Twitter
Facebook
LINE

2022!焚き火シーンで安心の綿素材!ワークマンのおすすめジャケットをご紹介!

bambi

2022!焚き火シーンで安心の綿素材!ワークマンのおすすめジャケットをご紹介!

bambi

焚き火をすると、どうしても火の粉は飛んで服に穴が開いてしまったりします。そんなトラブルを防ぐために燃えない綿素材のジャケットが注目されています。その中でもワークマンは手頃な値段で購入することができるので、ワークマン焚き火ウエアをチェックしてみましょう。



焚き火をするならワークマンの綿素材がおすすめ

キャンプやアウトドアなどで、焚き火を楽しむとついつい火の粉が飛んでお気に入りのダウンやジャンパーに穴が開いてしまうことがあります。そんな悩みを解決するために注目されているのが、ワークマンの綿素材のジャケットです。

多くのダウンやジャンパーなどにポリエステルが使われていることが多いですが、ポリエステルなどは火の粉が飛ぶと一気に穴が開いてしまいます。しかし綿素材や難燃素材のものを着ることで、火の粉が飛んできても穴が開く心配がなくなるのです。

ワークマンは安いのに燃えない

アウトドアメーカーなどでは、難燃素材の焚き火ウエアなどが販売されていることがありますが、値段も高く購入するか悩むことも多いです。しかしワークマンの綿素材の上着を購入すれば、値段は安いのに難燃素材のような焚き火ウェアとしての使い方ができるのです。

また、ワークマンの綿素材のジャケットは持ち運びもしやすいものが多いので、焚き火をする際に持っていきダウンやパーカーの上から羽織ることもできるので1枚持っておくととても便利です。

ワークマンの焚き火におすすめジャケット3選

①注目はワークマンのコットンキャンパー



ワークマンの綿素材のジャケットの中でも特に注目なのが、新作のコットンキャンパーです。新作のコットンキャンパーはその名の通りキャンプなどに適している難燃性のアウターとしてワークマンが開発した商品になっています。

難燃性のアウターなどは値段も高く手軽にはなかなか購入できないと思っていた人もワークマンなら安い価格で焚き火ウェアを購入することができるのです。また、サイズもSか3Lまで展開しているので、女子から大柄な人までサイズを選ぶことができます。

機能性も重視したコットンキャンパー

ワークマンの新作コットンキャンパーは、見た目も可愛らしいポンチョ型のアウターであり、機能性も重視しています。小物などを多く収納できるように大きめのポケットがついているので、アウトドアやキャンプにとして必要な道具を持ち歩く焚き火ウェアとして便利です。

また、大きめのフードがついているので焚き火だけではなく急な雨や強風を防ぐことも可能になっています。つまり、焚き火だけではなくさまざまなアウトシーンでも活躍してくれるアウターということです。フードがあることで、おしゃれ度もアップするので、タウンユースでも楽しめることでしょう。

コットンキャンパープラスも注目



ワークマンの新作であるコットンキャンパーにはコットンキャンパープラスという商品もあります。何が違うかと言うと、ボタンで着脱できるライナーベストがついているので、防寒対策もできる一着になっているのです。

着脱可能なことで、季節に合わせてライナーベストを取り外して使うこともできるので、長いシーズン着用できる焚き火ウェアと言えるでしょう。新作のコットンキャンパーと見た目は同じですが、中にベストが加わることで、断然温かさが違うのが魅力の新作になっています。

②焚き火に強いワークマンのポンチョ

ワークマンの上着の中でもどんな服装の際も手軽に羽織れると人気なのが、焚き火ポンチョです。綿素材でできているポンチョで、ヤッケのように今着ている服装の上から簡単に羽織れるのが魅力になっています。

ポンチョの場合は、サイズもフリーで誰でも使えるのが魅力です。色はカーキやブラック、ベージュとどんな服装にも合わせやすい色が揃っています。首元がチャックになっているので、ヤッケと同じく着脱もしやすく、袖の部分にはボタンがついています。

女子でも着やすい焚き火ポンチョ

ワークマンの焚き火ポンチョは男女問わず、女子でも着やすいデザインになっているのが魅力です。ヤッケと同じく膝の部分ぐらいまでしっかりと隠れるので、しっかりと焚き火の火の粉から服を守ってくれます。

また1枚持っておくと、寒い時のジャケットとしても活用できるので、焚き火をするキャンプやアウトドアには大活躍してくれるのです。難燃性もあり、手軽に使える焚き火ポンチョを試してみてはいかがでしょうか?でしょう。サイズも気にせず安い値段で買えるのもワークマンの魅力です。

③おしゃれなフルジップコットンパーカー

女子などの場合は、特に焚き火の際の服装におしゃれ度を求めたり、服装と合わせたいと考える人も多いです。そんな人におすすめなのが、ワークマンのフルジップコットンパーカーです。上下に違う色を使用しており、よりおしゃれ度が高い焚き火ジャンパーになっています。

カラーバリエーションも豊富でサイズ展開も多いので、男女問わずおしゃれなキャンプの服装としての使い方も楽しめます。大容量のポケットもついているので、すぐに使いたい小物などは焚き火の際にポケットにに入れておくのがおすすめです。

フルジップタイプだから楽ちん

このワークマンのジャンパーはフルジップになっているので、着脱がしやすく、服装に合わせた着こなしが楽しめます。さらに袖口にもファスナーがついているのでサイズ調整も可能です。

フードや袖の部分は紐がついておる、絞ったりと自分の体型な服装に合わせてサイズ調整ができるのも嬉しいです。さらに防汚加工が施されているので、焚き火で汚れても安心です。値段も安いので、思い切って使えるのもワークマンの焚き火ウェアが人気の理由なのではないでしょうか?

焚き火で使えるワークマンおすすめパンツ2選

①綿クライミングパンツ

ワークマンで難燃性のあるジャケットを購入したら、合わせて欲しくなるのが焚き火用のパンツです。焚き火はズボンなどにも火の粉が降りかかることがあるので、燃えにくい素材のズボンもあると便利です。

ワークマンの綿クライミングパンツは、焚き火で燃えにくいだけではなく耐久撥水機能を備えているのもで急な雨などでも便利です。サイズ展開もSから4Lまでありウエストもゴムになっているので、小柄な女子から男性まで着用できて値段も安いのが魅力になっています。

キャンプなどの動きやすさにも重視

このクライミングパンツは動きやすさを重視した服装としても役立ちます。ひざを曲げたり伸ばしたりしても安心なように伸縮性のあるストレッチ素材を使用しているのも魅力です。

さらにワークマンのズボンは小物などを収納できるように、ポケットが10個も配置されています。焚火に必用な備品などをポケットに入れておくのも便利でしょう。さまざまなメリットが詰め込まれているワークマンのパンツなので、焚き火をしない時でも着用したくなるような魅力が詰まっています。

綿リップ防風防寒パンツ

焚き火をする時は、寒い時が多いと思います。そんな時な難燃性だけではなく、防風や防寒の機能も欲しくなるものです。そんな焚き火の際のわがままに答えたのが、綿リップ防風防寒パンツになっています。中綿付きのパンツで、ブランケットなどがなくても温かく、火や水の両方にも強くまさにアウトドアの為のパンツと言えるでしょう。

作業着としても人気があり、さまざまなアクティビティに特化した冬の定番パンツとしてワークマンの中でも人気があります。ブランケットを手放して焚き火を楽しみたい人におすすめです。

ストレッチ素材でできている

温かいパンツは動きにくいものもありますが、この綿リップ防風防寒パンツは、動きやすいストレッチ素材を採用しているので、温かくても動きやすいパンツを実現しています。

さらにカーゴポケットには、Dカンがついているので、カラビナなどをつけることもできるので、より便利でおしゃれが楽しめます。寒い冬などのキャンプやアウトドアにはぜひ難燃性のジャケットと共にパンツを合わせてみてはいかがでしょうか?上下セットにしても安い値段で楽しめるのが、ワークマンの魅力でもあります。

ワークマンではフィールドコアをチェック

ワークマンではさまざななオリジナルブランドを展開していますが、その中でもおすすめしたいのがフィールドコアというシリーズです。ワークマンならではのプロの職人に認められた作業着の品質の機能の中にアウトドアや普段着としいても着用できるカジュアルさをプラスしているシリーズになっています。

このフィールドコアにはパンツやジャケット、パーカーなどさまざまなタイプが揃っているので、まさしくおしゃれと機能性を楽しみたい人にピッタリです。新作も販売されていたりするのでチェックしてみましょう。

女子でも着やすいデザインもあり

ワークマンのフィールドコアでは、女子も着やすいデザインのパンツやジャケットなども多く取り扱っています。また、服装だけではなくバッグやブーツなどもあるので、トータルコーディネートも楽しめることでしょう。普段着と変わらず着用できるので、より手軽にアウトドアに出かけられるのです。

使うシーンに合わせて服装を選べるのも、ワークマンが注目されている理由ではないでしょうか?普段着の延長でアウトドアを楽しみたい人にピッタリなので、一度チェックしてみるといいでしょう。

まとめ

ワークマンでは、アウトドアやキャンプの焚き火の際にあると便利な難燃性のある焚き火ウェアを販売しています。もともと綿素材は焚き火でも燃えにくく安全な素材であるとして注目されているのです。

ダウンなどを上着として着用している時も上から綿素材のヤッケなどを着用すれば、安心して焚き火を楽しめます。また、ワークマンなら安い値段でサイズも豊富に購入できるのも魅力です。新作も続々発売されているので、ワークマンで焚き火ウェアをチェックしてみましょう。

 

焚き火が気になる方はこちらの記事もチェック!

暮らしーのでは他にもアウトドアに関する情報を発信しています。

特におすすめな焚き火のやり方についての記事を載せるので気になる方はチェックしてみてください。

既に焚き火をやったことがある人も、これから焚き火にチャレンジしたい人にも役立つ方法がまとまっています。是非一度ご覧ください。

Movie動画記事

【毎日キャンプ生活1ヶ月】ワークマンのテントから始まりジムニーでキャンプ場デビュー!

キャンプど初心者が1ヶ月間毎日、何かしらのキャンプ行為をした全記録をまとめました!1日目にワークマンのテントを手に入れてから、31日目にジムニーでキャンプ場に行くまで何があったかを全部記録しましたので...

【堤防SLS】奇跡の夕マズメでヒラマサ炸裂!【島日記12】

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 ここのところ黒潮と水温上昇ですこーしカンパチの数が減ってきました。磯も場所を間違えるとご覧の有り様・・・笑 困ったときはやっぱりSLSですね!! ★ロックショア実釣動画...

年に一度しか行かない危険な地磯へ・・・【島日記11】

製品貸与:グローブライド株式会社 撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 今回は近況報告と本当は行きたく無い、しんどいランキング1位の磯へ調査へ行ってきました!最近の地磯は特定のポイントを除いて、ベイトに釣果が...

【初心者用】キャンプで使う三大ロープワーク・結び方3つが使えすぎて感動した…

キャンパーに必要なスキルの一つが「ロープワーク」!数々の方法がありますが、今回は「3大ロープワーク」を、人気書籍を参考にして学びました! もやい結び・自在結び・テグス結びは本当に使える結び方だと感じま...

初めてキャンプ場へ行った初心者、ガチで初心者丸出しすぎたwww【毎日キャンプ生活30-31日目】

今回のキャンプのテーマは「ギア不足の初心者でもキャンプ場をちゃんと楽しめるのか?」。大人気のキャンプ場「能登島家族旅行村 Weランド」に行ってきましたが、色々スタッフの方に初心者丸出しでお聞きしつつ、...