Twitter
Facebook
LINE

最高の寝心地!コールマンのキャンパーインフレーターマットハイピークをレビュー!

bambi

最高の寝心地!コールマンのキャンパーインフレーターマットハイピークをレビュー!

bambi

コールマンのキャンパーインフレーターマットハイピークは、最高の寝心地が実現できると人気になっています。テント泊の際でもゆったりと快適に眠れてかさばなないのが魅力です。今回は、そんなコールマンのキャンパーインフレーターマットハイピークの魅力を紹介します。



コールマンキャンパーインフレーターマットハイピークとは

キャンプに出かけた際に、マットの重要性を感じることも多いです。実際、テントの中で寝ると、地面の石や凸凹が気になったりとなかなか快適な眠りにつけないこともあります。

そんな時に、おすすめなのがまるでベッドのような寝心地を再現してれるコールマンのマットであるインフレーターマットハイピークです。このハイピークマットは何といっても最高の寝心地与えてくれると評判になっています。テントで寝にくさを感じていた人におすすめです。

寝袋だけでは物足りない

テント泊となると寝具として寝袋を持っていく人が多いですが、実際には、寝袋1枚では、寝心地が悪くなってしまします。2020年に販売されたコールマンのインフレーターマットハイピークは、10㎝ほどの厚さのポリウレタン素材のマットです。

カラーはチャコールグレーの一色のみで、汚れも目だたなくどんなテントにも馴染みやすいカラーになっています。シンプルなデザインとカラーだからこそ、いろいろなテントに合わせやすいです。

サイズは2種類

コールマンインフレーターマットハイピークは、サイズはシングルとダブルの2種類が販売されています。シングルは、サイズが198×68×10でダブルが200×128×10です。

コールマンのインフレーターマットハイピークは、長さはシングルもダブルもほぼ同じですが、幅が異なるので、テントの広さなどに合わせて組み合わせが自由です。レビューなどを見てみても、家族の人数などに合わせてシングルとダブルを1枚ずつ組み合わせたりされています。

コールマンインフレーターマットの特徴



インフレーターマットとは、空気を入れて自動で膨らませるタイプのマットで、その分折り畳むと袋に収納できるぐらい小さくなる製品です。

アウトドアに出かけるとなるとどうしても、荷物がかさばってしまいますが、コールマンのキャンパーインフレ―ターマットハイピークは、インフレーターなので、小さくなるのが魅力になっています。荷物が多くなりがちなキャンプでも安心し持ち運びできて最高だという評価のレビューもあります。

逆流を防ぐ作るで安心

インフレーターマットの場合は、空気を入れるタイプのマットなので、空気をパンパンに入れていても、寝ている間に沈んでしまうのではないかと心配になる人もいます。

しかしレビューを見ても、コールマンのインフレーターマットハイピークなら、逆流を防ぐ作りになっているので、寝ている間もマットを沈まず快適な寝心地だと評価されているのです。機能性の評価もいいので、安心して最高の睡眠をとることができます。

キャンパーインフレーターマットハイピークの製品紹介



コールマンのキャンパーインフレーターマットハイピークは、シングルとダブルの2種類が販売されています。宿泊する人数や、テントのサイズに合わせて、シングルかダブルを使い分けたり、組み合わせたりするといいでしょう。

気になる重さはシングルが約2.7㎏、ダブル約5㎏です。重さのわりに収納時のサイズが小さくなるので、持ち運びも便利な製品だという評価のレビューもあります。

購入する前にサイズを確認

コールマンインフレーターマットハイピークを購入する際は、テントの大きさをしっかりチェックしてから、サイズを選ぶことも大切です。さらに快適な眠りにするためにも、人数にあったサイズのコールマンインフレーターマットハイピークを購入しましょう。

コールマンでは、シングルとダブルを販売しているので組み合わせによってもサイズを調整することが可能です。大人と小さいお子さんならダブルだけでも十分快適な眠りにつけます。

キャンパーインフレーターマットハイピークの使い方

インフレーターマットと言うと、空気を抜けば小さくなりますが、膨らますのに手間がかかるイメージがあります。しかしコールマンのキャンパーインフレーターマットハイピークは簡単に膨らませることも評価されているのです。

コールマンのインフレーターハイピークの最大の特徴は、自動拡張式になっており、空気の逆流を防ぐ逆止弁がついていることです。コールマンのマットには逆流を防ぐ逆止弁があることで、初心者でも簡単に空気をパンパンに入れられます。

自動で膨らむ

インフレーターマットハイピークは、自動で膨らむので、使い方も簡単です。付属のコールマンの収納袋から製品を取り出すと、自動でマットに空気が入り始めます。

インフレーターマットハイピークには、バルブが付いているので、その部分を押し込んで半開きにすることで、自然と空気が入るのです。だいたい5分から10分ほどで自動で空気がパンパンに入ります。ダブルの場合は、サイズも大きいので、しっかり広げてから膨らませると膨らみやすくなるでしょう。

収納袋でより簡単に膨らませる

コールマンインフレーターマットハイピークの使い方で、より早く簡単に空気を送り込むには、付属の袋の使い方がポイントになります。付属の袋には外側にリングがついているのでそれを使ってインフレーターマットはハイピークに空気を送り込むのです。

この収納袋のリングをマットのバルブにはめるとより空気が入りやすくなります。コールマンのインフレーターマットハイピークは別売りのインフレーターを用意する必要がないのも魅力だと評価されているのです。

インフレーターマットハイピークの撤収方法

アウトドアに出かけると撤収も大切な作業になります。コールマンのインフレーターマットハイピークの撤収方法は、折り畳むことで、空気を抜いていく製品です。空気が自動で入るのに対して、しまう際は手作業になります。

まず、コールマンインフレーターマットハイピークのバルブを開けて、折り畳み、クルクル巻くことで、空気が抜けていく方法です。シングルの場合は、サイズが小さいので撤収は簡単ですが、ダブルは大きい分時間がかかり、コツが必要になります。

バルブの向きに注意

コールマンのインフレ―タマットハイピークを撤収する際は、バルブの向きに注意した使い方をするようにして下さい。バルブが吸気になっていると、どんなに畳んだり巻いても空気が抜けません。バルブの使い方に注意すれば、簡単に片付けを行うことができます。

また、コールマンのインフレ―タマットハイピークをくるくる巻いた後は付属のゴムバンドで留めると巻いた状態を固定することができるので、そのまま収納袋に入れましょう。

ハイピークのデメリットも知っておこう

レビューを見ていると、デメリットしてダブルサイズのインフレ―ターマットハイパーの場合は、撤収が大変だというレビューもあります。パンパンにマットに入れた空気は、サイズが大きいほど撤収に時間がかかるからです。

さらにコールマンのインフレーターマットハイピークは、価格も高めだというレビューもあります。実際に他のマットと比べても簡単に空気が入る機能性などが備わっているので、その分価格も他のマットよりも高めになっているのです。

コールマンのインフレーターマットと比較

コールマンでは、キャンパーインフレーターマットハイピークよりも以前から、キャンパーインフレーターマットという商品を販売していました。その商品をインフレーターマットハイピークと比較してみると、厚さに違いがあります。

以前のコールマンのインフレーターマットは厚さが5㎝なのに対して、現在のコールマンインフレーターマットハイピークは倍の10㎝の厚さになっているのです。

収納時の大きさも比較

コールマンのインフレーターマットは空気をパンパンに入れた際の厚さが違う分、重さや収納時の大きさにも違いが出てきます。シングルの場合は、通常のインフレーターマットの場合は、約1.8㎏なのに対して、インフレ―タマットハイピークの場合は、約2.7㎏です。

さらに収納時は直径が通常で約15㎝、ハイピークは約21㎝になります。ダブルの場合は、通常のマットで重さ約3.5㎏、ハイピークで約5㎏、収納時は通常約24㎝に対して、約31㎝です。

コールマンマットは厚さの分大きくなる

コールマンのインフレ―タマットハイパーの場合は、厚さがある分ベッドような最高の寝心地をアウトドアでも体験できるのが魅力です。その分、どうしても通常のコールマンのインフレーターマットと比較すると、コールマンインフレーターマットハイピークは重たくなり収納時の直径も大きくなります。

コールマンのキャンパーインフレーターマットハイパーを選ぶ際は、ベッドような寝心地を再現する分、多少の重さなど理解を持ってから、購入してみて下さい。

コールマンのインフレーターマットの活用法

コールマンのインフレ―タマットハイパーは、アウトドアだけではなく、さまざまな使い方ができます。テント内で使うだけではなく、車中泊の際に、車内に広げて使っても最高の寝心地です。収納時は小さくなるので、車内に積んでおくのも便利でしょう。

さらに来客時のベッドとしても活用することができます。アウトドア用だと思わせないような最高の寝心地は、来客時の活用しても喜ばれます。持っておくと、いろいろな使い方ができるのもコールマンのインフレーターマットハイピークの魅力です。

まとめ

コールマンのインフレーターマットハイピークは、とにかく最高な寝心地をアウトドアで実現できるのが魅力です。厚さ10㎝で、まるでベッドのようだと評価も高くなっています。インフレーターマットの場合は、専用のインフレーターを必要とすることも多いですが、自然に膨らむのがハイピークの魅力です。

インフレーターハイピークは、くるくる丸めて収納できるので、かさばらず持っていったり、保管できるのも評価されている理由になっています。

Coleman商品が気になる方はこちらもチェック!

Colemanでは、インフレーターマットの他にもいろいろな商品を取り扱っています。アウトドアブランドならではの商品を探してみて下さい。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【ショアジギング】初心者でも安心!ボトムの取り方!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...

親子で手作り・ハンドメイドしたい方へおすすめ!オーガンジーリボンのヘアゴムの作り方✨【ゆめかわポニー】

今回は親子で手作り・ハンドメイドしたい方へおすすめの内容です!100均セリアで購入した材料を使って「オーガンジーリボンのヘアゴムの作り方」をご紹介しました!お子様がお好きな、ゆめかわなポニーとなってい...

【Halloween🎃】セリアのガラスドームで作るハーバリウム風ピアスの作り方✨

今回は100均セリアで購入した材料を使って「セリアのガラスドームで作るハーバリウム風ピアスの作り方」をご紹介しました!ハロウィンデザインでゆめかわな雰囲気にしています♪ 用意するものは下記です。 ...

スーパーライトショアジギングおすすめジグ5選!!

「パームス スローブラッドキャストスリム 15g」 https://www.amazon.co.jp/dp/B01A58B0JG?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&cre...

折り紙でラッピングするおすすめの方法!お菓子やプチギフトをテトラ型ラッピング✨

今回は100均で購入した材料を使って「デコレーションボールで作るパステルモンスター+チャームにする方法」をご紹介しました! 用意するものは下記です。 【材料】 デコレーションボール めだま 針(長...