検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

大自然を楽しめる!【青根キャンプ場特集!】温泉や川遊びなど盛りだくさん!

神奈川県相模原市、道志川沿いにある緑の休暇村 青根キャンプ場は、都心から約1時間と近く、口コミの評判も良い混雑する人気のキャンプ場です。青根キャンプ場の基本情報や魅力についてレポートしますので、都心方面でキャンプ場を探している人はぜひ参考にしてみてください。
2021年4月23日
mihito4

緑の休暇村 青根キャンプ場はどんなところ?

神奈川県相模原市、道志川沿いにある口コミで評判のキャンプ場

緑の休暇村 青根キャンプ場は都心から高速で約1時間、神奈川県相模原市の道志川沿いにある、大自然溢れるおすすめのキャンプ場です。川で水遊びができたり、温泉施設もあって口コミでの評判も高く、シーズン中の青根キャンプ場は混雑します。

山の中にある青根キャンプ場ですが、標高は300mほど。標高が低いとことで気温の差もあまりないので、快適に過ごすことができるので家族連れでの利用が多いキャンプ場です。


青根キャンプ場の口コミ

青根キャンプ場利用者による口コミですが、このように家族でも安心して利用できると好評のようです。

フルシーズンで楽しめるキャンプ場。安心してファミリーで遊べます。

青根キャンプ場へのアクセス


青根キャンプ場へは、圏央道「相模湖I.C」より約20分、周辺はそれほど複雑な道ではないので迷うことなく到着できるでしょう。また、周辺に「青根キャンプ場」の看板があるので、看板の矢印を参考に進むことをおすすめします。

標高も低く登り降りも酷くありませんが、約20分間山道が続くので車酔いには気をつけてください。また、土砂崩れや倒木の影響で通行止めの道もまれにあるので事前に調べておくと良いでしょう。

 

緑の休暇村 青根キャンプ場

  • 住所
    〒252-0162
    神奈川県相模原市緑区青根807
  • 電話番号
    042-787-1380
  • アクセス
    圏央道相模原I.Cから20分JR横浜線・京王相模原線『橋本駅』から三ヶ木行バス30分、終点乗り換え東野行バス35分終点下車徒歩20分

青根キャンプ場の営業時間について

青根キャンプ場は年間営業、チェックイン&アウト時間は下記の通りです。(バンガローに宿泊する場合はチェックイン時間が違うので注意してください。)

営業時間(管理センター:042-787-1380)は、8:00-17:00。日帰りも宿泊も、チェックインは8:00で、チェックアウトは日帰りが17:00、宿泊は翌10:00です。バンガロー泊は、チェックイン13:00、チェックアウト翌10:00です。


青根キャンプ場内の施設や設備について

青根キャンプ場施設内を入るとすぐ管理センターがあり、キャンプ、バンガロー泊、全ての受付はここで行います。管理センターには、売店もあり、焚き火用薪や炭、調味料や飲み物まで揃うので買い忘れがあればここで調達しましょう。

キャンプサイト周辺までは、管理センターから車で移動するため、サイトに到着してから売店に向かうのは面倒なので、買い物がある場合は受付の際に済ましておくことをおすすめします。

緑の休暇村 青根キャンプ場のテントサイト

青根キャンプ場予約方法

出典: https://unsplash.com/photos/Ayx2M0iiVFQ

青根キャンプ場は予約制ではなく当日受付で、並んで申し込みをします。事前予約がないのは楽ですが、シーズン中は混雑するので、受付時間前に青根キャンプ場へ到着することをおすすめします。混雑で行列ができ、入場できなかったという口コミもみられますので、受付時間前に到着すした方が良さそうです。

電源サイトの利用やバンガロー宿泊は、事前予約が必要ですので、その場合は電話にて事前に宿泊申し込みをしましょう。

電源サイト、バンガロー宿泊希望者は電話予約を!

青根キャンプ場の電源サイト利用や、バンガロー宿泊は事前予約が必要です。シーズン中は混雑するので、あえて電源サイトを予約していく方も多く、予約してよかったとの口コミもみられます。

朝並ぶのが難しい場合は、電源サイトを予約することをおすすめします。予約受付は管理センター(042-787-1380)で行っています。

青根キャンプ場利用料金

青根キャンプ場は、テントやタープレンタルもありますが持ち込み可能です。また、テントの大きさによって利用料金が違うので、人数や日帰りか宿泊かによってテントを準備する必要があります。

また料金ですが、日帰りの場合は割高という口コミでの評判もみられます。チェックイン時間が早いので日帰りでも楽しめますが、コスパを考えると宿泊の方がおすすめです。

(この記事の情報は2021年4月15日時点の物です。)

1人あたりの利用料金(入場料)

青根キャンプ場でキャンプをするには、まず1人ずつ場内への入場料がかかります。

  日帰り    宿泊    
大人(中学生以上) 450円 780円
子供(小学生以下) 350円 550円

駐車料金

車で利用する場合、駐車料金がかかり車種(大きさ)によって、駐車料金が変わります。
 

  日帰り   宿泊   
大型バス 2,200円 2,200円
マイクロバス 1,700円 1,700円
普通乗用車 530円 1,200円
バイク 320円 420円

持ち込みテント利用料金

持ち込むテントの大きさによって、利用料金が変わります。
 

  日帰り    宿泊    
ツールーム 1,400円 2,000円
6人以上1張り 1,200円 1,700円
5人以上1張り 900円 1,200円
2人以上1張り 500円 700円

電源サイトは、上記の利用料金に日帰りは+550円、宿泊は+1,100円かかります。

直火もOK!青根キャンプ場のサイトについて

出典:http://aonecamp.jp/detail/

青根キャンプ場のサイトは、道志川沿いにリバーサイト、横にムーンサイト、川沿いの広場にグリーンサイトがあります。リバーサイトは少し狭め、グリーンサイトは広場なので混雑していなければ好きな場所を確保でき、開放感もあって口コミでの評判も良く人気です。

ムーンサイトは電源サイトで、事前予約が必要なので注意してください。また、キャンプサイトでの焚き火は直火もOKで、直火ができるのも評判のひとつです。

青根キャンプ場内施設について

サイトごとに炊事場・トイレ1ヶ所、ゴミ捨て場があります。炊事場は温水の利用もできるので冬場の片付けも楽ですし、広々としているので他のキャンパーたちと被って並ぶということもそんなにはないでしょう。

周辺各所に水道と炭捨て場があり、焚き火の片付けや洗い物、水汲みなどは近場で済ませます。ただ、炭捨て場近くにテント張ると、焚き火の燃え残りの煙が流れてくることがあるので、少し離れて設置した方が良いでしょう。
 

備品・レンタル品について

青根キャンプ場は、テントやタープもレンタルできるため、忘れ物をしてもOKですし、手ぶらでキャンプを楽しむことも可能です。備品のレンタル料金は下記の通りとなっております。

マットレス 320円
毛布 220円
120円
包丁/まな板/しゃもじ/おたま/トング 各120円
鍋/やかん/BBQ網/ボール/ざる 各220円
はんごう/鉄板 各320円
釜/コンロ/椅子/テーブル 各520円
タープ 1,200円
テント 2,200円

緑の休暇村 青根キャンプ場周辺の豊富なアクティビティ

道志川沿いでの水遊びや釣り

青根キャンプ場周辺は、水遊びのアクティビティがたくさんあり、キャンプ以外にも楽しめます。水遊びは、ますのつかみどりや釣りがメインでそれぞれエリアが決まっていますので、マップで確認しておきましょう。

川は浅瀬でつかみどりや釣りができなくとも水遊びも割と安全にできますが、浅瀬ではあっても流れや水温と気温の差には注意が必要です。気温が低い時は利用をやめ、お子様と水遊びをする場合は、決して目を離さないようにしてください。

無料で使えるピザ窯

出典: https://unsplash.com/photos/IfQlwNqJqV8

グリーンサイトの炊事場に大きなピザ窯があるのが青根キャンプ場の魅力のひとつです。なんとこのピザ窯は、誰でも無料で使用可能なのです。事前予約もいらないので、他のキャンパーと使用が被ってしまうこともあるかもしれませんが、ぜひ利用してみてください。

ただし、火起こしから焼くまでの作業を全て自分たちで行わなければならないので、ピザを焼く場合はピザ窯での焼き方や火加減など事前に調べてから利用しましょう。

徒歩圏内にある温泉

青根キャンプ場管理センター付近には天然温泉があります。お風呂は檜風呂、岩風呂、源泉風呂とあり、ゆっくりと温泉に浸かることが可能です。

車移動、設営などキャンプ中は何かと体力を使いますので、温泉施設があるのはありがたいことです。温泉施設は休業していることもあるので、営業時間などは施設に直接確認しましょう。キャンプサイトから温泉へは車で移動した方が早いので、夜利用する際は飲酒などに気をつけましょう。

お子様が遊べる遊具

グリーンサイトにあるトイレ付近には遊具があり、お子様と遊ぶことができます。こじんまりとしていて、公園のようにたくさんの遊具があるわけではありませんが、遊具があるとお子様がキャンプに飽きた時でも遊ばせることができるので安心ですよね。川遊びができない冬の時期などは重宝しそうです。

遊具はトイレ横にあるので、ある程度人通りのある場所にありますが、利用時には怪我などがないように、必ず大人と一緒に利用するようにしてください。

緑の休暇村 青根キャンプ場を利用する際の注意事項

シーズン中は混雑に注意、早めの移動を

出典: https://unsplash.com/photos/zbwwCujP3T8

青根キャンプ場は予約不要なので、急に思い立った時でも気軽に行けますが、都心から約1時間で大自然、標高も低いため寒暖差もさほどないという好条件のキャンプ場は、やはり人気があるので混雑します。計画を立てて行くことをおすすめします。

チェックイン時間に合わせて向かうと、すでにキャンプ希望者で混雑していることがありますので、早めに青根キャンプ場に到着するようにしてください。なお、青根キャンプ場では、約100組キャンプが可能です。

ごみの分別はきちんと行うこと

出典: https://unsplash.com/photos/RkIsyD_AVvc

コロナの影響もありごみは持ち帰るキャンプ場も多くありますが、青根キャンプ場は場内にごみを捨てることが可能。大きなゴミ捨て場がありますので安心です。

ただし、燃える、燃えないだけではなく、カン、ビン、ペットボトルと分別が細かく必要なので、ルールを守ってしっかり分別してからごみは処理しましょう。また、金属類、発砲スチロール、ダンボール類は捨てることができませんので注意です。必ず持ち帰るようにしてください。

ダムの放流による河川の増加に注意

青根キャンプ場周辺は、上流には道志ダムがあり大雨が降ると放流で増水の恐れがあります。放流時は、巡回車が警報を鳴らしてくれますので安心ですが、サイレンが鳴った場合はすぐに安全な場所へ避難しましょう。

避難場所などは、キャンプ場の管理人、巡回の人などの指示に従うようにし、危険から身を守るようにしてください。また、雨天時や増水している際、気温が低い際の水遊びは非常に危険なので絶対にやめましょう。

まとめ

青根キャンプ場は都心からのアクセスが良く大自然を満喫できると評判で、口コミの評価も非常に高いおすすめのキャンプ場です。川で水遊びや釣り、遊具もあり周辺アクティビティも豊富なので、お子様も飽きることなく過ごせますし、温泉でゆっくり過ごすこともできます。

口コミでの評判も良く人気のキャンプ場なので、シーズン中は混雑で行列になる可能性は高いです。受付開始時間前に青根キャンプ場に到着するようにしましょう。

都心から近いキャンプ場が気になる方はこちらをチェック!

電車やバスを使って行くことができる都心周辺のキャンプ場や、道具がない!という方へ手ぶらでも気軽に参加できるキャンプ場をご紹介しています。気になる方はこちらもチェックしてみてください。