格:SG規格(全排気量対応)、フリーストップ搭載、標準装備シールド:クリアシールドコンポジットファイバーグラスシェル構造、取り外し可能で洗えるチークパッド、適合車種/‎オフロードバイク規格:SG、内装チークパッド:着脱式、規格:SG規格(全排気量対応)クリアシールド、フリーストップ搭載、背面チークパッド、反射パネル、内部サンシールド、メタルチンバーロックコンポーネント
商品リンク
Yahoo!ショッピングで見る
Yahoo!ショッピングで見る
Yahoo!ショッピングで見る
Yahoo!ショッピングで見る
Yahoo!ショッピングで見る
Yahoo!ショッピングで見る
Yahoo!ショッピングで見る
Yahoo!ショッピングで見る

比較表について

上記は、本記事よりご紹介してきたシンプソンの人気ヘルメットを一覧にしている比較表です。シンプソンヘルメットの画像を見比べられるだけでなく、ヘルメットサイズの種類やヘルメット素材を確認できます。

表の一番下には、シンプソンの人気ヘルメットのAmazonや楽天への商品リンクもあるので、お好みのヘルメットがありましたらクリックして情報を確かめてみてくださいね。

まとめ

いかがでしょうか?海外の人気ヘルメットブランド・シンプソンには、特徴的なデザインで、被り心地のよいバイク用ヘルメットの人気モデルがたくさんあります。ご紹介してきた人気ヘルメットの中で、バイクツーリング時や日常でのバイク移動の際にかぶってみたい製品がありましたら手に入れて使ってみてくださいね。

人気ヘルメットが気になる方はこちらもチェック!

以下は、さまざまなブランドより人気の高いバイクヘルメットを集めてランキングにて紹介している2021年最新記事、サイクリング中にも安全かつ快適に被れる人気ヘルメットを紹介している記事です。最後はスノーボード中にも快適に被れる人気ヘルメットを集めて解説している記事です。