検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

人気のcazuキャンプ場で蛍も見れる!自然を満喫できるその魅力とは?

都心の近くにありながら大自然を楽しめるcazuキャンプ場という穴場があります。焚き火の炎に触れながら、蛍を愛でるという楽しみ方がcazuでのキャンプで行えます。そんな都会から時間をかけず自然と触れ合うcazuキャンプ場について紹介します。
2020年8月27日
bookworm0620

一度は訪ねてみたい!cazuキャンプ場とは

cazuキャンプ場とは、埼玉県飯能市にある自然に囲まれたキャンプが楽しめる場所です。都心から遠くない場所にあるので、口コミでおすすめする人も多く、環境的にも魅力があふれているキャンプ場です。吉田木材工業株式会社の保有キャンプ場として、整備も万全に整っているので幅広い層の人がcazuキャンプ場を訪れています。

都会の喧騒をはなれてキャンプ


木材を加工する会社のキャンプ場ですので、敷地内にある設備なども木材の景観をいかした作りになっています。都心のデジタルに囲まれた暮しを見つめ直すのにも、cazuは最適なキャンプ場と言えるでしょう。通路や周囲のエリアの危険な場所にはロープが張られているので、安心してテントや行動エリアを選択することが出来ます。

都心から遠くない距離で大自然が多いキャンプ場

cazuキャンプ場を訪れた人の多くがリピーターになっています。その口コミとして出てくる意見が、圧倒的なスケールで感じる豊かな自然です。都心近くにも、まだ大自然が残っていることの驚きと喜びで何度でもcazuキャンプ場に来たくなる衝動にかられます。季節ごとの植物や動物を愛でるのも楽しいです。


cazuキャンプ場は、車でのアクセスも問題なく行えるキャンプ地です。そのため口コミの声を頼りに、ファミリーキャンプにチャレンジする人も年々増えています。蛍が生息する場所としても有名なため、お子さんの情操教育の一環として蛍を見にくるケースも少なくありません。きれいな水辺にきらめく蛍のきらめきは、カメラではとらえきれない独特の魅力があります。

cazuは家族連れにも楽しめるキャンプ場

都心から埼玉へは、車で走っても数時間でたどり着ける距離です。夏休みや連休など、時間が取れた時の家族イベントの目的地としてもcazuキャンプ場は理想です。夏は避暑地として機能し、子供たちと魚や昆虫を採集する時間が何よりの思い出になります。都心の暮らしでは体験できないことが、キャンプを通して体験出来たとするファミリーキャンパーの喜びの口コミも多いです。

口コミでも人気!BBQが出来るひと時


キャンプ地の口コミでも人気が高いイベントと言えばBBQでしょう。いつも食べている食材であっても、格段に美味しくなるので不思議です。家族みんなで役割分担をすることで、TVやラジオがなくても、にぎやかな時間を過ごすことが出来ます。キャンプ地では家族や仲間とのトークが盛り上がるという口コミも少なくありません。面倒な火おこしですら、楽しい時間になります。

大空と自然しか目に入らないcasuキャンプ場での贅沢

cazuキャンプ場といえば、旧ほたるの里キャンプ場と呼ばれていた場所としても有名です。蛍のシーズンには多くの人が訪ねてきます。蛍以外にも、リピーターが愛でるものとしたら、大空があります。都心の空は高層ビルや電柱や電線ばかりが目に入ります。しかしcazuキャンプ場では、大きな青い空が広がっています。空を見上げて、頭を空っぽにする時間が贅沢と言えるでしょう。

家電に頼らない時間

キャンプ場は自然の多い場所にありますから、電源というものに頼るのは似合いません。水汲みや火おこしなども、手作業で進めていくのが自然です。殆どの作業を人力で行っていくのは、簡単ではありません。キャンプで体験する不便な行動を学ぶことで、普段の都心での暮らしが如何に快適であるのかを見直す絶好のチャンスにもなります。

暖の取り方もキャンプ場スタイルで!

キャンプ場の暖房や調理に欠かせないのは火です。木材加工の会社のキャンプ場ですから、立派なサイズの木材が薪になります。十分な火力が長い間続くので、キャンプでの加熱作業や暖をとるのに困ることはないでしょう。温かく優しい光は、夜の風景としても魅力的です。

豪快な木材をくべるキャンプファイヤー

吉田木材工業株式会社の作業で出た廃材ですので、その時々の木材の大きさは一定ではありません。時折出てくる丸太のような大きさの木材を燃料にすると、豪快な火力が得られます。離れた場所にやかんを置いても、沸騰するそうです。この豪快さが、キャンプの思い出に彩をつけてくれます。

cazuキャンプ場は焚き火の木材は使い放題!

キャンプ地であるあるネタと言えば、燃料の確保です。カセットコンロにはボンベが必要だったり、炭火を利用しようとしたりするとホームセンターやドラッグストアの場所が気になります。車で10分エリアには買い物や温泉に役立つ施設があるので心配は不要です。しかし、cazuキャンプ場では1000円払えば、木材は使い放題です。すべて焚き火でまかなうのも一つの手です。

いつもと違うゴハンが楽しい

キャンプ場での生活に慣れている人になると、料理上手は珍しくありません。料理上手は愛用するダッチオーブンやホットサンドのプレス器で、普段は目にしないようなごちそうがドンドン生まれてきます。大自然の新鮮な空気の中で食べる熱々のごちそうは、どんな高級店にも匹敵するものでしょう。

cazuキャンプ場のどこか懐かしい風景

キャンプ場で目にする火の周りには、温かさと料理が生まれてきます。そのため自然と人が集まってくる空間になります。都心での暮らしでは珍しい距離感でトークに花が咲きます。家電など多くなかった時代では珍しくない光景ですが、家電やデジタルに囲まれた現代には新鮮な時間ともいえます。

都心では味わえない自然と炎の共演

自然のせせらぎを感じながら、焚き火にあたる暮らしというのは経験した人にしか味わえない醍醐味があります。それを味わいたいからこそ、リピーターは増える一方です。大自然と木材が多いcazuキャンプ場には、自然の中での時間を大事にするキャンパーが多いです。

一人でも楽しめるcazuキャンプ場

キャンプは大勢で楽しむことがイメージとしてありますが、一人の時間を大事にしたい人にもおすすめです。cazuキャンプ場では2300円払えば利用することが出来ます。使い放題となる薪代を払っても、4000円でお釣りが来ます。一人ですから大きな荷物もいらず、気軽に足を運ぶことが出来ます。

自然をつまみに晩酌タイム

都心の生活で時間に追われる暮らしをする人ほど、ソロキャンプに憧れます。車の騒音もなく、談笑する人や自然の音しか聞こえない中で嗜むアルコールは最高です。ほろ酔い気分で、初対面の人と会話するという楽しみ方も出来ます。自然の中での開放感が、普段感じる照れくささをかき消してくれます。

大勢でにぎわう楽しさも格別なcazuキャンプ場

家族で来るキャンプも楽しいですが、昔からの友人を引き連れてのキャンプも格別です。家族には言えないようなばかげた話が、最高のつまみになる楽しい時間になります。お互いに食べる物や飲み物を持ち寄るスタイルが定番です。

口コミがcazuキャンプ場に仲間を呼ぶ

仲間同士でのキャンプが楽しかったという口コミが、別の仲間に伝われば、新たなメンバーが生まれるのも当然です。最初は少人数でcazuキャンプ場に来ていたのに、気づいたら大所帯になっていたというリピーターの口コミも多いです。

cazuキャンプ場での夜は炎と蛍を楽しみたい

自然の中で揺らめく炎というのは、不思議な魅力を持っています。ただ眺めているだけでも時間を忘れて、見入っている人も多いです。自然の音をBGMにしながら、物思いにふけるというのも贅沢な時間になります。都心の暮らしで多い、忙しさの象徴ともいえるネオンの灯りは目に入らない特別な場所です。

蛍を楽しむには肉眼が一番!

旧ほたるの里キャンプ場だったcazuキャンプ場ですから、シーズンがくると多くの蛍を目にする機会が増えます。絶好のシャッターチャンスを狙う人も多いですが、肉眼で目にするほどの光景をとらえるのは難しいでしょう。蛍のシーズンが来たら、ぜひ足を運んで見るべきです。

少し時間が取れたらcazuキャンプ場へ行こう!

都心に近いキャンプ場でありながら、自然が豊かで魅力が多いcazuキャンプ場について紹介しました。普段の忙しさから離れて、自然を満喫することは心身にとっての癒しになります。時間をみつけて、cazuキャンプ場に出かけてみましょう。