日帰りで浅虫温泉を満喫!おすすめの湯処TOP10!料金や営業時間もご紹介!

日帰りで浅虫温泉を満喫!おすすめの湯処TOP10!料金や営業時間もご紹介!

冬の時期氷点下まで冷え込むことがある青森県浅虫温泉街で日帰り入浴を提供するおすすめ日帰り入浴スポットをランキング形式で紹介していきます。浅虫温泉の良質なお湯で体も心も温めてみてはいかがでしょうか。お得に日帰り入浴できるチケットも紹介!

記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.浅虫温泉麻蒸湯札プランがおすすめ
  3. 3.浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング10位【飲泉所・温泉たまご場】
  4. 4.浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング9位【浅虫温泉公衆浴場松の湯】
  5. 5.浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング8位【道の駅浅虫温泉ゆ~さ浅虫】
  6. 6.浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング7位【浅虫温泉駅前足湯】
  7. 7.浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング6位【浅虫温泉宿屋つばき】
  8. 8.浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング5位【浅虫さくら観光ホテル】
  9. 9.浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング4位【椿館】
  10. 10.浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング3位【南部屋・海扇閣】
  11. 11.浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング2位【ホテル秋田屋】
  12. 12.浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング1位【旅館柳の湯】
  13. 13.青森県の混浴可能温泉情報もご紹介
  14. 14.まとめ

はじめに

Photo by M.Murakami

寒さが厳しくなってくると恋しくなるのが温泉。ここでは厳しい寒さが訪れる青森県青森市に位置する浅虫温泉街で日帰り入浴を楽しむことができる温泉施設や温泉宿泊施設をランキング形式で紹介していきます。朝早い時間から入浴できる温泉施設や絶景を楽しめる露天風呂付きの温泉施設、カップルや家族連れにおすすめの貸切風呂がある施設など10施設を紹介していきます。浅虫温泉を訪れる際の参考にしてください。(時間・料金は2020・11・15時点のものです)

浅虫温泉麻蒸湯札プランがおすすめ

青森県に位置する浅虫温泉では観光客に人気の温泉巡りを実施し話題になっています。朝蒸湯札と名付けられた札の種類は2軒の温泉施設を巡ることができる1000円札と3軒の温泉施設を巡ることができる1500円札の2種類が用意されており曜日関係なく利用することができます。販売所は下記で紹介する浅虫温泉街の温泉施設となっています。

麻蒸湯札の利用が利用できる温泉施設

青森県浅虫温泉の人気日帰り入浴プランでもある麻蒸湯札が利用できる温泉施設は南部屋・海扇閣・椿館・ホテル秋田・宿屋つばき・辰巳館・浅虫さくら観光ホテル・柳の湯・割烹旅館さつき・旅館小川・松の湯・鶴の湯の11施設となっています。それぞれの施設がいつでも入浴できるわけでなく、時間帯が決まっているので詳しくは各温泉施設のホームページ等で確認してください。

麻蒸湯札の利用方法

麻蒸湯札は浅虫温泉11施設で利用でき、麻蒸湯札1000円を1人で利用する場合2施設まで利用することが可能です。2名で利用する場合は1箇所利用することができます。1500円の場合も同様に3箇所または3名で1箇所の利用が可能です。有効期限が設けられており初回の利用日から6ヶ月間有効です。

麻蒸湯札を購入して特典をゲット!

