検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

ボンダイビーチに次ぐおしゃれなビーチリゾート!マンリービーチをご紹介!

マンリーはシドニー北部の沿岸沿いにありボンダイビーチと同じくらい人気があるビーチです。少し落ち着いた雰囲気でもあり、レストラン、パブ、カフェなどが立ち並んでおり、シドニーの地元の人、観光客など賑わっています。ここでは、人気のマンリービーチを紹介していきます。
2021年7月7日
MINTO

シドニーのマンリービーチとはどんなところ?

マンリービーチとはどんなところ?

ライター・撮影、制作

シドニーのハーバーの北側の半島に位置するのがマンリーとなります。マンリーはシドニー北部の沿岸沿いに位置して、ボンダイビーチに次いで非常に人気のビーチとなります。フェリーでもアクセス可能で、サーキュラーキーなどからフェリーなどが出ています。

ボンダイビーチなどと比べると落ち着いた雰囲気でもあり、国立公園があるノースヘッドも人気となります。フェリーに乗って行くと、サーキューラーキーからマンリーまでは30分となり船上では、景色を十分に楽しめますのでシドニーに観光された際には行って欲しいビーチでもあるのが、マンリービーチでもあります。


マンリービーチは、海が綺麗で世界中から多くの方が観光にも訪れに来ます。マンリビーチ周辺には、お洒落なカフェをはじめランチをする場所が多いのも特徴的です。マンリービーチ周辺について紹介をしていきますので、参考にしていただけると幸いです。(※当記事は2021年07月01日時点の情報をもとに作成されております。)

シドニー・マンリービーチ楽しみ方4〜6

マンリービーチ

ライター・撮影、制作

マンリービーチは、サーフィンをビーチで楽しむ人達、海水浴、日光浴など、世界中から多くの方がマンリービーチを訪れに来ます。

白い砂浜は柔らかく一面綺麗な砂浜が広がっています。ゴミも少なくて、海は青くて綺麗で近くにはシャワーや給水スポットなどもあって便利です。マンリービーチの近くには、サーフボードショップが多いのも特徴的で、サーフィンをされたい方などは是非足を運んでみることをおすすめします。

綺麗なマンリービーチを見ながら、読書をしたりして楽しい時間を過ごされることをおすすめします。


波が穏やかなシェリービーチ

ライター・撮影、制作

マンリービーチから歩いて、10分位のところにあるのがシェリービーチです。波が穏やかで泳ぎやすいのも特徴的となります。ぷかぷか体を海水に浮かばせながら青い海を楽しむことができるのも特徴的です。

海水は、思っているほど冷たいので、注意が必要となります。砂浜には、カモメがたくさんいっぱいいて、逃げたりもしないのも特徴的です。青い海が綺麗でアクティビティが盛んで綺麗なビーチです。
 

サーフィンなどが、メンイのマンリービーチに比べて、シェリービーチは、波があまりないため海水浴やスノーケリングなどにも最適です。マンリービーチからは、少し歩きますが、海岸沿いなどで素晴らしい景色などを堪能する事ができます。

シェリービーチには、無料で使用できるバーベキューコンロもあるので、食材などを持参してランチにバーベキューなどを楽しんだりすることも出来ます。

シェリービーチの展望台


シェリービーチから登っていくとあるのがこの展望台であり、この展望台から眺められるビーチは非常におすすめです。真っ青で広大な海をパノラマ景色で見れたり出来ますが、フェンスもないので危ない場所もあったりもするので、注意をしていく必要があります。

FISHBOWLショップ

マンリーで人気のテイクアウェイショップがFISHBOWLというお店になります。海鮮を使用した和食ぽっい感じの味が人気でメンイとなっています。また、ヴィガン料理やベジタリアン料理などもあり人気があり、多くの方などがランチなどで利用をされています。また、アボガドとサーモンが入ったどんぶり系も美味しいと人気があります。ビーチで食べれる事も出来最高の食事でもあります。

シドニー・マンリービーチ楽しみ方1〜3

FikaSwedishKitchen

人気なカフェで、マンリーの町中にある可愛いカフェで多くの方に愛されています。スウェーデンの文化を味わえることが出来るカフェであるのが、FikaSwedishKitchenです。スウェーデンのおもてなしを肌で感じることができ、美味しいコーヒーやお食事を楽しむことが出来ます。焼きたてのパンが美味しいと人気があります。マンリービーチで美味しいカフェやランチをしたい場合は、FikaSwedishKicthenに行かれることをおすすめします。

ザ・コルソ

ライター・撮影、制作

フェリー発着所であるマンリー・ワーフ(Manly Wharf)からマンリービーチまで続くこの歩行者天国のメンイストリートをThe Corso (ザ・コルソ)では、通り沿いには、レストランやパブ、ファッションブランド、お土産屋さん、スーパーマーケットなどが立ち並んでいます。

ビーチで食べるものなどを、こちらで購入される方が多いのも特徴的です。通りには背の高いヤシの木などが立ち並んでいて、南国らしい雰囲気も感じることが出来ます。

1852年以降、マンリー・ビーチ(Manly Beach)のリゾート開発が始められて、イタリアローマにあるザ・コルソという名前からも名付けられました。リゾート感を肌で感じられたりもします。

マンリー・マーケット

ライター・撮影、制作

ザ・コルソのすぐ近くにあり、すぐ横に入った通りにでもあり、シドニーストリートで毎週開催をされるのが、マンリーマーケットです。毎週土曜日、日曜日開催をされており、雑貨、アクセサリー、洋服、アート作品などのお店が立ち並んで、多くの観光客に人気があります。

土地柄もあるので全体的にビーチテイストが漂うお店でもあります。スマイリーのバッグやTシャツなどが販売されています。楽しいショッピングができるはずです。
 

シドニー・マンリービーチの行き方

フェリーで行く

マンリービーチへの行き方ですが、シドニーシティーから出ているサーキュラーキーから出ているフェリーに乗っていきます。サーキュラーキーにはフェリーのターミナルがあるので、マンリーワーフ行きを探してそのターミナルからいきましょう。フェリーから見る景色は非常に綺麗なので、写真を撮ったりするのもおすすめです。サーキュラーキーからマンリーワーフまでは、20分〜30分となります。

マンリーフェリーの値段

マンリーへ行く場合は、オパールカードを使用すると平日は、平日、大人7.65$、子供3.62$、大人、子供日曜日2.8$となります。日曜日は、オパールカードで行く場合は安くなるのでおすすめとなります。参考にしていただけると幸いです。

マンリーフェリーの時刻表

シドニーのサキュラーキーのフェリーは、朝から夜まで営業をしており、約30分間に1本の感覚で運行をしています。ピーク時には、20分間隔で運行などをしています。

シドニー・マンリービーチに行ってみよう!

マンリービーチを満喫しよう

ライター・撮影、制作

マンリービーチは平日でも人が多くて、人気のビーチです。キラキラに光る日差しの砂浜に真っ青な青空に、綺麗で美しいグラデーションの海などが最高です。海でバレーボールで遊んでもよし、サーフィンをしてもよし、のんびりと過ごすもよしで遊び方は無限にあります。

シドニー中心からも近くて、お洒落なカフェやレストランもあるのでおすすめです。是非、マンリービーチに行かれた際にはご自身だけの過ごし方を探されて、贅沢な時間を過ごされることをおすすめします。

マンリービーチ以外のビーチが気になる方はこちらをチェック

ここではマンリービーチを紹介をしてきましたが、シドニーにはボンダイビーチというビーチがありすごく人気です。マンリービーチをきっかけに、ボンダイビーチも知ってみたいと思われた方は、こちらをチェックすることをおすすめします。