検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【連載】「21 カルディアLT」インプレ!遠投メバリングでフィーリングをチェック!

連載第56回!今回は「21 カルディアLT」のインプレッション&釣行レポートです。フロートリグを使ってメバルのサイズ狙い、リールの巻き感や剛性感をインプレします。総合評価はお値段以上!ちょっと強めの1台をお探しの方はぜひチェックしてみてください!
2021年3月26日
sim0223

「21 カルディアLT」実釣インプレッション!

21年春の新製品をインプレ!

カルディア

出典先:ライター撮影

先週に引き続き、今回も釣り具のレビュー&実釣をお届けします。今週はデリバリーが行われた2021年春の新製品、ダイワ「21 カルディア LT」をさっそく釣り場で試してみました。モノコックボディ搭載機最安値、コスパに期待が集まるダイワ新作スピニングリールです。気になっていた方はぜひ参考にしてみてください!


「21 カルディアLT」とは

ダイワの2021年新作スピニングリール

ダイワ 21 カルディア LT2500S

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

まずはダイワ「21 カルディア LT」の概要から簡単にご紹介したいと思います。このリールはカルディアがLT機となってから2代目となるモデルで、定価22,700円~のミドル価格帯アイテム。実売価格は18,000円程度で、売れ筋とも言えるアンダー2万円クラスを担当します。

「フリームスLT」から「レガリスLT」と、初代LTシリーズはローグレード帯のコスパがかなり目立ち、影が薄かった「カルディア」ですが、21モデルは新素材「ザイオンV」に「モノコックボディ」と、ミドルグレードらしいセールスポイントを与えられてリリースされました。「マグシールド」や「ATD」といったおなじみの機能もバッチリ搭載されています。

今回は「LT2500S」を選択


番手は「LT2500S」を選択しました。遠投メバルオンリーであれば、10g軽いフィネスカスタムでもいいかなという番手ですが、メインは陸っぱり&カヤックでのエギング用です。PE0.6が200m巻いてあればいろいろ遊べるし、ということで今回は「LT2500S」を選択です。

実釣では「17 ソアレCI4+ C2000SS PG」を組み合わせている、「20フィネッツァUX」の遠投ロッドにセットして試してみました!

「21 カルディアLT」のボディをインプレ!

モノコックボディでコンパクト!

カルディア

出典先:ライター撮影

本機最大の見どころともいえる「モノコックボディ」はやはりコンパクト。LT機らしく、シマノ2000番と2500番の間のようなサイズ感です。自重自体は190gとスタンダードなウェイトで、特別軽いタイプではありませんが、コンパクトで見た目から受ける印象以上に収まりがよいと感じました。

デザインはダイワらしい、と思いますが、カルディアというよりレガリスのような感じです。セールスがよかったレガリスのステップアップモデル的な意味合いも含んでいるんでしょうか。


新素材「ザイオンV」はモノコックボディとエアローターに採用

「21 フリームス」、「21 カルディア」に採用された、新素材「ザイオンV」。前作カルディアのローターで採用されていた「DS5」と、上位機に採用されている「ザイオン」の中間となるマテリアルです。価格と軽さ、そして剛性感のバランスをとった内容で、今後もローグレード機を中心に、さまざまなアイテムに投入されると考えられます。

このマテリアルのフィーリングがかなりよくて、CI4+よりも剛性感があります。軽さだけをみるとCI4+も十分に見どころがあるんですが、カッチリ感と価格のバランスが素晴らしいです。リールフットもしっかりした厚みになって、まさにミドルクラスLT機の発展形、かなり信頼感を持てる構成になっています。

「21 カルディアLT」の巻きをインプレ!

巻き出しはちょっと重いけど非常にスムーズ

カルディア

出典先:ライター撮影

巻きは巻き始めがちょっと重め、巻きが軽いというタイプではありませんが、ガタツキ感がほぼありません。使い始めたばかりで干渉を感じますが、カチャカチャせずスムーズに回ります。まれにハンドルノブがカチャっとなることがありますが、交換したらかなりスムーズなんじゃないでしょうか。「モノコックボディ」と「ザイオンV」がなせる業なのか、この時点でコスパはお値段以上だと思います。

速度で巻きの重さが変化しない

ずっと同じものを巻いているから慣れた、という範囲のものではありますが、巻きはじめと巻きの最中で重さがあまり変化しないと感じました。また、速度を上げても重さが同じ程度で推移します。ゆっくり巻くと軽いけど早巻きするとちょっと重い、というタイプではないので、感覚は調整しやすいです。

実釣時は最大巻き取り長の違いから途中までロッドでサビいて糸フケを取って、としていたんですが、後半は巻く速度を落としてリトリーブで対応していました。ちょっと抵抗感がある分、3秒1回転ぐらいでも一定の速度で巻きやすいです。

「21 カルディアLT」で遠投メバル!

「21 カルディアLT」インプレ・ライトゲーム編!

