Twitter
Facebook
LINE

ローコットのおすすめランキングTOP9!コンパクト&強度も優れたアイテムを特集!

大石yu

ローコットのおすすめランキングTOP9!コンパクト&強度も優れたアイテムを特集!

大石yu

キャンプで快適な眠りをするならコットがあるのが一番です。高さのあるタイプや低いタイプなど種類がありますが、今回は低いローコットのおすすめ商品をご紹介していきます。使いやすいローコットを探していた方はぜひ、今回の記事を参考にしてください。



キャンプでローコットを使ってみよう

コットとは何なのかと疑問に思う方もいるかもしれないので、初めにこの言葉の意味をお伝えしましょう。コットとは、キャンプで使う簡易的なベッドのことを指します。

コットがあることで家で寝ているときと同じような感覚で寝ることができるため、これを利用している方も多いです。今回はその中でも高さの低いタイプのローコット商品をランキング形式でお伝えしていきますので、使ってみたいローコットを探してみてください。

ローコットが欲しい

Photo byMaria1968

コットには高さの違いでハイタイプとロータイプに分かれます。ハイコットは地面から離れている分、重さも変わってくるものです。ソロキャンプなどをされる方は荷物が少ない方がいいため、そんな方におすすめなのがローコットとなります。

とはいえたくさんある商品の中で何を選べばいいのか分からないという方も多いでしょう。今回はそんな方のためにランキング形式でお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてください。(2021年7月19日現在の情報をもとに作成しています)

ローコットのメリットとは

ローコットのおすすめランキングをご紹介する前に、ローコットのメリットについてお伝えしていきます。コットを探している方の中には、ロータイプかハイタイプで迷っている方も多いことでしょう。ローコットはどんなところがメリットなのか。まずはそれを知ってから、おすすめの商品を見ていきましょう。

ハイタイプよりも安定している



ローコットはローとあるように高さがそこまで高くなく、大体20cm前後の高さがあるものをいい、対してハイタイプは高さが40cm前後のものをいいます。

ローコットは低いということでハイタイプよりも安定して使っていただけるので、その点がメリットです。また、先ほどもお伝えしているようにその分軽量にもなりますので、ツーリングなどにもおすすめとなっています。

軽量でコンパクト

ハイコットは高さがある分、ローコットよりも重く、そして大きくなります。ですから、ローコット自体、ハイタイプよりも軽量でコンパクトなものが多いです。もしソロキャンプで荷物を極力減らしたいという方であれば、ハイコットよりもローコットを購入するのがいいでしょう。

ローコットおすすめランキングTOP9!

ではさっそく、おすすめ商品をご紹介していきましょう。ローコットといっても、フレームの素材の違い、高さの違い、構造の違いでさまざまな商品が販売されています。商品の詳細なども詳しくお伝えしていきますので、ランキングにかかわらず、自分が納得できる商品を探してみてください。



ランキング9位:TOMOUNTのローコット

9位にご紹介するのがTOMOUNTのローコットです。簡単に組み立てできる折りたたみ式で、コンパクトに収納することができる商品となっています。ブルーの脚がおしゃれなローコットですので、ぜひチェックしてみてください。

TOMOUNTのローコットは折りたたみ式

TOMOUNT アウトドアベッド キャンプコット 折りたたみ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズ190×70×17cm
重量2.18kg
耐荷重150kg

こちらは高さが17cmのローコットとなります。ベッドサイドには収納ポケットがついているため、その点でも便利に使っていただくことができる商品です。価格は8千円以下で購入でき、重量も2.18kgと軽めの商品となっています。

ロック部分も拡張しており、安定して使っていただけますので気になる方はぜひ、こちらをチェックしてみてください。

おすすめローコットの仕様

こちらは生地が厚手のナイロンで防水防塵防振の機能があります。フレームはアルミニウムなので軽量で、収納時の収納袋付きです。他のローコットと比べても、幅、高さ、縦と大きいサイズですのでゆったりと寝ていただけます。

レビューでは安い、組み立てが5分、寝心地がいい、コンパクトで軽いとかなり気に入っているようすが分かりました。組み立てが簡単だという点もおすすめの商品ですので、ぜひ使ってみてください。

・色々見た中でかなり安い方だった。
・青い塗料の剥げ落ちや付着はなし。
・初心者の自分でも開けて5分で組み立て完了。
・寝心地が良く、軋み音等は全くなし。
・コンパクトで軽い。

ランキング8位:ハイランダーのローコット

次は先ほどのものよりも軽い、重量2kgの商品です。ハイランダー製品で、コットの生地にはハイランダーのロゴが入っています。収納時のサイズもかなりコンパクトになりますので、ツーリングをされる方にもおすすめの商品です。

ハイランダーの軽量ローコットがおすすめ

(ハイランダー) 軽量アルミローコット

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズ188cm×68cm×16cm
重量2kg
耐荷重80kg

こちらは軽量タイプの商品で、収納時も14cm×55cmとかなり小さくなります。ツーリングなどでソロキャンプに行く場合、荷物が多いと大変ですがこれなら安心して持っていっていただくことが可能です。

組み立て方もそこまで難しくなく扱っていただけますので、初めてコットを利用する方にもおすすめとなっています。快適に寝たいのであればコットが一番。ぜひ、ハイランダーの商品を使ってみてください。

おすすめローコットの仕様

フレームがアルミニウム、生地がポリエステルでできています。コットのポールをはめこむ部分にはカラビナループがついていますので、便利に使っていただくことが可能です。

レビューでは組み立てが楽だとの声がります。他にも張りがいい、寝心地が最高などの声がありました。重さや寝心地、コンパクトさなど見るべきところはたくさんありますので、自分が納得できるものを見つけていきましょう。

とても組み立てが楽でいい商品だと思います。

ランキング7位:バンドックのローコット

次にご紹介するのが、バンドックのローコットです。こちらの商品は高さが13.5cmと低いタイプではありますが、重量が1.9kgと軽量なのでツーリングなどでキャンプをされる方にもおすすめの商品となっています。

バンドックのローコットは軽い!

BUNDOK(バンドック) LOW コット BD-206

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズ184x60x13.5cm
重量1.9kg
耐荷重80kg

他の商品と比べても重量が軽く、持ち運びが楽な商品となっています。また収納袋には持ち手が長めについているため、その点もおすすめです。ですが、耐荷重が他と比べると数値が低いので、その点は注意してご購入ください。

シンプルなブラック色の商品ですので、どんなテントでも安心して使っていただけます。組み立ても簡単にできますので、ぜひ気になる方はチェックしてみてください。

おすすめローコットの仕様

こちらはフレームがアルミ合金でできており、生地はポリエステルが使われています。アルミ合金が使われているため重量が1.9kgと軽く、女性の方でも持ち運びが楽にしていただくことが可能です。

レビューでは組み立てが楽、力がいらないとの声がありました。ローコットは組み立てが大変なものもありますが、これなら女性でも簡単に組み立てができますので、女性の方はぜひこちらを使ってみてください。

まず組み立てが楽。
ちからも大して要らない。
呑みながらでしたが約5分。

ランキング6位:サーマレストのローコット

次にお伝えするのは、他のコットとは違った構造を持つサーマレストの商品です。変わった形とはいえ、評価も4.6と高く、便利に使っていただける商品となっていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

サーマレストのアウトドア用ベッドとは

THERMAREST(サーマレスト) アウトドア用 ベッド

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズ(XL)76×196×10cm
重量(XL)約2kg
耐荷重(XL)158kg

サーマレストのこちらのコットですが、写真を見ても分かるように他のローコットとは脚部分が違った構造になっています。高さはというと、10cmで低い商品ではあるのですが、生地がメッシュで蒸れにくく使用可能です。

こちらのブランドにはほかにもウルトラライトタイプのものもあり、そちらは重さが1195gです。今回ご紹介するものの方が重さはありますが、評価のより高いメッシュコットの方を選ばせていただきました。

おすすめローコットの仕様

こちらはサイズがR、L、XLサイズとそろっており、耐荷重はどれも140kg以上ありますので、寝返りを打つのも問題ありません。生地はメッシュですので、通気性も良く使っていただけます。

口コミでは寝心地がいい、快適に眠れるとの声がありました。他にも軽い、ぐっすり寝れるとの声が。少し高い価格ではありますが、便利に使っていただけますので気になる方はぜひ、使ってみてください。

寝心地は良いです。体重80キロ超の私には沈み込み具合が丁度良く、慣れない固いベッドでは腰が痛くなる程度に腰痛持ちですが、こちらのコットでは快適に眠れます。

ランキング5位:スノーピークのローコット

次はアウトドアブランドとして人気の高いスノーピークの商品です。こちらは高さが30cmあるタイプですので、地面からの影響も比較的少なく快適に過ごしていただける商品となっています。スノーピークのロゴが入ったおしゃれな商品ですので、ぜひチェックしてください。

便利に使えるスノーピークのローコット

スノーピークコットハイテンション

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズ200×65×30cm
重量6.0kg

スノーピークのロゴが入ったこちらのローコットですが、高さが30cmあり、ローコットの中では高さのある商品となっています。その分重量は重くなってしまいますが、組み立ても簡単なのでおすすめです。

さらに、商品名にもあるようにハイテンションとありますので適度な張りがあり、快適に寝ていただくことができます。価格は4万円台と高い商品ではありますが、買って損はなかったと思えるような商品です。

おすすめローコットの仕様

こちらは高さ、縦幅共に大き目のサイズですので背の高い方でも安心して快眠していただくことができます。ローコットはポールを組み立てて設置するものが多いですが、これは折りたたまれている脚を開いてセットする簡単な仕組みです。

レビューでは剛性が高く、ぐらつかないとの声があります。他にも安定感がいい、強度抜群との声がありました。高い買い物ではありますが、買ったあとは確実に快適に使える商品となっています。

剛性がかなり高く、寝ても座っても実にガッチリ安定していてグラつくことがありません。
寝がえりも普通にできますし、寝ると中心がやや沈むので、よほど寝相悪くなければ落ちません。

ランキング4位:ロゴスのローコット

次は価格が少し高くなりますが、アウトドアブランドの中でも人気のロゴスの商品となります。デザインのあるおしゃれなローコットで、コンパクトに収納することが可能です。ロゴスの商品を探していた方は、こちらの商品を使ってみてください。

ロゴスのおすすめなローコットはこれ

ロゴス エアライトアッセムプットベッド-BJ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズ61.5×185×12.5cm
重量2.5kg
耐荷重100kg

デザインのあるロゴスのローコットは、ボタンを押して折りたたみができる商品となっています。高さはあまりありませんが、軽量タイプなので持ち運びが楽です。また、ポール部分は押し込むことでロックがかかりますので安心して寝ていただけます。コンパクトになる便利なローコットですので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

おすすめローコットの仕様

こちらは身長が185cmまでの方に使っていただける商品です。フレーム素材がアルミ合金で作られているため、重さもそこまでなく持ち運びも楽にできます。収納サイズは43.5×4.5×20cmと小さくすることが可能です。

レビューでは、184cmの方が腰が痛くならず満足だとの声があります。他にも軽い、丈夫だとの声がありました。背のギリギリ高い方でも安心して使っていただける商品ですので、ぜひご購入ください。

身長184です 当コットが185だったので不安でしたが問題なし 足の組み立ては思い切って体重かける必要がありますが(壊れるかもというぐらい) その分テンションはいいです
3時間ほど昼寝しましたが腰痛持ちの私が腰痛くならず 満足です 

ランキング3位:テックエボのローコット

三位におすすめするのがテックエボのローコットです。こちらの特徴で大きな点が幅が70cmと広々としているところ。ゆったりとした寝心地を求める人におすすめの商品ですので、気になる方はぜひこちらを使ってみてください。

テックエボの収納付きローコット

テックエボアウトドア ベッド キャンプ コット

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズ200cm×70cm×17cm
耐荷重100kg

こちらは広さが70cm、そして高さも17cmあるタイプですのでゆったりと寝ていただくことができるローコットとなっています。高さが低いコットだと、地面からの影響が高くなってしまいますが、これなら影響も少なく快適に寝ていただくことが可能です。

アウトドア用のコットとしてはもちろん、快適に寝られるということで、ベランダや庭、そして仕事先で泊まらなければならなくなったときなどにも便利に使っていただけます。

おすすめローコットの仕様

こちらはサイズが他の商品よりも幅も高さも、横も大きく設定されている商品です。また、ベッドサイドには多機能収納付きですので、便利に使っていただけます。カラーはこれ以外にもブラック、コヨーテがありますので、好きなカラーを選んでください。

レビューではゆったり寝れますとの声がありました。価格も6千円以下とかなり安い価格で購入できる商品ですので、気になる方はぜひ使ってみてください。

横幅も70cmありゆったり寝れます。重さもさほど気になりません。

ランキング2位:フューチャーフォックスローコット

次にご紹介するのは、楽天の評価が4.72と高評価のローコットです。デザインがある厚手生地と強度のあるポール素材を使った快適なローコットとなっています。キャンプで快適に寝られる商品としておすすめですので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

厚手生地の安心ローコット

コット(フューチャーフォックス) ローコット キャンプ

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
サイズ185cm×66cm×16cm
重量2.5kg
耐荷重150kg

こちらは高さが16cmのローコットです。ある程度高さがあるため、横になった時に地面につきにくく安眠していただける商品となっています。デザインがある商品となっているため、テント内でおしゃれに使用可能です。

収納バッグがついているのはもちろん、通販サイト上には組み立ての写真も詳しく載っていますので購入した際はそちらを参考にしながら組み立てていくといいでしょう。

おすすめローコットの仕様

こちらは高さが16cmあるタイプですし、また生地も厚手のものを使っているので地面につきにくい構造となっています。ポールは軽量、かつ強度に耐えられるA7075超々ジュラルミンが使われていますので、その点も安心です。

レビューでは生地がしっかり張っている、寝心地が想像以上にいいとの声があります。他にも程よい弾力がある、女性でも持てる軽さ、袋が大き目でいいとの声もありました。

生地はしっかり張っており、体重76キロですが、お尻のところで地面から拳骨一個分の隙間が開いています。寝返りをうっても接続箇所から変な音が出ることもありません。寝心地は想像以上にいいです。

ランキング1位:DODのローコット

1位にご紹介したいのは、こちらのDODの商品です。評価が4.5と高く、価格も1万円以下で購入できます。また、コンパクトに収納ができる商品ですのでバイクを乗られている方のソロキャンプにもおすすめの商品です。

DODのローコットが便利に使える

DOD(ディーオーディー) バッグインベッド

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
サイズ183×72×15.5cm
重量2.6kg
耐荷重120kg

こちらは高さが15.5cmのローコットなのですが、一番おすすめしたい点というのがコンパクトさについてです。183cmの長さがあるコットではあるのですが、収納すると51×16×12cmのサイズまで小さくなります。

ツーリングなどで利用する場合、コンパクトであることが必須条件になってきますが、このコットならその条件も十分満たしてくれるはず。便利に使えるアイテムですので、ぜひ使ってみてください。

おすすめローコットの仕様

こちらはフレームがアルミニウムで生地がポリエステルでできた商品です。カラーはこのブラック以外にもカーキやベージュ色、タンがありますのでお好きなカラーを選んでください。

レビューには寝心地抜群、ぐっすりとの声が。他にも快適だとの声、収納がコンパクトだとの声もありました。アウトドアで快適に寝られるローコットを探しているならぜひ、こちらを使ってみてください。

届いた次の日にキャンプで使用。初のコットでしたが寝心地バツグンでした。夜なかなか寝れないんですが今回はグッスリ。もっと早く買えば良かった。

ローコットでキャンプを快適に過ごそう

ローコットに求めることは

人によって、アウトドアグッズに求めるものは異なります。もちろん、ギアの違いによっても求めるものは異なり、組み立てが楽な物、軽いもの、安いものなど基準はそれぞれ違ってくるものです。

今回はランキング形式でお伝えしてきましたが、やはり重要なのはランキングよりも自分が求める項目を満たしているかということ。購入の前には自分が求める基準を見極める作業をしていくといいでしょう。

ローコットで快適に過ごそう

ローコットには高さの違い、素材の違いでさまざまな商品が販売されています。先ほどお伝えしたように、人によって求めるものは違いますので自分が納得できる商品を探すのが一番です。

ローコットを使えばテントの中で快適に寝ることができます。マットで寝ていたという人も、寝袋を使っていたという人も、この機会にローコットデビューをしてみてください。

まとめ

今回はローコットのおすすめをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。ローコットには軽量タイプや組み立ての簡単な商品など、さまざまな商品が販売されていましたね。

ローコットを選ぶ場合は、軽量、組み立てやすさ以外に高さも重要なポイントとなってきます。レビューも選ぶときの重要な参考になりますので、総合的に考えて納得できる商品を購入してください。

キャンプの快適ギアが気になる方はこちらもチェック!

キャンプギアについては、他にもポータブル電源、ソフトクーラー、キャンプギアのおすすめ商品の記事が特集されています。他にも気になる記事がある方は、こちらも合わせてチェックしてみてください。

Movie動画記事

お客様をガイドしたら天才だった件【島日記10】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...

お客様をガイドしたら天才だった件【島日記10】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...

夫婦2人でジムニー車中泊って狭い?実際にやってみた結果…ヤバかった【毎日キャンプ生活26日目】

大人気のスズキの自動車「ジムニー」は、キャンパーに大人気ですよね!ソロでよく使われていますが、やはり軽自動車ですので「2人での車中泊は無理なんじゃないか?」と思ったのですが、ものは試しでやってみました...

激闘カンパチ!ショアドリームをその手に掴む。【島日記9】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...

初心者から始める「毎日キャンプ生活」22~28日目!

今週は「最小ギアで炭火焼肉をする実験」をしたり、初めて「ジムニー内で夫婦で車中泊」をしてみたり、まだまだ毎日新しいことを学べた一週間でした! 引き続き楽しく続けていきます! 前回の動画はこちら! h...