浅虫温泉の11温泉施設をめぐることができる麻蒸湯札を購入した方には浅虫水族館の入園券を通常1020円のところ、920円で販売しているので、浅虫水族館を訪れる予定のある方はお得な特典をゲットすることをおすすめします。

浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング10位【飲泉所・温泉たまご場】

カップルで温泉たまご作りを楽しめる温泉スポット

浅虫温泉街には良質なお湯に浸かりながら陸奥湾の絶景を満喫できるおすすめ日帰り温泉がたくさんありますが、ちょっと変わった温泉スポットも存在します。それが「飲泉所・温泉たまご場」です。浅虫温泉のお湯は飲むこともできる源泉もあることで知られています。そして美味しい温泉卵を作ることができるこちらのスポットでは持参した卵を温泉の中に約20分ほど浸けておくことで出来立ての温泉卵味わうことができる穴場スポットでもあります。

青森観光の休憩スポット浅虫温泉施設の料金

  平日 土日祝日
子供 無料 無料
大人 無料 無料

飲泉所・温泉たまご場

詳細を見る
住所〒039-3501
青森県青森市浅虫内野6
電話番号017-752-2622
営業時間24時間

浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング9位【浅虫温泉公衆浴場松の湯】

休憩にもおすすめ安い料金で入浴できる日帰り温泉

青森県浅虫温泉街で安い料金で入浴することができるおすすめ施設が「松の湯」です。こちらの温泉施設は公衆浴場となっており泉質た単純温泉で源泉を掛け流しにしている贅沢な温泉です。早朝7時から夜22時まで営業を行っているので、地元の人をはじめ観光で青森市を訪れた方にも人気となっています。浴室へ足を踏み入れると青色のタイル張りの浴室となっており内湯のみが用意されています。露天風呂を楽しみたい方は他の温泉施設を選ぶことをおすすめします。

青森観光の休憩スポット浅虫温泉施設の料金

安い料金で入浴できるのは観光客にとっても嬉しいポイントですね。朝早くから夜まで営業しているので朝風呂&帰路に着く前の入浴なんかもおすすめですよ。

  平日 土日祝日
子供 150円 150円
大人 350円 350円

浅虫温泉公衆浴場松の湯

詳細を見る
住所青森市浅虫内野13
電話番号017-752-3628
営業時間7:00~20:30
※夏季は21:00まで

浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング8位【道の駅浅虫温泉ゆ~さ浅虫】

ドライブの休憩スポットとしておすすめの日帰り温泉

青森県 の海沿いを走る国道4号線などでドライブ観光を楽しむ方に人気の日帰り温泉施設といえば道の駅に併設された「道の駅浅虫温泉ゆ~さ浅虫」です。敷地内には大きな駐車場やレストラン、特産物の販売を行う店舗など様々な見どころが用意されています。その中でも日帰り温泉施設は綺麗に整備されており早朝7時から入浴を楽しめる点も車中泊を楽しむ観光客に人気となっています。入浴料金も浅虫温泉エリアで安い設定となっており泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉で神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺など多くの効能を持っています。浴室内は陸奥湾や湯の島を眺めながら温泉を楽しめる展望浴場が用意され夕方の時間帯など絶景を楽しみながら入浴する事ができます。

青森観光の休憩スポット浅虫温泉施設の料金

幼児が利用する場合70円の入浴料金が必要です。お得な回数券の販売も行っており11回券が大人3600円、子供1600円、幼児700円なので1回分無料で入浴できる計算になります。

  平日 土日祝日
子供 160円 160円
大人 360円 360円

道の駅浅虫温泉ゆ~さ浅虫

詳細を見る
住所青森県青森市大字浅虫字螢谷341-19
公式サイトURLhttp://www.yu-sa.jp/
電話番号017-737-5151
アクセス浅虫温泉駅から徒歩で約1分新青森駅から車で約40分
営業時間7:00~21:00(受け付けは20:30まで)

浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング7位【浅虫温泉駅前足湯】

混浴で楽しむことができる浅虫温泉足湯スポット

青森市浅虫温泉街には混浴で入浴を楽しむ事ができる足湯スポットが用意され気軽に浅虫温泉の良質なお湯を楽しめると観光客に人気となっています。混浴足湯が設置されているのは青い森鉄道浅虫温泉駅の広場のほかに浅虫源泉公園にも設置されています。青い森鉄道浅虫温泉駅の構内でタオルを1枚30円でレンタルする事ができるのでタオルが無い方はレンタルを利用することをおすすめします。混浴の足湯は屋根が付き横に長い形状となっているので横にならんで皆で足湯を満喫してみてください。

青森観光の休憩スポット浅虫温泉施設の料金

無料で混浴足湯を楽しむことができますが、時期によって営業時間がことなるの訪れる際は事前に営業時間を確認しておきましょう。

  平日 土日祝日
子供 無料 無料
大人 無料 無料

浅虫温泉駅前足湯

詳細を見る
公式サイトURLhttps://www.city.aomori.aomori.jp/kanko/bunka-sports-kanko/kankou/kankou-spot/
営業時間4月~10月:7時00分~19時30分
11月~3月:8時00分~19時30分
電話番号017-734-5179

浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング6位【浅虫温泉宿屋つばき】

女性におすすめ美肌の湯を味わえる日帰り温泉

浅虫温泉の日帰り入浴おすすめプラン麻蒸湯札が利用できる日帰り温泉施設となっています。泉質は含石膏弱食塩泉で保温効果と肌をつやつやにする美肌効果が期待できる良質なお湯が話題で女性に人気です。施設内には大浴場を始め宿泊者限定の貸切風呂が充実しているのが特徴的です。また混浴で良質な温泉を味わいたいという方には無料で24時間楽しめる足湯「足ぽか湯」がおすすめ!ラジウム鉱石・湯底に麦飯石・湯口にゲルマニウム鉱石・壁はひば材を使用した足湯空間は屋根付きで木の香り漂う贅沢な空間となっています。

青森観光の休憩スポット浅虫温泉施設の料金

日帰りで楽しめる立ち寄り湯には貸切風呂の用意もあります。貸切風呂を利用するには1回500円必要になり16時までの利用になります。

  平日 土日祝日
子供 500円 500円
大人 500円 500円

浅虫温泉宿屋つばき

詳細を見る
住所〒039-3501
青森県青森市大字浅虫蛍谷25
公式サイトURLhttps://www.448108.com/
電話番号017-752-2001
営業時間13:30〜16:00
18:30〜20:30

浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング5位【浅虫さくら観光ホテル】

絶景楽しめる露天風呂でのんびりできる日帰り温泉

浅虫さくら観光ホテルでは麻蒸湯札を利用し他日帰り入浴の他、食事と温泉がセットになった日帰りプランを用意している温泉宿泊施設となっています。泉質はナトリウムカルシウム一硫酸塩塩化物泉で運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病など様々な効能を得る事ができます。日帰りプランは松花堂弁当プラント会席膳プランの2種類が用意されており、3500円から5000円で楽しむことができます。浴室には青森ヒバの香りを感じながら入浴できる眺望風呂は開放感のある露天風呂に近い造り。内湯の展望台浴場はガラス越しに陸奥湾を眺められ夕方には赤く染まった陸奥湾を眺めながら入浴を楽しむ事ができます。

青森観光の休憩スポット浅虫温泉施設の料金

日帰り入浴の場合、麻蒸湯札を利用した方がお得に日帰り温泉を楽しむ事ができるでしょう。

  平日 土日祝日
子供 500円 500円
大人 1000円 1000円

浅虫さくら観光ホテル

詳細を見る
住所〒039-3501
青森県青森市大字浅虫字坂本51-1
公式サイトURLhttp://asamushi-kanko-hotel.com/
電話番号017-752-3355
アクセス青い森鉄道青森駅より電車で約20分
営業時間15:00~19:00

浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング4位【椿館】

露天風呂が設置された日帰り温泉スポット

麻蒸湯札の利用をして日帰り入浴を楽しむ事ができる温泉宿泊施設「椿館」は上記で紹介した浅虫温泉宿屋つばきの姉妹施設となっています。椿の湯と呼ばれる自慢の温泉の泉質は単純温泉で関節痛・五十肩、運動疾患、関節のこわばり、うちみ、くじき、傷慢性消化病など様々な効能を持っています。こちらの温泉の大きな特徴は9本の源泉からお湯が湧き出ており飲める温泉が用意されている点です。そして浴室は源泉掛け流しの大浴場をはじめ露天風呂や貸切家族風呂、サウナなどの設備も完備しています。冬の時期は氷点下になる青森県なので露天風呂など外に設置されている浴槽は凍結のため使用できる時間帯や期間が限定されています。

青森観光の休憩スポット浅虫温泉施設の料金

麻蒸湯札を利用して入浴することも可能なことに加えJAF会員の方はケードを提示することで350円で入浴することができます。

  平日 土日祝日
子供 700円 700円
大人 700円 700円

浅虫温泉椿館

詳細を見る
住所〒039-3501
青森県青森市浅虫字内野14
公式サイトURLhttps://www.810215.com/
電話番号017-752-3341
アクセス浅虫温泉駅から徒歩で約6分
営業時間6:30〜8:00
13:00~15:00

浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング3位【南部屋・海扇閣】

絶景広がる展望風呂で贅沢な時間を過ごせる日帰り温泉

浅虫温泉で絶景を満喫できるおすすめ日帰り温泉が「南部屋・海扇閣」です。泉質はナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉でリウマチ性疾病 、運動器障害 、慢性湿疹および角化症 、虚弱体質 、婦人病 、などに効能があります。施設単体での日帰り入浴も受け入れていますが、麻蒸湯札の利用も可能となっています。浴室は男性用展望風呂と女性展望風呂の他にそれぞれの浴室には浅虫海岸を見渡すことができる露天風呂が用意されています。入浴可能時間は日帰りの場合12時から14時と短いので入浴を希望の方は時間に注意しておきましょう。

青森観光の休憩スポット浅虫温泉施設の料金

幼児は300円で入浴することができと共に麻蒸湯札を利用して入浴することも可能です。タオルの準備は無いので持参するようにしましょう。

  平日 土日祝日
子供 500円 500円
大人 1000円 1000円

南部屋・海扇閣

詳細を見る
住所〒039-3501
青森県青森市浅虫字蛍谷31
公式サイトURLhttps://www.kaisenkaku.com/
電話番号017-752-4411
アクセス浅虫温泉駅から、南部屋まで徒歩3分青森自動車道 青森東I.C.から15分
営業時間12:00から14:00まで

浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング2位【ホテル秋田屋】

食事&露天風呂を同時に楽しめる日帰り温泉

ホテル秋田屋で日帰り入浴を楽しむ場合2つのプランから日帰り入浴を選択すると良いでしょう。1つ目のプランが浅虫温泉街で提供されている麻蒸湯札を利用した日帰り入浴プラン、2つ目のプランがホテル秋田屋が独自に提供していいる食事付きの日帰り入浴プランです。日帰り観光で青森を訪れ温泉も楽しみたいのであれば食事付きのプランもおすすめです。3500円から6500円のプランを選択することが可能です。温泉の泉質は含石膏弱食塩泉で神経痛、リューマチ、婦人病などに効能があります。陸奥湾と青森市街を一望できる大浴場をはじめ天の川と名付けられた露天風呂も用意されています。露天風呂からは海を眺めることができませんが、内湯は大きな窓が設置されているので景色を楽しみたい場合は大浴場を利用すると良いでしょう。

青森観光の休憩スポット浅虫温泉施設の料金

下記の料金は食事付きの日帰り入浴プランです。他にも3500円〜6500円のプランの用意があります。

  平日 土日祝日
子供    
大人 4500円 4500円

ホテル秋田屋

詳細を見る
住所青森県青森市浅虫蛍谷293―12
公式サイトURLhttps://hpdsp.jp/akitaya/
電話番号017-752-3239
アクセス浅虫温泉駅より徒歩5分青森東インターチェンジより約15分
営業時間午前11時~午後3時まで

浅虫温泉の人気日帰り温泉ランキング1位【旅館柳の湯】

麻蒸湯札を購入して日帰り入浴を楽しめる温泉

浅虫温泉街の温泉旅館の中でも落ち着きのある入浴空間が設けられたおすすめ施設が「旅館柳の湯」です。こちらの温泉施設は単体での日帰り入浴は実施していませんが、麻蒸湯札を利用しての日帰り入浴には対応しています。5本の自家源泉からお湯を入れる浴槽はひば風呂や樽を使った露天風呂、大きな内湯をはじめサウナも設置されています。観光客が様々な浴槽に入ることができるように男女入れ替え制を実施しているのでホームページで入浴時をチェックするからなど入浴時間には注意が必要です。

青森観光の休憩スポット浅虫温泉施設の料金

旅館柳の湯は単体での料金設定はない為、麻蒸湯札の1000円か1500円の料金が適応されます。

旅館柳の湯

詳細を見る
住所〒039-3501
青森県青森市大字浅虫字山下236
公式サイトURLhttp://yanaginoyu.com/
電話番号017-752-2023
営業時間 13:00~16:00

青森県の混浴可能温泉情報もご紹介

Photo by 小卡

温泉を楽しむ方の中には家族で一緒に入ることができる混浴可能な温泉を希望する方も多いのではないでしょうか。残念ながら浅虫温泉には混浴で足湯を楽しむことはできますが、混浴の浴槽は存在しません。青森県内で家族で混浴入浴をしたいという方は混浴で有名な酸ヶ湯温泉や黄金崎老ふ死温泉が有名です。

まとめ

Photo by Japanexperterna.se

冬の時期に訪れたい青森県浅虫温泉街で日帰り入浴を楽しめるスポットをランキング形式で紹介しました。絶景を楽しみながら露天風呂でのんびりしたり美味しい食事と温泉を同時に楽しんだり、家族旅行はもちろんカップルのデートとして訪れるのもおすすめの温泉し施設もあります。浅虫温泉の良質なお湯で贅沢な時間を過ごしリフレッシュするのもおすすめです。

トラベルに関する情報が気になる方はこちらもチェック!

旅行好きがおすすめするお出かけスポットを情報を下記リンクで紹介!浅虫温泉日帰り温泉ランキングと合わせてご覧ください。

【連載】1泊2日の青森旅行!必ず行きたいおすすめ観光スポットを紹介(続編)のイメージ
【連載】1泊2日の青森旅行!必ず行きたいおすすめ観光スポットを紹介(続編)
今週の金曜連載トラベル情報では青森一泊二日旅行でおすすめしたい観光スポットを紹介していきます。現代アートや温泉、ご当地グルメに興味のある方は是非ご覧いただき青森観光の計画の参考にしてみてください。青森は絶景や美味しいグルメ宝庫ですよ。
【連載】1泊2日青森旅行で立ち寄りたいおすすめ観光スポット(後編)のイメージ
【連載】1泊2日青森旅行で立ち寄りたいおすすめ観光スポット(後編)
今週の金曜連載トラベル情報は連載してきた1泊2泊青森旅行最終編です。青森県にはおいしグルメや歴史を感じる事ができる観光地、芸術を楽しめる美術館など様々な観光スポットがあります。青森観光情報を参考に絶景広がる青森を訪れた気分になってください。
【連載】東京都内で今話題の最新お出かけスポットを紹介!のイメージ
【連載】東京都内で今話題の最新お出かけスポットを紹介!
今週の金曜連載トラベル情報は、家族でのお出かけ&カップルのデートにもおすすめの東京の最新スポットを紹介!2020年8月に新規オープンした最新スポットも紹介しています。東京で遊ぶならぜひここで紹介する最新スポットへ足を運んでみてください。
クロタノブタカ
ライター

クロタノブタカ

旅行&アウトドアまでアクティブに活動し、旅先で綺麗な景色を撮影しています。おすすめ情報から綺麗な景色まで記事の中で紹介していきますよ。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking