検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【2022】東京都内のアスレチック人気12選!大人も1日中満喫できるのはココ!

大人も存分に楽しめる東京都内のアスレチックの充実したスポットを紹介します。本格的なアスレチック遊具が設置されていながらも、無料で楽しむことのできる東京都内の自然豊かなアスレチックスポットを紹介していますので、気になった場所がありましたら利用してみてくださいね。
更新: 2022年1月23日
hanashin

東京でアスレチックが人気の場所を紹介!

今回は東京都内にあるアクセス良好で、アスレチック遊具も充実している無料利用可能なスポットをたくさん紹介しています。緑の木々に覆われた自然豊かな森の中でアスレチックを楽しめるスポットだけでなく、雨などの天候の悪い日でも関係なくアスレチックを満喫できる室内型の人気スポットも紹介していますので、まだ行ったことのないアスレチックスポットがありましたら友人や子供や恋人同士で一緒に出かけてみてくださいね。(記載されている内容は2020年12月20日現在の情報を元に作成しています。)

東京都内のアスレチック人気①:野山北公園


スポットの特徴について①

東京都の武蔵村山市内にある野山北公園は、約18000平方メートルの敷地面積を誇っていて、春頃にはカタクリの群生が開花することでも知られている自然たっぷりな楽しい公園です。野鳥や虫や野草など様々な生き物が共生している広い公園で、無料で子供と一緒に楽しめる公園です。

スポットの特徴について②

自然たっぷりな公園内にある「あそびの森」と名付けられているアスレチックフィールドには森に住んでいる生き物たちの名前がついている木製遊具が25施設と豊富にあり、全て無料で遊ぶことができます。子供だけでなく、大人も子供に混じって楽しめる充実したアスレチック施設です。あそびの森だけでなく、幅が2mで一周約60mにわたって木々の緑の中を約8mの高さで空中散歩を楽しめる冒険の森という屋外施設もあり、大人も子どもも楽しい時間を過ごすことができます。


人気アスレチックスポットの詳細

野山北公園

  • 住所
    〒208-0004
    東京都武蔵村山市本町5-31-1
  • アクセス
    立川駅からバスで30分(『箱根ヶ崎駅』、『三ツ藤住宅』行き)峰 下車して徒歩で10分

東京都内のアスレチック人気②:狭山緑地 フィールドアスレチック

スポットの特徴について①


東京都内の東大和市内にあるおすすめアスレチック施設「狭山緑地・フィールドアスレチック」は、狭山丘陵南部に位置していて、クヌギやコナラなどの木々が広がっている約14.5ヘクタールの広い自然公園です。緑の木々が生い茂っている中に子供だけでなく、大人も混じって楽しめる充実したフィールドアスレチック施設が存在しています。

スポットの特徴について②

木製の大型遊具がたくさんあって体を使いながらのびのびと遊べるので、屋外で最近運動をしていないという方にもオススメです。ボランティアさんによって手入れされている森の中には木陰も多く、窪んだ地形にあるので夏でも比較的涼しい環境の中で無料アスレチックを楽しめます。野鳥などの観察もできたり、ヤマユリやりんどうの植物、昆虫類の観察などを楽しむことができる自然公園になります。

人気アスレチックスポットの詳細

狭山緑地 フィールドアスレチック

  • 住所
    〒207-0031
    東京都東大和市奈良橋1丁目
  • アクセス
    多摩都市モノレール「上北台」駅から徒歩で22分
  • 電話番号
    042-563-2111

東京都内のアスレチック人気③:大島小松川公園

スポットの特徴について①

東京都江東区にあって、都営地下鉄新宿線・東大島駅から歩いて3分ほどで到着する場所にある「大島小松川公園」は、テニスコートを始め小さい野球場やサッカー場、運動広場やジョギングコースやスポーツ施設などがある広い公園です。こちらの公園には海上を移動する船をモチーフとしてデザインされた大型遊具付きの屋外アスレチックがあり、大人の子供と一緒に混じって楽しい時間を過ごすことができます。

スポットの特徴について②

波形のデッキを移動するアスレチックや、輪になっているネットの中を進んで行くアスレチックや、傾斜の急なネットクライミングなど色々なコースがあります。頂上からは一気に下まで滑り降りられるローラースライダーがあります。無料で楽しめる屋外アスレチックを満喫した後には、レジャーシートを敷いてのんびりできる自由の広場という無料屋外スポットもありますので利用してみるのもおすすめです。

