鮮やかな紫の花・サフランの花言葉!その意味や由来も合わせてご紹介!

鮮やかな紫の花・サフランの花言葉!その意味や由来も合わせてご紹介!

鮮やかな紫色の花を持つサフランはハーブとしてや香辛料としても使われています。そんなサフランの花言葉には歓喜を表す意味や怖い意味が含まれています。今回は、そんなサフランの花言葉や名前の由来などを紹介していくので、チェックしてみましょう。

記事の目次

  1. 1.サフランとはどんな花?
  2. 2.サフランの歴史と名前の由来を知ろう
  3. 3.サフランの花言葉とは
  4. 4.サフランの香辛料は自宅でも収穫できる
  5. 5.まとめ

サフランとはどんな花?

サフランとは、クロッカスの種類で紫色の花を咲かせます。また、パエリアなどの料理に使われるスパイスでもあり、サフランでも食べられる食用のサフランと鑑賞用のハナサフランの品種に分けられています。

サフランは雄しべが香りが良く、香料としても使われることがあり、サフランを使った料理として有名なパエリアもサフランを入れることで、お米が黄色に色づいています。サフランはハーブとしても使われ、冷え性や疲労回復に効果あるのも特徴です。サフランは花言葉だけではなく、食用としてもさまざまな使い方が楽しめるのも魅力ではないでしょうか?

サフランの花の見頃は?

サフランの花は10月から11月の秋の季節に紫色の花を咲かせます。原産地は地中海沿岸や西南アジア地方ですが、日本でも見ることができるので気になる人は、栽培を楽しんでみるのもいいでしょう。

サフランの栽培は、庭に植える方法と鉢などで栽培する方法があります。他にも球根で育つので、水耕栽培という方法での栽培方法もあるので、好みの栽培方法でサフランを自宅で楽しんでみるのもおすすめです。また、サフランは誕生花としては11月4日に使われています。誕生日にプレゼントしてみるのもいいでしょう。

サフランとクロッカスの見分け方

サフランはクロッカスの種類の1つであり、花もよく似た紫色の花をしています。そのため、品種の違いをうまく見分けられない人もいるのです。そんな時に知っていおいて欲しいのは、サフランとクロッカスの見分け方になります。

クロッカスは真ん中に黄色の雄しべがあるのにたいして、サフランは赤くて長い雄しべがあることです。サフランを香辛料と使う時も赤い雄しべの部分を使用します。また、クロッカスは春と秋に開花するのに対して、サフランは秋に開花します。同じ種類であるサフランとクロッカスを品種によって見分けてみましょう。

サフランの歴史と名前の由来を知ろう

サフランは歴史の長い花でもあり、紀元前3000年前からあると言われています。古代ギリシャでは、サフランの染料である黄色が王族だけが使える色として大事にされていたのです。日本での歴史は長くはありませんが、江戸時代の末期には日本にもサフランが伝わってきました。

さらに、サフランは球根から育てられる植物であり、明治時代にはサフランの球根の輸入が始まり、日本でも栽培が開始されたと言われているのです。現在では、サフランは自宅でも手軽に楽しめる植物として流通しており、花と共に素敵な香りを実感してみるのもいいでしょう。

サフランの名前の由来

サフランは英語では、サフランクロッカスと言います。英語では、香辛料であるサフランクロッカスは、ただのサフランと呼んでおり、料理などにも重宝されているのです。また、学名としても英語と同じクロッカスと呼ばれており、ギリシア語の糸という語源が素になっています。

それは、サフランの雌しべが糸のように長くなっていることに由来していると言われています。日本でも英語でもサフランは同じ呼びかたであり、歴史を感じさせる花でもあるのです。サフランの名前の由来はまさにサフランの特徴を表しているのが分かります。

ギリシア神話のサフランの花言葉

サフランはギリシア神話にも登場します。花の女神と呼ばれているフローラが秋の季節の夕暮れを楽しんでいると、牧場の精が現れて、子羊たちが秋の季節の花との別れを惜しんでいるので素敵なベットが欲しいというと、フローラが秋の季節の花であるサフランで子羊のベッドを贈ったという神話です。

つまり、古くギリシア神話の時代からサフランは秋の季節を代表する花として親しまれていたことが分かります。サフランの花言葉と共に、素敵な神話も理解しておくのもいいでしょう。

サフランの花言葉とは

サフランの花言葉は「喜び」「陽気」「歓喜」「節度の美」などがあります。サフランはハーブとしての効能もあり、香りもいいので紫色の花と合わせて明るい雰囲気の花言葉が多くあるのも特徴です。

古代ギリシャ時代から人々に愛されハーブとして香りを楽しんだり、染料として重宝したりとさまざまな使い方をされてきたサフランは、花言葉と共に人々の歓喜を表現されるています。。サフランは秋の季節を知らせるような花でもあり、鮮やかで可愛らしい花は、自宅で栽培したり贈り物として大切な人に花言葉を添えて贈ってみるのもいいでしょう。

サフランの花言葉の由来を知ろう

サフランの花言葉は、歓喜を表す花言葉の意味が多いですが、その一方で「節度の美」という花言葉も持っています。それは、過度に使うことは危険だという意味合いを花言葉が持っています。

これはサフランを過度に使うと神経が敏感になり、快楽に陥りやめることができないという意味が花言葉に込められているのです。つまり、香りがよくハーブとしての使い方を楽しむ人も多いサフランですが、歓喜を求めて使い過ぎると危険だということが花言葉の由来として使われているのです。

サフランの花言葉が怖いと言われる理由

サフランの花言葉は、怖いと言われることもあります。それはサフランの花言葉の由来でも紹介したような意味が込められているからです。サフランを過度に使用することへの警告という意味を持つ花言葉である「過度をつつしめ」「濫用するな」という花言葉の意味を持っているからなのです。

つまり可愛らしい紫色の花でもあるサフランは香りもよく香料などとしても活用されますが、その歓喜に浸って、使い過ぎてしまうことへの忠告の意味が花言葉に込められているのです。

サフランの香辛料は自宅でも収穫できる

香辛料としてパエリアやブイヤベースなどの料理の香辛料として使われるサフランは、自宅で花を栽培し自家製で収穫することもできます。もともとサフランは高級香辛料でもあり、少量でも高価なのが特徴です。

そんなサフランを栽培し、自家製の香辛料を収穫したい場合は、サフランの赤い雌しべを収穫し、乾燥させることで使うことができます。一つの花から少量しか収穫できないのもサフランが高級と言われる理由でもあるのです。

サフランはハーブティーとしても楽しめる

収穫したサフランは、乾燥させて香辛料として使うのもいいですが、乾燥させずにハーブティーとして楽しんでみるのもおすすめです。お湯の中にサフランの雌しべを入れることで、黄色く色づき、サフランならではのいい香りが楽しめます。

サフランのハーブティーは、味もかおりもカモミールティーのような雰囲気で、自家製のサフランならではの楽しみ方でもあるのです。ぜひ、自宅でサフランを栽培してみたらハーブティーを楽しんでみて下さい。

まとめ

サフランはクロッカスの種類に属していますが、香りがよく、香辛料としても使われることがある品種です。そんなサフランの花言葉は、香りの良さなどから歓喜を表現するような花言葉としての意味を使われることが多いですが、怖い花言葉の意味も持っています。

そんなサフランの花言葉を知っておくことで、贈りももとして贈る際もうまく活用することができるのではないでしょうか?ハーブや香辛料としてのイメージが強いサフランですが、素敵な花言葉と共に紫色の可愛らしい花を一緒に楽しんでみるのもおすすめです。

サフランは気になる方はこちらの記事もチェック!

サフランの花言葉だけではなく、栽培方法などより詳しく知りたい人は、こちらの記事もチェックしてみましょう。

高級スパイス「サフラン」の育て方は?球根の植え付けから収穫まで栽培方法を解説のイメージ
高級スパイス「サフラン」の育て方は?球根の植え付けから収穫まで栽培方法を解説
南フランスの名物ブイヤベースやスペイン料理で有名なパエリヤには、香り高い鮮やかな黄金色の高級スパイス・サフランを使います。料理を引き立て美味しさをさらにアップ。家庭菜園でサフラン栽培をしてみませんか。今回は、サフランの育て方や栽培方法を詳しく解説します。
鮮やかな紫の花・サフランの花言葉!その意味や由来も合わせてご紹介!のイメージ
鮮やかな紫の花・サフランの花言葉!その意味や由来も合わせてご紹介!
鮮やかな紫色の花を持つサフランはハーブとしてや香辛料としても使われています。そんなサフランの花言葉には歓喜を表す意味や怖い意味が含まれています。今回は、そんなサフランの花言葉や名前の由来などを紹介していくので、チェックしてみましょう。
bambi
ライター

bambi

2人の小学生を持つ主婦ライターです。趣味はアウトドアとインテリア。主婦ならではの体験や視点からさまざまな情報を発信して行きます。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking