検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【ウールリッチVSカナダグース】人気ダウンのシルエットや暖かさを徹底比較!

ウールリッチとカナダグースは『人気ダウン』の代表ブランドです。当記事では、それぞれの定番モデルの機能性や着心地を徹底比較します。ウールリッチとカナダグース、それぞれ自分に最適なダウンジャケット選びの参考にしてみてください!
更新: 2022年12月30日
さくらドッグ

「ウールリッチVSカナダグース」徹底比較!

人気のメンズダウンを比較してみよう!

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

ダウンジャケットの人気ブランド、ウールリッチとカナダグース。それぞれのブランドに対して、『すごく暖かいんだろうな』というイメージや、値段に対する機能性など漠然としたイメージは持っているけど、『何が違うのかよくわからない!』という人はいませんか?

ウールリッチとカナダグースを選ぶメリット、それぞれの人気メンズモデルについて詳しく紹介します。


ウールリッチとカナダグースの人気モデルをチェック!

ウールリッチとは?

ウールリッチは、その名の通り『ウール素材』を原点とし、ダウンジャケットやチェックシャツ、アウトドアファッションとして活躍する帽子やバッグなどを取り揃えています。

中でもウールリッチの「ダウンジャケット」は、特に人気があり、軽い着心地と抜群の暖かさが評判です。元々は作業着として作られているので、動きやすさも特徴。撥水性や、蒸れない透湿性などにもこだわるアウトドア好きから大人気のブランドです。

【ウールリッチ】ペンシルバニア州生まれのアウトドアブランド


ウールリッチは、1830年にアメリカ・ペンシルバニア州にて誕生したブランドです。アメリカでもっとも歴史の長いアウトドアブランドとして、世界で人気を誇っています。

ウールリッチで作られているダウンジャケットは、アラスカで働く作業員が『厳しいアラスカの寒さに耐えられるように』と作られたものです。素材は「ロクヨンクロス」という摩擦に強い素材や、軽さと汚れにくさが特徴のマイクロポリ混紡が主に使用されています。

ウールリッチはビジネスファッションにも!

ウールリッチのデザインは、『スマートとアウトドアのバランスがよい上品さ』が特徴。アウトドアだけではなく、ビジネスファッションとしてもスッキリと着られるものが多いです。そんなウールリッチの中でも長い歴史と人気がある「アークティックパーカ」について見ていきましょう。

ウールリッチの人気モデル「アークティックパーカ」

アークティックダウンパーカー

出典:楽天

ウールリッチの大人気モデル「アークティックパーカ」は、カナダグースの「ジャスパー」というモデルとスペックが似ていることで、よく比較されるメンズモデルです。ウールリッチの「アークティックパーカ」には、着丈が2種類用意されており、アウトドアで着るのか、ビジネスシーンで着るのかなど、目的によって自分の好みの着丈を選べます。

【ウールリッチ】アークティックパーカの特徴やポイント!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ウールリッチのアークティックパーカは、大きなコヨーテファーがついたフードが印象的なデザイン。コヨーテのファーには『凍結しにくい』という特徴があります。

ウールリッチはナイロン60%、コットン40%が混合されたロクヨンクロス素材を使用しています。ロクヨンクロスは、通気性のよさや摩擦への強さが特徴で、アウトドアファッションに最適です。

ウールリッチのフィルパワーは?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ダウンジャケットを選ぶ際に注目したいのは、フィルパワーの表示です。フィルパワーとはダウンの品質や性能を表す数値で、この数値が高いほど『保温力が高いダウン』の目安になります。

ウールリッチの「アークティックパーカ」は650フィルパワーです。650フィルパワーの数値は、一般的に『良質なダウン』と評価され、少ない羽毛でより保温できるという証明でもあり、軽くて暖かい特徴があります。

【ウールリッチ】アークティックパーカのメリットは?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

保温力に定評のあるウールリッチのアークティックパーカは、とにかく暖かく、冬場でもTシャツの上に着るだけで十分です。冬場は服を着込んだり、ダウンジャケット自体が重たかったりして、肩が凝るという人も少なくありませんが、ウールリッチの「アークティックパーカ」は軽い着心地なので、そのような心配もありません。

【ウールリッチ】アークティックパーカのサイズ感は?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ウールリッチを選ぶポイントは『着丈』です。ヒップが隠れる丈のノーマルレングスと、やや短めのニューショートの2種類から選べます。アウトドアでの着用メインの人や、保温性などの機能面をより重視したい人は、ノーマルレングスがおすすめ。ニューショートは、スッキリとしたシルエットで普段使いに最適です。

サイズ感の特徴

ウールリッチは、身幅が少し広くデザインされており、サイズ感は『やや大きめ』となっています。サイズ感はファッションや好みにもよりますが、普段通りのサイズを選ぶと、中に重ね着をしたりセーターなどを着込める余裕があるサイズ感です。

中にTシャツだけを着る人や、スッキリとしたシルエットで着こなしたい人は、『ワンサイズ小さめ』の選択をおすすめします。

カナダグースとは?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

カナダグースは、世界でもトップクラスの人気を誇るアパレルブランドです。メイドインカナダにこだわる最高品質のダウンジャケットは、毎年さまざまなタイプの新作モデルを発売し、幅広い年齢層に人気があります。

カナダグースのダウンジャケットは、高い保温性が魅力で、登山などのアウトドアをする人や、極寒の地に住む人にも愛用されています。

【カナダグース】トロントのダウン専門ブランド

カナダグースは、1957年にカナダのトロントで誕生したダウン専門ブランドです。元々はカナダの小さな倉庫で生まれたカナダグースでしたが、今や50カ国以上の国で販売される大人気ブランドとなりました。寒さに非常に強く、極寒の地で労働する人々にも愛されるカナダグースのダウンジャケットは、耐久性にも優れています。

極地観測隊が着用した実績!

北極・南極などで活動する冒険家や観測隊などにダウンジャケットを提供してきたという背景があるほどの保温性なので、日本のどこで着ても暖かさは約束されていると言っていいでしょう。『とにかく暖かいダウンが欲しい』という人に試してほしいファッションブランドです。

高品質素材「アークティック・テック」

カナダグースのダウンジャケットは、カナダグースの独自素材「アークティック・テック」を使用しています。アークティック・テックは、1980年代に発明された素材で、ポリエステルコットンとテフロン加工によって、優れた耐久性を実現しています。撥水性が高いことでも有名で、その撥水性は半永久的な性能を持つとも言われる程です。

カナダグースはアウトドアから日常まで!

保温性、耐久性、撥水性の高さを誇るカナダグースですが、さまざまなタイプのモデルが販売されているので、アウトドアシーンだけではなく、日常的に着用するのにぴったりなものもあります。ここでは、カナダグースの中でも人気の高い「ジャスパー」について紹介します。

カナダグースの人気モデル「ジャスパー」

カナダグースファンに愛されるアウターの中でも、「ジャスパー」のデザインはスタイリッシュ。タイトなシルエットで着られるので、ビジネスシーンでスーツの上に着用するというよりは普段着使いに最適です。他社のダウンジャケットと比較しても強度が高く、暖かさも抜群で、長く着られるのでコスパも高いと言えます。

【カナダグース】ジャスパーの特徴やポイント!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ウールリッチの「アークティックパーカ」と同じく、着脱式のコヨーテファーがついた大きなフードが印象的です。『収納が多い』という特徴があり、街中を歩くくらいなら手ぶらでも出かけられるほど、たくさんのポケットがついているためとても便利です。

ハリのある生地も特徴的で、もこもことしたシルエットのダウンジャケットに比べると、かなり細身の着こなしになります。

カナダグースのフィルパワーは?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

モデルにより異なりますが、フィルパワーは625以上で、「ジャスパー」にも高品質で保温力の高いダウンが使用されています。袖口はリブ仕様となっており、冷気が入って来づらいことも保温性を高めるポイントです。

【カナダグース】ジャスパーのメリットは?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ウールリッチの「アークティックパーカ」と同じく、保温性がとても高いので、Tシャツの上にジャスパーを着るだけでも、十分暖かいのが魅力のひとつ。冬でも着込む必要がなく、スマートな着こなしでダウンを着朝したい人におすすめのモデルです。

カナダグースは最適なダウン量!

日本人の体型にフィットするように作られたカナダグースの「ジャスパー」。カナダグース独自のレギュラーフィット規格と比べると、日本人に合うジャパンSMU規格は、サイズ感だけでなく、日本の寒さに対応できるダウンの量に調整されています。

【カナダグース】ジャスパーのサイズ感は?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

カナダグースには、レギュラーフィットとジャパンSMU2種類の規格があります。サイズ感が大きく異なるので、購入の際には注意が必要です。

ジャパンSMUは、日本人に合う規格となっているので、いつも着ているアウターのサイズを選ぶといいでしょう。レギュラーフィットは、海外向けにやや大きく作られているので、ワンサイズ小さめを選ぶとジャストサイズです。

ウールリッチVSカナダグースを比較する!

ウールリッチVSカナダグース気になるポイントを徹底比較!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

高い保温性やスタイリッシュなデザインなど、多くの共通点を持つウールリッチとカナダグース。どちらを購入すべきなのか迷ってしまいますよね。そこで、ウールリッチ「アークティックパーカ」とカナダグース「ジャスパー」のサイジングや着心地、値段など購入のポイントとなる点を徹底比較します!

ウールリッチVSカナダグース比較1:サイズ感

Photo byqimono

ウールリッチ・カナダグースいずれも海外ブランドのため、『日本人に合うサイズ感なのか?』とイメージが掴みにくいですよね。しかし、この両ブランドのサイズ感には、大きな違いがあります。詳しく見ていきましょう。

ウールリッチ

ウールリッチのサイズ感は、基本的に『少しゆとりのあるサイズ感』となっています。身幅がやや大きめに作られているので、スーツの上に着たり、重ね着の上に着たりしてもスマートに着用できます。ゆったりとダウンウェアを着たい人向けです。
 

カナダグース

カナダグースには日本人向けのサイズとして、ジャパンSMUという規格があります。そのため、普段着ているアウターのサイズのものを購入すると、ジャストフィットします。大きめサイズや暖かさを重視する人は、レギュラーフィットを選ぶのもおすすめです。

ウールリッチVSカナダグース比較2:着心地

着心地については、すでに紹介しているように、ウールリッチもカナダグースも高い保温性があるため、Tシャツの上に着るだけで十分な暖かさです。ここでは、ウールリッチとカナダグース『暖かさ以外の着心地』を比べて解説します。

ウールリッチ

ウールリッチのダウンは、『とても軽くて動きやすい』という特徴があります。ウールリッチに使用されているロクヨンクロスは、軽くて暖かいのが魅力です。冷え込む冬季キャンプなどのアウトドアシーンにおすすめします。

カナダグース

カナダグース独自素材アークティック・テックを使用することにより、『パリッとした生地』が特徴のカナダグースのダウンジャケット。かなりの強度があるためアウトドアでも安心ですが、やや硬めの着心地です。『街で上品に着るダウン』としておすすめします。

ウールリッチVSカナダグース比較3:収納の多さ

ウールリッチもカナダグースも、作業着・労働者向けに作られたアウターという経緯があり、収納が多く機能性が高いことが特徴です。アークティックパーカとジャスパーのポケット数をここでは比較してみましょう。

それぞれのポケットの数は?

ウールリッチのアークティックパーカは胸元に1つ、ハンドウォーマーポケット2つ、パッチポケット2つ、内側ポケット2つの計7つのポケットがついています。

カナダグースのジャスパーは胸元に1つ、ハンドウォーマーポケットが2つ、内ポケットが3つ(うち1つはジッパー付きポケット)の計6つのポケットがついています。

ウールリッチVSカナダグース比較4:値段

Photo by stevendepolo

どちらのダウンも、他のブランドと比べれば高額です。しかし、その高い保温性・機能性を考慮すると『コスパがいい』と言う人がとても多く、人気があります。

ウールリッチの「アークティックパーカ」は 107,800円。カナダグースの「ジャスパー」は141,900円です。「ジャスパー」の方が値段は3万円以上高めとなっています。

カナダグースの価格は高めですが、創業時から現在に至るまで、徹底してカナダでの製造にこだわっています。

こんな人にウールリッチはおすすめ!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ウールリッチは、『とにかく軽くて動きやすい』のがポイントです。サイズ感もゆったりとしているので、スーツの上に着るという人もいます。アウトドアによく行く人や、ビジネスシーンでも活躍させたい人におすすめです。

こんな人にカナダグースはおすすめ!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

カナダグースは、『上品なシルエットと、日本人や日本の気候に合わせた規格がある』ということがポイントです。極地の寒さにも耐えられる保温性も自慢です。カナダグースは寒さ対策をしっかりしながら、おしゃれなダウンジャケットを着たい人におすすめします。

ウールリッチ・カナダグースその他のモデルも!

ウールリッチおすすめモデル1:GTXマウンテンパーカ

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

防水性の高いゴアテックスの生地を使用したGTXマウンテンパーカは、ウールリッチを代表する人気商品のひとつです。防水性に優れているだけではなく、透湿性、防風性にも優れています。アウトドアでも普段着としてでも、おしゃれに着こなせるシンプルなデザインです。

ウールリッチおすすめモデル2:2レイヤーダウンパーカ

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

ゴアテックス素材を使用し、防水性と防風性を高めたアウトドアに最適なウールリッチのモデルです。撥水加工にも優れているので、どんな天気のアウトドアでも安心して着られます。ウールリッチらしい軽い着心地で、疲れにくいのも嬉しいポイントです。アウトドア好きのメンズから特に人気のモデルとなっています。

カナダグースおすすめモデル1:カーソンパーカ

カナダグース カーソンパーカ

出典:楽天
出典:Amazon
出典:楽天
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

防風性に優れた長めのネック部分が特徴のダウンジャケットです。袖口がリブ仕様になっていることや、暖かいハンドウォーマーポケットがついていることで、カナダグース自慢の保温性が抜群のメンズモデルとなっています。

カナダグースおすすめモデル2:サンフォード パーカ

カナダグース サンフォード パーカ

出典:楽天
出典:Amazon
出典:楽天
出典:楽天
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

「サンフォードパーカ」は、よりスッキリとしたシルエットでカナダグースでも人気のモデルです。高い耐久性と撥水加工で、雨や雪の中でも安心して着られます。カナダグースに数あるモデルの中で、とてもシンプルなデザインとなっており、ビジネスシーンでも大活躍します。

それぞれの違いを知って最適なダウンを選ぼう!

まとめ

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

ウールリッチとカナダグース。今回はそれぞれの人気モデル、「アークティックパーカ」と「ジャスパー」について比較、紹介しました。ウールリッチもカナダグースも進化した新しいモデルが毎年発表されるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。最適なダウン選びの参考にしてみてくださいね!

アウターが気になる人はこちらもチェック!

当サイトでは、【ウールリッチVSカナダグース】人気ダウンのシルエットや暖かさを徹底比較!それ以外にも、メンズアウターに関することを取り扱った記事をたくさん掲載しています。気になる方はチェックしてみてください!