【2020】キャンプで大活躍!ランタンスタンドおすすめTOP9!自作方法も解説!

【2020】キャンプで大活躍!ランタンスタンドおすすめTOP9!自作方法も解説!

キャンプの必須アイテムのランタンをより使いやすくしてくれる道具が、ランタンスタンドです。コンパクトなテーブル用から背の高いものまでさまざまな種類があり、それぞれ使い勝手が異なります。そんなランタンスタンドを10種類ランキング形式で紹介します。

記事の目次

  1. 1.ランタンスタンドとは
  2. 2.ランタンスタンドの魅力
  3. 3.ランタンスタンドの選び方
  4. 4.おすすめ人気スタンドランキング9:カメラスタンドにも
  5. 5.おすすめ人気スタンドランキング8:ソロにおすすめ
  6. 6.おすすめ人気スタンドランキング7:安い
  7. 7.おすすめ人気スタンドランキング6:やや小さい三本足
  8. 8.おすすめ人気スタンドランキング5:4本足
  9. 9.おすすめ人気スタンドランキング4:2WAY
  10. 10.おすすめ人気スタンドランキング3:定番ブランド
  11. 11.おすすめ人気スタンドランキング2:トライポッド型
  12. 12.おすすめ人気スタンドランキング1:高耐久で使いやすい
  13. 13.スタンドは自作も可能
  14. 14.ランタンスタンドランキングのまとめ

ランタンスタンドとは

楽しいキャンプに必要な道具

出典: https://unsplash.com/photos/6fbX_qHQCP8

ランタンスタンドとはランタンを吊るすための道具です。ソロキャンプやバイクツーリングでも持っていく方が多く楽しいキャンプをするには必要な道具とも言われています。例えばガス、ガソリンランタンはテーブルの上に直接おいて使うと明るすぎたり、熱くなるのでテーブルを傷めることもあり、吊るして使う方が多いですよ。LEDランタンは直接おいてもいいのですが、吊るしたほうが高い位置からてらせるため周囲を広く照らせます。

ランタンは吊るすと見やすい

スタンドを使って高い位置から照らすことで太陽、街頭、家庭の照明のような感じで照らしてくれます。上から広い範囲を照らすため作業がしやすいですよ。また、吊るすことで遠くからも見やすくなりサイトから離れていても光がよく目立ち、テント周辺や自分のサイトが分かりやすくなるなど、直接置くよりランタンの価値を引き出してくれます。

ランタンスタンドを自作する方も

出典: https://unsplash.com/photos/9OKGEVJiTKk

ランタンスタンドは極端に言うとランタンが吊るせるといいので既製品にとらわれる必要はなく、自分で工夫してランタンを吊るせるようにするだけで自作スタンドができます。見た目にこだわらなければDIY初心者でも意外と簡単に作れて自作スタンドも人気です。なれるとデザインも自分で好きなようにでき、自作ならではの既製品にはない魅力があります。

ランタンスタンドの魅力

ランタンの使い方に合わせられる

広く明るく周囲を照らすメイン、机を照らすだけのテーブルとランタンにはいろいろなポジションがあります。スタンドがあるとメインをテントから少し離れた場所に置いて使いやすくしてくれますよ。テーブルランタンもテーブル用のスタンドを使うことでテーブルを広く使えるようになります。また、スタンドは高さが調整できるものが多くポジションに合った使い方がしやすいです。

ランタンで虫対策に

アウトドアやキャンプは、自然の中に人間が遊びに行くという感じのためキャンプと虫は切っても切り離せない関係です。メインに使うことが多いガス、ガソリンなどの燃料を使うランタンは虫が寄り付きやすい波長の光となりテント周辺で使うと虫だらけになりますが、テントから離れた位置にスタンドをセットしてメインランタンを使うことでテントから虫を遠ざける効果が期待できます。