人気アスレチックスポットの詳細

大島小松川公園

  • 住所
    東京都江東区大島9-9
  • アクセス
    都営地下鉄新宿線「東大島駅」より徒歩3分
  • 電話番号
    03-3636-9365

東京都内のアスレチック人気④:アメリカキャンプ村

スポットの特徴について①

広大な自然が広がる東京都内の奥多摩町にあるアメリカキャンプ村は、海沢渓谷沿いにあって、スペースキャビンやログキャビンが点在している人気のアウトドアレジャー施設です。調理に役立つセット商品からシュラフなどの寝具までを借りることもできるレンタルの充実した屋外施設です。こちらの施設には木材で製作された本格的な大型遊具があります。

スポットの特徴について②

迷路や崖登りなど、子供が体を駆使してクリアしなければならない24ポイントものボルダリングコースがあります。所要時間は30分から1時間程度となっている無料で利用可能な屋外アスレチックフィールドです。アスレチック以外にもます釣りを楽しめる釣り堀や、家族やグループ同士でバーベキューを自然の中で楽しめる屋外施設もあります。施設内には日本のホラー映画「リング」の撮影でも使われたコテージもあります。

人気アスレチックスポットの詳細

アメリカキャンプ村

  • 住所
    〒198-0213
    東京都西多摩郡奥多摩町海沢230
  • 電話番号
    0428-83-2724

東京都内のアスレチック人気⑤:横十間川親水公園

スポットの特徴について①

東京都内のおすすめアスレチック施設といえば、こちらの横十間川親水公園内にある水上アスレチックになります。横十間川を堰きとめて長さが約2kmもある広い親水公園で、自然もとても豊かです。ロープを手繰りながら一人で進むゴーゴーロープをはじめ、最後まで落ちないようにしっかりとつかみながら移動するターザンロープや、円盤型のUFOに足をかけ、鎖をかみながら進んで行くUFOクライム、グラグラ揺れる板の上をバランスを取りながら進むぐらぐら橋など様々な楽しい水上アスレチック遊具があります。

スポットの特徴について②

広い園内の中央部分には水面を生かして整備されている施設もあり、無料で和船に乗ることもできます。なお貸しボートに関しては有料となっています。東陽町駅から徒歩で約10分程度の場所にある公園なので、お暇ができましたら子供と一緒に出かけてみるのもおすすめです。

人気アスレチックスポットの詳細

横十間川親水公園

  • 住所
    〒135-0011
    東京都江東区扇橋3~東陽7
  • アクセス
    東陽町駅から徒歩で10分
  • 電話番号
    03-3645-4027

東京都内のアスレチック人気⑥:スポル品川大井町

スポットの特徴について①

東京都品川区内にあるスポル品川大井町は、2018年の8月頃に誕生した複合スポーツエンターテイメント施設で、JR京浜東北線の大井町駅からすぐの場所にあり、約24000平方メートルもの広いスペースに8種目のスポーツを含む14の施設があります。スポーツを楽しめる以外にも脱出アトラクションや子供が楽しく過ごせるキッズランドなども人気です。

スポットの特徴について②

屋外&室内で楽しい時間を過ごすことができる人気スポットですが、アスレチックを楽しみたいという方は青空の下の本格ボルダリングウォールを利用するのがオススメです。難易度に変化を持たせた壁は高さが5mで幅が20mもあり、初心者クライマーから上級者から今まで様々なレベルの方が体を駆使しながらボルダリングを満喫できる充実の施設です。利用時間は10時から23時までで、1名様1時間当たりの利用料金は平日の10時から17時までであれば1020円です。

人気アスレチックスポットの詳細

スポル品川大井町

  • 住所
    〒140-0005
    東京都品川区広町2-1-19
  • 電話番号
    03-3775-1827
  • 公式サイトURL
    https://www.sporu.jp/

東京都内のアスレチック人気⑦:平和の森公園フィールドアスレチック

スポットの特徴について①

東京都の大田区内にある平和の森公園は、大小様々な池や広場などがあって、子供から大人までが静かで楽しいひと時を過ごすことができる自然豊かな公園です。園内にはアーチェリー場やテニスコートがある他にも、全部合わせて45ポイントもの遊具が設置されているフィールドアスレチック施設もあります。

スポットの特徴について②

フィールドアスレチックは有料で大人(高校生以上)で360円かかります。なお幼児用のアスレチック施設は無料で利用することができます。釣りを楽しめるひょうたん池や、仲の良い友達同士や家族で利用できる平和の広場といったエリアんも存在している広い公園です。京浜急行線の平和島駅から歩いて約13分程度で到着する場所にあるので、時間を持て余したら子供や友達同士で出かけてみるのもおすすめです。

人気アスレチックスポットの詳細

平和の森公園フィールドアスレチック

  • 住所
    〒143-0005
    東京都大田区平和の森公園2-1
  • アクセス
    京浜急行線平和島駅から徒歩で13分
  • 電話番号
    03-5764-0643

東京都内のアスレチック人気⑧:汐入公園

スポットの特徴について①

東京都荒川区の南千住にある「汐入公園」は、南千住八丁目の白鬚西地区市街地再開発事業により造られた約13ヘクタールもの敷地面積を誇っている広い都立公園になります。園内にはコンビネーション型の大型遊具もあり、3階建てのビルに相当する大きさのタワーが二つ並んでおり、タワー内部には階段があります。二つのタワーをつなぐ吊り橋もありますので、子供も楽しく渡ることができます。

スポットの特徴について②

タワーを囲むようにして移動できる径路もありますので、子供と手をつなぎながら空中散歩もできます。ネットの上を移動する遊具なども人気です。アスレチックを満喫できる大型遊具だけでなく、大人も子供と混じって水遊びを楽しめる噴水広場もありますので、夏場も楽しい時間を過ごせます。タワーの横側にはスプリング式で可愛い動物デザインを採用している遊具や、小さな滑り台もあるので幼い子供を遊ばせることもできます。

人気アスレチックスポットの詳細

汐入公園

  • 住所
    〒116-0003
    東京都荒川区南千住8-13-1
  • アクセス
    JR常磐線・東京メトロ日比谷線・つくばエクスプレス「南千住駅」下車、徒歩12分

東京都内のアスレチック人気⑨:明治神宮外苑・にこにこパーク

スポットの特徴について①

東京都新宿区の霞ヶ丘町にある明治神宮外苑は、世界的にも有名なイチョウ並木の自然があったり、ゴルフやフットサルやテニスや野球など様々なスポーツ施設も完備されている敷地の広い憩いスポットです。そんな明治神宮外苑には、大人が子供とともに出かけられるにこにこパークと呼ばれるアスレチックのある屋外施設があります。パーク内にはローラースライダーやターザンロープやトランポリンなど様々な楽しい遊具が充実しています。

スポットの特徴について②

地面がゴムチップと人工芝で舗装されている特徴があるので、怪我の心配なくのびのびと子供を遊ばせられます。パーク内には椅子やテーブルも設置されていますので、食べ物ももっと言って食事することも可能です。開園期間は4月から9月までの間が10時から17時までで最終入場は16時半です。10月から3月の間は10時から16時半で最終入場は16時までです。入園料は大人(中学生以上)が300円で、子供(2歳以上)が100円となっています。jr中央線や総武線の信濃町駅から歩いて5分程度で到着する場所にあるので、お休みの日に子供と一緒に出かけるのもオススメです。

人気アスレチックスポットの詳細

明治神宮外苑・にこにこパーク

  • 住所
    〒160-0013
    東京都新宿区霞ヶ丘町1-1
  • アクセス
    千駄ケ谷駅から徒歩で10分

東京都内のアスレチック人気⑩:大蔵運動公園

スポットの特徴について①

東京都世田谷区にあり、都立砧公園に隣接している大蔵運動公園は、野球場や陸上競技場や体育館やテニスコートや温水プールなど幅広いスポーツ施設がある公園です。そんな大蔵運動公園には、子供と一緒に大人も楽しめるアスレチックの大型遊具があります。ロープに掴みながら一気に滑走するターザンロープをはじめ、ネットを登って進むネットクライムやスリル感を味わいながら移動する吊り橋、8の字状に配置された木材の上を落ちないように渡るアスレチックなど様々な楽しいアスレチック遊具があります。

スポットの特徴について②

小学生以下の幼児にも楽しめる小さなコンビネーション遊具やジャングルジムや滑り台も公園の東側にあります。車道を挟んですぐ左側には砧公園もあって、砧公園にはのんびりと過ごせる広い敷地のスペースもありますので、レジャーシートを持って行ってピクニックをするのもおすすめです。大蔵運動公園には120台までの車を駐車できる駐車場もあり、30分100円の料金で利用できます。

人気アスレチックスポットの詳細

大蔵運動公園

  • 住所
    〒157-0074
    東京都世田谷区大蔵4-6-1
  • アクセス
    寄バス停留所:「区立総合運動場」より徒歩1分 

東京都内のアスレチック人気⑪:西六郷公園

スポットの特徴について①

東京都大田区内にある西六郷公園は、タイヤ公園という名称でも親しまれている子供たちから人気スポットで、タイヤで製作されたアスレチックが充実しています。屋外で子供と一緒に楽しい時間を過ごしたいという方にもオススメな公園です。タイヤで製作された怪獣やロボットなどがあり、子供心をくすぐります。大きいサイズの滑り台やタイヤを使って製作されたブランコやジャングルジムなどの大型遊具も屋外の所々に設置されています。

スポットの特徴について②

一番大きな怪獣は高さが8mと巨大で、尻尾から頭までの長さは約20mあります。広場の一面には砂が敷かれているため、子供もケガのリスクを背負わずに安全に遊ぶことができます。日本だけでなく海外でも紹介されたことのある人気の公園なので、平日休日関係なく多くの家族連れで賑わっています。公園内にはトイレや水飲み場などもあります。京浜急行線雑色駅から歩いて10分程度で到着する場所なので、ご興味ありましたら是非子供と一緒に出かけてみてくださいね。

人気アスレチックスポットの詳細

西六郷公園

  • 住所
    〒144-0056
    東京都大田区西六郷一丁目6番1号
  • アクセス
    京浜急行線「雑色駅」下車徒歩10分

東京都内のアスレチック人気⑫:トンデミ平和島

スポットの特徴について①

東京都大田区内にあるトンデミ平和島店は、充実したアスレチックが室内で楽しめるとしても話題の人気スポットです。子供や大人関係なく幅広い年代の方が充実した時間を過ごすことができる運動施設で、体を駆使してクリアするアスレチックができます。施設内にはトランポリンエリア・エアーランエリア・ロープウォークエリア・クライミングウォールエリア・ペダルカートエリア・アミューズメントエリア・デジタルスポーツエリアなど全部でやつものエリアに分かれています。

スポットの特徴について②

8種類のエリアは身長が110cm以上で体重が20kgから120kgまでの方を限定しています。2歳以上でかつ身長が120cm以下のお子様を対象としたアスレチックが充実している広いキッズエリアもあります。付き添いの方で遊ばない方は保護者入場料として2時間税込600円の料金がかかります。2歳未満の0〜1歳のお子様に関しては時間関係なく無料で入場させられます。ただしアスレチックやキッズウェアで遊ばせることはできないのでご注意ください。

人気アスレチックスポットの詳細

スペースアスレチック トンデミ 平和島

  • 公式サイトURL
    https://bandainamco-am.co.jp/others/tondemi/heiwajima/
  • 住所
    東京都大田区平和島1丁目1-1
  • 電話番号
    03-6404-9935

まとめ

いかがでしたでしょうか?東京都内には豊かな自然に囲まれていて、アスレチック遊具も充実しているスポットや、無料で本格的なアスレチックを満喫できる公園などが色々とあります。季節によっては子どもと共に水遊びができるアスレチックスポットもありますので、紹介してきた中で気になる場所がありましたら、休日を利用して出かけてみてくださいね。

自然・アウトドアについて気になる方はこちらもチェック!

以下は、東京都心の近くにありながらも大自然を満喫できるcazuキャンプ場の魅力についてを解説している記事、設備が充実していて初心者にも楽しめる山梨県のキャンプ場の人気ランキングを紹介している記事、川や海で水遊びする時にも足の怪我を防ぐ役割を果たしてくれるマリンシューズのおすすめを紹介している記事です。こちらの3記事も関心がありましたら参考にしてみてくださいね。