カルディア

出典先:ライター撮影

今週もライトゲームで遠投メバル!「21 カルディアLT」を使って、サイズ狙いの遠投メバリングに出かけてきました。季節が進んで気温も上昇、釣りがしやすい気候にはなっていましたが、好調だった先週から潮周りが変わって少々苦戦!回遊待ちなだけに仕方がない部分がありますが、あれこれやってなんとか釣れる魚を探します!

好調の上げ潮で釣れず

先週までは夕マズメ+満潮への上げ潮という期待感抜群の潮周りで釣りをしていましたが、今週は夕マズメに上げが絡まない潮周り。今通っているポイントは潮位が高い状態がいい、と予想しているので、満潮の前後狙いで上げ潮から釣ってみることにしました。夕マズメは大分オーバー、久しぶりに深夜&真っ暗ポイントでのライトゲームです。

風もなく潮もほどほど寄せてきていて、先週よく釣った海に近い状態から釣りを始めますが、アタリの方はさっぱり。他の魚がいないのでピクリともしません。レンジを変えたりワームを変えたり、居ても食わないとイメージしてあれこれ試しますが、この日はノーバイトで潮止まりを迎えてしまいました。「21 カルディア」の調子を確認して、この日の釣りは終了です。

下げ潮で再チャレンジ

今度は時間帯を重視して、夕方の日の入りから3時間という釣行計画。メバルだけでなくアジも、自分の住んでいる地域で回遊といえばこの時間です。潮は下げて干潮まで、今度は時間帯を重視して、夕方の日の入りから3時間という釣行計画で挑みます。メバルだけでなくアジも、自分の住んでいる地域で回遊といえばこの時間です。潮は苦手な下げの釣りです。

潮が下げると沖へ向かう流れができるポイントなので、フロートを投げた後ライン少しずつを出して、沖側へ移動させながら探る作戦からスタートします。指でスプールひと巻き分のラインを出しながら、わからなくなったらチョンチョンとロッドでフロートの重さとラインの張り具合を確認します。

届かないポイントまで仕掛けを入れたり、いつもよく釣れるゾーンを行き来させてみたりしますが、これでも反応はナシ。同じことばかりしていても釣れないので、思い切ってプラグにチェンジです!

プラグで良型をゲット!

カルディア

出典先:ライター撮影

フロートが扱えるクラスのヘビーなタックルで結ぶプラグと言えば、自分の中では「メバカーム」です。伊豆では何度もいい思いをしてきた自分に合っているルアー、のハズ!飛距離は7.5gのフロートと同程度でワームよりも存在感があり、シンキングなのである程度レンジも自由です。

表層直下は反応せずだったので、着水後に5カウントほど沈めてから4回ゆっくり巻き、一回少し早め巻きのコンビネーションでなんとかメバルをキャッチできました。このコンビネーションは追わせて食わせるイメージ、最後の少し早め巻きで水面へ逃げる動きを見せて、ルアーを見ているメバルのスイッチを入れる作戦です。一定速度の巻きからフォールも変化ですが、メバルには浮き上がりを見せるのも効果があります。巻きのアクセントに、ぜひ試してみてください!

「21 カルディアLT」のリコールに関して

足裏部のシールをチェック

Photo bygeralt

4月12日付で、「21 カルディアLT」全機種のリコールが発表されました。対象は足裏部のシールに「F-p」「G-d」「G-e」「G-f」と記載のあるアイテムです。

自分の使っていた「21 カルディアLT」は対象のアイテムでしたが、10回ほど釣りで使って干渉感はほとんどなくなりました。巻きが重いかなと思う瞬間はありますが、現在は干渉音やガタツキはなく回転はスムーズです。

検査を受けたい場合は、販売店もしくは直接問い合わせをして、「21 カルディアLT」をダイワに送ることで対応してもらえます。返送までの期間は2週間から1か月程度のようです。干渉の方が問題になっているようですが、巻きの重さはどうなのか、自分の「21 カルディアLT」も検査に出して、戻ってきたら改めてお伝えしようと思います。

DAIWA : スピニングリール『21カルディアシリーズ』の検査・お預かりにつきまして - Web site

「21 カルディアLT」はコスパバッチリ!

パワー重視・巻き系の釣りにおすすめ

メバル

出典先:ライター撮影

21モデルのカルディアは自重の軽さよりも巻き味と剛性感、軽量タイプではなく、高剛性モデル寄りの万能機という印象です。フィネスに巻き出し軽く高感度、というよりは、PEラインの強さをフルに使って大きい魚を狙うような釣りにおすすめ。ガタの無い巻きはメバルやシーバスに、自重とバランスの取れた剛性感は、ライトタックルで負荷の大きいリグを使う時に活躍します。

個性の部分は抜きにしても価格以上の満足感が得られるリールなので、乗り換え先をお探しの方は要チェックです!

連載が気になる方はこちらもチェック!

連載が気になる方は下記のリンクをチェック!ライトゲーム実釣記事、メバル釣りとアジメバルの釣行レポートをご紹介します。記事中で使用している「20 フィネッツァ UX」のインプレもお届け!こちらもぜひ合わせてチェックしてみてください!