タープの下でも使える

出典: https://unsplash.com/photos/_wMNkHdjEts

燃料を使うランタンはタープの下で使いにくいタイプですが、スタンドを使って高さを調整すると使いやすくなります。燃料を使うガス、ガソリンなどのランタンはLEDよりも趣のある暖色になりリビングにもおすすめですよ。

ランタンスタンドの選び方

種類で選ぶ

安定感があり初心者でもすぐに好きな場所で自立させられる三本足タイプ、地面に直接打ち込む一本足タイプ、ペグを使って固定し好きなポールを使ってスタンドを作る半自作のようなペグタイプなどがあります。一本足、ペグタイプは地面が堅いと使いにくくなりますが、一本足のため足を引っ掛けにくいです。一方で三本足タイプは簡単に自立できますが、足を引っ掛けやすいという違いがあります。

調節幅・支柱の幅を確認

製品によって長さを変えられるようになっています。高いとよく目立ち、広い範囲を照らしてくれるようになります。低いとタープの下やテーブルの周りを照らす、テント周囲を照らすときに役立ちますよ。フレキシブルなハンガーをスタンドに巻きつけて好きな位置で吊る方法もおすすめです。また屋台骨となるメインのポールの太さ(幅)も確認しておきましょう。細いとガソリンランタンなどの重たいものは吊るせずLED専用となります。

キャンプスタイル

出典: https://unsplash.com/photos/eDif4JGhYes

ソロキャンプやバイクツーリングではコンパクトで軽量なものがおすすめになります。収納サイズもチェックして選びましょう。オートキャンプなら好きな材質、好きな大きさのスタンドでいいでしょう。収納サイズもあまり気にしなくても大丈夫です。材質は木、金属などになりデザインも製品によって異なりますよ。一本足タイプ、ペグタイプは比較的コンパクトですが軽量とは限らないので注意してくださいね。

おすすめ人気スタンドランキング9:カメラスタンドにも

キングキャンプランタンスタンド

kingcamp ランタンスタンド

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

一本足の地面に打ち込むタイプです。きちんと地面に差し込むと風で倒れる心配がなく、細身でスタイリッシュです。組み立て式になっていて集のサイズは27×7cmとコンパクトになり持ち運びやすく、メインポールはテントのポールと同じようにショックコードでつながっていて簡単に組み立てられます。高さは157cmのためテーブル周辺で使いやすく、フレームの材質はアルミ合金となり重さは500g以下と軽量でソロキャンプおすすめです。

カメラの三脚に

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B08JTDJVY3?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

ユーチューバーのように動画とるには、本格的なマイク(集音器)や機材が必要ですが、ポートレートのように手軽に写真を撮るなら三脚の代わりになるので便利ですよ。カメラをしっかり固定できブレの少ないきれいな写真を撮影しやすくなります。ハンガー(ホルダー)部分、ポールの耐荷重の記載はありませんが、重たいガソリンランタンなどより、オイルランタン、LEDランタンのようなコンパクトで軽量なランタンに向いている製品です。

口コミ

中国のブランドですがキングキャンプはコスパがいいと評価されていますよ。頑丈なペグで打ち込みやすくコンパクトかつ軽量でどこにでも持っていけると口コミがあります。

モノはすごくいいのですが、先端のカメラ固定が良くわかりませんでした。
しかしコンパクトですのでツーリングにもってこいです!

おすすめ人気スタンドランキング8:ソロにおすすめ

FLYFLYGO ランタンスタンド

FLYFLYGO 進化版 ランタンスタンド

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon
楽天3,915円

ペグを地面に打ち込んで固定するタイプです。付属のペグは頑丈なものが使われていて砂利がある場所でもしっかり打ち込めます。メインフレームの部分は折りたたみ式のためコンパクトに収納でき収納サイズは7×34cm、重さはわずか340gと非常に軽量です。ソロキャンプやバイクツーリング、自転車でのキャンプでも使いやすいと人気ですよ。その分ハンガー(ホルダー)、支柱の荷重は高くはなく、重たいランタンを吊るすと反り返ります。

ソロで大人気

軽量でコンパクトなためソロキャンプで大人気のランタンスタンドです。ペグはスチール、ポールはアルミ、ハンガー部分は腐食しにくいステンレスというふうに丈夫な素材が使われています。テントのポールと同じようなものがメインポールのためランタンを吊り下げると反りますが、ハンガー(ホルダー)が2つ付いているので、反対側に同じ重さのランタンを吊るすときれいになると言われています。

口コミ

安くてもなかなか品質がよく、非常に軽くてコンパクトな点が高く評価されています。本当にコンパクトに収納できることからバイクツーリング、徒歩など荷物があまり持ち運べないスタイルでのキャンプに真価を発揮しますよ。また、124cmしかないためロースタイルにもおすすめです。

ポール同士、またポールとネイルピンの継ぎ精度はなかなかのもので、しなりやガタつきは少なく軽いランタンをかけるなら安心感があります。
バイクキャンパーにはもってこいの製品でしょう。

おすすめ人気スタンドランキング7:安い

キャプテンスタッグ アルミスライドスタンド

キャプテンスタッグランタンスタンド

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
Amazon
楽天2,472円

アウトドア用品のおなじみブランド「キャプテンスタッグ」の高さ調整が可能なスタンドです。非常に価格が安くキャンプを始めたばかりの方でも買い求めやすい価格になっていますよ。大きさは107~190cmになりいろいろな場所で使えて便利です。収納サイズは9×3.5×107cmと大きいため徒歩や自転車、バイクで持ち運ぶのは難しいです。製品自体の重量は軽量なアルミが使われているため軽量で1.2kgしかなくコスパのいい製品ですよ。

樹脂のペグ付き

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B00E5YSFAY?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

設置するだけで自立する便利な三脚タイプです。風が吹いていないときはそのままでもいいのですが、風があったりしっかりスタンドを固定したいときはペグを使いましょう。付属のペグはプラスチック製となり堅い地面には刺さりませんが、柔らかい場所では人気のエリッゼステークなどの鍛造ペグよりもプラスチックペグのほうがしっかり固定できますよ。ペグは安いからダメというわけではなく適材適所があります。

口コミ

スタンドの耐荷重は2kgになり燃料を使うやや大きめのランタンもしっかり使用できますよ。それでいて安くコスパの高い商品となります。高さ調整も可能で自立しテント周辺、テーブル周辺、サイトの端など好きな場所に設置できます。

ネットでランタンスタンドは必要ないといったものをいくつか見ましたが、購入して良かったです。
使い勝手、強度、収納時の場所のとり具合、特に問題ありません。
2000円台で購入できたので、十分に元はとれていると思います。

おすすめ人気スタンドランキング6:やや小さい三本足

バンドック ランタンスタンド195

BUNDOK(バンドック) ランタン スタンド コンパクト

出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天7,457円

コスパのいいことで知られているバンドックの置くだけで自立する三本足タイプのスタンドです。非常にコンパクトに持ち運べて重さが1.5kgもしないため非常に評価が高いです。初心者やハンマーがない状態でも使いやすいネジのような特殊なペグもセットになっていますよ。使用サイズはロースタイルちょうどいい75cmから遠くからでも目立ちやすい195cmまで調整でき、ツーリングでも携帯できます。

使い勝手がいい

細かく長さを変えられることからテント周辺、タープの下などいろいろな場所でランタンが使えます。また、コンパクトで軽量なことから持ち運びやすく、非常に使い勝手がいいと評価されていますよ。そのままでも自立しますが、ペグで固定でき風で倒れないように固定でき便利です。耐荷重は2kgとなりランタンの重さでメインポールが縮かまないようにきちんとロックできるきこうになっていて燃料を使うやや大きなランタンもつれます。

口コミ

しっかりロックできる機構になっているおかけでめいいっぱい伸ばしてもランタンの重みで勝手に縮かまないと評価されていますよ。フック部分は一箇所しかありませんが、自分でホルダーを巻きつけて吊るせる場所を増やせます。

今まで使ってたランタンスタンドが2段伸縮で、畳んでもけっこう邪魔なのでこちらを購入。
他レビューに少し重い物をぶら下げると下がってくる(ポールが縮む?)という書き込みがあったので確認してみましたが、耐荷重は全く問題ないです。けっこう力を入れて縮めてみようとしましたが、縮みません。

おすすめ人気スタンドランキング5:4本足

ランタンスタンド

ランタンスタンド

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
Amazon
楽天5,595円

少し珍しい4本足タイプです。三本より広げなくてもしっかり自立し、スマートで足を引っ掛けにくいです。またペグできちんと固定できるようになっていて価格も安く人気があります。ただのランタンスタンドではなく吊るせる場所がおおいため多目的に使えるところも評価されていますよ。収納サイズもコンパクトで65×10cmと70cmを切り携帯しやすいです。一方で材質は鉄とステンレスのためアルミほど軽量ではなく1.6kgになります。

多彩なフック

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B0879HDT7H?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

天頂の両端の大きなフックがあり、さらにポールの途中に3つのフックがあります。計5箇所のフックはランタン以外にもネットを掛けて洗い物を干しておいたり、タオルを干す、各種小物をひっけるなど多彩に使えて便利です。4本足のおかげで安定性も増していて、耐荷重は10kgにもなりますよ。ソロキャンプと言うよりファミリーに向いているスタンドになります。高さは2段階に変更でき、130、180cmに調整できます。

口コミ

他には類を見ないフックの数と珍しい4本足でしっかり自立してくれる点、それぞれにペグでロックできるようになっているため3本足タイプよりも安定感があります。細かい調整はできませんが、高さも変えられ価格も安いため非常に便利なスタンドです。

その他、小物類を掛けられるので便利だと思います。
高さも2段階に変えられるのでシーンに合わせて使い分けができそうです。
スタンドの転倒防止の為、四脚の根元部分にペグを掛ける金具があるので、そこにペグを打てばしっかり安定し接触や風での転倒を防ぐ事ができる便利な機能も付いています

おすすめ人気スタンドランキング4:2WAY

ヤエイワーカーズ ランタンスタンド

ヤエイワーカーズ ランタンスタンド

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天6,126円

地面にペグを差し込んで自立するタイプとクランプで机を挟んで固定するタイプにできる便利なスタンドです。特にテーブル周辺で使い時に非常に便利ですよ。材質はテントのポールでも使われている軽量で持ち運びやすいアルミ合金となりLEDランタンと小物を同時吊り下げられます。またポールを伸縮させるのではなく継ぎ足し式となりボタンでロックするタイプよりもガタつきが少ないねじ込み式で扱いやすいですよ。

継ぎ足し式だからコンパクト

ネジ切りがあるテントのポールのようなものなので、コンパクトで持ち運びやすいです。ポールの1本がだいたい30cm程度となり収納サイズは40.5×8×5.5cmしかありません。重さも小物を含んでも550gしかなく徒歩でのキャンプでも持ち運びやすいですよ。持ち運びやすさだけで言うとランキング1位になってもおかしくないぐらいです。耐荷重は1kgとなりLEDランタンやオイルランタンに向いています。

口コミ

付属のペグはスチールのため錆びないように注意する必要はありますが、非常に軽量でコンパクトでおしゃれな塗装、使い勝手など非常に高く評価されています。

こちらの商品ランタンフックが2本、さらに節の数が多くペグまで付属。ネジ式なので長さも調節できます。収納ケースもオシャレです。この手の商品はコンパクトさが売りの為、径が細く大きなランタンの吊り下げは無理だと思いますが、色もカーキのようなテカリのある色で気に入ってます。

おすすめ人気スタンドランキング3:定番ブランド

コールマンランタンスタンド4

コールマン(Coleman) ランタンスタンド4

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
Amazon
楽天5,612円

ランタンと言えばコールマンという方も多いのではないでしょうか?コールマンからもランタンスタンドが発売されていますよ。自立しやすい三本足タイプですが、脚部が全てフラットで足を引っ掛けにくく、ファミリーキャンプでもソロキャンプでも使いやすいです。フラットな脚部でも他の三脚タイプと同様にペグでしっかり固定できるようになっていて、きちんと転倒対策ができます。収納サイズはΦ11×90cmとなりオートキャンプ向けです。

細かな調整が可能

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B01N23BHLY?tag=kurashino0b-22&linkCode=as1&creative=6339

高さは109~226cmとかなり高さを変えられます。スライド式のため穴の開いている部分にしか設定できませんが、109~226cmの間で10段階で調整できますよ。テントの近くだと低くしたり、サイトの外側だと高くしたりと、使い方に応じて高さを変えましょう。細身でスラッとしたポールですが、LEDランタン以外でもきちんと使えますよ。また、足がフラットなため机の下に足を押し込むなど他のスタンドでは難しいレイアウトもできます。

口コミ

フラットな脚部は非常に評価が高いです。フラットおかげで安全性、使い勝手がましていると評価されていますよ。また、本体の軽さも評価されています。

スタンドアームがほぼ、地表と水平で引っかからない。これは今まで無かったと思います。
本体も軽いため設置が楽。
高さ調整もしやすい。
ただし、本体が軽いため、アーム等使う際には、重さがかかる方向に三脚の足を向けるか、ペグを打ちたくなる。

おすすめ人気スタンドランキング2:トライポッド型

ユニフレーム コンパクトランタンスタンド

コンパクト ランタンスタンド

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon
楽天9,900円

焚き火でも活躍するトライポッドタイプのスタンドです。シンプル形状でメインフレームを穴に差し込むだけで組み立てられますよ。材質は腐食に強いステンレスのためアウトドアでも非常に使いやすく、アルミよりも強度が高いです。アルミよりも重たいですが、きちんとガス、ガソリンなどの大きなランタンも吊れます。サイズ調整はできませんが、高さは195cmにもなり三脚タイプより存在感があり、よく目立ちます。

コンパクト

195cmも高さがありますが、収納サイズは60cm以下となり非常にコンパクトで持ち運びやすいです。テーブルに設置するクリップタイプより少し大きいφ6×55cmしかなく、専用ケースも付属しますよ。ユニフレームは炎に関するユニークなギアが多く、コンパクトなランタンスタンドも同社らしいユニークなギアになっていますよ。高さとコンパクトな収納サイズを両立したギアです。

口コミ

ユニフレームは工芸品のようと称されるほど、高い精度で加工されたギアが豊富です。フレーム自体は細身ですが、強度のあるステンレスと品質できちんとランタンを支えてくれますよ。また、収納サイズが小さいことからバイクツーリングをする方から評価されています。

バイクのため収納に制限があるのでコンパクトにできることを重視して選びました。組み立ては簡単です。筒の中にワイヤーが通っているのでバラバラになりません。軽量コンパクトな分華奢な感じですが、ロゴスの12LEDパワーランタンを吊るして数回使用しましたが、今のところ大丈夫です。

おすすめ人気スタンドランキング1:高耐久で使いやすい

ユージャック ハンマーランタンスタンド

UJack(ユージャック) ハンマーランタンスタンド

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天7,352円

豊富なバリエーションがある地面に直接打ち込むタイプのランタンスタンドです。他社と比べるとポール本体、先端、ランタンハンガー部分、金具などが腐食に強く強度のあるステンレス製のため壊れにくく錆びにくいですよ。また直接地面に打ち込むため足を引っ掛けにくく、テント周辺からサイトの端まで好きな場所に置けます。打ち込むときも先端に重たいステンレスがある構造になっていて自重を使ってハンマーのように打ち込めます。

使いやすい工夫

本製品は使いやすくなる工夫がたくさん詰まっています。例えばランタンを吊るす部分が1つしかないシングルからダブル、それぞれ使いやすくしたフリー、ダブルフリーなど仕様が選べるようなっています。特にダブルフリーなら先端のペグ部分には打ち込みの目安となるラインがあったり、打ち込むときにハンガーがじゃまにならないように本体の中に収納できるようになっています。ナット類の溶接も4点でされていて強度が高いです。

口コミ紹介

ポールの上部がハンマーのようになっていて道具不要で打ち込めるなど、だれでも使いやすいスタンドとして大人気です。いろいろな種類があるため自分の使いたい仕様を選ぶようにしてくださいね。

このスタンドだけで地面に打ち込めるようになっているため、道具を使う必要がなくとても便利です。
伸縮するようになっており、その一部をハンマーのようにして上から叩いて下の方を打ち込んでいきます。
但し、重い。(約2kg)
その自重のおかげもあって地面に打ち込みやすいのですが重いし長いです。

スタンドは自作も可能

コンパクトな簡単な自作スタンド

スタンドを自作方法はいくつかありますが、簡単な方法として人気のトライポッドタイプを紹介しますね。作り方はいろいろありますが、最も簡単なのは三本足タイプとなります。作り方は木の枝や棒、角材、金属支柱を用意しピラミッド型に組みロープや金具で上部を固定し、下部を自立するように広げロープでくくっていくだけです。トライポッドのような感じとなり真ん中からランタンを吊るします。

サイズが大きくなっても基本は変わらず

トライポッドタイプはサイズが大きく(高く)なっても基本的には同じ作り方で大丈夫です。自作した場合大きくなるにつれて収納サイズも大きくなるため注意してくださいね。また、三本足タイプを自立させるにはスペース必要になることからタープの下では使いにくいです。

コンパクトで軽量な自作スタンド

テーブルを照らすコンパクトで軽量なスタンドも自作できます。100均のアイテムなどをうまく活用すると伸縮式のコンパクトなスタンドも作れますよ。作り方はテーブルに固定できるようにクランプに自撮り棒を取り付け、ランタンを吊れるように加工するだけです。キャンドルホルダーなども活用できますよ。

ランタンスタンドランキングのまとめ

種類と耐荷重が大事

出典: https://unsplash.com/photos/19NnPnDQQjw

テーブルで使うのか、テーブル以外の場所でも使うのかでスタンドの選び方や種類が変わりますよ。また、どんなランタンが使えるのか、荷重はいくらまで吊れるのかは重要です。例えばLEDランタンなら1kg未満の物が多いですが、燃料式の大きなランタンは2kgを超える場合があったり、フックの形状によっては吊るせない場合もあります。この点を注意しながら自分に合うスタンドを選んでくださいね。

ランタンが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはランタンに関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてくださいね。

LEDランタン|LEDのコスパ&長く使えるおすすめランタン15選のイメージ
LEDランタン|LEDのコスパ&長く使えるおすすめランタン15選
光源に発光ダイオードを使うLEDランタンは、光源に蛍光灯を使う蛍光灯ランタンと比べて、長く使えてコスパがいいのでおすすめです。コールマンなどのおすすめのLEDランタンを紹介します。コールマンなどのLEDランタンを選ぶときの参考にしてくださいね。
ランタン選びの極意|流行りのおすすめLEDタイプも紹介34選!のイメージ
ランタン選びの極意|流行りのおすすめLEDタイプも紹介34選!
キャンプには必須アイテムのランタン。今流行りのおすすめランタンからその選び方までご紹介します。 今回選びやすいようにおすすめブランドに分けて、全34選をご紹介します。あなたにあったランタンを見つけられるようにしましょう!
揚げ餅
ライター

揚げ餅

簡単なDIYや家庭菜園、キャンプ、燻製など何かを作ること、自然が好きです。作ることの楽しさ、自然の魅力などを伝えられると嬉しいです。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking